「日本風」にお金を使うのは非道徳的なこと?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前にも書いた記憶がありますが、「韓国人が『韓国は~だから凄い』と思っていることは、現実では、韓国には無く、日本にある」こと。

韓国には、近代・現代のほぼすべての文明が日本から入ってきました。例えば戦後にも教育だろうが何だろうが日本をコピーして始まりました。教育内容そのものは日本と韓国とで大して差がなかったわけです。

でも、その教育の中で「~~は良いものだ」「~であるべきだ」と教えられた様々なことを、韓国は社会で実現できませんでした。日本では、それらが社会の中に生きています。韓国人が「良いもの」「~であるべき」なものは、韓国にはなく、日本にはあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この現実とまったく反対側に存在するものが、韓国の「道徳」です。韓国社会の道徳は、上下関係あってこそのものです。「自他から異論が出ない上下関係」がもっとも究極に近い道徳となります。

韓国人は日本と比べるとき、すべてを善悪論で決めます。韓国は善だから日本より上だ。これこそが道徳的だ(=『正しい』)というのです。韓国の道徳の中では、いつも韓国が日本より上にあります。

韓国人にとって、現実の「良いもの」が日本にあるなら、道徳の「良いもの」は韓国にあります。

 

マネートゥデーに、「日本よりイルパが嫌いだ」という記事がありました。イルパは、日本好き、日本マニアたちのことです。

日本旅行で「良いもの」を見てきた人たちを狙い、韓国内でも「日本風」のものが着々と増えつつあります。特に「食べ物」関連(食堂など)の勢いが凄いと言われています。個人的に、そういう「適当日本式」店に入って美味しいと思ったことなど一度も無いのであまりオススメはしませんが(笑

そういう風潮を嫌う人たちもまた多く、青年層を中心に「日本関連の消費を減らすべきだ」とする動きもまたある、という内容の記事です。

 

その記事の中で、本ブログで引用したい部分は、ここです。

<日本風が激しい。クローゼットの中から食卓の上まで、日本文化が韓国人の日常に入り込んでいる。日本文化の人気が高まり、国内消費者の間では「消費の自由」と「道徳性」を置いて、論争になっている。20~30代消費者の間では、歴史的な痛みがあるだけ、日本風の消費を控えるべきだとする自省の声が大きくなる状況だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190505060504485

 

素直に書いた文章だな・・と思いました。なぜなら、「消費の自由(日本風のものに金を使う)」の反対概念となる単語として、「道徳性」をチョイスしたからです。

そう、反日は「道徳」。それは、自他から異論の出ない上下を目指す歪み。恥韓論の頃からずっと書いてきた、本ブログの持論でもあります。

 

ただ、最後に2つだけ・・イルパたちが、韓国で言う「親日」だとは私は思っていません。ただ「楽しみたい」だけではないでしょうか。彼らに道徳(反日)たる、「親日やめろ」のようなニュアンスのものを適用するのはさすがにちょっとかわいそうな気もします。

もう1つ、日本風のものが急に増えた・・というのもありますが、「前から韓国にあったものが(日本旅行などをきっかけに)『実は日本風だ』と思うようになった人たちも多い」という側面もあります。数十年前からそうでした。朴正煕氏が日本風の料亭大好きだったというのは有名な話ですし、韓国の街でうどん屋や刺し身店が焼肉屋を圧倒する数まで増えたのは、もう20年以上前からのことですから。どこもそういうのを「日流!」と報道しなかっただけです。20年前からそうであったものの、その日本風の流れで韓国の反日に何かの変化があったことは(社会が親日傾向になるなど)、一度もありません。これからも無いでしょう。食堂が道徳に勝てますか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

75 Replies to “「日本風」にお金を使うのは非道徳的なこと?”

  1. 道徳ねぇ
    人の道が反日かぁ
    絶対に親しくなれない国
    しかし何とも幼稚な社会だね。

  2. >匿名さん
    >日本人は外国の文物を受け入れるのにさほど抵抗はありません。
    というより、古来より外国のものを取り入れることに抵抗は全くなかったと思っています。
    なぜならば「染まる」ことはなく、
    そのまま使う事もなく自分たちの物に「改良する」ということこそが
    日本の文化になっているからです。

    日本語の「学ぶ」という言葉は「まねる」が語源。
    学問とは、まずまねること。自分が知らないものを積極的に受け入れること。
    中国から多くの物を学びましたが、そこに敬意は表しても、
    歴史的には、日本の領土を中国や朝鮮の兵士に一度でも踏ませたことはないのです。
    古来から防人はいましたので、侵略は警戒していたわけです。
    モンゴルの兵士には二度も踏ませましたが、撃退しましたし

    そして自動車でもなんでも、真似した上で、元の物よりいい物を作ろうとすることが
    日本人の挟持なのですよ。

  3. >注射星人さん

    うーん、私はむしろキリスト教などの一神教は、
    科学発展のさまたげであることが多かったという認識なんですけどね。

    一神教の最大利点は、みんなが岡じ価値観を共有するため、
    昔の為政者が、宗教のトップにたてば国家を統治しやすかった
    ことにあると思います。政治がトップダウンで行ないやすかった。

    一神教の最大欠点は、愚民化にある。自分たちの頭で、善悪を考えなくなる。
    疑う事をしなくなる。「考えるな!えらい人の言葉を妄信しろ」です。
    けど、勉強とは何か?を考えると、疑う事につきるわけですよ。
    これまでの常識を疑え、限界をこえていけ。
    科学においては、最初は多神教だったギリシャで発達しました。

    まず最初に科学とはなにか?を、定義します。
    「建築技術のような技術を含まない」「三角の内角の和は必ず180度となる、など、だれがやっても同じ結果となること」
    ●紀元前4~5世紀:古代ギリシアの幾何学~アリストテレスの『自然学』、プラトンのアカデメイア
    ●13世紀:イタリアのボローニャ大学から始まるヨーロッパの大学制度による科学的集団の出現
    ●17世紀のフィレンツェのアカデミア・デル・チメントやロンドンの王立協会など,科学アカデミーの成立。
    ●17世紀の「科学革命」:ケプラーの物理学的天文学,ガリレオとデカルトの幾何学的運動学→ニュートンによる古典力学体系の完成
    ●江戸時代初期(17世紀):貝原益軒らの本草学,関孝和の和算

    17世紀のガリレオや19世紀のダーウィンは、キリスト教の教会から非難、否定を受けました。キリスト教の権力者が政治と分離されてから、科学は宗教から自由になれたと思っています。

    なにがいいたいかっていると、一神教による「考えるな、疑うな、書物に書かれている先人の教えのみを妄信しろ」って、科学のじゃまでしかないかと思います。

    では、どうしてヨーロッパで、科学が発展したかというと
    神学から数学と哲学と自然科学等が派生し
    13世紀のヨーロッパの大学制度による科学的集団の出現によって、科学が発展したと思っています。
    個人ではなく、集団であったということ。
    学問の場があったということだと思っています。

  4. 日本人は外国の文物を受け入れるのにさほど抵抗はありません。戦後間のない頃の日本はまだ反米気分が強く残っていました。しかしアメリカの文物を積極的に取り入れたのです。ジープ、ジーンズ、アロハシャツ、ジッポーライター、ホットドッグ、ハンバーガーなどは今では日本人の生活に溶け込んでいます。そしてそれらは日本の生活文化を豊かにしているのです。

    韓国で日本風が流行るのは自然の成り行きでしょう。それを人為的に排除することは無理だと思います。日本だって韓国の食べ物は数多く入っており、飲食店街には韓国料理の店が普通にあります。大阪の鶴橋にあるコリアタウンは在日の人たちの生活を支えるために自然にできました。今では日本人も普通に訪れ、日曜日になると大勢の人でにぎわいます。日本人の7割が韓国が嫌い、韓国人の8割が日本が嫌いという現状ですが、それでも相互に文化が着実に入っていっています。大きな水の流れに逆らうことなんてできないことです。

    1. 日本人はスイスの民間防衛という本を、全員呼んだ方が良い。

コメントは受け付けていません。