ナ・ギョンウォン氏、今度は「反民族行為特別調査委員会が国論を分裂させた」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

ナ・ギョンウォン氏が、今度は反民族行為特別調査委員会を「国論を分裂させた」と発言しました。

反民族行為特別調査委員会というのは、1948年から1949年まで存在した、韓国の「親日清算」のための組織です。

1948年、政府の樹立を前にして、韓国の国会(制憲国会といいます)は、「愛国先烈の魂の慰労し、民族の精気を正す」という名目のもと、「親日派を処罰できる特別法を制定することができる」とする条項を憲法に刻みました。後に出来上がったのが「反民族行為処罰法」であり、当時、7000人の親日派を決めたのが、反民族行為特別調査委員会です。彼らは専属の警察、検察、裁判チームを持ち、親日派「狩り」を行いました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ただ、李承晩政府と衝突することが多く、彼らの活動は有耶無耶になり、組織は1949年に解散となりました。

なぜ有耶無耶に終わったのかについては、韓国では『親日派である李承晩が邪魔した』という単純なストーリーで説明していますが、実際はそう簡単なものではなかったでしょう。

実際に政府ができて、国家として機能するためには、各部門の優秀なリーダーが必要です。でも、当時、リーダー役を務める人たちは、反民族行為(略)委員会の基準からすると全員が親日派だったはずです。

実際、警察組織の高位幹部が親日派ということで反民族(略)委員会に逮捕され、警察が反民(略)員会を襲撃して武装解除させたりしました。

それに、米国側がこの件をどう思っていたのかも、気になる部分です。

 

言うなれば、韓国で反民(略)会というのは、「親日清算すべきだったのに、親日派の邪魔で出来なかった悲運の歴史」なのです。親日残滓清算(親日清算)の反対側にある言葉だと言ってもいいでしょう。

ナ・ギョンウォン氏が、今度はその反(略)会のことを、「国論を分裂させた」と批判しました。案の定、韓国では大きな問題となり、「やはり親日派だ」「また親日発言をした」などと大騒ぎになっています。

 

じゃ、本当に彼女は親日発言をしたのでしょうか。違います。

<・・ナ・ギョンウォン院内代表は、15日、国会で開かれた緊急議員総会で「反民特委の活動はちゃんとすべきものであったが、最終的に国論分裂をもたらした」と主張した。続いて、国家報勲処の独立有功者再審査と関連して「偽の有功者を見つけ出すべきではあるが、(※文在寅政府は)左翼社会主義活動をした人たちの多くを独立有功者に含ませようとしている」とし、「解放の後に自由民主主義を否定した勢力にまで独立有功者の叙勲を与えようとしているのではないか」とした・・

・・「過去を持ち出して左翼活動をし、自由民主主義政府の樹立に反対した人たちまで(独立有功者に)含めようとしているのは、再び混乱を起こすだけではないのか」・・>

https://news.v.daum.net/v/20190315170355884?d=y

 

彼女が言ったのは、独立有功者を大幅に増やし、その中に左翼活動家まで入れようとしている文在寅政府の政策への批判です。

本ブログでも、「親北した人でも、抗日した人は国家有功者」というタイトルで取り上げたことがあります。まだの方はお読みください。

「戦後、反日をかかげて活動していた人たちの中には、自由民主主義を否定する左翼活動家も含まれていた。そんな人たちまで独立有功者にしようとする文政府のやり方は、また国論を分裂させるだけだ」。そんな趣旨です。

 

ナ・ギョンウォン氏、「過去を持ち出して左翼活動をし、自由民主主義政府の樹立に反対した人たちまで(独立有功者に)含めようとしているのは、再び混乱を起こすだけ」という現状分析は悪くないと思います。

でも、「反日した人なら親北でも大丈夫だよ」な雰囲気を作るのは、文在寅氏にとっては重要な案件です。文氏がこの「有功者増やし」すなわち「反日英雄増やし」政策をやめるはずはありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

114+

54 Replies to “ナ・ギョンウォン氏、今度は「反民族行為特別調査委員会が国論を分裂させた」”

  1. 反日をダシに、只々自分等以外の誰かを貶める事に躍起になっているとしか見えません。つくづく、進歩しない民族。

  2. 答えの無い世界に彷徨う政治はいわば幽霊船だね。魂は永遠に救われない。答えを見つけようとしては安易な言葉遊びに耽る。これは政治の職務怠慢だが国民が追求しない。ここが民度を問われところだがな。レベルの低いアジアのど田舎では仕方がないということか。欧州ではそれなりに改革の機運が台頭する。韓国ではローソクなどというK K K紛いのリンチ集団がデモクラシーだと勘違いする。残るは軍がどう動くかだ。成熟しない、できない民族というのは現実に存在する。一種の分析対象になるね。しかし未開だなぁ。

  3. このようなことを言う人がまだ韓国にいるんだというほんの一筋の光明(と信じたい)。

    それにしても、ほとんど北の状態の南です。

    1. >爺さま様
      いあ・・・それいつものやつです。
      常に日本人が見出そうとしてきた、まがい物の光明(信じたいもの)であって、大概が党派争いや内紛やらなんやらで発する「火花」です。

      (´ーдー)向こうの「日本を見習わなければならない」など日本を持ち出し、相手を下にする戦法と類似かも。
      日本人は「韓国にもこんな人がー」など思うのですが、基本「見習うのはお前でウリではない」ので何ら改善には繋がらないのです。
      いつものことですが。

  4. 一連の展開を見てるとなんだろう……。
    なんとなく産経裁判のグダグダっぷりを連想してしまいます。
    挙げられる共通項はそんなにないのになんとなくそう感じる。

    産経裁判は前政権崩壊の引き金ってわけではないんだけど、
    遠回しな前兆ではありました。ほっときゃい小ネタに対し
    感情的に反応したことで大きな火種に育ててしまった。

    この魔女裁判がどう転がったいくのか要注目案件かも。
    理屈の上ではロウソクにはなりっこないと思ってますが
    韓国は時々予想の斜め下を軽くぶっちぎってくからなあ。
    願わくば冷静な対処(放置)での自然鎮火を祈ってます。

  5. 長い伝統と文化を持つ日本人は「遠き慮りなければ必ず近き憂いあり」と論語に書かれた教えを大切にし、過去に学ぶことの大切さを常に心に置いて他人を尊重し、文化や伝統を大切にして生きてきたが、

    奴婢層が大勢を占めた朝鮮では今日より以前も、今日より以後も何の希望も持てなかった為、その時々の享楽をだけを求めた「刹那」の文化を大切にして生きてきだんだろうなと思う、
    だから全てをその時々の自分の益、不益を基準にして昨日の約束も明日の自分の立場も考えず平気で嘘をつき、事実を歪曲し、都合良く話を捏造し、過去を破壊する、こんな事を延々とやってきたんんだなぁ・・・と、

    朝鮮日報の記事を読んで何となくこんな事が頭をよぎりました。
    >【コラム】「親日」校歌の否定、「親日」国歌の否定

  6. アカ狩りに親日狩り・・・根っからの狩猟民俗だね。
    DNAに染み付いた劣等感は絶えず誰かを追い詰めていないと気がすまないのか

    1. 経済的には明るい見通しがなく、これ以上の悪化が予想され、
      統一も一向に進まず、外交も日本との衝突でさらに経済的な悪化要因もあり。どん詰まり状態です。
      加えていつもの国内の不和。(年中恒例の「お前、親日祭り」)

      ほっといても死んでしまいそうなくらいだけど、事大という外患誘致をしてくるので、無関係は保てず、また国の状態が悪ければ「他の国に行けばいいんじゃない?」と能のある者は去って行く。
      半死になって、北と同じく、難民の流出も困るし、「援助クレクレ、死んじゃうぞ」詐欺もイヤ。
      日本は日本の道を歩み始めたのだし、韓国も自分で赤へ通じる道でもあるけど歩み始めたのです。
      あと3年と1ヶ月ちょい。迷惑にならないようにがんばってほしいのです。道が交わらないくらい遠くにお互いいたいものですね。
      日本の幸せのために。

  7. この場でナ・ギョンウォンさんが登場したのは展開があっていいように思います。美人だし、ドラマ好きの韓国人なら期待するものがあるのではないでしょうか。
    ムン派は彼女が「親日派」であるとレッテル貼り攻撃するでしょう。
    ムンは「共産主義者にも抗日がいる」と共産勢力を押したいのなら、ナ氏は「親日派にも愛国者はいる」と押すべきでしょう。
    「親日派」と使うとアウトなので「ピカチュウ好きでも愛国者はいる」「レクサスに乗っている愛国者」等でかわすなどして。
    しかし普通の国ならありですが、それが出来れば韓国じゃないか。タラバガニバーガーが親日派ですから。

    1. たとい国の為を思っていても、悪魔(日本)に与するものは魔女ですからね。吊るされる運命。

      1. >七誌さんへ
        韓国のつるされる運命はともかく、
        とりあえず、ご返答お願いします。

        私がどこで「七誌さんは悪」と述べているかを。

        「多すぎて貼れない」くらいですし、100や200あるのなら2,3例くらい簡単なことを3日以上かけないで。

        言い訳ばかりです。
        単に自分の言葉が自分を「いじめてる」のであって、私への非難などのお付き合い?はいいので、事実を返せばいいだけです。

        どうかご返答を。

        1. 空想から、理論の理へ。

          いまだ最初の一歩すらクリアできず。
          難しいですか?

          ご返答願いますね。

    2. 現実に彼女が取っている攻撃方法は、相手にも親日派のレッテル貼りをする攻撃であり、「今の共産主義者にだって昔の親日勢力がいる」です。たしかにその通り、事実に反していない。(というか、それなりの政治力を今持っているような政治家は、大なり小なり誰でも昔は親日派的な活動に関わった経験があるはず。でなければ政治家として生き残ってこれなかった。)
      文大統領の弁護士時代の活動に関する暴露(親日資産家の財産を擁護する弁護活動を担った)という攻撃は、かなり効果を上げているみたいじゃないですか。

  8. 左派でも右派でも、親日でも従北でも、ウリによる国家の私物化競争ですね…。
    韓末の、国庫のお金をムーダンに浪費して空っぽにしたミン妃?とかと大差ないというか。

  9. 北朝鮮崩壊後、南朝鮮の従北勢力は求心力を失い在寅政権は瓦解します。
    一般の国民は手のひらを返して米国を称賛し、南朝鮮の保守勢力が息を吹き返します。
    保守勢力は政権を奪還してアカ狩りを始めるでしょう。

    その時、このナ・ギョンウォン氏は朝鮮半島再構築の主役の一人になるかも知れませんね。

    1. それにしても、メルケル、クリントンを皮切りに、朴槿恵、蔡英文、メイ、最近ではジャシンダ・アーダーン(NZ首相)と・・・。
      21世紀初頭の国際情勢は女性政治家の活躍と、栄光・没落によって形付けられるものになるのでしょうか。時代は変わったなァ。クレオパトラ達の時代?
      韓国も、刑務所に行ってしまった先代に代わり、ついに2代目女性大統領への道は果たして成るか?しかも外見が比類なき美人という、これまた韓国らしい。
      日本は取り残されてますねぇ。(実はヤレヤレよかった、と本音。)

コメントは受け付けていません。