韓国に行ってきました2019年版

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

ただいま、帰ってきました。

さて、それっぽい韓国旅行記を書きたいところですが、全般的には去年と同じことばかりでした。

日本での暮らしに体がまた1年分慣れたみたいで、タクシーに乗ったときの「揺れ」、食べ物の「辛さ」に対する抵抗感は、確実に去年より強くなっていました。特に「熱くて辛い」類の料理は、もう食べられない気がしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その中で、今日は、住宅街から「閉鎖」された感(閉塞感)を強く覚えたことを、書いてみたいと思います。

久しぶりに、韓国の地方都市(どことは書きませんが、ソウルではありません)の住宅街を歩くことになりました。

韓国人はとりあえず高層アパート団地(高層マンション団地)が好きで、住宅街はどことなく庶民っぽいイメージしかありません。まずはこの認識が日本との大きな差であると言えましょう。

 

この写真、いまの30代以上の人たちからすると、絵に描いたような典型的な韓国の住宅街ですが・・

今回は、前には感じなかった、妙な閉塞感がありました。

 

理由は簡単で、見上げない限り、家が見えません。車の駐車問題、門(正門)が無駄に大きいからです。

 

まず、車の駐車問題です。

左側を見ると、車庫がある家でも、車庫には車を停めないことがわかります。なぜなら、車庫に車を入れて駐車しても、その車庫の前に別の車が駐車してしまうからです。

 

次に、門が大きすぎます。しかも鉄製のものがほとんどで(すぐ錆びつきます)、かなりの威圧感です。韓国では家の正門を「大門(デムン)」と言います。確かに扉は大きいですが、いざ家そのものは、そんなに大きな住宅ではありません。

なぜこんなに「門」にこだわるのが伝統的な形になったのか・・大して大きくもない家の門をなぜ「大門」と呼ぶのか。これも「体面」の現れなのでしょうか。しかも高くて厚い壁が続いていて、家の上の部分が見えるだけです。

 

そして、(写真はソウルでタクシーの中から撮ったものですが)住宅街だけでなく、どこに行っても、「遠くが見えません」。空気が悪いからです。

25、26日はそうでもありませんでしたが、27日は「ソラ」といえるものが見えませんでした。これがまた、妙な閉塞感を作り出しているのかもしれません。

日本の住宅街で2年暮らしただけなのに、こうも前とは感じ方が違うのかな・・と、自分でも驚きました。それとも、いままで私が鈍感だっただけでしょうか。

 

今回は姉の手料理の写真はありませんが(どうしても時間が足りなくて、外でランチだけでした)、やっとこ他の家族、特に姉と姪にも会えたし、親の墓参りもできました。

ブログ留守にした分、明日からまたがんばります。でも、いまから寝ますので、朝(28日)の更新はちょっと遅れるかもしれません。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

201+

55 Replies to “韓国に行ってきました2019年版”

  1. おかえりなさい、というのはわたしの主義主張と反するね。

    結構書かれているように、日本の住宅はわざと外から見えるように作られてる。防犯上の理由も、美観の理由もあるけど。

    外から見えないよう作られるのは、芸能人とか、暴力団とか、わりと悪いことをしている金貸しとかだね。

    中国では昔から、家と塀で囲ってその中に庭を造るのが家の造りですね。隣人が信用できないので。

  2.  おかえりなさい。帰国のご無事何よりです。

     韓国の人は日本に来るとその感想に「料理がしょっぱい」というのをよく見かけますが、辛みを感じる慣れが、醤油による日本と辛子類による韓国では全然違うんでしょうね。在日の方が経営している焼き肉や韓国料理のお店で出される辛子で真っ赤になったカニとかを食べたとき辛くて食べられないです。そのわりに塩分が少ないせいか、重層的な味付けをしないせいか、物足りなさを感じます。

     こういう味覚や嗜好の差なら相手への理解も配慮も可能ですが、価値観の差は互いに距離をとる以外に方法はない。韓国がどういう意識で日本を見ようが実害が出ない限り勝手だと思っています。ただ「すりよる反日」はやめて欲しい。

     料理なら辛子を使っても日本風味付けにして互いに同じ食卓で食べられます。場合によっては互いに味付けは自分の好みで相手には干渉しないこともできます。
     韓国の味覚に合わせなければ許せないのなら一緒に卓を囲むのはごめんですし、一緒に食事をとろうとしないで欲しいと思います。

     そういった意味でTPPもスワップも漁業協定もごめんです。

  3. そんなに空気が悪い状態の中で生活したら健康を害しそう・・・ずっと空気清浄機のある屋内だけで過ごすわけにもいかないだろうし・・・アレルギー等も増えそうですね。

  4. おかえりなさい。
    無事に帰国(?)してくれて、まずは一安心です。

    異邦人として生きる事は、故郷にも現住地にも、違和感を抱きながら生活する事です。

    日本への違和感が消えた時が、本当の意味での「帰化」の日でしょう。でも、そうなったとしても「故郷の記憶」は大切にする方だろうと、シンシアリーさんを著作とこのブログを通じて、感じております。

  5. それにしてもこんだけPM2.5が
    キツイのに韓国に観光に行く人は
    気にしないのだろうか?

  6. 故郷の代表的な料理の味が無理になってきたのはちょっと寂しくて複雑な思いもあることでしょう
    それでも日本にそれだけ馴染んで下さってるのは日本人としては嬉しいことです
    おかえりなさい

  7. シンシアリーさんの感性が日本化されていくことで
    今まで当たり前だった韓国の風景から新たな発見が
    できるようになるのかもしれません。

    将来的に2020年代の韓国の各地方の日常風景を
    解説する本を執筆してみるのもよいかと。
    当時(現在)の時代背景や文化を解説しながら。

  8. 日本では逆に、新しい分譲住宅街ほど高い壁を作りません。腰の高さほどの低いものにします。それもフェンスにします。理由は防犯です。他人の目に晒されることを嫌う犯罪者にとって、高い塀で囲まれた家は一度敷地に入ればあとはやりたい放題になるからです。家が見えないほど高い壁で囲むのは高利貸しやヤクザ、裏社会に通じている人たちです。
    ちなみにお金がある人たちはそもそも広い敷地と生け垣があるので家は見えないものなのです。
    高い塀で家を囲むのは高度経済成長期のプチブルや豪邸街で行われていたものですね。

  9. お帰りなさい。
    お疲れ様でした。ゆっくり休んで、また頑張ってください。

  10. 韓国人には公共精神が乏しく、そのため歴史をも私物化する。
    と思ってます。
    この駐車のやり方を見て、韓国人の歴史観またなぜそれは停滞するのかを考えました。金泳三政権での「歴史の立て直し」は、ウォッチャーには是非理解してもらいたいものです。

    「すべての歴史証拠は、大きい声の前では無駄無駄無駄無駄ァ!」

    「歴史的証拠」は「公共マナー」に置き換えても通じます。
    ムン3号の再度の天皇謝罪要求ですが、その「真意」は「偉い人が一言だけ謝罪すれば済むこと」だと思ってるからだそうですよ。
    今までに何度謝罪してるか欧米のジャーナリストでもカウントしている人がいるくらいですが。
    この「軽〜い」歴史認識は、歴史は偉い人の私物という感覚あっての事ですね。

    で、この高い塀と、周囲が見えない韓国人の意識を結びつけて考えました。後頭部打撃性ブーメラン攻撃の習慣もです。
    この高い塀が韓国人の精神世界なのかなと。「悪いのは人のせい」「ウリが幸せでないのは人のせい」にして生きているんだなと思ってみました。

    1. 日王から言質をとることで日本内の歴史観の
      固定(正しい定義)化が狙える算段ですか。

      「根本的な問題が解決する」とは韓国内の感情論ではなく
      日本内での自虐史観の疑問点への封殺にありそうですね。

      1. 高木ラブ 様

        <日王から言質をとることで日本内の歴史観の
        固定(正しい定義)化が狙える算段ですか?>。

        あなたが良識のある日本人ならば、超汚染国人が使う日本の天皇陛下を卑下する言葉「日王」の言葉を使うのは、止めませんか?

        これは、例えば「英国王室の女王」を部族の「酋長妻」と言うのと同じになりますから

コメントは受け付けていません。