韓国に行ってきました2019年版

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

ただいま、帰ってきました。

さて、それっぽい韓国旅行記を書きたいところですが、全般的には去年と同じことばかりでした。

日本での暮らしに体がまた1年分慣れたみたいで、タクシーに乗ったときの「揺れ」、食べ物の「辛さ」に対する抵抗感は、確実に去年より強くなっていました。特に「熱くて辛い」類の料理は、もう食べられない気がしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その中で、今日は、住宅街から「閉鎖」された感(閉塞感)を強く覚えたことを、書いてみたいと思います。

久しぶりに、韓国の地方都市(どことは書きませんが、ソウルではありません)の住宅街を歩くことになりました。

韓国人はとりあえず高層アパート団地(高層マンション団地)が好きで、住宅街はどことなく庶民っぽいイメージしかありません。まずはこの認識が日本との大きな差であると言えましょう。

 

この写真、いまの30代以上の人たちからすると、絵に描いたような典型的な韓国の住宅街ですが・・

今回は、前には感じなかった、妙な閉塞感がありました。

 

理由は簡単で、見上げない限り、家が見えません。車の駐車問題、門(正門)が無駄に大きいからです。

 

まず、車の駐車問題です。

左側を見ると、車庫がある家でも、車庫には車を停めないことがわかります。なぜなら、車庫に車を入れて駐車しても、その車庫の前に別の車が駐車してしまうからです。

 

次に、門が大きすぎます。しかも鉄製のものがほとんどで(すぐ錆びつきます)、かなりの威圧感です。韓国では家の正門を「大門(デムン)」と言います。確かに扉は大きいですが、いざ家そのものは、そんなに大きな住宅ではありません。

なぜこんなに「門」にこだわるのが伝統的な形になったのか・・大して大きくもない家の門をなぜ「大門」と呼ぶのか。これも「体面」の現れなのでしょうか。しかも高くて厚い壁が続いていて、家の上の部分が見えるだけです。

 

そして、(写真はソウルでタクシーの中から撮ったものですが)住宅街だけでなく、どこに行っても、「遠くが見えません」。空気が悪いからです。

25、26日はそうでもありませんでしたが、27日は「ソラ」といえるものが見えませんでした。これがまた、妙な閉塞感を作り出しているのかもしれません。

日本の住宅街で2年暮らしただけなのに、こうも前とは感じ方が違うのかな・・と、自分でも驚きました。それとも、いままで私が鈍感だっただけでしょうか。

 

今回は姉の手料理の写真はありませんが(どうしても時間が足りなくて、外でランチだけでした)、やっとこ他の家族、特に姉と姪にも会えたし、親の墓参りもできました。

ブログ留守にした分、明日からまたがんばります。でも、いまから寝ますので、朝(28日)の更新はちょっと遅れるかもしれません。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

201+

55 Replies to “韓国に行ってきました2019年版”

  1. お帰りなさい、シンシアリーさん。
    お元気そうで何よりです。
    姪御さんにお会いになって、安心されましたでしょうか。

    まずは、ゆっくりと旅の疲れをとって下さい。

  2. お帰りなさい。今頃爆睡中かな(笑
    きっともう日本の生活に慣れちゃって
    家に帰って来ると、ほっとするって感じでしょうか。ウチの場合空港に着くとあー帰ってきたと思います。ゆっくり休んで下さいね。

    1. >sioさん
      成田から帰国した場合には、イミグレに向かう途中の日本語表記「お帰りなさい」で、旅の終わりと日本に戻ってきたことを実感しますね。

  3. 韓国では軽自動車がまったくありませんね。日本では半分が軽自動車。
    Co2排出はこれだけでも違います。

  4. まずは無事のお帰り、よござんした。
    短いですが、現代韓国社会を鋭く風刺した味のある旅行記になってますね。韓国には、高級住宅街ってないのですか?例えば日本だと田園調布とか芦屋地区みたいな。
    車の駐め方はすごいですね。日本だったら、即、警察に通報されて青空駐車で罰金かつ不法行為確認→強制撤去→撤去費用請求で訴訟沙汰ですね。米国だったら警察の介入無しで不法廃棄物扱い(物が豊かなので「廃棄物」であることを疑う人はいません)されて、ゴミ処理場行きです。
    また「大門」という名称は、日本語では「おおもん」とか「だいもん」とか読むのですが、東京はじめ日本全国どの都市でも、かつての遊郭(の入口)を表す単語だと思います(ただし現代ではそんなこと気にする日本人はいません)。このように閉鎖的な構えの戸建て住宅は外から見通しが悪くかえって物騒なので、大邸宅以外はむしろ避けられるのが最近の日本での傾向でしょう。

  5.  お帰りなさい。
     かつては車庫証明に必要な手間や費用に憤ったわたしですが、本記事の写真を見て一定の意義があるのではと思い直しました。
     道の片側どころか両側に路駐がびっしり。
     いざ火事や災害を思うとぞっとします。

  6. 韓国人は舌の辛さを感じるレセプターが麻痺してるといいますね。
    幼い頃からの食習慣でそうなってしまうと。
    唐辛子を食べなくなると、元に戻ってくるのでしょうか。
    味覚は文化。日本人は日本の飯がうまい、韓国人は韓国の飯がうまい。慣れですね。
    沖縄に住んだとき、昆布だしの沖縄そばは変な味がすると思いましたが、7年住んだ後は沖縄そばの味がわかるようようになっていました。

  7. 「大事なお知らせ」を見逃してて、ついに拘束されたのかと思ってたw

    この場合は閉塞感の方がピッタリ、というか閉鎖感という言葉は初めて聞いたかも。

  8. お帰りナサイマセw 懐かしい場所とか行かなかったんですか?私だと、昔よく行ったカフェに行ったり、ノスタルジーに浸ったりしますが(笑) 日本大好きっ子には未練はなさそうですなw

    最近、読書(電子書籍)に夢中になっています。大人目には電子書籍は最高ですな・・・(・´ω`・) 

    御姉様や姪御殿とも次回ゆっくり会えると思うので、楽しんで下さいませ。

    |寝室|ω・`)ノ”|Ю |オヤスミー

  9. おかえりなさい。
    お姉さんや姪子さんに会えて良かったけど、何だかしみじみとしてしまった。
    シンシアリーさんから韓国が孤立していく・・・せっかくの里帰りなのに、故郷への距離感が大きくなってしまうのはつらいよなぁ、何だかなぁ。
    まぁ、また来年の里帰りがあるさ。

コメントは受け付けていません。