インドネシア賃金未払いの社長「ふふふ・・でも僕は賃金未払いの中でも最弱・・」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

四天王ネタというのがあります。漫画・アニメなどによく出てくる敵幹部にはなぜか4天王というやつらが多く、そこから出てきたネタでしょう、多分。

四天王の1人がやられたとき、残りの3人がこう言います。「~~がやられたか」「ふふ・・でもやつは四天王の中でも最弱・・」。詳しくどんな作品でみたのかはわかりませんが、「そういえばこんなセリフどっかで聞いたなw」とついニヤリと笑ってしまう、ネットによくある笑いのネタのなかでも、特に好きです。

この前、インドネシアで賃金をちゃんと払わずに逃げた韓国人社長が話題(良からぬ意味で)になりました。

その人が「ふふふ・・でも僕は賃金未払いの中でも最弱・・」というふうに話した(実際そう言ったわけではありませんが)ので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

問題になったのは、インドネシアの縫製会社、エスカベ(SKB)の韓国人社長キム某氏。今月7日に「インドネシアの韓国人社長が、賃金未払いのまま韓国に逃げ帰った」ということでニュースになりました。

その被害者は今確認されているだけで1182人で、SKBの労働者が約4000人であることから、これからさらに増えるのではないかと懸念されています。

その後、インドネシアの労働者団体などが「悪さをする韓国企業は他にもある」としながら韓国企業20社のリストを公開、その被害者は2万2千人を超えていると主張したりもしました。

https://news.v.daum.net/v/20190317173701433

 

そんな中、韓国日報が、例の「キム」社長との電話通話に成功しました。

そこで、キム氏はこう話しています。

「10年間、現地にいたからわかるけど、賃金一銭払わずに逃げた人の事例も、私より10倍以上の未払いて逃げた人も多いのに、私がサンプル(手本)にされた」。

記事は、キム氏が「(~と話しながら)悔しがっていた」としています。

 

いつだったか、多分旧ブログの時だったと思いますが・・韓国人は違法的なことをして捕まると「運がない」と思うと書いたことがあります。

これは「悔しい」の意味です。「皆やっていることなのに、私だけがバレた」から、「悔しい」になるわけです。これを「運が無い(ジェスオップタ、재수없다)」といいます。韓国人がよく口にする言葉です。

キム某氏も、まさしくそのパターンですね。そして、1つ前のエントリーにも書きましたが、「もっと悪い奴らが多い!」とし、それを「だから私は悪くない」の名分として使う、と。

とりあえず、リスト公開された20天王から、徹底的に調べてほしいところです。

https://news.v.daum.net/v/20190320200237087?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

142+

35 Replies to “インドネシア賃金未払いの社長「ふふふ・・でも僕は賃金未払いの中でも最弱・・」”

  1. 日本だとスピード違反とか一時停止義務違反で「皆やってるのに運が悪かった」というやつですかね。
    決して誉められたことではありませんが、まだ事故をおこす前、取り締まる警察官の気分にもよるのでわからない話ではありません。
    しかし、72億ウォンを持って賃金未払いで高飛び…これで最弱、運が悪いというのならと思って、ちょっと調べたら韓国内で1兆6472億ウォンが未払いとか(朝鮮日報2019年1月19日)。
    確かに最弱レベルですね。

  2. 仕方ないよね韓国人だもの
    『甲と乙』しかないから『加害者になりたくない』
    1200人の被害者よほど手作業だけ
    流通業者のカモ
    日本との取引停止(契約内容の見直しかな)(不履行時の記載?)
    解からんけど、韓国の被害低減策が、東南アジアにも浸透し始めたかな
    流通の親玉が日本もしくは、銀行の信用情報が日本製
    韓国には、つらい環境でしょう(日本は、韓国の攻撃により人の問題に支援する力がありません)

  3. 四天王が全滅すれば十二神将とか出てきますからね
    つまり四天王は悪くなく運が悪かっただけ(違)

  4. 数ある中からあたった(バレた)と嘆くところまでは、たぶん万国共通の心情かと思いますが、そもそもがアカンことであれば一般的には被害、犯罪の場合は罪状の軽減に努めることに専念するものかと思います。

    が、これが
    >「だから私は悪くない」の名分
    となって(して?)しまうことがあるのが独特ですよね。
    それでいて、アカンのだから止めようにも、みんなやってるからアカンことじゃなくねともならずに、大方は非難合戦があらぬ方向へ彷徨いだして本筋が忘れられていくっていう。

    今回も二十天王の中に、キム氏んとこより叩き甲斐があるとか実際により酷い行いの会社があればいい感じに逃げられたりするんじゃないですかね。あと他の話題に埋もれるとか。

    ……あ、韓国的罪状軽減策ではあるのか(;´・ω・)オオウ

  5. 去年の今頃は、ベトナムでの夜逃が話題になってましたね。
    てか、中国でもやってたか、世界各国でやってるから分からないや。
    今年は、バングラデシュでもやりそうな予感が。

  6. ラオスのダム決壊の韓国世論。
    「SK建設が払うべきで韓国の税金は絶対に使うな」
    今回、やった本人は
    「もっと悪いことやって上手く逃げたのがいるのに」
    で、うまく逃げおおせて金持ちになった韓国人の評価は
    「現地の人をだまし悪事をして儲けるのは日帝残滓」
    親日派認定。

  7. 賃金未払いのままインドネシアからの韓国企業の夜逃げ。
    マレーシアで文大統領がインドネシア語で挨拶。
    韓国国内でのイスラム教への差別。

    韓国人のインドネシアに対する理解度・重要度がなんとなく分かります。
    アセアンの大国を乙扱いしたいのですね。

  8. 一人目がやられたとき面汚しだとか相応しくなかったとか
    散々な言われ方するのは古臭いお約束というか……。
    自分がやられた場合でも、俺に勝ったからといって
    いい気になるなよとか捨て台詞を残していくのも同様。

    今回の事例の場合、スピード違反を捕まえるのは
    中途半端な輩が手っ取り早いとかそういう話かな。
    ヘビーな違反をやらかす輩はその分、用心深いから
    小物からとっ捕まりやすいって感じでしょうね。
    大物だと賄賂とかも上手に駆使するだろうしなあ。
    インドネシアの役人の汚職率はよくしらないけど。

  9. 漫画・ギャグマンガ日和の作中作ソードマスターヤマトが元ネタだな
    打ち切り漫画にありがちなパターンのパロディ

    1. 俺の肉染みは消えないんだ!ってヤツ?
      (クリーニング店に持って行けよ)
      ギャグマンガ日和の汎用性は異常に高い・・

コメントは受け付けていません。