渋沢栄一と植民地近代化論

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログとはちょっとした縁がある「The New Korea(放題:『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』)」もそうですが、併合時代に朝鮮半島が豊かになったとする資料は残っています。

そういう資料をもとに「日本のおかげで近代化出来た」という意見を出されると、韓国の「正義」が傷つきます。だから、韓国はその類の意見を潰すために、「植民地近代化論」という言葉を作りました。

日本のおかげで併合時代に経済が発展したなど、すべて植民地近代化論だ!日帝と同じ意見を出す悪いやつらだ!と。

日本が、経済的に朝鮮を属国とするためにしたことにすぎない。朝鮮半島は収奪されただけだ・・幼稚な主張です。そもそも韓国の反日思想は、「日本が絶対的な加害者でなければ、韓国が絶対的な被害者になれない」という幼稚な発想で出来たもの。日本のおかげで経済が発展したという意見は、邪魔でしかありません。これは、韓国にとって「事実なのかどうか」よりずっと重要なことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

すでに皆さんもご存知でしょうけど、1万円札に肖像画が入ることになった渋沢栄一さんのことで、韓国は「絶対にいけない」と強く反発しています。

「韓国が渋沢栄一さんを嫌う理由があるのか?」となると、彼のおかげで発展できた側面こそが、韓国が彼を嫌う理由であります。

 

一例として、「私たちは、日本の貨幣に渋沢栄一が載ることを許諾できない理由」というソース記事から、引用してみます。

<・・国の最高のシンボルが国旗だとすると、次は貨幣です。世界の貨幣の8割は前面に人物が入ります。だから貨幣に載る人物は、国家のアイデンティティが含まれています。

一昨日、日本政府が1万円券(1万円札)に渋沢栄一を入れると発表しました。渋沢は、日本経済の父と呼ばれます。彼は旧韓末(※朝鮮末期)通貨を発行して第一銀行、また京釜鉄道社長をしながら、韓半島経済侵奪の先頭に立った人物です・・

・・彼が朝鮮半島に鉄道を作ったせいで、韓国が経済属国になってしまった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190411172100200

 

ソース記事は、渋沢栄一さんが行った様々なことを、すべて植民地近代化論として、否定しています(本文に植民地近代化論という言葉が出てくるわけではありませんが、内容的に)。

もっとも分かりやすいのが、「彼が朝鮮半島に鉄道を作ったせいで、韓国が経済属国になってしまった」、と。

渋沢栄一さんが、当時の経済と密接な関係のある人物である分、韓国としては困ったものです。彼の行いをすべて「侵奪」にしないといけないのでしょう。

ソース記事の題に、「(韓国が日本に対して)『許諾』できない」と明らかに上からの目線で書かれているのは、反日思想によるいつもの癖なのでしょうか。それとも、鉄道を作ってもらうしかなかった歴史に対する、劣等感の裏返しでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

78 Replies to “渋沢栄一と植民地近代化論”

  1. なんだかなぁ。

    少しテーマは違うかもしれませんが、
    「韓日中三国志」というタイトルが中央日報あたりで時々でてくるのですよ。おもに科学技術や途上国開拓ですが。
    内容は、
    ・日本は既に世界を主導している
    ・中国は猛追している
    ・韓国も意欲あり

    どこが三国志ですかって

    1. 単に「三国のこころざし」です。三国志と書いて「三国っす」と読むのです。

  2. もし独立国だったなら、日本からカネを借りて日本の技術で鉄道を建設することもできたかもしれませんね。借りたカネを返せなくなっても、流石に国土の全てを差し出すことはなく、一部の港湾くらいで済んだことでしょう。
    独立国のうちに国土を発展させることがなかったのは何故なんでしょうね。

    1. >国土を発展させることがなかったのは何故

      同じことは李承晩政府や北朝鮮にも言えそう

      1. 興味がなかったとか、政治的に不安定で余裕がかなったとか?
        何か公的な見解があるんでしょうか?

        1. 自分で返信してしまいますが、庶民に力を持たせたくなかったからかな。庶民を信用できない、力を持たせたくない…分かるなぁ。

      2. >興味がなかった
        それで正解と思います。公的な見解はおそらくないでしょう。
        ぶっちゃけレイシズム的な問題に行き当たりかねませんから。

        なぜ興味がないのかといえば、個人的な見解としては
        愛国心がないからと思ってます。正確には愛国心ではなく
        社会のために献身しようという気概の問題ですかね。

        社会をよりよくしたい動機の根源って結局のところ
        自分を生かしてくれてるインフラを築いた人々への
        感謝の念に基づく恩返しみたいなもんだと思います。
        先祖への感謝だったり外来の文化や文明をもたらした
        外国人たちへの感謝であったり、そういう感情です。

        そういうのがない連中に政治やらせても汚職まみれの
        特権階層を作ってオシマイになるのが当然というか。

  3. 津田梅子も、朝鮮に関してかなり辛辣な事を書いたりしてるみたいだけど、それを言ったら福沢諭吉もそうだから今さらですね。
    どこかのサイトでは、そのうち韓国では慰安婦像のお札ができるんじゃないか?みたいなコメントがあって、「さすがにそれは無いんじゃ…」とは言い切れないことに慄然としました。

    1. 慰安婦のお札と現役の慰安婦とを交換するのですね。「売春」とも「平和の少女拝観」ともいう商行為ですね。ありそうです。

  4. 人類史を眺めれば韓国以上に苛烈な植民地支配を受けた国などたくさんあります。彼らからすれば「日帝による史上最悪の支配」など「どこが最悪の支配だ」と否定したくなるでしょうね。
    彼らが元宗主国に文句をいわないのは条約でいえないから以上に、独立を戦って勝ち取ったから、少なからず生活が向上したから、そして何よりも植民地の甘んじてしまった自国を反省しているということが大きいと思います。
    古田博司氏の言葉を借りるなら「戦わなかった人間ほど古傷(後ろめたさ)がうずく」ということでしょう。

    1.  併合して日本国民扱いなので、植民地支配ではないのです。

       ハワイやチベット・ウイグルが、植民地でないのと同様です。

      1. >>迦具さん
        >>併合して日本国民扱いなので、植民地支配ではないのです
        日韓併合は一般的な宗主国・植民地とは違いますが、あえて「植民地」という表現を使っています。
        だからこそ余計に「どこが史上最悪の支配だ」といいたくなります。

  5. 彼が電力会社を作ったせいで…………夜更かしや夜に働くことを生じさせ、朝鮮人が電力依存性の奴隷となり、従属国となった。

    物々交換の世に彼が紙幣を発行し……みんな金銭の奴隷となり、その苦痛が始まって、従属国となった。

    従属の積弊をなくすために、電気を消せ、紙幣を燃やせってことか。やってみてから言ってよ。

  6. 経済属国即ち経済植民地として、今も韓国は生かされています。
    相手国は米国、中国、日本で、その三国で韓国の輸出入先としては割合的にほとんどを占めており、そのおかげで韓国も潤っているわけです。
    ですが、ここ数年でその韓国がなくともどこも困らない環境というか、あると面倒な状況に変わってきているように思えますが。
    ロウソク革命の成果でしょうか。

    1. >>ふぁすとふーどさん
      >>ここ数年でその韓国がなくともどこも困らない環境というか、あると面倒な状況に変わってきているように思えます

      自分は徴用工判決が大きかったと思います。判決が確定したのはつい最近ですが、徴候自体は数年前からあったでしょう。
      もし韓国側の主張を認めるならば、正当な企業活動で韓国人を採用したとしても数年後・数十年後、韓国側の一方的な都合で違法とされる可能性が出てきた。しかも韓国政府に訴えても「司法の判断だから」と相手にしてもらえない。
      それ以外にもOINK(Only IN Korea)な事案は知られていましたが、在韓企業の多くは「ここまでやるとは」と思ったでしょうね。

    2. 韓国人は自分達の力量を過信した面々と本当は日本あっての今の経済力だと理解している面々に分かれていると思う。そして、前者は従北派、後者は用日派に分化していった。

      1. >>匿名さん
        >>韓国人は自分達の力量を過信した面々と本当は日本あっての今の経済力だと理解している面々に分かれていると思う。
        ※現状、後者の人びとが立場が無くなっていると思います。
        いくら「用日(日本を利用・寄生する)」とはいえ日本に近づく以上「反日」とは相容れませんから。

  7. >1万円札に肖像画が入ることになった渋沢栄一さんのことで、韓国は「絶対にいけない」と強く反発しています。

    よその国(嫌いな国)のことに干渉しなくていいのです。
    韓国は韓国の経済低迷の事を考えた方が、日本の事を考えてカリカリするより精神安定上いいと思いますよ。

    そんなに一万円札が嫌いなら日本に来なくていいですしね。

  8. いやそうは言ってもw
    紙幣必要でしょ?鉄道も半島縦断出来ないと不便でしょ?
    搾取目的なら日本人だけが紙幣使って、韓国人の制作物は物々交換でもさせて労働力だけ搾取しますって、そのほうが良かったですか?
    と言いたいw

  9. いやー、しかしここまで日本のやることなすこと文句つけないと気が済まないとか、どんだけ劣等感の固まりなのか。
    哀れな奴らやのぅ・・・。

  10. >「彼が朝鮮半島に鉄道を作ったせいで、韓国が経済属国になってしまった」

    え! 百田尚樹さんの「今こそ、韓国に謝ろう」のパクリですか?w

    1. >>⁂蓮華さん
      >>百田尚樹さんの「今こそ、韓国に謝ろう」のパクリですか?
      韓国の反日のネタ元をたどると日本人は発端ということが多いです。いわゆる従軍慰安婦問題も吉田清治の本が由来ですし、植民地近代化論も韓国史研究者の旗田巍の論説が元だと思います。
      つまり悪口すら日本の力がなければ満足にいえないわけです(笑)。

      1. 百田さんのはただの皮肉で、タイトル通りの反日本ではないですけどね。ご存知とは思いますが。

      2. 悪口すらパクる韓国人。儒教の述べて作らずが徹底している。これでノーベル賞を渇望しているのだから、頭の程度が知れる。ひょんなことで受賞したら国中が狂い死にするのではないか、いささか忖度する。

コメントは受け付けていません。