絶対なる結論

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

東北大震災、8年目の日です。まず、被災者の方々の安寧をお祈りします。

「恥韓論」からの読者の方々ならご存知でしょうけど、この日は私の「反日とは何か」な考えに大きな影響を及ぼした日でもあります。「相手を憎め」という教育がどれだけ人をダメにするのか。いまでも、考えるだけで背筋が凍る気持ちです。

今日は、韓国経済の青少年記者(本物の記者ではありません)、女子高生(高校3年生)の書いた短い記事を1つ紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事は、「交流学生制度」で日本に行って、日本で感じたことを書いたものです。

学生さんは、「私たちは歴史問題で日本に悪い感情を持っている」「日本に行く前には、私も大勢の他の人たちと同じく、放射能が心配で、日本人が韓国人をバカにするだろうと思った」としながら、それは勘違いだったと、日本人はずっと親切で、日本は生活規範のしっかりした国だったと書いています。

https://news.v.daum.net/v/20190311090207396

 

ですが、妙なことがあります。起承転結をちょっと見てみます。

この記事の場合、「起」が「私は他の人たちと同じく日本に悪い感情を持っていた」で、「承」か「転」あたりが「しかし、それは誤解だった」になって、そこから日本で感じたこと、経験したことなどをいくつか書いて、「結」論に向かうのが一般的だと思われます。実際、「日本の学校は全員が制服をちゃんと着ていた」など、面白いこともいくつか書いてあります。

ですが、実際の構成は、こうなっています。

起「私は~持っていた」、承「誤解だった」、転「学ぶところがいっぱいあった」、結「学ぶところがいっぱいあったけど、日本は過去史を韓国に丁重に謝ってほしい」。

 

自分の目で見てよかったことを、素直に褒められない。まるで「日東壮遊歌」を読んでいるようです。

なぜこうなるのでしょうか。それは、反日は結論そのもの。起承転がどうであれ、結は決まっているからです。

 

「反日は決して過去のものではない」ということ。

「反日は過去の解決を求めるものではなく、過去を永遠に解決できないものにして、現在と未来に持ち込むためのものである」ということ。

そのために「反日は、過程(歴史)から生まれた結果ではなく、予め設定した結果から生まれた過程である」こと。

「反日は『~なのかどうか』を許さず、『~でなければならない』だけで構成されている」こと。

反日は、宗教国家の国教みたいに、人々の判断力を圧倒的に支配しているということ。大きなニュースになる政治・外交だけでなく、子供から大人まで、大小様々な事案、生活そのものの中で息づいていること。

短くて読みやすい文章でできたこの記事もまた、その呪縛から逃れることはできなかったのでしょう。

 

70年代から、韓国は「併合時代の文献、資料を検証してはいけない」とする動きがありました。その動きの究極的な目標は、資料や文献を完全に無くすものではありません。「もし誰かが資料や文献を検証しても、予め設定しておいた結果(反日)を疑わなくなること」でありましょう。

数十年の努力(?)の結果、韓国社会はその究極の目標にたどり着けた、と見ていいのかもしれません。自分の目で見て「あ、誤解していたのか」と気づいた人でも、反日の根幹だけは決して揺るがない、そんな人たちが量産されていますから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!12日には産経新聞に広告が掲載されます

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

181+

241 Replies to “絶対なる結論”

  1. 七誌さんは随分とデカイ逃げ道を作りましたね

    その代わり言葉の重みを全て捨て去ったとかw

    もう何をコメントしようとただの荒らしに成り下がりましたよ

  2. 混乱するんで、静観します。
    タオルは投げないよーw
    頑張れ!

  3. 韓国人ってさ、、自分にとって「損か得か?」が1番大切な事なんじゃ無いのかな?
    だから、損すると思えば「差別ニダ〜」「思い通りにならないのは相手が悪い!」等になるのかな?自分が得する事ならどんな嘘や捏造でも平気でやって、周りを巻き込む戦略にも出る、そしてご相伴にあずかりたい人達も乗っかって騒ぐのではないでしょうか?
    言った者勝ちだから、取り敢えず被害者様になったり、人を上下で序列も作る。しかし、、自ら放った言葉や行った行動なんて手段の一つとしか考えない。
    1番手に入れたい立場を手に入れば「オラ知らないニダ!関係ないニダ!」と全ての責任を自分以外に押し付けて逃げるのでは?

    1. >自分にとって「損か得か?」が1番大切な事なんじゃ無いのかな

      損得勘定で韓国がどーにカナルというのは、危険で古い考え方なんですよ。損得勘定で動くなら、餌を与えてやればどうにかなるわけですが。

      韓国では責任は下がとるものなので上は最初に逃げるけど。

  4. マスコミが偏向する原因が分かりました。

    日本のテレビが極左過激派に乗っ取られていたら驚きますよね。革マル派がニュース作ってたら嫌でしょ。

    https://www.youtube.com/watch?v=ENIY_FIQ5-o&t=812s
    14分から見て驚いて下さい。

    放送免許取り上げないとまずいでしょ。

  5. >>反日は、宗教国家の国教みたい
    反日はアルコール依存やギャンブル依存に近いのだと思います。
    患者の多くはアルコールやギャンブルの害悪を理解するだけの知能は有している。しかし何かと理由をつけてアルコールやギャンブルにのめり込んでいく。
    ところで韓国メディアなどで「用日」の記事を目にすることがある。彼ら自身も「反日」の害悪は理解しているのだと思います。だから「用日」をカモフラージュにする。しかしこの試みは成功しない。なぜなら「反日が結論」である以上、用日も悪だからです。
    もし韓国が反日を捨てられたなら、様々な積弊を生産できるでしょう。しかしそれでは彼らは存在意義(レゾンデートル)を失ってしまうのです。いまの十倍や百倍、よい生活が得られるわかっていても反日を捨てないでしょうね…。

    1. 明治日本が朝鮮に関わった時、既に朝鮮人は今と似た思考や行動だった。秀吉の時もそうだった。だから、反日は本質ではない。
      例えを使わせてもらうと、反日は今嵌っているギャンブルかもしれないが、反日を止めても次のギャンブルに嵌るということ。

      日本人としては、こちらに向けられる反日の要素を排除して論考することは難しい。
      だから、シンシアリーさんには反日の要素を排除して韓国人や韓国社会を解説してもらいたい。

      1. >明治日本が朝鮮に関わった時、既に朝鮮人は今と似た思考や行動だった。秀吉の時もそうだった。だから、反日は本質ではない。

        ザックリ言うと
        ①「朝鮮出兵」した秀吉の時は 反日
        ②その秀吉を倒した徳川の江戸時代は 親日
        ③その徳川を倒した明治政府の時は 反日
        ④併合は他に選択肢がなく、実際暮らしが良くなったから 親日
        ⑤日本が戦争に負けて、敗戦国になるのが嫌で 反日
        で、今に至る。
        という私の理解。

        常に反日ではないので、「本質ではない」という見解に賛同。

        ④の時、③の残党なんかがいたかもしれない(臨時政府)。
        被支配民族としての気持ちは理解する。

        1. >>mottonさん
          >>受験生さん
          >>反日は本質ではない
          たしかに併合時代は反日ではありませんでした。文政権の動向などを見ても反日に本気なのか疑わしい部分はある。
          いっぽうで朝鮮は何百年と日本への見下し(侮日)を続けてきた。精神の底流に流れている。だからある瞬間(例えば日本が敗戦した瞬間)に一気に噴出する。反日に見えないとしたら、なんらかの外因で抑えられているだけです。
          その点を持って「反日は本質である」といっていいと考えています。

          1. 反日ではないのではないのです。全方面に「反」なのです。

            対中国も同じで、そっちの方が関わりが深いので、より歪んでいます。明から元に乗り換えた時とか、併合時の中国人への態度とか。
            小中華思想の歪み具合を堪能されるといい。(幾ばくかの同情はしているのですが。)

          2. >>mottonさん
            >>全方面に「反」
            そういう意味なら納得です。

            >>明から元
            当初は「蛮族(元)など仕えられない」と、明から賜った元号を使い続けていたのでしたね。最終的には元に見捨てられないために元寇を起こすことになります。
            北朝鮮のことですが、ソ連が崩壊した時に「我こそが社会主義の中心だ」と各地の社会主義系の団体に賛同を求めたという話もありますね…。

          3. これはmottonさんが誤りで、全方面に「反」だとしても、反日という「本質」がなくなるわけではないです。

          4. 自分の理想のために子供に憎しみを植え付けようとする奴は消えろ。

            「反○」が本質なの。反日はその一形態に過ぎない。
            今は競馬に嵌っているギャンブル依存の人の本質的問題は競馬か?ギャンブルだろ。

          5. 競馬で財産を持ち崩しているのを、ギャンブルが原因だ、ギャンブルが悪いといったところで、競馬で財産を持ち崩しているという現実が変わるわけもなく。

            率直に言って根本的な原因を説くなら、以前から述べている通り「人間関係が家族間ですら上下関係である」韓国の世界が国と国との上下関係を求める中華世界を構築しているとわたしは最初から唱えてますがね。

    2. 自分( 達 )を正義と設定して、悪を叩く行為は脳内にドーパミンを放出させるため気持ちよくなります。
      悪を叩くという行為は、返り討ちに遭うリスクを常に抱えているため、できれば避けたいです。
      しかし、
      犯罪者やフリーライダーなどを放っておいては、人々のやる気も削がれ生産力も低下していまいます。
      そこで脳内麻薬という報酬によってサンクション( 社会的制裁 )を行うことへのハードルを下げているという仕組みです。

      この脳内麻薬はたまに放出されるならいいのですが、慣れてしまうと効果を感じにくくなりますので、さらなる攻撃が必要になります。
      そうして反日は日々エスカレートして行きます。
      まさに正義によってしまうのです。

      私も
      「韓国=反日」とは思いません。
      ベトナムやフィリピン等、東南アジアでの韓国人の行いは目を覆うものがあります。ラオスのダムの事だって酷いという言葉では言い表せません。
      日本はまだマシな方ではないか、とさえ思います。
      反日の要素を排除した韓国社会の考察は有益だと思います。

      1. > 日本はまだマシな方ではないか、・・・
        いや、全然マシな方でしょう。比較にならないと思う。
        ただそれは日本人が人道的で優しかったことが理由ではなく、白人欧米列強諸国とは違って、植民地や占領地を運営するノウハウに無知だったからだと思うけれども。

        > 反日の要素を排除した韓国社会・・・
        何%くらい残るものがあるのでしょうか?とても難しい課題に思える。

        1. 匿名さん
          日本はマシなほう、というのは、
          日本に対しての韓国人の行いが、他の東南アジアの国々に比して「マシ」なのではないかいう意味です。

          1. うーん、手を使うか口を使うかの違いだけで、程度としてはどちらも同レベルとか?
            ホント、その手癖と口癖の悪さには感心する。

          2. 確かに (~_~;)
            でもまあ、全方位攻撃なので。
            韓国=反日では決してないです。

        1. 正義に「酔って」しまうというのは本当にそう。
          韓国人は、日本人を世界中で差別することに酔う民族なんです。

          1. 厳密にいえば、韓国人は、日本人を世界中で差別される民族に貶めることを目標として、その行為に酔う民族。だね。

    3. >大絶画さん
      「積弊を生産」←ウケましたw

      そーか、ムンムンも積弊を清算しつつ生産しているのかも?ですねーw
      もしかしてハングルじゃ生産も清算も同じ字?

      1. >>ちかのさん
        よく見なしたつもりなんですがね…。
        ただおっしゃるように、「積弊の清算」が「積弊の生産」になっていますから間違いではないのかもしれません(笑)。

  6. 第一条

    韓国人は中国人に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、中国
    人に危害を及ぼしてはならない。

    第二条

    韓国人は中国人にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

    第三条

    韓国人は、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、反日しなければならない。

    — 2058年の「韓国人工学ハンドブック」第56版、『われは韓国人』より

    1. 「北は、科学技術では劣っていたが、代わりに特殊な心理制御能力を身につけたのだ。」
      「では我らの大統領も既にその影響下にあると?」
      「それこそが三原則なのだよ。」
      と、主席委員長は中指を1本立てたのであった。

    2. スタージョンの法則
      「文芸作品の90%は、くずである」
      法則の拡張
      「人の営みの90%は、くずである」
      法則の敷衍
      「人の90%は、くずである」
      スタージョンの嘆き
      「99.9999%がくずである集団が、実在する。なんてこった」
      法則の修正
      「人のくず率は、90%から99.9999%の間である」

    3. だんだんと、本当は原作がどうだったのか分からなくなってきた。

コメントは受け付けていません。