韓国語の語彙について

※ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

ゴイスレです。語彙関連の内容がありますので、苦手な方はご注意ください(笑)※

 

ずいぶん久しぶりな気がしますが・・翻訳エントリーとなります。たまに引用する「韓民族文化大百科事典」がソースになります。

最近は「ハングルの優秀さ」に反論するのはタブーとされているため、「韓国語から漢字を除いてもいいのか」をちゃんと考察できた資料がそうありません。韓民族文化大百科事典のこのページは、80年代に書かれた学者たちの本をソースにして作成されたものであり、いまよりはマシな内容が書いてあります。少なくとも無条件優秀~とりあえず優秀~日本が~日本が~な内容はありません。

韓国語の語彙に、外来語、特に漢字がどのような影響を及ぼしていたのか、80年代の考察を垣間見ることもできるでしょう。また、(※~)の部分は私が入れた自分なりの注釈となります。原文にはありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国語の語彙

他の言語の場合と同様に、国語の語彙も固有の要素と外来の要素によって形成されている。ところが、まだ国語の起源と系統の研究が不十分なのが現状で、どんなものが固有の要素であり、どのようなもの外来の要素なのか、明確に区別することは不可能である。ただし、明らかに外来要素であるとわかるものもあり、多くの資料が外来要素であることが既に明らかになっている。

言語の階層構造で最も外来要素の侵入が容易なのが語彙だ。韓国語の語彙形成に関与している外来の要素は、固有の要素を凌駕する。古い統計数字だが、ハングル学会«大辞典»の分析を見ると、純粋な国語が7万4612項目、漢字語が8万5527項目、外来語が3,986項目である。漢字だけで52.1%に達し、他の外来の要素が2.4%で、合わせて54.5%が外来資料と関連している。光復以後、欧米諸国をはじめとする世界各地域との外交的な関係や文化交流の結果、現代語には数十の種族の言語が借用されている。

 

・韓国語の語彙体系の特徴

①漢字語、その他外来語の流入のせいで、類義語が多くなった。特に、漢字語の影響が大きい。類義語の発達は、表現伝達の明確さを損なう点で問題になることもあり、表現性の豊かという見方ではむしろ好ましい現象である。文体論的な価値のために適切に使用することができる。

②漢字の影響で同音異義語が多くなった。これは、言語活動で同音の規則的な配列によるリズムを構成するのに利用されるものの、それよりは同音による混乱が問題になるので、良い点より良くない点が多い。漢字語の欠点を暴こうとする人たちがもっともよく取り上げるのが、この同音異義語である。

 

③韓国語では敬語法が複雑に発達している。その一例として、2人称代名詞を例えば「너、 자네、 그대、 당신、 어르신네(※日本語にすると、お前、君、そなた、あなた、貴方様など)」などがあり、様々な差等を置いて使用される。また、名詞に「様」を付けて「お父様、お母様、先生様、兄様、姉様」とし、さらには「弟様」とも呼ぶ(※親族関係で、自分より年下だけどあまり会ったことが無い人などに対してこう言います)。漢字語は敬語法の発達に大きく影響を及ぼしている。概ね、単一類義語群があるばあい、固有語より漢字語が敬意を表する言葉として使われることが多い。例えば、「イパル(歯の固有語)」よりは「チア(歯牙の韓国語読み)」、「スル(酒の固有語)」よりは「ヤクチュ(薬酒の韓国語読み)」が敬意を示す言葉になる。

④固有語と漢字語が類義な構造を形成しており、敬語法、上品な言語の使用に関連して、どちらかを適切な選択するかでいくつかの意味や表現の効果を表す。概ね、漢字語が上品で敬意を表する言葉として認識されている。アビ、アボジ、アボニム、ガチン(家親)、オムチン(嚴親)、ノチン(老親)、チュンブジャン(椿府丈)、マンブ(亡父)、・ソンチン(先親)、ソンゴ(先考)などがある。漢字語ではなく、固有語のほうが、卑属な言葉、悪口などによく使われる傾向がある。

 

⑤擬声語・擬態語などの音声象徴の発達が目立つ。象徵語(擬音語・擬態語)の発達はほぼ固有語の要素に依存している。母音と子音の対立を利用した変化表現が豊富で、ここでも類義性が表れる。すなわち、語彙の豊富な表現性に貢献している。

⑥固有語は、概念語としての適性が漢字語に比べて弱い。また漢字は造語力が強く、学術用語やその他の専門用語は、一般的な用語にいたるまで漢字語が増加し続ける傾向にある。「文化語は漢字語だ」という言葉が、これに起因する。

 

⑦基礎語彙は固有語の体系が発達している。漢字語がある場合でも、漢字語ではなく、固有語が一般的に使われる。 「スムスィダ(息をする):呼吸する」、「スィダ(休む):休憩する」、「ヘ(日):太陽」などは、固有語に対応する漢字語がある例で、「マルハダ(話す)」、「ダル(月)」、「ビョル(星)」などは、同じ意味を持つ漢字語がない例である。 「ダル」に該当する「ウォル(※月の韓国語読み)」や「ビョル」に該当する「ソン(※星の韓国語読み)」などは、他の漢字と組み合わせて漢字語を形成する形態素であるだけで国語の単語ではない。

※無理やり日本語に変えて文章を再構成してみると、こうなります。<「ほし」に該当する「せい(星)」は、他の漢字と組み合わせて漢字語を形成する形態素であるだけで国語の単語ではない>

 

⑧親族名称で、上に祖父の代、下に息子の代までは固有語があるが、それ以外は漢字語に依存している。遠い世代、複雑な関係ほど、漢字語だけである。

⑨体言が「格」によって形式が変わらない。だから外国語からの外来要素を借用することが容易である。外国語で動詞や形容詞を入れ込み、名詞ないしは動詞や形容詞の語根に利用したり、特定の資格を持つ体言を入れ込んで格を無視して使用できる。これが、どの言語からも簡単に言語資料を借用できるようにする要因となる。

http://100.daum.net/encyclopedia/view/14XXE0036136

 

さて、いうまでもなく、この韓国語体系から、漢字の部分が「音」だけを残して消えたわけですが・・本内容のレファランス(参考文献)は1969~1982年に作られた書籍や報告書であるため、漢字廃止については言及されていません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

305 Replies to “韓国語の語彙について”

  1. >現代中国語の「日本語の考え方が基礎になっている」部分を具体的に説明してくれ。

    きちんとした、文法が付いたことが大きい。

    あなたは清代、あるいは明代の文章を読んだことはあるかい?
    これに比較して、いわゆる現代中国語は、日本人が「読める」のです。

    例として、まず中国語wikipediaの表紙を挙げてみようか。

    中文维基百科

    中文維基百科是网络百科全书-维基百科協同寫作计劃的中文版本,使用白話文及橫式書寫。属于维基媒体计划中维基百科的一个语言分支。

    中文维基百科成立于2002年10月24日。由非營利組織维基媒体基金会维持运作。截至2019年3月25日13:49(UTC),总计有1,049,756条条目;总页面编辑次数为53,428,848次;注册用户为2,704,979人;8,439位活躍的編輯。

    ttps://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%96%87%E7%BB%B4%E5%9F%BA%E7%99%BE%E7%A7%91

    これは中文wikipediaの表紙ですけどね。これは日本人に理解できるのです。文法があるから。

    じゃあ白話とは何か。

    白話文
    白話文,亦稱語體文,是指以各漢語分支的現代口語為基礎,經過加工的書面語,以區别文言文(為春秋時期至20世紀初的寫作規範)。

    ttps://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A9%B1%E6%96%87

    ここで白話文の祖の一人とされている、陈独秀も日本留学組だね。

    陈独秀
    ttps://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%99%88%E7%8B%AC%E7%A7%80

    これらの人々は、日本の話し言葉と書き言葉が一致している(明治維新以降一致させた)のを学んで、中国の近代的成長には、白話が必要だと日本で学んだのです。

    1. A: 現代中国語は日本語の考え方が基礎になっている新しい言語。
      B: 白話を基礎として日本語の影響などにより現代中国語になった。
      A: 間違い

      B: じゃ、A を具体的に説明してくれ。
      A: 白話が必要だと日本で学んで、きちんとした文法を付けた。

      こうやって亜空間に誘い込むのが声闘の戦法なんだろう。
      安藤満の亜空間殺法!

      1. B: じゃ、A を具体的に説明してくれ。
        A: 白話が必要だと日本で学んで、きちんとした文法を付けた。

        ちゃんと話通じてんじゃん。
        わたしは、mottonさんがそれを理解していないとは最初から言ってない。

        きちんとした文法というか、むしろ日本の行った口語文語の一致が、将来の中国に必要であると中国人は考えたわけだけど。
        mottonさんの説く、「昔の漢文を読むには四書五経の知識が必要だった」というのは正しいのです。しかしそれでは、文章を読めるのは一部の知識階級にとどまる。

        それでは現代社会では通用しないのです。
        中国でも、韓国でも、愚民が読める「新しい国語」が必要とされ、それが日本語を倣って編纂されたのですよ。この2国ではね。

        1. 相変わらず、亜空間で暴れてるね。
          話があっちに行ったり、こっちに来たり、
          正しい文を並べているのに、全体的には正しくなくなってる見本。

  2. 漢字語の方が上品で格が高いんですね。
    権威が大手を振る社会?中国事大?

    紫式部などは、ダメ扱いになるのかな。

  3. 両班が残した文書なりがあるのではないかと思うが、それらは役にはたたないのか?朝鮮では読み書きは支配階級のものだったはずだ。支配階級が下に向かって何かを伝達する場合はどうしたのだろうか。近代になってから入ってきた外来語は判別可能なのだろうが、両班が使っていた外来語もあるはずだ。当然支那以外との外交もあったものと思うがそれらの記録文書は無いのだろうか。現在の南朝鮮が使っている文字、言葉は両班が消滅した後、つまりは近代になってから発達したものと推測するが、これらを対象に論じているのであれば意味が無いのではないか。勿論、文字、言葉は変ってゆくものであるから、現代という観点においての考察というならば、意味が無い事もないとは思う。何れにしても読み書きは支配階級のものであるから、このあたりを研究すれば良いのではないか。
    ・・・と、思った。遠の昔にやっている?

  4. ネイティブによる朝鮮語の語彙解説は意外に耳にしないのでなかなか興味深いです。
    近年の朝鮮語は日本語なり中国語といった外来語(漢語圏)の影響が強いとは言え、朝鮮の固有語(訓民正音以前?)の研究で日本語で読める文献もそうお目にかかれるワケでは無いので…(河野六郎博士が著名と言われますが、入手難な文献ではとてもとても…)たとえばニュースで多用される固有語から紐解いてみるのも面白いかも知れませんね。
     
    ふと高句麗語を思い出してどうも当時の王族と民衆とで発する言葉が違っていたらしいみたいな文献を見た気がしますが、百済や新羅に至ると古代日本語に類似性が多い等は言われますがはっきりしていないようですし…ここら辺、母国語を古代朝鮮からしっかり研究している方はいらっしゃるんでしょうかね。
     
    何だか、日本語と類似性が強いなんて論文を書こうものならば親日派と糾弾されそうな勢いですが、純粋に研究に励む学者は居て欲しいなと思います。

  5. 朝鮮では漢字を有効活用できなかったんだと思います。
    中国と同じ使い方しかできなかった。(まあ、万年属国でしたからね!)
    日本は朝鮮より中国文化の影響は少なかったので、漢字の使い方を自由に発展させることができました。
    というより自分たちの使い勝手がいいようにカイゼンしたワケです。
    明治日本がいち早く近代化できたのも漢字を使った翻訳語で西洋文化をどの階層の国民でも習得できたことが要因の一つです。
    朝鮮にとって、エリート層、特権層しか漢字を使わなかったことは、まさに宝の持ち腐れですよ!(あくまで日本人目線からですけど)
    まあ、きっと国民が賢くなると統治者にとって困るからなのでしょう! (笑)

    1. > 中国と同じ使い方しかできなかった。(まあ、万年属国でしたからね!)
      って言うか、日本よりも真面目に勉学する生徒が多かったということなのでしょう。真面目だから、中国語はあくまで中国語であり、漢字の読み方に訓読みを勝手に割り当てるとか、漢字の書き方を勝手に便利にする(崩し字→ひらがな、部分略字→カタカナ)なんてことは考えもしなかったのでしょう。いわば完全に外国語として学んだのであり、エリート層しか使えなかったのもそりゃ当然。

      > 日本は朝鮮より中国文化の影響は少なかったので、漢字の使い方を自由に発展させることができました。というより自分たちの使い勝手がいいようにカイゼンしたワケです。
      それだからこそ、庶民まで文字(ひらがな、カタカナ、次いで漢字)が使えるようになった訳です。それはもはや漢文(中国語)ではなく、完全な日本語用の文字として漢字を使うことになった。
      そう言えば、その漢文(=中国語の文章)を読み方とか読み順序とかを勝手に変えてあたかも日本語文章のように読んでしまう、これもすごい工夫ですね。世界にも類例がないんじゃないでしょうか?(呉善花さんが著作でそう言ってました。)

      1. 漢字由来の語彙のどれだけが中国語からの言葉なんでしょう。かなりが和製漢語ではないでしょうか。それは中国でもそうなので、まして、近代化の過程で日本に統治されていたのですから、かなりの漢字語は日本由来では?出張で韓国に行ったときに、窒素、酸素、水素と言ったら、一緒だと言って、いいおっさんが無邪気にはしゃいでいて、日本側が白けてたのを思い出しました。少し考えりゃ、理由はわかるのですがね。はしゃいでるおっさんの一人が理系の学位持ちだたので、その会社の言うことは信用しないようにしましたとさ。

      2. 和製漢語と言うか、現代社会における漢字熟語については、欧米語を翻訳して漢字を当てはめた「欧米和訳漢字語」が多いように思います。今では「発音直訳カタカナ語」が全盛ですが。
        いくら漢字語であっても、その意味までは日本オリジナルじゃないものが多いのだから、そうムキになって「日帝残滓は全廃だ!」と喚くほどのことでもあるまいに。
        よほど日本人が使っている漢字が嫌いとみえる。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、か。

  6. 言葉はそれまで存在していなかった外来の概念に対しては影響力の強い国の言葉をそのまま使うのが通常の感覚。

    「おんぶ」はポルトガル語「お転婆」はオランダ語。その言葉が入ってきた当時はポルトガルとオランダの影響力がそれぞれ世界の中心に位置していた。

    今の韓国が急にナショナリズムを叫び始めたのは突然田舎の土人が成金になって見栄を張り始めたからに過ぎないわ。

    ロボットの事をガンダムと呼称しているのがついさっきまで田舎の土人だった動かぬ証拠だよ。

    1. ああそう言えば、北朝鮮のロケット発射場を金豚が視察しているシーンで、部屋の壁に飾ってあった多段ロケットの説明文が全てハングルで書かれていたのに驚きました。
      漢字を全く使用せずに、専門用語なんかどうやって翻訳したのか?
      しかもそれでちゃんと開発成果を上げているのだから、向こうの専門技術者も大したものだ。
      あるいは、開発を担当した技術エリートは全員、外国語(主に英語だと思うが)に堪能なのかな。

  7. 例えば、ハンバーガーは、ハンバーガーとともに言葉が入ってきたのだから、今の日本ではそのまま使う方が自然ですね。北朝鮮は肉を小麦粉を練ったもので挟んだなんちゃら、とかいう名前になってるようですが。韓国で漢字語排除の動きは、入口、を入るところ、に変えたり、プラットホーム、を乗り場(これは日本語でも自然か)に変えたり、そういうことを推し進めています。

  8. 日本にも漢文廃止しろっていった職業右翼のおっさんいたやろ

    あれは教養だってのがわかってないのよな

    1. そんな人いたんですかね?初めてきいたよ。あ、すまん日本も〜の方ですね。

  9.  趣旨とはずれますが、韓国系翻訳サイトでサッカーや野球に関しての選手の「監督様」という言葉が目立ちます。日本語では卑屈に感じる表現なので違和感を感じながら読んでいましたけど、韓国では表現として当たり前だと言うことがわかりました。ありがとうございます。

     翻訳するときに違和感があっても「様」を抜いてはできないですものね。

    1. 「監督」にしても「先生」にしても、それが職業であると同時に、それ自体一種の敬意を含めた名称だから、日本では、「様」をつけないのですよ。「〇〇監督」とか「〇〇先生」という表現だけで、既にもう敬意を表した呼びかけになっています。
      その辺の感覚が韓国とどのように違うのかは分かりませんが。
      (「監督」も「先生」も単なる職業を表す単語なのでしょうか?)

コメントは受け付けていません。