韓国党解散47万:民主党解散2万5千・・熱い(レベルは低い)戦いが続く

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ただえさえレベルの低い戦いが、日々暑苦しなりつつあります。

今朝お伝えした「自由韓国党の解散」請願が47万人を超えましたが・・

今度は「『共に民主党』を解散してくれ」という請願が登場、1日で2万5千人7千の賛成を得ている、とのことです。

※ソース記事ではそれぞれ「42万」「1万7千」となっていますが、データは47万と2万5千が最新のもになります。

https://news.v.daum.net/v/20190429154003620?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「好きにやってろ」な事案ですが、こういうのに無駄に熱くなり、恨(ハン)に包まれるのが韓国社会です。これからさらにヒートアップするかもしれません。

さて、少しだけ考えてみると・・今朝は大統領府のHPがちゃんと機能してなかったこともあるし、単純比較は難しいにしても・・47万(1週間の集計):2万5千(1日だけの集計)というデータだけで考えると、「韓国党解散」のほうが圧倒的に支持されていると言えるでしょう。

しかし、共に民主党の政党支持率は38%、自由韓国党は31%です。なんでここまで『格差』が広がったのでしょうか。

 

・「自由韓国党支持者の中には、請願などではなく、自由民主主義らしく選挙で勝負すべきだと考える人が多い」のでしょうか?いや、それはありません。ありません。ありません。詳しく書けないけど、ありません。韓国社会は、左右ともにこういうクダラナイ勝負に真剣に熱くなります。

 

・高齢者に保守が多い韓国ですから、「韓国の高齢者はネットとかあまりやらない人が多い(2012年基準で韓国の50~60代のネット利用率は32%。日本は73.6%)」からでしょうか?

(参考URL)https://news.v.daum.net/v/20130101031604703

いや、でも、これも違います。最近は若い人たちも大統領や与党を支持しなくなりました。

 

・「自由韓国党支持者の中には、単に『民主党が嫌いだから自由韓国党を支持しているだけ』(請願などの事案に積極的に関わろうとしない)の人が多い」というのはどうでしょうか。いわば、右が嫌いになった→左を好きになってやる→左が嫌いになった→右を好きになってやる・・の繰り返しの人が多いという考え方です。または、「韓国党支持ではあるけど、まだ何とも言えない」な人が多い、とか。これは、部分的には理が通っているのではないでしょうか。

 

・最後に、韓国得意の「ネット操作」がうまい勢力が、共に民主党派である、と。物証はありませんが、心証ならあります。

余談ですが、いままで韓国大統領府請願の最高記録は、119万人賛成でした。ソウルで起きたネカフェ(PCバン)殺人事件の犯人を、心身微弱を理由に減刑してはいけないという内容の請願でした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

119+

80 Replies to “韓国党解散47万:民主党解散2万5千・・熱い(レベルは低い)戦いが続く”

  1. >選挙等の討論会で、中傷合戦になった場合にその場を提供した◯◯会館等を訴えるようなものでは?

    シンさんは討論会の主催者、と言うほどの立場ではない、と思いますが。

    上記は善管注意義務についてです。名誉毀損についてではありません。わかりにくかったらすみません。

    また善管注意義務については民法643条を基本に考えています。
    受験生さんもご存じとは思いますが。

  2. 119万もの最大記録の賛同者数を募った『PC房殺人事件犯人を減刑せず厳罰に!』の請願に対する政府回答は如何なる回答であったのか気になります。
    ネット検索で探してみますけど日本語検索では顛末が判明しない案件ならば結末も記述されていたなら読者的には助かります。

    1.  大統領府の法務秘書官が映像で出演し説明。
       しゃべっている内容の文章付。

       延々長いので論旨を外しているかも知れませんが、要は
      「心身微弱者の犯罪は罪を減刑する」
      と言う刑法を
      「心身微弱者の犯罪は罪を減刑する事が出来る」
      に変えましたという回答らしい。

       国民情緒が許さなければ減刑しなくて良いヨンにしたようだ。
       モチ、国会を通したって事。

       韓国語が分からなくとも、機械翻訳を駆使すれば、おおよそはわかりますよ。大統領府請願で見るのが一番早いかと。中には仰天請願もあって結構面白い。

      1位:自由韓国党解散 143万4千票
      2位:消防士の身分がどうしたこうした 35万票
      3位:連合ニュースに補助金出すな 32万3千標
      4位:性接待幼児虐待関連 28万票
      5位:共に民主党解散 20万1千票

       目下、一位と五位の熱い闘い中。来週また覗いて見ようっと。

  3. 「言論の自由は無制限でない」「悪いことを言う自由はない」
    って、
    そもそも2つの内容が全然違うじゃん。これを「履き違える」って、どういう意味なんだよ。まともな日本語を書けよ。

  4. 127万7千票対15万7千票

     韓国大統領府請願の最高記録更新だね!。

    현재 접속자가 많아 일시적으로 댓글을 불러올수 없습니다. 잠시후 다시 확인해 주시기 바랍니다.
    (現在接続子が多くて一時的にコメントを呼び起こすことができません。 しばらく後再び確認してください。)

     だそうだ。北朝鮮なんかをかまっていると処理が追いつかずパンクするぞ。余計な事やってないでサッサと処理していかないと。ホレホレ。

  5. しかし、韓国人の憲法的秩序意識の中で、集会・結社の自由という概念はあるのでしょうか。民意の名の下にそんなものは鴻毛のような軽さなのでしょうか。

    日本では共産党を非合法化しようという動きはありません。また自民党を非合法にしようという意見もありません。そんなことをせずとも、選挙で負けたら議席を失うのです。

    韓国と日本とが合邦しても、この基本的な点でまったく一致できないようです。やはり韓国は北朝鮮と統一した方が、少なくとも自由にたいする感覚では一致できると思います。

    1. 言論の自由は無制限でない、悪いことを言う自由はない。って履き違えた人は、日本にも少数存在する。

      韓国という国は、これが多数派になって、集団で身内を庇い、悪いことを言う自由はないと、奴らは黙らせろとやって、こういう国になるわけですな。

      1. まーだこのバカはこんなこと言ってるのかw
        学習しない人であるよw

        言論の自由は無制限ではないし、
        悪いこと、は内容によるw
        公共の福祉にとって悪いとなれば制限される。いい加減理解してくれないか?

        ではなぜ、公然猥褻とか、名誉毀損とか風説の流布が刑法などで取り締まられるんだ?
        言論の自由が無制限なら違憲になるじゃないかw
        そこんところ、実例をあげて反論してみてくれw

        いい加減にしてくれないかwww

        1. >チャタレー事件(チャタレーじけん)は、イギリスの作家D・H・ローレンスの作品『チャタレイ夫人の恋人』を日本語に訳した作家伊藤整と、版元の小山書店社長小山久二郎に対して刑法第175条のわいせつ物頒布罪が問われた事件。

          「わいせつ物頒布罪」
          ですか。

          ちなみに
          これが実例なw

          1. さて、私は「こいつはバカ」と書いて名誉毀損にあたるのだろうか。

            散々、「言論の自由と公共の福祉」について書いてきたにもかかわらず、一向に理解しないw
            「バカ」というのは事実であるw

            たとえ事実であっても名誉毀損は成立するはずだ。
            一方、私も散々此奴に「バカ」と言われている。

            違法性の阻却事由にはならないが(仕返し、私的救済は許さない、という仕組み?になってる法体系だし)、痛み分けには持ち込めそうだw

            反訴すれば賠償を相殺はできるだろうし、取り分は多いのではないか?と思ってるw(甘いかなw)。
            少なくとも「バカと言って名誉を毀損した相手の数」では此奴の方が多いし、私(達)には法律の専門家も付いてくれそうだw(遠距離っぽいですけどw)

            負けることはないなw

          2. ヤベw

            一つの可能性に思い至ったw

            すなわち
            「相手に責任能力がない場合」
            だw
            精神薄弱だったりすると、こちら側は相手に責任を問えないのではないか?
            これはあり得るなぁw

          3. しかし、ネット上では、単純にコメント欄の文章でしか相手について考察できない。

            実際会わなければ「ヤバいやつか否か」は判断できない。
            言い返して、自分の名誉回復を図らなければ、「一方的に名誉毀損されるばかり」になってしまう。

            当然そこは司法にも考慮していただかないと、被害を被るばかりである。

            その辺になると、水モノの司法判断となるのかなw

            で、
            脅したいわけではないが、
            管理者の「善管注意義務」も問われる可能性はゼロではないよw

          4. 受験生さんへ
            善管注意義務は、物や人の管理を委託された(強引に置いて行かれた等、を含む)管理者等に発生するもので、ブログの管理者には当たらないのではないでしょうか。

            コメ欄には発言者が勝手に発言しているのですし、何かを預かっているわけではないと考えますが。

            いかがでしょう。

          5. 誰かの名誉を傷つける行為を、見逃して放置し、かつそれを排除する権限(能力)は、ブログの管理者しかいない場合、そこに「善管注意義務はある」と私は考えます。

          6. 「委託された」者

            という前提は該当しないでしょう。

          7. コメ欄で互いにH.N.でやり合っていますので、誰が当事者であるか不明ですし名誉毀損には当たらないのではないかと考えます。

            ペンネームや芸名でも個人が特定されれば別ですが。

            選挙等の討論会で、中傷合戦になった場合にその場を提供した◯◯会館等を訴えるようなものでは?

            シンさんは討論会の主催者、と言うほどの立場ではない、と思いますが。

            私も、コメントを承認制にすべきと思いますが、シンさんは全くその気が無いようですね。

            ま、本のネタにでもと考えているんじゃないでしょうかね。

          8. >ペンネームや芸名でも個人が特定されれば別ですが。

            まず
            >ネット上での誹謗中傷行為が行われた場合には、相手方に対して慰謝料請求を求めることが出来ます。

            で、
            >誹謗中傷の犯人を特定するためには、ブログや掲示板の管理者に対し、プロバイダ責任制限法という法律にもとづいて、発信者情報開示請求(IPアドレス等)をすることが出来ます。
            ただ、ブログや掲示板の管理者に対して発信者の情報開示請求をしても、任意に応じない管理人がいます。この場合には、やはり訴訟を起こして強制的に発信者情報(IPアドレス等)を開示させる必要が出てきます。

            もし仮に、
            私が「名誉毀損された!」と弁護士などに相談したとしましょう。
            出版社やプロバイダを経由して、情報開示請求をシ氏に求める可能性はゼロでしょうか?w

            そして
            >シンさんは討論会の主催者、

            シ氏は『主催者」という表現は使っていませんが、「管理人」「主」などの表現をよく見ます。
            「場所を提供しただけ」
            で、(上記のように)面倒に巻き込まれない可能性が全く無い、とまでは言えないでしょう。
            「管理者として排除するなりしなければ、無法地帯で罵詈雑言も全く自由、言ったもの勝ち」になります。

            つか、
            私は、コメント欄にしたくないのです。
            R-1さんは「そういう罵詈雑言も仕方ない」とお考えなのでしょうか?

            もっとも
            私も今のところ、としておきますがw何かするつもりもありませんが、「迷惑行為者を野放しにする」には反対ですね。

            そして、排除する権限は我々にはなく、シ氏が持つのみなのです。

            そして過去に、多分女性なのですが、ヤツにやり込められ、「もう来ません」という人がいたのです。だいぶ昔ではありますけどね。

            上記(一連のコメント)により、実際ヤツはでてこなかったでしょ?(張り付いていたわけじゃないけどw、見逃してるかもしれないw)
            所詮、ビビりの卑怯者なのよw
            実は、バラせば、「これが目的」であるのだけどw

          9. 引用先(を忘れた)

            ttps://www.fuhyo-bengoshicafe.com/bengoshicafe-709.html

          10. >つか、
            私は、コメント欄にしたくないのです。

            脱字訂正
            「つか、
            私は、そういうコメント欄にしたくないのです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません