失敗を認める勇気

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日は、板門店宣言(1次南北首脳会談の共同宣言)の1周年でした。韓国は板門店の6ヶ所でチェロ演奏など「平和パフォーマンス」を行いましたが・・北朝鮮側は最後まで参加しませんでした。それどころか、「米国との同調を切れ」と主張しました。韓国側は、北朝鮮側に「イベントの概要などは知らせたが、招待はしていない」としています。

<文在寅大統領と金正恩北朝鮮国務委員長が合意した4月27日板門店宣言1周年を、南北は異なる表情で迎えた。政府は、宣言の履行の意志を示し、記念公演を開いたが、北朝鮮は韓米共助を切れと対南非難を続けた・・>

これが画像です。有名なチェリストの方だそうですが・・これ、演奏する意味があるのかどうか。

引用部分及び画像キャプチャーソース:韓国日報

https://news.v.daum.net/v/20190428160936263

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もう少し引用しますと、<・・文大統領はイベントに参加せず映像メッセージを通じて「たまにぶつかる難関の前では、しばらく息を調整し、道を探さなければならない」と、難しい情勢でも、南北関係の改善に努力するという意志を示し、キム・ヨンチョル統一部長官は同日、晩餐辞で「道は遠いが、必ず行かなければならない平和の道に向かって前進する」と強調した・・

 

・・北朝鮮の対南宣伝機構「祖国平和統一委員会」は、板門店宣言1周年を記念して発表した「備忘録」で、南北関係を米国が邪魔していると主張し、韓米共助に強い不満を表わした。

備忘録は「米国は、南朝鮮(韓国)当局に『南北関係が米朝関係より先に行ってはならない』とした速度調節論を露骨に強迫、北南関係を自分たちの制裁圧迫政策に服従させようとし、各方面で策動している」と主張し、今の時期こそ、南北関係が改善される可能性も、過去に戻る可能性もある厳重な時期だと規定した。北朝鮮の宣伝媒体「ウリ民族だけで同士」も、「米国の干渉と横暴は実に厚顔無恥の極端」と非難した・・>、となっています。

 

面白い(面白くないけど)ものですね。

あのチェリストさん、米国の方です。

下手でも、南北が一緒に演奏していたなら、辛うじて板門店宣言が機能しているとも言えたかもしれません。しかし、これじゃ・・

進展が遅い、息を調整する、そんなレベルではありません。わずか1年で、板門店宣言は失敗してしまったのです。

なのに、どこを見ても、「板門店宣言は失敗した」という主張がまったくありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

65 Replies to “失敗を認める勇気”

  1. 失敗は認めたくないでしょうね。失敗を認めると朴槿恵の二の舞です。彼女はセウォル号事故の救助の不手際をめぐって国民に謝罪してしまった。これが弾劾のきっかけになったのです。
    朴槿恵は今や牢屋に2年間閉じ込められています。国政壟断の罪で。それって刑法とか特別法に規定があるのでしょうか。

    文在寅は自分の後を同志に引き継ぐことを考えているでしょう。朴元淳ソウル市長の呼び声が大きいようですね。失敗を認めず、都合のいい資料を作らせてしのいでいくつもりでしょう。何一つ成果を出していない文在寅なのに、半数近い国民が支持している現状からみて、残り3年はもちそうです。でも、万一に備えて娘一家をタイに移住させたのは、娘可愛さからでしょう。いいマイホームパパではありませんか。

  2. いいギャラが出るのなら、多少胡散臭いイベントであっても演奏依頼に応えるのでしょう。音楽家というか、芸術家の多くは自分を表現するチャンスを見逃しません。

  3. チェリストのリンハレル氏のあの表情はいつものことなのかしら?
    とにかく夏じゃなくて良かったですね。
    (マラリアに感染する可能性が高い場所なのだそうです)

  4. ソース元の韓国日報の記事をGoogle翻訳にかけて読んでみました
    記念行事では韓米中日(順番は翻訳ママ)4ヶ国のアーティストが招待されたとのこと
    日本と中国から誰が招待されて何をしたのかは書かれていませんが、米国人チェリストのリン・ハレル氏が軍事境界線前で「バッハ : 無伴奏チェロ組曲第1番」を弾き、その後ほぼ同じ場所で韓国人ヴァイオリニストのイム・ジヨンさんが同じくバッハの「シャコンヌ」を演奏したそうです
    「韓国人は出てないのか」というコメントを書かれていた人がいましたがこれは誤解ですね

    おそらくはハノイでの米朝会談の前からこの行事は企画されておりアーティストへの出演依頼も出されていたのでしょう
    韓国側の目論見では日中米をも巻き込んだ民族協和のセレモニーとなるはずだった
    しかし会談は見事に物別れに終わり、かといって対北融和を図るムン・ジェイン政権としてはあっさり中止にするわけにもいかず、結局韓国の外交的孤立を際立たせるだけの寒々しい光景を見せる結果と相成った・・・というところではないでしょうか
    「来ないことを想定した企画」「曲も哀愁漂う作品を選んだのだろう」というコメントもありましたがそれは穿ち過ぎというものでしょう
    ハノイの破談後に急遽そのようなイベントを企画実行するメリットが韓国側にあるとは思えません
    また付言しておきますとバッハのシャコンヌは「厳粛」チェロ組曲は「明朗快活」な曲調であり、「哀愁漂う」といったものではありません

    1. バッハ : 無伴奏チェロ組曲第1番
      バッハの「シャコンヌ」
      が腹減らしてき○犬になってる朝鮮人が聞く曲かというと・・
      兵士が涙して、駆け寄るとは思えませぬ。
      ふざけるなと却ってぶち○×される可能性は高いと思う。
      自分だけのアイデンティティが妄想してる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません