韓国に行ってきました2019年版

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

ただいま、帰ってきました。

さて、それっぽい韓国旅行記を書きたいところですが、全般的には去年と同じことばかりでした。

日本での暮らしに体がまた1年分慣れたみたいで、タクシーに乗ったときの「揺れ」、食べ物の「辛さ」に対する抵抗感は、確実に去年より強くなっていました。特に「熱くて辛い」類の料理は、もう食べられない気がしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その中で、今日は、住宅街から「閉鎖」された感(閉塞感)を強く覚えたことを、書いてみたいと思います。

久しぶりに、韓国の地方都市(どことは書きませんが、ソウルではありません)の住宅街を歩くことになりました。

韓国人はとりあえず高層アパート団地(高層マンション団地)が好きで、住宅街はどことなく庶民っぽいイメージしかありません。まずはこの認識が日本との大きな差であると言えましょう。

 

この写真、いまの30代以上の人たちからすると、絵に描いたような典型的な韓国の住宅街ですが・・

今回は、前には感じなかった、妙な閉塞感がありました。

 

理由は簡単で、見上げない限り、家が見えません。車の駐車問題、門(正門)が無駄に大きいからです。

 

まず、車の駐車問題です。

左側を見ると、車庫がある家でも、車庫には車を停めないことがわかります。なぜなら、車庫に車を入れて駐車しても、その車庫の前に別の車が駐車してしまうからです。

 

次に、門が大きすぎます。しかも鉄製のものがほとんどで(すぐ錆びつきます)、かなりの威圧感です。韓国では家の正門を「大門(デムン)」と言います。確かに扉は大きいですが、いざ家そのものは、そんなに大きな住宅ではありません。

なぜこんなに「門」にこだわるのが伝統的な形になったのか・・大して大きくもない家の門をなぜ「大門」と呼ぶのか。これも「体面」の現れなのでしょうか。しかも高くて厚い壁が続いていて、家の上の部分が見えるだけです。

 

そして、(写真はソウルでタクシーの中から撮ったものですが)住宅街だけでなく、どこに行っても、「遠くが見えません」。空気が悪いからです。

25、26日はそうでもありませんでしたが、27日は「ソラ」といえるものが見えませんでした。これがまた、妙な閉塞感を作り出しているのかもしれません。

日本の住宅街で2年暮らしただけなのに、こうも前とは感じ方が違うのかな・・と、自分でも驚きました。それとも、いままで私が鈍感だっただけでしょうか。

 

今回は姉の手料理の写真はありませんが(どうしても時間が足りなくて、外でランチだけでした)、やっとこ他の家族、特に姉と姪にも会えたし、親の墓参りもできました。

ブログ留守にした分、明日からまたがんばります。でも、いまから寝ますので、朝(28日)の更新はちょっと遅れるかもしれません。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

201+

55 Replies to “韓国に行ってきました2019年版”

  1. お帰りなさい。
    舗装されている地面の色が土色…。
    日本の古い映画を見ると舗装されている地面の色が真っ白なんですよ。

    「サンダ対ガイラ」「血を吸う薔薇」「怪獣ダイゴロウ」どれも舗装面が真っ白。
    つまり雨で待機中の埃が積もり、走っている車のタイヤがローラーとなって地面を均等に白くしている。
    この「サンダ対ガイラ」の場面の中に地元を撮影したカットがあったので同じ画角を探して対比してみた事がありましたが現在は舗装面がアスファルトの色なんですよ。つまり埃が舞っていない。
    それだけ郷土が都市化されて田畑が消えてきている。

    真夏に裸足で屋根に上がると熱くて歩けないように固められた面は熱が混ざらないのでどんどん熱が蓄えられていく。
    だからヒートアイランド化していく。同じ面積に多くの日射熱が蓄えられる都市自体がヒートシンクですから。

    その画像を拝見すると一旦埃が積もった舗装面に灰が積もっているように見えますね。何年か前は微細粉塵の量は中国6に対してソウル4というデータだったはずですが今は逆転しているようです。

  2. ネタが無いのは日々変わりない証拠
    お姉さんや姪御さんとゆっくり過ごされたようで何よりです

  3. お帰りなさい。
    それにしてもこの空はすごいですね。
    天気は晴れ? 曇り?なんでしょうか。
    日本の放射能に異常に敏感な韓国の方々が、文句を言いながらも我慢しているなんて信じられません。
    いまこそ、蝋燭を持って政府に訴えるべきでしょう。

    1. 日本の放射能はからだに悪い。
      ソウルのPM2.5はからだにいい。

  4. 久しぶりにご家族に会えて良かったですね。

    >なぜこんなに「門」にこだわるのが伝統的な形になったのか・
    キッチンカウンター、天窓、借景など自分の生活スタイルを中心に考えた方が幸せにつながるでしょうが、もったいないですね。

    >その車庫の前に別の車が駐車してしまうからです。
    そんなご近所嫌だ。

    1. 「自分の生活スタイルを中心に考えた幸せ」が「大門」で見栄を張ったり他人の家の駐車場の前に車を停めたりということなのでしょう。
      わたしも、そんなのヤダw

  5. 路上駐車の写真。道路に車が走っている写真だと思いました。来月、大邱に行くんですが、こんな感じなんだろうな。大気汚染地域に入ってますしね。
    確かに韓国の住宅地の家は中が見えない高い塀の家ばかりですね。ある日本文化の韓国起源説の古いドキュメント(捏造文書)に、日本の家で「塀が高くて中が見えなかったので」という記述に違和感を感じた覚えがあります。

  6. お帰りなさい!
    韓国は生け垣があんまりないんですかね。
    表札も…ない?
    初めて遊び行く友達の家とか、どうやって判別するんですかね…?

  7. 韓国で感じるのは悪い部分だけではないですよ。私が思うのは、まず、韓国人は皆さん歩き方がきれいなこと。日本みたいなガニ股内股はおらず、みなスッとした歩き方です。さらには足元がきれい。靴はピカピカに磨き上げられ、スニーカーも真っ白ですね。あとは、、地下鉄かな。ゴミが落ちてないどころか、ガムのこびりついた跡もなくきれいです。日本みたいに省力化でゴミ箱を減らしたり、ベンチや荷物置き場をわざわざ使いにくくしたりという意地悪な工夫は見られません。スクリーン扉でホーム上は閉鎖空間、冷暖房完備で居心地いいですよ。

    1. ふうん、そういうことか
      是非とも在日韓国人の方達に韓国の快適さを勧めて貰いたい
      何故なら一方的に日本を逆恨みしながら韓国に帰らない不思議な人達だからだ
      理解に苦しむんだ
      このコメントにムカついたなら
      悔しいだろうが仕方ないんだ

    2. > あとは、、地下鉄かな。
      やっぱり、いいところは日本の経済支援で建設されたものなのですね。
      幼稚園児に描かせた反日お絵かきの掲示場所とか、ホームの壁にむき出しで設置してある小便器とか、もう撤去されたのですか?
      公共トイレの使い方(使用済みペーパーをゴミ箱に溜めていた)は、最近では文明国的に変化したのでしょうか。

  8. Σ(゚Д゚ υ) アリャ
    うまくコメントできない
    ダブったらごめんなさい

    オカエ((o(。・ω・。)o))リー☆

  9. 石森章太郎の漫画で、日本列島がスモッグに覆われた軍事国家として描かれた話があるのですが、まさしく今の韓国がそれを彷彿させますね。
    日本がスモッグに悩まされていた時は、環境は悪くても明るい未来が約束されている雰囲気があったものでしたが、韓国の未来は何が約束されているのでしょうかね。

  10. ソウルは、大気汚染酷いですね。
    体に変調きたさなかった様で何よりです。

    ソウルの画像見る限りかなりヤバいですね。
    昔、上海で、ほぼ同じ状況だったんですが、健康そのものだった同僚が、わずか数時間で喘息になってしまい呼吸が上手くできず大変な事になった事が有りました。
    みなさんも、お気を付けを。

コメントは受け付けていません。