安倍総理、WTO改革を主張・・EUとの共同声明にも明記

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

安倍総理が、EUとの共同声明に「WTO改革」の内容を含めました。まず、記事を引用してみます。

<安倍晋三・日本総理が欧州連合(EU)首脳と会って、世界貿易機関(WTO)の改革を強調したと、日本のNHKが26日報道した。

安倍総理は前日(現地時間)、ベルギーでドナルド・トゥスクEU首脳会議常任議長、ジャンクロード・ユンカーEU執行委員長と会談し、WTOの改革問題を正面から取り出した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼は会談後、「G20が自由貿易の推進とWTOの改革について強力なメッセージを国際社会に投げている」、「EUとも連携していくことで合意した」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190426100042875

 

改革の対象となると、いまのWTOが不完全、ちゃんと機能できていない、という意味にもなるでしょう。安倍総理は、WTO上訴機構の委員が、3人だけだった(7人定員)ことを集中的に指摘した、とのことです。空席の4人は、米国が委員の任命・再任に同意していない状態です。

単に「日本が負けたから」ではなく、こういう構造的な部分を指摘したこと。そして、「EUとも連帯していくことに合意した」と話した部分は、効果的だったと言えましょう。日本「だけ」でなく、EUがWTO改革の必要性(方向性)に同意したと明らかにできたからです。

会談のあとの共同声明にも、WTO改革の件が含まれました(ソース記事より)。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

138+

38 Replies to “安倍総理、WTO改革を主張・・EUとの共同声明にも明記”

  1. 日本は正々堂々と戦うと格好つけて敗北し続けてる勘違いクソダサ国家なんだと自覚が必要なんだと思うよ。
    なりふり構わず自分達に有利なルールを作ったり作り変えて、中長期的な国益のために攻勢をかける国家として再生するしかないよ。

  2. 国連とかユネスコみたいな国際機関は、アメリカの我田引水的な影響力を排除するのに中国や韓国を入れたら、アメリカよりも公平性が無くてもめちゃくちゃになったて事だよね。

    この2国は、創生期には居なく加盟も日本よりずっと後なのに組織を腐らすのは天才的だと思うよ。

  3. ユネスコとか国連なんちゃらとかも、ほとんど中韓アカ組織に侵食されてるとか。同じ侵食仲間に沖縄も含まれてるそうで。

  4. EUとしては、米国とは若干不仲、中国は敵国となると、次に大きな経済圏である日本との連携が重要になってきます。
    特に自由貿易圏を守るために、日本の存在は欠かせないものになってきているので、貿易制度に関する日本の提案は無視できないでしょう。
    それにしても、世界の外交は休みなく動いているのにも関わらず、さざ波も立ててもいない韓国は、やはりパッシングされているんでしょうか。

  5. 所謂戦後体制が諸々限界にきて歪み切っているわけですが
    その代表例の一つが国連はじめとした各種国際機関という事でしょう
    今回の件でWTOは自らの存在意義である、貿易ルールの順守と不公正な貿易の是正という原則を自ら捨ててしまいました
    日本の水産物は科学的に問題なので朝鮮の禁輸処置は認められる、でも、逆に安全なので禁輸は違法、でも、どちらでもよかった
    でも実際は科学的に問題はないけど、朝鮮の心情的な理由での禁輸を認めるという、玉虫色というか逃げの判断を下した
    つまり自分たちには何も出来ないしやる気もないと言ったのと同じ
    これでは改革せざるを得ない、というか現状存在意義が全くない
    心情で禁輸できるなら世界は力だけの関係に逆戻りだ
    話はずれるがICJも同じ危惧がある
    竹島などの話でよく出るが、もし日本が訴えるにしても万全の準備をしないで訴えれば負ける可能性は高いと思う
    国際関係に正義など一切ない、この事をいい加減日本人は理解すべき
    特に政治家は家中の壁に貼っておくべき

    1. 政治家は世界のことなんも知らんから危ない。安倍首相が国民に支持を少なからず得ている背景には、体感としての世界を知っている安心感かも知れない。勘違いかも知らんけど。

    2. 大方の日本人はICJに持ち込めば勝てると思ってるが、ヤバいかもしれないね。竹島は、もう70年近く韓国に実効支配されているのが弱いところだし、日韓基本条約でもあいまいにされたし。

    3. 竹島の件、現状のままICJへ持ち込んでも勝率はせいぜい五分五分だ。しかも韓国側の実効支配が続いている限り、時間が経てば経つほど日本には不利になる。(韓国はそれを知っているから、絶対にICJでの審判に同意しない。)
      日本との間で領土問題・領有権問題を抱えている他の国、ロシア、中国、さらには国内に親中共派が存在する台湾も、一つとして日本の味方をしてくれる国は周辺国にはいない。竹島について日本は今後どうするのか、まだ間に合ううちに、戦略の転換を含めて考えるべきだと思う。
      ただ、それこそが、外務省が最も嫌がる仕事なんだけどね。
       =>そうなんだろ、宮家さんよ。

  6. まじめな話、WTO以外も全く機能していないし、国連自体ほぼ機能していない。
    赤に侵食され、不正がまかり通り、活動家がかっ歩する国連を解体して、新しい国際組織を作った方が良いよ。

  7. 実際に機能してないし、それを当事者として確認したし、どうするかは兎も角、これを放置する事に益は無いですし。つかうちが口出しする前になんとかしとけよ、位の気持ちですわ。

  8. 改革するのはいいけど後手に回ってるんだよなあ。
    陳情が通らなかった後にやるのは情けないよ。

      1. 負けるより勝ったほうが何かにつけて良いわけだけど、

        「韓国の輸入禁止措置」
        に関して、何か特別重大な影響(不利益)があっただろうか?
        と思うわけw

        そんなに厳密にかつ正確に、本件について知ってるわけではないけど、
        ・「日本からの輸入ではなく、福島県と隣接の何県かの産地(水揚げ地)からの輸入禁止措置」であること、
        ・禁止措置が不当だとして解除されたとして、消費者に購入の意思がなければ売れないこと、
        ・インバウンドが好調で、輸出するまでもなく日本国内で消費されれば良い、
        ・韓国が輸入再開したことを、逆に擦り寄りの口実にされた可能性が排除できたこと、
        ・本件のように、首相自らがEUと共にWTO改革に動き出せたこと、

        など、
        「禍転じて福となす」ことができたのではないか、と好意的に私は見てますけどねを

        1. 韓国の世界に対する東北地方の風説の流布だよ。東北ブランドを傷つける態度にWTOは加勢したわけだ。

          1. 東京オリンピック誘致の妨害したくてやった事なんでしょ!?

      2. 金輪際WTOに世話にならないってんならそれでいいけどね。でもそうじゃないでしょ?それともまさか今の状態を放置していろとでも???
        情けないのは貴方の頭だと思うの

    1. 「金は出すけど、口は出さない」と称賛(笑われ)て、外務省の官僚は喜んでいるらしいですから。

    2. >ひぃさん
      負けて決めたというには決まるのが早い気がします。

      結果待ちの最中だと自国に有利にする為だという非難を呼ぶので(言いそうな相手だし)改革を腰を入れてやるなら、結果が出るのを待ってたかもしれません。要請が2015年、一審が2018年で二審がこないだのなのでいい機械が掴めなかったのかも。
      確かな根拠はないのでそんな見方もある、くらいでお願いしますです。

      改革を主張するなら、うちの主張が全部通ってれば、自国の損得に寄らず改革の必要を訴えているとできるので、そっちのが断然良かったですね。

      1. 本丸は造船業の方だと思います。

        水産の方は、韓国への輸出が7割を占めていた、ホヤの養殖業など、かなりの業者が既に廃業してしまっています。
        残念ですが。

        造船業の方はそうはいきません。
        EUもこれには加勢を表明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません