韓米合同軍事演習、4月以降も縮小またはキャンセルか

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

日本側でもそこそこニュースになっていますが、韓米合同軍事演習としては最大規模(米軍側2万人、韓国軍側30万人規模)「フォール・イーグル」と「キー・リゾルブ」の二つの訓練が、事実上、廃止(中止)となりました。

他にも、早くもそれ以降の軍事訓練にもいろいろと縮小・中止が決まっています。訓練そのものは名称を変えたりして続けるという発表もありますが、基本的には「韓米が合同(共同)で訓練することが無くなる」パターンとなります。規模も縮小し、各自頑張れ、な感じです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<毎年4月初め、韓米連合軍の上陸能力のために実施してきた「双龍訓練」が米軍兵力と装備の参加がない韓国軍単独訓練として進行される・・

・・8月に施行される韓米連合訓練「乙支フリーダムガーディアン(UFG)」演習の中で、政府の「乙支練習」を切り離して「太極乙支練習」とし、軍の指揮所演習である「フリーダムガーディアン(Freedom Guardian)」は名称を変えることが分かった。UFG演習が事実上廃止され、他の名前の練習で置き換えられるものである・・

・・連合空中訓練のビジルラントエース(Vigilant Ace)とマックスサンダー(Max Thunder)、双鷹訓練(Buddy Wing)なども、猶予または韓国軍単独で実施される可能性が大きいことが分かった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190304091106098?rcmd=rn

 

普通に「米軍」と書くけど、演習(訓練)によっては、駐日米軍も参加していました。韓米が共に訓練する機会は無くなるというのは、単に韓米同盟だけでなく、日米韓の間の現状(いわゆる『三角同盟』関係)から韓国が離脱するという意味でもあります。

韓国側の発表は共通して「韓国が要請したのではない」としていますが・・・さて、どうでしょうね。どちらにせよ、米軍としては、戦時作戦統制権移譲の後を見据えての措置であるのではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

147+

55 Replies to “韓米合同軍事演習、4月以降も縮小またはキャンセルか”

  1. 値上がりした上に、ダウンサイジング。
    不景気ですねぇ。
    来年の契約更新はもうないかな。

    1. モールスアンテナ起てて中国のGPSを装備した漁船偽装の工作船へもでしょ。

  2. 今でも対馬が実質最前線ですし、日本も防共同盟とかいう最初からなかった幻想から解き放たれる良い機会だと思いますよ。
    国内の掃除も兼ねて

  3. わたしの予測通り、縮小は進むねぇ。
    これはアメリカと韓国のどちらの利益にもなるので。

    1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

      へえ~、そうなんだ~、だから何?

  4. >「フリーダムガーディアン(Freedom Guardian)」は名称を変えることが分かった。

    ワロタw 歪みねぇなw

  5. なんでトランプはそこでお金の話をするかなあ。
    アメリカは南北の緊張緩和に協力する意志がある
    とか適当なこと吹いとけば円満に進むだろうに。

    今の韓国は事大主義の本能より自尊心の肥大化が勝る
    と判断してなんだろうなあ。リスキーだと思うけど
    韓国のご機嫌伺う気がまるでないことだけはわかる。
    その点だけでもオバマさんよりは優秀なんだろう。

    韓国の動きは簡単に読み切れるもんでもないので
    あんまり博打に走るべきではないと思うんだが。

    1. > アメリカは南北の緊張緩和に協力する意志があるとか適当なこと吹いとけば
      そんなことを言ったら、また韓国が「寧辺核施設の放棄プラスアルファ程度で経済制裁は回避できますよ、韓国が保証します!」とか何とか出まかせ言って、北を煽って、北欧あたりで3者会談しましょうとか馬鹿話を持って来るに決まってる。
      それではまた会談決裂、非核化は進展せず、振り出しに戻るだけだ。
      金の話をするのは、文政権と韓国国民に対する通告なのですよ。
      ま、反日ヒロポンも効き目が薄れてきたし、政権が持たないんじゃないの?

  6. 韓国は大陸の不興や干渉に抵抗する術を、自らの行いや決断や決断しないことで削ぎ落としています。
    実質的な半島の抑止力回復には、韓国が負わなければいけないハードルや負担が幾つも有りますが、守りたいものが自由民主主義国の韓国なら、たいしたハードルでも理不尽な負担でもありません。
    本当に守りたいならですけど。

  7. 戦時つまり半島有事の際の米韓合同軍の作戦統制権をアメリカが韓国に渡すということは、言い換えれば「在韓米軍は本国に帰還しますよ、韓国に残すのはせいぜい軍事顧問団だけです」と言っているに等しい訳です。先進国同士の連合軍であるNATO軍においてさえ、NATO軍の総司令官は常に米軍から出すと決まっているのですから、ましてや韓国の将官に在韓米軍の指揮権を委ねることは有り得ない。

    つまり、戦時作戦統制権を韓国に渡すということは実際の戦力としての在韓米軍は完全撤収で残るのは少人数の軍事顧問団だけになるのですから、莫大な経費を投じて在韓米軍が参加する合同演習を行う必要性はアメリカには皆無ということですよ。

    保守派の大統領らが何とか先延ばしして食い止めて来た戦時作戦統制権の返還=在韓米軍撤収がアメリカにトランブ大統領が出現したタイミングで韓国も最悪の従北者の文が政権を握ったことで急坂を転がり落ちるかの如く急激に実現味を帯びて来ました。

    我々、日本国民は共産主義と核の最前線が対馬海峡まで迫って来る事態に対して命懸けで対処せねばならないという覚悟を持たねばならない事態になりました。

    戦後3四半世紀の間、惰眠を貪って来た日本国民がこの事態に際して覚醒しなければ日本と言う国は永遠に滅びてしまいます。

    1. ライク ア ローリングストーン。物事は加速する。きっかけさえあれば。振り向いちゃダメ。行き着くところまで行くんだ!

コメントは受け付けていません。