ハヤブサ(1号機)が持ち帰った微粒子から「水」を発見

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

たまにはたまにはこういうのもいいかな~と思って(それに、あまり話題になってない気もしますし)、更新します。

2号機の帰還が待ち遠しい「ハヤブサ」ですが、2010年地球に帰還、フェニックスになったハヤブサ1号機が持ち帰った微粒子から、水が発見されました。

地球に多量の(または一部の)水、及び命の誕生に必要ないくつかの元素がもたらされたのは、小惑星の衝突によるものではないか、という説があります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

難しいことが多すぎで全然分かりませんが・・

ハヤブサ(1号機)が持ち帰った微粒子は、1500個もあったそうです(すべてが使えるサンプルというわけではないでしょうけど)。その中の5つの標本がJAXAと米アリゾナ州立大学の研究チームの共同研究に使われ、5つの標本の中の2つから、輝石(LPx)が確認されました。輝石はその構造の中に水を含めています。2つのサンプルからはそれぞれ、970プラマイ93 ppm weight (2σ)と680プラマイ65ppm weight (2σ)の水が検出できました。

小惑星が地球に水や他の元素をもたらした重要な(critical)要因であることが、ここでさらに証明され、それはハヤブサのおかげであった・・という内容です。

https://advances.sciencemag.org/content/5/5/eaav8106

 

リンク先は「サイエンスアドベンシス」というところです。ドール写真はありませんが、私は少し読んだら頭が痛くなりましたので、苦手な方々はご注意ください。

 

小惑星の微粒子。上野で展示されているのを2回も見ました。それを持ち帰ったことも、あの「微」な粒子を分析したことも、もうスゴすぎで異次元レベルです。

ハヤブサ1号の帰還、あれがもう2010年ですが・・感動の帰還でした。改めて、礼と尊敬を示したいと思います。ありがとうハヤブサ1号(よろしく2号!)。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

40 Replies to “ハヤブサ(1号機)が持ち帰った微粒子から「水」を発見”

  1. 1970年の大阪万博で人気だったのはアメリカ館の月の石とソ連館の人工衛星スプートニクでした。当時の日本は宇宙開発など無縁の存在で、アメリカやソ連の人工衛星打ち上げのニュースにわくわくしながら、その一方で羨ましく思っていたのです。

    時は流れ、現在、日本の宇宙技術は世界でも有数のものになりました。最近の宇宙ロケットの打ち上げ成功率は100%で、これはアメリカやロシアをしのいでいます。しかも開発費用はこれらの国々と比べて実に少ない。言い換えるとコストパフォーマンスがいいのです。もちろん技術者が優秀なのですけど。
    ハヤブサ1号は感動的でした。そしてハヤブサ2号の技術力はアメリカやロシア以上と言えるでしょう。
    しかしこのような技術は長い間の技術研究の積み重ねがあってこそだと思います。宇宙へのロマンを持てる人たちだからこそ成し遂げられたのだと思います。

  2. 論文の「要約」だけ和訳してみたニダ

    ハヤブサがS型小惑星イトカワから帰還する途中に集めた、文字通り無水の鉱物の中に水素の同位体と水が含まれているかどうか調べてみた。測定を行った粒状の輝石(ケイ酸塩鉱物の一種)内の水素の同位体(δD)は1000分のー79からー53であったが、これはコンドライト(コンドルールという球状構造)を含む石質隕石、コンドライトを含まない石質隕石および地球上の岩石に含まれる水素の同位体の割合と区別出来ない。(イトカワの)母体形成と衝突による母体の温度上昇の過程で失われる水の量を補正したところ、イトカワ鉱物には100万分の698から988の量の水が含まれることが分かった。ケイ酸塩の塊であるイトカワの母体には元々100万分の160から510の量の水があったと推論される。それ故、雪線(万年雪のある最低境界線)より赤道側を形成したイトカワのような小惑星は地球や他の惑星の形成期に水の源(地球の海の半分まで)になり得たであろう。

  3. イトカワ氏は、航空機エンジニアで、皇期2601年に制式化された帝国陸軍一式戦闘機(ハヤブサ)の主任設計士。

    戦後、吉田内閣がGHQに従い航空機開発を禁止してからは、1からロケット開発を指揮したISAS生みの親。

    にしては、韓国紙から、「日帝侵略の野望を表す安倍」とか言いませんね。
    さすがに、人類史に残る科学的偉業にケチをつけるとまずいと判断しているのか?
    道徳的優位を持つと信じている韓国人が、科学的偉業などに臆するとは思えませんが。

    1. 韓国の一般的な認識では日本のロケット技術(に限りませんが)は全てアメリカからの貰い物ということになっているように思われます。

      ですのでそのような難癖以前に、草創期というものを想像すらしていないのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。