何気なく歩いていたら

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

何気なく歩いていたら、桜が綺麗な場所があったので、近寄って写真を撮りました。

日差しが結構強かった(すんごい逆光)ので、フラッシュ撮影です。よって「光」はものすごく不自然な形になっていますが、キレイだからこれでいいとします(いいのか

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

何が凄いのかというと、「桜の名所を求めて遠くまで行った」わけでもなく、「普通に歩いていたらこんな風景があった」ことです。

しかも、まだ殆どは開花していません(写真のは開花が早い種類の桜だったのでしょうか)。

去年は、偶然、桜の満開シーズンに韓国に行ってくることになりましたが、今年の韓国行き(墓参りなどもあるので年1回は行きます)はもう少し後になります。

これから日本の街を歩くことが、楽しみで仕方がありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

176+

57 Replies to “何気なく歩いていたら”

  1. たまには美しいものにも目を向けて、心の曇りを晴らして下さい。

  2. >>ぴ

    >ジンダイアケボノかな?あれはアメリカのアケボノ由来らしいからそっちからの起源主張をしてくるかなと思ってたけど。

    ジンダイアケボノのお母さんは、染井吉野です。
    父親は不明。アメリカに日本が送った染井吉野が、
    どこからか飛んできた桜の花粉を受粉してサクランボができ
    (自然雑種交配)
    アメリカで(あけぼの)と命名して育てた。
    で、1965年に日本にもそのサクランボの種を5つぶほど、送ってきて
    日本ではそれを「アメリカ」と命名して登録。神代植物公園で育てました。
    実は、日本にはすでに「あけぼの」という名前を持つ、別の桜が他にあったのです。
    だから名前がややこしいのですが、血統としては、「染井吉野由来」です。
    で、神代植物公園で、その「アメリカ」を接ぎ木して育てていたら、
    「アメリカ」と特徴の異なる花を咲かせた桜が誕生し、新品種として1991年に
    「ジンダイアケボノ」として登録。神代植物公園は、バラの新品種でも割と頑張っています。

    ジンダイアケボノの父親は、いまだ不明ですが、アメリカの野生種の桜ではなく、
    日本から米国に渡った日本のサクラ同士の雑種であると考えられているそうです。

    ちなみに、日本の桜を大きく2つに別けると、山桜(野生種)と里桜(栽培種)とに
    別れますが、このうちの野生種の原種はたった11種で、そのうちの2種は外来種の台湾桜(かんひざくら2月に咲く)と、ヒマラヤ桜(11月〜12月に咲く)で、国産の原種桜はわずか9種類しかない。
    その原種桜のうち、千年桜の超長寿の江戸彼岸桜は、中国や朝鮮半島にもあるそうですが
    白いオオシマ桜は日本固有種で、現在、日本に約600種類もある里ザクラのほとんどがこの大島桜由来なのだそうです。
    なので、染井吉野も、河津桜も、オオカン桜も、神代あけぼのも、みんなオオシマ桜のDNAを受け継いでいるので、どこの国が日本の里桜の起源を主張しようが、オオシマ桜のDNAを持っている桜であれば、ダウトといえるのです。オオシマ桜はうちの近所にもあるポピューラな白桜ですが、
    食用で人気なのです。桜餅の葉っぱの70%はオオシマ桜が利用されているとか。
    (葉っぱの裏に毛がないので食べやすい。葉っぱに桜独特の芳香がある)

    オオシマザクラも、伊豆大島には推定樹齢800年の巨木があるそうなので、
    韓国がオオシマザクラの起源を唱えることも無理なのです。

    桜の特徴で、野生種は超長命ですが育ちは遅い。園芸種は、育ちが早くすぐに大木になるけど寿命が短い。100年で大木になるけど100年を越すと枯れやすい。
    園芸種の桜はきれいだけど、長生きな野生種の桜も大切にしてあげたいと思います。

  3. 大寒桜ですね。
    上野公園に行ってみるとよいですよ。
    大寒桜を始めいろんな種類の桜の木があります。50種類ほどあるんだとか。
    陽光という桜があって桃の花よりも桃色の花を咲かせます。うわっ!ってなるよ。

    1. 詳しい話ありがとうございます。

      そうそう、その父親のところに韓国系をぶっこんでくるんじゃないかと期待してたんですよ。DCにあるアメリカン大学の李承晩桜が父親だとか、半島産の彼岸桜が父親だとかw

  4. さくら、きれい。
    とても逆光には見えないです。
    フラッシュ大成功ですね。

  5. 今年は、満開早そうですね。
    三寒四温とは よく言ったものですね。
    さあ、何処へ花見をしようか?悩むなぁ〜 (おちゃけ何用意しようかなぁ?)

  6. 時期的に大寒桜ですね
    ソメイヨシノより一歩先に咲く
    花は好きだけど咲いてるうちに葉が出てくるのが
    見た目にちょっと鬱陶しいかも

  7. 王道ですが、千鳥ヶ淵にぜひ。予定では3月27日~4月7日までライトアップされます。川面に花びらが散り、夜桜もほんとうに美しい。厚着をして一度お出かけください。

  8. 「春の花」と言うと、いろいろ有りますが、
    みなさんは、桜の他では、どんな花がお好きでしょう?

    私は「たんぽぽ」が好きです。

    1. これから春が来ると嬉しくなるネコヤナギ、匂いが好きなタチツボスミレに色合いが好みのシャガ、花から青葉、紅葉まで楽しめる満天星ツツジに、先ほどの春来た感を感じるオオイヌノフグリあたりがトップ5です。手間をかけることなく楽しめるのばっかりだ(・∀・)

    2. 近所って訳じゃないけど、びっしり菜の花が咲いてるところがあります。
      休みの日、何台も車止まって菜の花見てますよ。

    3. 俺も都会人だった昔はタンポポが好きだった。
      田舎人になってみると、あれほど憎しみの湧く雑草は滅多にないw

      1. 仲間よww
        どうやってもまたすぐ生えてくるよね
        うちはアリが根に沿って巣を作っているのでさらにニクい

        1. 菜の花もタンポポもいいですよね。

          タンポポ、どこにでも生える=繁殖力強いのですか。
          子供の頃、あのふわふわした種に、ふーっと息を吹きかけて飛ばすの好きでした。

          あれって日々雑草とタンポポとの死闘を繰り広げている方には、殺意がわく行為なのかも?

          (´°ロ°)ノシ 今はしてナイナイ

      2. 「雑草」と思わずに、
        「食料」と思ってください。

        ほとんどの問題は「食い物と思う」で解決します。

      3. ウチの庭もタンポポとドクダミは困りもの。
        好きなのは春は菜の花、秋はコスモスですな。

  9. 色合いと葉が出ているところで、たぶん大寒桜でしょうか。染井吉野に先駆けて濃い色の花を咲かせます。うちの方でも先週くらいから咲き始めました。

    住宅街でも空き地やアスファルト、花壇の隙間から勝手にあれこれ顔を出す、野草も楽しいです。存分にご堪能下さい。

    この時期、オオイヌノフグリを見かけると春キタワー、更にスミレ、たんぽぽやぺんぺん草、ヒメジオンにカタバミと花が増えていくにつれ春爛漫を堪能します。夏前に減らさんとイカンのですがこの時期は魅力的ですね。

    1. 大寒桜、なんか日本酒みたいなネーミングですね。
      オオイヌノフグリ、ヒメジオン、カタバミ・・・

      オオウ!?(`д´;;)←すべて「野草」の同一カテゴリー。あんまし分別なし。

      ペンペン草・・・おおー、菜の花のボリュームを落とした白いバージョンみたいなものか。
      「オー!ジャパニーズ、ワイルドフラワーズ!」←外人化して誤魔化す。
      てか、オオイヌノ(略)ってなんというネーミングにだカ

      1. オオイヌノフグリ、可憐に咲く、青い5~8mmの花。

        花言葉、「忠実、信頼、清らか」

        ( つ_”_)つ マジデスカイ

      2. 雑草にまみれた環境で育ったから(・∀・)ワリトスキ
        実はオオイヌ(略)はフグリにほぼ関係なかったり。
        在来種のイヌノフグリの実がこう、ぷりっと丸が二つくっついたωポイ形をしているところからの命名で、それと花が似ているだけで大き目なところから名づけられた帰化植物なのです。濡れ衣。別名で瑠璃唐草とも言うそうですがネモフィラの和名ともなっていてよく分かりません。

        しかも在来種のイヌノフグリの方は絶滅危惧種にまで追いやられていて尚更、名前の由来が意味不明になりつつあるという。

        見ないと言えばネジバナやヘビイチゴ(美味しくない)も近所で見れなくて寂しいです。などとつらつらと。

        1. 田舎者なので、ものすごく共感します。
          田んぼの畦は花盛りです。
          (*´꒳`*)

  10. うわぁ!きれい!

    …それだけ言いに来ましたw
    「何気なく」の部分、すごく分かります。
    花見にいくぞーって気負って行くよりも、何も身構えてない状態でふと綺麗な景色が目に入ってきた時って感動しますよね。
    日常の小さな幸せってやつでしょうか。
    季節を感じられる爽やかな写真、ありがとうございます^^

コメントは受け付けていません。