総選韓日戦

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

基本的には親日派と同じ意味の、「土着倭寇」という表現が流行っています。韓国では倭寇は日本人海賊ということになっているので、「日本人の子孫」という意味も含めているのが特徴だと言えましょう。

他にもナ・ギョンウォン自由韓国党院内代表は安倍総理のスポークスマンだという意味で「ナベ」という言葉が流行ったり、日本(反日)関連で様々な言葉が作られ、それを国会議員からネチズンまで無分別に使う、そんな日々が続いています。

今日は、その中で、「総選韓日戦」という言葉を紹介します。来年4月の総選挙は、韓日戦だ、という意味です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「総選韓日戦」で検索してみると、ネットコミュニティー、SNS、ブログ、ニュースに至るまで、様々なサイトがヒットします。

※ニュース以外はURLなどにモザイクしました

 

自由韓国党(右派)が文在寅政権・共に民主党(左派)を「北朝鮮の指令で動いているんじゃねーの」としているのと同じく、左派は右派を親日だとしています。右派に票を入れるのは、韓日戦で「韓国」が「日本」に負けることを意味するということです。

でも、面白いのは、勢いは劣るものの、右派側にもまた、共に民主党国会議員の親日疑惑などを持ち出して「そうだ韓日戦だ。共に民主党に票を入れてはならない」とする動きもあります。

 

こうして、「日本のいない韓日戦」に燃えている韓国であります。誰と戦っているのでしょうか。

韓国人にとって「仲間」とは、「同じものが好きな人たち」ではなく、「同じものが嫌いな人たち」であること・・別に今に始まった風潮でもありませんが、見ていて頭が痛くなります。ハヤブサエントリーのリンク先より痛いかも。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

136+

39 Replies to “総選韓日戦”

  1. >韓国では倭寇は日本人海賊ということになっている
    違うのですか?

    1. 初期倭寇は基本的には日本人が主体と言われていますが、中期から後期にかけてはどんどん中韓の割合が増え、特に大規模なものは基本日本とは全く関係なくなっていたようです
      少なくとも文献上に記録のある日本人ではない海賊が多くみられ、彼らも倭寇と呼ばれて区別はされていません
      こういった日本を加害者にする為の事実の隠蔽(特に一部を隠すというやり方)は日本の自虐教育と売国マスゴミのせいで腐る程あります
      だいたい隣国同士で一方だけが悪辣で迷惑かけていた、などという事はほぼあり得ません
      また歴史の責任って、どこまでいつまでの分を持つのですか?
      例えば清と明は同じ国?として清は明の行った行為に責任があるのですか?
      また秀吉の行為を今の日本人が考慮する必要がありますか?白村江はどうですか?何年前までが関係するのでしょうか?
      そういった事に区切りをつけるために、例えば日韓は基本条約を結んだのです
      そこでお互いの様々な思いに区切りをつけるためのものでした
      それを理解できない民族とは和解も友好もあり得ないのは当然です
      そういった意味で中韓に対し罪悪感や贖罪意識を持つこと自体今更必要ない事だと思います

  2. 主体性が暴走する北朝鮮。
    主体性が迷走する韓国。

    勝負したら暴走の方が勝ちそうですねw

  3. むしろ左派の金大中政権のときの日韓関係は良好でした。大統領自らテレビCMに出演して日本人観光客の誘致に努めた。その結果、韓国旅行というとキーセン観光旅行だったのが、「初めてなのに懐かしい」というキャッチコピーに促されて女性も韓国に行くようになったのです。盧武鉉政権も最初は未来志向でした。大統領が訪日したときはテレビにも出演して多くの日本人と意見交換していました。

    日韓関係が悪くなったのは経済がうまくいかなくなった盧武鉉政権の後半でしたが、決定的だったのは李明博大統領の竹島上陸です。盧武鉉大統領ですらしなかったのを保守の李明博大統領がいとも簡単にやってしまったのです。しかも支持率など気にしなくてもいい政権末期にです。しかも続けて天皇侮辱発言をやってしまった。これら一連の行動には韓国に宥和的な民主党政権ですら反発したのです。後を継いだ朴槿恵大統領は、「親日派朴正煕の娘」と言われるのを避けるため最初から反日全開し、日本を貶めるための告げ口外交に邁進しました。結局、この政権で日韓通貨スワップは終了してしまいます。

    こうしてみると、日韓関係を壊してしまったのは韓国の保守なのです。ナ・ギョンウォン氏にしてもかつては反日言動をしています。今さらくまモンの靴下を履いても遅いのです。
    文在寅大統領は朴槿恵大統領の反日政策の継承者にしか映りません。韓国の保守も進歩も反日に変わりはないのです。

    1. 金大中は日本で亡命生活してましたから日本人には馴染みがありましたし、金泳三、金大中あたりまでは元日本国民として我々にも親近感があったと思います。
      担任だった日本人教師を招いたり訪ねたりしてましたしね。

      しかし盧武鉉から後は韓国人は我々日本人にとって100%外国人になってしまったと思います。
      韓国社会の支配層にもはや日本世代はいません。
      一見文化交流が進んで日韓関係が親密になって行ったように見えても、「外国人」になってしまった。いかに今の若い世代が日本語を上手に話しても、話が通じなくなってしまったと感じています。

      金大中は低俗と見られがちな日本の大衆文化を開放する等、よく頑張ったと思います。
      この20年の成果が徴用工裁判の結果一瞬で失われるかも知れないことは残念至極です。

  4. 「おまえは親日派だ!」
    「なによ、あんたこそ親日派でしょ」
    と、親日を玉にして雪合戦をやっているのですね。(くだらな)
    想像したら、昭和の人形遊びの光景を思い出しました。当時あまり種類がなく、買ってももらえなかった。女の子たちが自前を持ち寄るとオールリカちゃん。そのまま遊んでいたという。
    オール反日で遊んでいるのが韓国ですね。

  5. 後期倭寇の大部分は日本人ではなくて中国人で、中には朝鮮人もいました。
    日本がとっ捕まえた朝鮮人倭寇を、李氏朝鮮が「引き渡せ」と言って来たことも。
    これを踏まえて「土着倭寇」を解釈すれば、「日本人のふりをして悪さをする朝鮮人」だと思うんですけどね

  6. 当方は全く関心がないので日本には関わらないで欲しい。断交はしなくても良いと思うがカザフスタン とかウズベキスタンとかと同じくらいの距離感でのお付き合いで十分。回覧板くらいは回しますよ、と。

コメントは受け付けていません。