ウォンの為替レートがおかしい

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の為替レートが、厳しい動きを見せています。

ウォンドル為替レート(上がるほどウォン安を意味します)

ソースは「DAUM」の為替レートコーナーです。

https://www.daum.net/

なぜこんなに急激に動いているのかというと、もっとも直接的に影響を及ぼした要因は、韓国の1分期(1~3月)経済成長がマイナス(マイナス0.3%)だったからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本も分期別にマイナス成長のときがありますが、為替がこんなに動くことはまずありません。なぜ韓国のマイナス成長が、こんなに大きな影響を及ぼすのでしょうか。

言うまでもなく「日本と韓国とは、経済(通貨も含めて)の基礎体力が違う」からですが・・・あえて少し変わった見方をすると、「いままで韓国にもマイナス成長はあったけど、『今回のような』マイナス成長は無かった」からです。

今回は何が違うのか?これといった外部要因がありません。

 

いわゆる「IMF救済期間」以降、韓国が分期別成長でマイナスを記録したのは、すべてが「外部要因があった」という特徴があります。金大中政府3回(IMF影響、ドットコムバブル崩壊、北朝鮮核問題の時)、李明博政府1回(グローバル金融危機の時)。

でも、文在寅政府になってからは、2回も(2017年4分期、2019年1分期)、これといった外部要因無しにマイナス成長となりました。

 

<・・ムン・ジェイン政府は、特別な危機要因がない状況で2度のマイナスを記録した。税金を注ぎ込んで無理して成長率を引き上げたものの、年初に予算執行が停滞すると、早くも底が見えてきたのだ。税金の効果が無くなるとすぐマイナスに墜落するほど、国の経済状況が深刻だという意味だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190426031022964

 

でも、多分表に出てくるデータはこれから良くなるかもしれません。「良いデータを見せ隊」が出来たからです。

<・・ノ・ヨンミン大統領秘書室長が最近、「肯定的な経済指標を外部に積極的に知らせなければならない」と、大統領府に「良い指標を知らせるタスクフォース」を構成するように指示したことが25日、分かった・・>、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20190426031135984

 

HAHAHA

 

余談ですが、「経済の維持のためには、韓国は4%成長が必要だ」。どこの誰が言い出した数値なのかわからないし、ただの俗説かもしれません。でも、韓国経済を論じながら「4%成長」を気にする人は、意外とよく見かけます。リアルでも、ネットでも。

韓国が年経済成長率4%を超えたのは、2010年が最後でした。ただ、これは2009年の経済がよくなかった反証にすぎず、最後に4%成長を超えたのは2007年5.5%だったという指摘もあります。最近は2.9~3.0%成長となります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

157+

77 Replies to “ウォンの為替レートがおかしい”

  1. おかしくないですよ
    最低賃金10数%上げたのだから10%のウォ変動は正常です
    誰かは、この変動により生活が良くなる予定です
    韓国人には、ドルで儲けるのは日本人と思っているが、ウォン取引している人はいません

  2. 2010年が良かったのは日本に対しては無策、韓国に対しては超配慮の日本の旧民主党政権の後ろ盾があったからでしょう。
    その後の2年は旧民主党の無策+迷走で韓国も・・。

    それでも経済は日本より良かったのだろう(教訓とすべき不毛な3年間であった。)

  3. 韓国政府は韓国経済は堅調な回復を見せていると言っていますが、市場はそうは見ていないということでしょうね。
    韓国経済の牽引車である半導体や自動車が売れず収益が激減しているし、造船は政府の補助金でやっと受注して息をつないでいる。失業率は相変わらず。国内の消費も落ち込み、いい経済材料がない。日韓通貨スワップ協議が進まない。大法院判決で日本からの投資も激減し、撤退する企業まで出始めた。悪材料なら山ほどあるのですけどね。

    日本との関係をよくしたらかなり改善するというのが韓国の経済界の意見なのですが、反財閥の文大統領にはまったくその気はないようです。
    最低賃金を上げる→所得が増える→消費が増える→景気がよくなると単純に考えているのでまた今後も最低賃金を上げてくれるでしょう。何ちゃらの一念です。

  4. 今までは日本の後ろ盾があったけど、今はないと知れ渡ったのと、アメリカとの祖語が外因じゃないですかね?
    もちろん国内経済も輸出もずたずたですしね。

  5. 日本の銀行ですと、インターネットバンキングで外貨預金口座を開設してドルに替えるということができる(但しFX業者よりレートは悪い)のですが、シンシアリーさんが韓国でご利用の銀行ではそういうサービスはないのでしょうか。

    ただコレも銀行自体が破綻したらパーなのですが...ホント他人ごとながら心配になってきました(>_<)

  6. 石油の値段が上昇している中、自国通貨が下がる。
    かつ米国発信のイランからの石油禁輸の通達。
    これって、経済的に「詰んだ」ということでしょうかね。
    自国通貨が対ドルで下がれば、本来ならば輸出がしやすくなるのですが、どこぞの国も景気がいまひとつのため、韓国が輸出している車や半導体も、安くなったからたくさん買えるわけではない。
    特に韓国は大きな経済圏に属していなく、個別に他国と経済協定を結んでいるだけなので、ウォン安がそれほど輸出に有利に効いてこないところがあります。
    特に中国市場での韓国製品不買は、大きな影響を及ぼしているようですね。
    夢の日中韓FTAがあったらよかったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません