「令和」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

新しい元号が発表されました。令和(れいわ)。ツイートもしましたが、すごく良いと思います。元号の中で、初めて日本の古典(万葉集)から引用された元号であると聞きます。

令の意味をもっと調べてみたら、「きまり」など規則を表す意味、「よい」や「りっぱな」の意味(万葉集の令月はこの意味でしょうか)、そして、他人の親族に対する敬称(令嬢など)の意味などがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

きまり、良い(りっぱだ)、そして敬意。

この3つは、意味が繋がっています。

そして「和」の字とつながり、和のきまり、和の良さ、敬意し合う和の尊しさなど、その解釈や意味の考察は様々な形で広がります。

安倍総理は「人々が美しく心を寄せ合い、その中で文化が生まれ育つ」と話した、とのことでして。

なるほど、ルールを守り敬意を示し合うその良さ。その心から育ってきた日本の文化の継承、発展にもちょうどいいではないでしょうか。

そして、響き(発音)がスゴクいいですねぇ。「令和」は。

 

 

※整骨院、すごくよかったです。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

222+

80 Replies to “「令和」”

  1. それ見ました。
    錯視に取り憑かれた人への皮肉ですね。
    本気で信じる人もいそうだけどw

  2. 「令」は儀礼用の深い帽子をかぶって跪いて神託を受ける人の形、ってことみたいですね。甲骨文字まで戻るとすごくよくわかる。
    この字自体、命の意味があったけど、命は令から派生してできた字とのこと(by白川静常用字解)。
    令和。天命のもとに和するべし、ってとこで、
    ほんとに奇麗な元号です。

  3. 令和
    令の字は良いっていう意味と
    字の形が富士山みたいに広がってるのがいいし
    和は和を以て貴しとなすの「和」ですし
    万葉集が身分の差や性別関係なく
    色んな人が詠んだ歌が集められてるって所が
    なんだかみんなで手をつないでる気持ちになるし
    良い風が香るような響きが良いなーと思います。
    横書きより縦書きにした方がなんだかカッコいい。
    字の形や音の響きに色んなニュアンスを感じて
    カタカナやひらがなや漢字を使い分ける感覚って
    外国の人にもあるのだろうか。
    昨日早速ある書類に令和を書く機会に恵まれましたよ。

  4. 最初にラジオで聞いたときアナウサーが めいれいの「めい」です。
    と聞こえた。
    マジか?!と思った。「命和」かと身が震えた、左の憲法学者がのっとったかと、耳をそばだてて何度も聞き返すと。
    「めいれいのレイ」です、と聞き取れた。
    令和か、シンプルな感じでセンスいいな!と単純に感じた。

  5. livedoorの写真入り一面見出し。
    >新元号「令和」を発表 日本に在住する米国人記者「これひどい名前」2019年4月1日 14時33分

    >ジャーナリストの田中龍作氏が新元号発表で見た米国人記者の反応をリポート

    これ観てわらった、少数の意見を無視してはイケないが、田中龍作の記事を一面に載せるlivedoor にも呆れてしまった。

    当然、この米国人記者が誰か、存在するかも不明な事は当然。
    この記事をみたら、寄付先の銀行口座が明記されていた。
    これは商売だろ、これは記事とは言えない、libedoorもひどいものだ。

    1. 海外メディアを利用するのは日本の左翼の手法です!
      直接、抗議が自分たちに向かわないようにする為かと。
      それにしても、安倍ちゃんは中・韓だけでなく海外のリベラル系メディアにホント悪いイメージを持たれてるよね!
      もう日本国粋主義の権化という扱いです。
      彼らの記事には、日本の新元号について日本の右傾化が懸念されるって、、、、アホかと!
      リベラル系メディアの政権批判は理解できるけど、批判する為に日本文化と無理矢理こじつけるのは気分ヨロシクないわ!
      「オレたち、日本文化にこんなに精通してるんだぜ!」ってほんのりエリート意識が見え隠れして嫌な気持ちにもなります。
      中には韓国メディアのように嘘を平気で織り交ぜて記事にしますから。

    2. まぁ田中龍作な時点で見る人がみればあ察しってなるわけなんですけどね

  6. 「和」は昭和の和と同じだ!
    つまり戦争していた時代に回帰したいと言う事だ!
    って大真面目にどこかの国のメディアが言ってましたね。
    小学生が「お前の名前“子”がついてるからうんこ~~~wwwww」って言うようなレベルのこじつけ。

    1. 令は命令の令だ!とかね
      言い掛かりをつける人はどんな元号でも認めないでしょ

      ツイッターでバズってたネタなんだけど令和にはアベと言う文字が含まれている!って画像は笑ったわw

  7. 元号みたいなある種の記号の発表も、
    粗探しや批判のネタにするかどうかで
    感性がわかりますわ。

コメントは受け付けていません。