韓国、揺れる「第3金融圏」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

久しぶりに韓国経済ネタです。

去年12月あたりから同じ噂がありましたが・・韓国の「第3金融圏(貸付業者)」シェア1位であるサンワ(三和)が、韓国市場から撤収するのではないか、とのことです。なにせ、貸付業者であるサンワが、今月から貸出業務を全面中断している、とのことでして。

一部では「別の理由で貸出を中止している。再開するだろう」という話もあるようですが、貸付業者が貸出を中止するのは珍しいことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・貸し付け業界1位の三和貸付が新規融資を中断し信用等級の低い人たちや庶民がお金を借りる敷居が一層高まるものと思われる・・

・・サンワの他にも、資産を処分して営業をやめた大手貸付業者もある。

サンワ貸付は、日本の同系列である三和興業から低金利で資金を調達し、国内市場で成長した。競合他社の既存の1位ラッシュ・アンド・キャッシュが貯蓄銀行を買収して資産を移転・処分したため、サンワ貸付の国内独走が始まった。サンワ貸付の貸付け金は、最も最近の公示監査報告書によると、2017年末の時点で貸付債権の保有は2兆2800億ウォンほどだ。>

http://www.todaykorea.co.kr/news/view.php?no=260583

https://news.v.daum.net/v/20190307113903763

※エントリー投稿時には一部「サンワサプライ」となっていましたが、機械翻訳の誤訳でした。詳しくは「サンワ・デブ(貸付)」です※

 

本ブログでも(旧ブログの時)書いたことがありますが、韓国では信用等級というものがあって、この等級が低い人は第1金融圏(一般銀行など)では貸出を受けることがほぼ不可能です。

それより利子が高い・敷居は低いのが第2金融圏(貯蓄銀行、信用金庫など)で、さらに第2より利子が高い・敷居は低いのが第3金融圏(貸付業者)。

それでも貸出が受けられなかった人たちは、闇(違法)の領域に行くしかありません。有名なのが違法私債(サチェ)ですね。この違法の領域は、ちゃんと集計すらされていません。

 

韓国家計負債名物、「回して防ぐ(돌려막기)」。A銀行から借りたお金を、B銀行から借りた金で返すこと。これができなくなると、家計負債は維持できません。

李明博大統領のとき、第2金融圏(貯蓄銀行)がドミノ倒産するピンチがありました。あの時、多くの人たちを救った(貸した)のが第3金融圏でしたが・・第3金融圏が倒れると、その人たちはどこにいけばいいのでしょうか。

 

サンワが本当に撤退するのかどうか(紹介したソース記事2つの1つは撤退に、もう1つは撤退ではないという意見に重みをおいています)はまだわかりません。

しかし、「時限爆弾」と言われながらもかろうじて耐えている韓国の家計負債。少なくとも「合法」の範囲内ではもっとも「他に行くところが無い」人たちが利用していた第3金融圏が、大いに揺れていること。これだけは間違いないようです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

44 Replies to “韓国、揺れる「第3金融圏」”

  1. 元、そっち系でしたがw
    最近の様子は知らない。
    なので引用。

    >日本の消費者金融市場を見限ったサラ金が韓国上陸-韓国の銀行買収を進めるオリックスが貸金事業に進出―2

    2011/02/25

     昨年6月に完全施行となった改正貸金業法。個人の借入総額が制限される総量規制によって、定職を持たない専業主婦らは借入先を失い、又、市中の貸金事業者らは顧客を失ったうえに、上限金利の引き下げによって事業存続さえも侭ならなくなった。更には、会社更生手続き中にある武富士を代表に、過払い金の返還請求によって、旺盛を誇った大手貸金事業者までもが息の根を止められた。

     斯様に、消費者金融市場が荒廃した我が国であるが、お隣の韓国では状況は全く異なる。法改正にて上限金利が20%に引き下げられた日本であるが、韓国の法定上限金利は44%(数年前まで60%以上)という、貸金事業者にとっては夢のような経営環境にある。既に、いち早く日本に見切りをつけた在日系の貸金業者は、祖国回帰を果たし大きな利益を得ている。
     その中で注目されるのが、韓国内にて貸出残高2位に位置する「サンワマネー」である。サンワマネーは、日本一性質の悪いサラ金として名高い「三和ファイナンス」の現地子会社であるが、その三和ファイナンスは事実上破綻したにも等しく、今後、身軽になったサンワマネーは、悪徳サラ金のDNAをそのままに、更に大暴れする予感がする。現に、韓国内での評判は頗る悪いらしい。

    (略)

    ttp://www.keiten.info/sen/orix20110225.htm

    ハイエナみたいな業界ですから。
    こういうので、女性は「風呂に沈められ」たりする、、んでしょうねぇ。
    (さすがに「そっち系」とは言え、「これ系」ではありませんw)

    1. 韓国でいう「第三金融圏」の顧客であれば、40%とかいう利率なら、ほとんどが返せません。自転車操業になるでしょう。
      ようやく利払いができる程度。

      韓国の家庭債務が増え続けているのも理解できます。
      また、「不動産賃貸の形式」が日本とは違うので単純比較もできませんが。

      加えて高い失業率も考慮すると、かなりの人が苦しいを通り越して「破産者または破産予備軍」でしょう。

      みんな、「巣にいるヒナ」状態で、政府の徳政令を期待しているでしょうねぇw

      友人から借りてばっくれる、のも頻発してるでしょうw

      1. (あくどい)債権回収の経験はありませんが(とりあえず無いということにしてw)、

        年利40%となれば、単純に「3年間で元が取れる」わけで、その上で、
        ・物的担保があれば抵当権実行など
        ・保証機関があれば代位弁済を
        して「利益を上乗せ」して、トータル(全体を見て)で十分利益があれば、債権を売却(譲渡)はあり得る。

        徳政令で棒引きにされるよりは全然良い。

        先を見越しての新規融資中止かもねw

        1. 国際金融の視点だとどうなるだろう(この分野は素人w)。

          ・徳政令で金融秩序が崩壊する。
          ・韓国に対する融資や投資がなくなる
          ・ウォン暴落
          ・外貨準備高がなくなる
          ・資金ショート、破綻
          ・IMF体制?
          IMFだって常に金庫にキャッシュがあるわけでなく、窓口、トンネル、橋でしかなく、米や日本からの金融で機能する。
          果たして「救いの手」を差し伸べるか?
          世界経済への影響を考慮して、救済するわけで、そこには国益がある。
          どこまで救済するのかなぁ(すっとぼけ)

          *この分野は素人ですw
          上記の連鎖は思いつき。

  2. 金貸しはリスクを利息に乗せるので、利息が制限されない限りいかなる状況でも担保なしで貸し付けることができます。リスクの算定が腕の見せ所ですが。
    例えば、2人に1人しか返せないような状況で貸す場合でも、利息を100%以上にすれば儲けが出るわけですね。
    ここで、利息が制限されていると2人とも困るわけで、1人は破産しても1人は助けるというのが利息制限を撤廃すべきという主張になります。ただし、返した1人がまた借りる場合(自転車操業や多重債務)、次にはその半分が破産するわけで最終的に全員破産します。なので、そうならない常識的な範囲に利息を制限します。
    (20年も前に、武富士の知人に教えてもらったことを私なりに理解していることなので間違っているかもしれませんが。)

    さて、韓国の最高利率は年24%だったでしょうか。
    それでやっていけないということは、それ以上のリスクがあるということでしょう。

  3. 「信用等級」、半島にそんな言葉があることに失笑を禁じ得ない。
    まあ単純にクレジットを信用に置き換えただけなんだろうけどハングルじゃ日本人のが思う「信用」の言葉の重さは解らないだろうな。

    1. 日本にもある、と言えます>信用等級

      明確にあるわけではないが(ってオイッ)、
      CICとか個人情報センターみたいな(いわゆる「ブラックリスト」調査登録機関)のが、あるし、信用市場(金融、不動産賃貸、もしかしたら就職関連など)では機能してます。

      「1」「2」「3」といった細分化までされているかはわかりませんが。

  4. ノンバンク(三和)は、何処から資金を調達してたの?
    金転がしだから 原資、まさかの 総連系? まぁ〜 同族の共喰い(在日コリアン出資)の可能性高いかな。(妄想ですよ、妄想)笑。

  5. 貸付業者が貸付しなくなった(業務を停止した)ということは、儲からないので手を引くか、儲けはあってもリスクが儲けを上回るのでやっぱり手を引くということでしょ。商売とはそういうもの。

    金貸しが金を貸さないということは戻ってくると判断していないということ。経済の停滞が恐ろしく進んで、もしくは縮小に転じていて、かつ回復の見込みはないのでしょうねぇ。

  6. 事業の売却ならば有るのかもしれないけど、撤退なんてあり得るかな?

  7. おそらく、撤退ではなく貸付停止でしょ?
    今後の韓国の政治や経済の状態だと、返ってこないだろうから。政府が勝手に棒引きしかねないし、経済はもっと悪くなるし。
    今まで貸した分は取り立てるでしょ。その債権を二束三文でどこかに売るとは考えにくい。

  8. 関係無い事なのですが、 今年の夏 猛暑になれば 今、赤字の電力会社 復活するのかな? 電気料金支払えなくなって 電気止められる事態多くなりそうだね (死者が 多数出る) で ムンが 救済する、もう負のスパイラルが生まれる。 (財閥及び 工場関係の料金爆上げ 外国資本の工場生産停止か 撤退) 火力発電所 フル稼働で 2、5pm上昇
    ループ状態 あ、外貨無いから 燃料輸入出来ないかもしれないね(笑)

    1. 燃料については、北から安い石炭を輸入できるので大丈夫でしょう。
      でもそうすると、PM2.5が増えて、やっぱりスパイラルになる?

コメントは受け付けていません。