日本の建築は世界最高の境地

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

プリツカー賞関連で、韓国の建築学部教授が「日本の建築は世界最高だ」という文を書きました。彼は、「韓国社会には、建設はあっても建築は無い」としています。

中央日報の記事から、部分引用します。

<・・興味深いのは、米国がプリツカー賞初期の12年間なんと7人(※)の受賞者を出したのに対し、日本は、2010年代だけで4人で、最近はまさにプリツカー賞の常連になっている点である。何千年も続いた西洋建築が本流である現代建築でさえ、日本が先頭に立ったのは、近代化と近代建築が西欧ほど早く根を下ろした歴史だけでは説明ができない。

※記事によると、受賞「回数」は米国が8回、日本が7回。初投稿のときに「人数」にする間違いがありました。コメント欄の指摘、ありがとうございます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

特有の職人精神のおかげだとするなら、ドイツ、イタリアだってそうだし、経済力に頼ったネットワークや異国趣味(exoticism)がその理由だとするのもセコすぎる。サッカーでもあるまいし、ここはクールに認めてしまおう。日本の建築は、すでに世界を越えて、最高の境地にきているのだ・・

 

・・時代と社会のレベルがそのまま建築に反映されるのは、建築が注文生産であるからである。

「世界最高層の建物を施工した我が国が、なぜプリツカー賞を受賞できないのか」という愚問には「まだそんなものを良い建築だと思っているから」がベストアンサーになれるだろう。建築主たちが、いまだ、高く、大きく、繁雑なものをいいと思い、建築を不動産、誇示するための品として扱う社会であるなら、その社会に「建設」はあるかもしれないが、「建築」にはまだ到達できていないのだ。>

https://news.v.daum.net/v/20190321002147458

 

プリツカー賞の建築物だけじゃなく、よくある建物からも、日本の建築のセンスの良さは一目瞭然です。また、前にも書いたことがありますが、建築物だけでなく、日本の街並みは、建物だけでなく人の服や車まで含めて、そこにある「色」がいいです。

ちなみに筆者の教授が「経済力」や「異国趣味(exoticism)」を持ち出したのは、韓国人が日本の「良いもの」に対して、この2つをぶつけることが多いからです。「経済力があるから」、または「日本人は事大主義(欧米の分化に憧れる)だから」、と。

アニメとかにも「日本アニメの主人公は白人みたい」「髪の毛の色が欧米人みたい」とかの文句を言う人が多いですが、それも似たようなパターンです。

でも、真の理由は、社会の水準そのものにある、と。面白い指摘です。

建築というのも結局は人のセンスを反映するものであり、それは「好き」の現れとも言えるでしょう。そう考えると、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」に書いた「日本人は好きなものを語り、韓国人は(価格が)高いものを語る」という内容とも、通じる部分がある気もします。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

56 Replies to “日本の建築は世界最高の境地”

  1. なぜいつも日本と比べるのか不思議で仕方がないのだがな。文化の伝播も中国からはあるが半島からというのはほとんど聞いたことがない。だが韓国ではそうでないらしい。韓国ご比較する相手は台湾とかベトナムといった国ではないのかといつも不思議に思っている。

  2. プリツカー賞とは
    アメリカのホテルチェーン「ハイアットホテルアンドリゾーツ」のオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団 から建築家に対して授与される賞である。

    磯崎新
    大分県大分市出身
    代表作
    大分県立大分図書館
    水戸芸術館
    北九州私立美術館
    京都コンサートホール
    なら100年会館
    Allianz Tower

    なら、韓国でもサムスンの一族が、
    サムスン財団を運営して、韓国国内の美術館や図書館、コンサートホールを建築している人に、サムスン賞を送れば問題は解決するのでは?

    映画のオスカー賞だって、自分たちの仕事を権威付けするために
    わざわざ自分たちでつくった賞なんですよ。

  3.  政治も、特に民主主義国なら、社会の水準そのものなんですけれどね。

     世界最高のローソク革命を成し遂げた韓国が、なぜ諸外国人や国連から報道の自由への圧力や脱北人の人権侵害を指摘されるのか?。という愚問には、あんな物をフランス革命と並ぶと思っているからが良い答えになるでしょう。

     建築はどうでもよいから、政治をなんとかしてよ。

  4. >匿名さん
    
>しかし、韓国に行って帰ってくると気がつく。日本の建築物は「真っ直ぐ」だと。
韓国の建築物は多少の歪みはケンチャナヨである。
>景福宮など見ると本当に日本に文化を伝えたのか疑いたくなるが、日本の職人が脅迫神経症的に真っ直ぐに拘るのは民族性の違いだと思う。

    日本と韓国では、「建築基準法」が異なるんですよ。
    日本で肉眼で見て、まっすぐではない建物があったら、即刻、行政から
    立て直しを命じられますって!
    そもそも全ての建物は、傾いているのだそうです。
    しょせんは人が作るものであり、どんなに精密にがんばっても限界があるからです。
    大きな物体を水平、垂直に建てる事自体、大変な労力を必要としますし
    建てた数年後に(軟弱地盤や地盤沈下)によって、傾きが発生するケースも
    大変の多いのです。

    日本の場合は(民法545条2項)で、建てた数年後に傾きが発生した場合は
    欠陥品として、売買契約の解除または損害賠償の請求をすることができますから、それだけ建てる方も慎重になるわけです。

    参考までに、日本の不良物件(アウト)の基準
    3/1000未満
    1,000mm(1m)の距離にある、本来は水平であるべき二つの点が上下に3mmずれている。

    韓国の建築基準は知りませんが(シンシアリーさんでも聞いてみてください)
    もしも現在の韓国で、日本の建築基準法を適用し
    「1m以内で水平が3mm以上狂っていたら、損害賠償を請求できますよ。」ということになったなら
    えらい騒ぎになりそうな予感がします。

    日本は地震多発国なので、どこの国より「建築基準法」がきびしく、これのおかげで、震度5クラスの地震でも、人的被害が少ないのです。

    1. 法律が厳しいとか、それだけじゃないと思います。
      というのは、戦争中にアメリカの魚雷を捕獲して調べてみるとアメリカ人は合理主義なので性能に関係無いところには全く手を着けず表面がざらざらだったそうです。
      日本の魚雷はいちいち磨いてピカピカにしていたとか。
      アメリカ人はB29にミッキーマウスや女性のヌードをペイントしていましたから、仕事に対する感覚がちがうのではないかと。
      もちろん仕事に対する感覚はアメリカ人と韓国人でも違うでしょう。
      日本人は性能に関係無いところでも真っ直ぐにしたり磨いたりするのです。

      1. 私も匿名さんの意見に賛成です。

        日本のセンスや技術が高いのは、職人さんの腕が認められ、尊敬されるからだと思います。
        職人技に感嘆するので、普通の趣味でも、趣味の領域を超えた美しい物を作る人が多いですよね。

        逆に言ったら、韓国に足りないのは、その人が持つ技に対する敬意だと思います。
        「技」を持つ「人」に対する敬意とも言えますね。(*´꒳`*)

  5. そもそもプリツカー賞って、幻の新国立競技場の設計で巷の日本人が散々こきおろしたザハ・ハディドが受賞している賞ですから。どうかそういう前提で語り合ってくださいwww

    それと、この賞は生涯の業績に対する功労賞みたいなものなんで、受賞年にはあまり意味が無いことを付け加えておきます。

    個人的には、磯崎新はじめ受賞者の面々、だいたい好きです。

  6. 日本人は欧米の文化に憧れた事大主義だと見下しながら、欧米人が作ったノーベル賞やフィールズ賞、プリツカ―賞に恋々とする韓国人はなんとみじめで恥ずかしい存在なんでしょうか。
    サムスン財閥に入社することが人生の最大の目標である限り、韓国人はいつまでたっても欧米からみれば、乙の存在でしかありません。
    こうなると稀に生まれてくる超天才児の出現に、すべての希望を託すしかなさそうですね。

  7. レオパレス問題とか、耐震用ダンパーだとか、マンションの杭の長さが足りなかっただとか大騒ぎする問題は何かが起こったのではなく、何かが起こった時の事前準備に不備があるというものです、自然災害が頻繁に起こる日本では耐震耐火はもちろんで省エネとか風通しとかの分野まで求められるのが普通の住宅です、素晴らしい外観だけでなくそれに耐震耐風耐火などの安全が万全で人をもてなす心使いがある建築物なら最高だと認定されて当然でしょう、果たして韓国人に建築物が地震や台風や火事に万全でないとダメだという考えはあるのでしょうか、海の向こうの事なのでそうでもいいんですけどね。

    1. 上海の高層ビルなんてコンクリートの枠だけで壁は煉瓦積んでるもの。
      必要性がなければ技術の発展はないし、日本の建設市場に外国企業は参入無理だね。地震という巨大な参入障壁があるから。

  8. 今はやりのタワーマンション、区分所有なので建て替えの時は居住者の意見の取りまとめが不可能で廃墟化するといわれているが、韓国のアパートも同じ危険性ないのか?

    1. 韓国のアパートの中を実際に見たこと無いけど、現物を見たらたぶん日本人の基準を満たさない部分がいくらでもあると思う。
      新大久保の韓国広場で韓国食品を買って帰ったけれど、
      まずボンボン(缶ジュース)のプルタブの造りがちゃち。金型のレベルが低いのかと思う。
      ハニーバターチップの袋の包装の両端を閉じて裁断してあるが、閉じ方もちゃちで裁断が荒い、雑。
      セウタン(カップラーメン)のビニールの包装がピチッと密着してなくて空気がたっぷり入ってる。
      ソルロンタンのレトルトパックがごわごわしてて材質が悪い。
      オリオンのチョコパイの箱、開封するときのミシン目がちゃち。

      気にしなければケンチャナヨなんだろうが、こういう細かい要求に答える技術がないんじゃないか?
      半導体だのスマホ製造業だの、そういう技術はあっても基礎技術が低そうに思えました。

  9. 韓国国内に過去の歴史背景で、日本に関わる「建物」や「植物 主に桜」などを清算的感情で、次々に消してしまうニュースを見る度に、悲しくなりますね…。
    日本国内には、異国から学び、建造した建物は、大切に保存され、修復する度に、歴史的背景や当時の風習などを考察して、未来へ残す行為が、関わる職人の技術発展や国民的意識を向上させているかもしれませんね。
    大切な事は、学ぶことからだと思います。

コメントは受け付けていません。