韓国、家計負債による成長はもうできない

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

5日、韓国の国会予算政策処が、公式に「これ以上家計負債が増えても、GDPのプラス要因にはならない。これからはGDPマイナス要因になる」という報告書を出しました。

家計負債というのも、GDPからするとプラス要因になるけど、韓国の場合はもう家計負債が増え過ぎで、これ以上増えてもGDPマイナス要因にしかならないというのです。

曇った心で見ると、いままでの莫大な家計負債が、韓国のGDPを支えてきたという受け取り方もできる内容です。

ヘラルド経済の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国の家計負債が持続的に増加し、昨年末現在1500兆ウォンを突破した中で、(※1534兆ウォン、GDP対比86.1%)国内総生産(GDP)比の家計負債が1%ポイント増加した場合、成長率が0.1%ポイント減少するという分析が出た。

去る2010年代半ばの住宅ローンなど家計負債の増加に支えられ、経済が活気を見せたものの、今では負債規模が限界に達し、否定的な影響を与えるだろうという分析だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190506175921915?f=p

 

初頭にも書きましたが、曇ったシンシアリーはこの記事を読んで「やはり、家計負債に支えられる側面が大きかったか」と思いました。

2010年前後の謎の不動産バブルなどが経済成長に役に立ったのは事実ですが、韓国の家計負債騒ぎは、2002~2003年のカード大乱(クレカ乱発による負債騒ぎ)など、もっと前の時期から始まっていました。

経済破綻(いわゆる「IMF期」)から立ち直るために「誰かに借金をさせる」必要があったわけです。

日本はバブル崩壊の衝撃を吸収するために、政府が借金する道を選びました。韓国はIMFから立ち直るために、国民が借金する道を選んだわけです。

そして、それがもはやGDPマイナス要因でしかない、と。

言うのは簡単ですが、だからといって家計負債をキツく制御すると、多重債務者など「脆い」層から崩壊しはじめるでしょう。

政府も国民も、「どれだけ悪い負債でも崩壊よりはいい」という浅い考えでここまで膨らんでしまった韓国の家計負債。文在寅大統領の『運転』はどういうものになるのでしょうか。『安倍も何も言わないでいるのに』でしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

81 Replies to “韓国、家計負債による成長はもうできない”

  1. 日本よりも急速に少子高齢化・人口減少の進行する国。
    ある意味、先行シミュレーションを実行してくれているようなものです。
    将来のロールモデルとして、あるいは反面教師として、学ぶべき点は学ばせていただきましょう。

  2. ここの記事は全て韓国の事ですが、先日私の取引のある証券会社がやっているセミナーに行ったら【もうすぐドル円は大変動して何十年か後にはプラントウッズ体制の360円迄でも戻り有る】とか言って、ドル高になるとリターンが増えるドル建ての保険商品のセールスと合わせて語っていた。その最大の根拠は日本の人口ボーナスの消滅とオーナス化。
    ところで人口ボーナスの減少では日本はゆるゆると1.4ほどで推移して居るが韓国は既に0.98に急減。人口動態の予測をへし折って急展開して居る。中共も韓国ほど極端では無いものの一人っ子政策を緩和しても漢族のビジネスマンたちの平均結婚年齢が跳ね上がり、少子化のトレンドは揺るがない。こうした各国が日本の競合相手なので、他国の衰滅をもしもチャンスに変える事が出来たなら、そうそう一方的に衰滅する事はないとも言える。
    日本以上の急テンポで福祉や年金介護の支えなく転落する国で安定的に政治経済が発展するとか維持出来るとかは想像もつかない。
    ろうそくデモやら暴動は今以上に激しくなる事と思われる。

  3. 韓国の場合、政府が借金を背負って金融緩和するとウォン安を恐れる外資が逃避し、通貨安スパイラルに陥って外貨不足でデフォルトする恐れがあるのが問題ですね。
    基軸通貨のドルが強い現状では、貿易依存率が高くて輸出輸入ともに大きい加工貿易モデルの国で打つ手は少ないでしょう。

    ムンムン氏の過去の経済珍作から判断するに、余計な事はしない方がマシかもしれませんねw

  4. 七誌「日銀が日本国債をもったら、日本政府は日銀に利息を払う必要があり、国家予算で日銀への利払いで破綻する!!!」
    (適当に要約w)

    日銀がサイトで答えてくれてますw
    https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a25.htm/

    >日本銀行が得た最終的な利益、すなわち、所要の経費や税金を支払った後の当期剰余金は、準備金や出資者への配当に充当されるものを除き、国民の財産として、国庫に納付されます(日本銀行法第53条)。これを国庫納付金といいます。

    海外の主な中央銀行でも、ほぼ同様の制度が設けられています。これは、国が中央銀行に対して、銀行券を独占的に発行する権利を与えていることにより、通貨発行益が生じるからです。

    わが国の場合、日本銀行は、各事業年度終了後2か月以内に国庫納付金を納めることになっています。この納付金は、当該事業年度における国の一般会計の歳入金となり、最終的には一般会計の歳出を通じて国民に還元される仕組みとなっています。

    ——-引用終わり———

    受「日本政府が日銀に利息を払っても意味がないw。だって日銀の利益は国庫(日本政府)に入るんだからw」

    「大福帳アタマ」と、「国債の買い取り」と、「バブルの話」関連で、「あの時の議論()」を要約して差し上げるよw

    1. ちなみに、

      実際に、日本政府が日銀に利息を払ってる(その後、国庫に入るにしても)かは、私は知りませんw
      調べればわかるかもしれないけどw(調べてない)

  5. 赤字神信者は究極の馬鹿だから、無限に借金できるなどという嘘を容易に信じるわけですよ。

    しかし、現実世界ではどこの国家も通貨を刷りまくって無限に借金をせず、プライマリーバランスをきちんと考えて運営している。

    歴史を見れば、逆に通貨を刷りまっくった国家は、ことごとくジンバブエ化して破綻の道を歩むってわけ。

    通貨が価値を持つのは何故か、通貨というのは信用の総和なわけで、信用の量だけ刷れる、株券同様に刷れはその分だけ希薄化するわけです、しかし馬鹿にはそれが理解できない。馬鹿なので。

    1. 言っていることは概ね正しいと私は思うけど、なんでそんなにケンカ腰なのかが分からない。誰にケンカを売っているかもよく分からないし、本当にどうした?ひとりで馬鹿みたいだぞ。
      あと無限に借金できる、とか言っている人はあまりいないのではないかな。財政赤字容認派の主張は、限界はまだまだ先だから焦ることはない、ということだと思うのだけど。

      1. 通貨の価値は、国富に対する債権なので、株式と同様の価値変化を辿ります。売方より買方が少なければ、無限に暴落するわけですよ。

        限界はまだまだ先だから焦ることはない、というのは、収入より支出が多くても、貯金はまだまだあるんだからどんどん使えという馬鹿と同じなのです。

        (収支バランス)つまるところプライマリーバランスの維持ができていなければ、破綻は近づき、破綻が近づけば近づくほど舵は重くなり、浸水は増すのです。

        通貨の暴落は、こうして起こるわけです、歴史に学べばね。

        けんか腰なのは、まいかい馬鹿が暴れていて非常にうっとうしいからですな。

        1. 経済の拡大によって国富が増加していれば、「その分だけ」通貨発行を増加できる。これが正しいわけです。

          ところが馬鹿は、通貨発行により国富が増加するとこれを逆に考えている。
          バブル経済で札を刷りまくっても、経済は破綻しない。国富がどんどん増えていく状況だからね。
          一方でこれらの馬鹿は、札を刷りまくってバブルを起こせと抜かすのですよ。馬鹿だから。

          1. まーた、原因と結果を入れ替えてるw
            「正しい道を示したのに、間違ってる道に『順路』の立て看板を向ける悪意、、というか無知」w

            経済を、自分の知識だけで読み解こうとする傲慢さ。

            >1990年3月に大蔵省銀行局長土田正顕から通達された「土地関連融資の抑制について」(総量規制)に加えて、日本銀行総裁三重野康による金融引き締めは急激なものとなり、信用収縮が一気に進んだ。信用崩壊のさなかにおいても金融引き締めは続けられ、日本の経済を極度に悪化させた。

            資金供給量
            >1989年5月から1年3カ月の間に5回の利上げが実施され、2.5%だった公定歩合は6%台まで引き上げられた[3]。マネーサプライの増加率は、1990年には11.7%、1991年には3.6%、1992年には0.6%となっている[4]。

            「増加率の鈍化」な?
            公定歩合は上げ(金融引き締め)ながら、通貨供給量の「増加率の鈍化」。

            つまり、「日本政府、日銀が金を刷ったからバブルが起きた」のではない、逆だよw
            「土地の値段は右肩上がりと信じられ、評価(担保余力)を実態より過大に評価し、金融機関が過大な融資をしたから資金供給量が増えた」
            のよ。
            (って書いても理解できないだろ?銀行の信用創造の話な?
            って書いてもまだ理解できまいw)

            で、ウィキ引用のように「総量規制」が実施され、不良債権化したことによるバブル崩壊だ。

            これがトラウマになって、欧米各国が通貨安競争している時に、日本だけがやらず、急激な円高になったわけ。

            >ところが馬鹿は、通貨発行により国富が増加するとこれを逆に考えている。
            バブル経済で札を刷りまくっても、経済は破綻しない。国富がどんどん増えていく状況だからね。

            バブルは「民間主導の過剰融資で起き(公の規制の遅れとか容認とかはあるが)、資金供給量増加は結果で、当局(公)の対応は従」なの。

            日本はジンバブエではないw

            破綻したのはそうした過大融資を受けた企業であって、不良債権を抱えた金融機関なわけ。
            日本(経済)は破綻してない*だろ?
            韓国のようにIMF体制にでも日本は陥ったか?
            デフォルトしたか?(100%円建だからデフォルトしようがないんだがw)

            *日本経済が無傷だったとは言わんよ

          2. そして七誌さんw
            アンタが
            「日銀が国債を持った(買い取った)としても、日本政府は日銀に利払いする必要があるから予算編成で大変なことになる」

            と言ってw、
            私が日銀法をコピペしてこれを論破したことをお忘れかw

            皆に一点指摘したい。
            七誌さんは「自論」しか書いてない。
            引用やソースの提示が一切ないことにお気づきか?
            、、、そういうことだw

          3. >デフォルトしたか?(100%円建だからデフォルトしようがないんだがw)

            日本国債の話なw

            対外債権債務でいえば、「日本は世界一の債権国」ってよく聞くでしょ?
            日本が終われば世界がその前に終わるw

            ブルームバーグ、今年3月の記事(「予想」の信ぴょう性については各自の判断に任せる)。

            >日本が四半世紀以上謳歌(おうか)してきた世界最大の債権国としての地位を失う日が近づいている。背後に迫るのはドイツだ。(中略)
              財務省データによると、日本の対外純資産残高は2017年末で328兆円となり、3年連続で減少した。一方、ドイツは261兆円で2年ぶりに中国を上回った。18年末の残高は5月に発表される見込み。

            https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-22/PONESA6TTDS201

            ・・・ドイツが猛追しているが、依然、日本がトップであることに変わりはない。
            ブルームバーグが間違ってると言うつもりはない。
            同時に格付け会社などの日本の評価が常に正しいとも思っていないw
            引用部分は事実を言ってるだけ(であろう)から、これが間違いというつもりもない。

          4. とり、バブルの時にお金刷りまくれるとか…
            すげーびっくりw

            加熱した景気を押さえなきゃいけないときに、通貨流通量増やすんですか…

        2. ああ、鬱陶しいバカw

          プライマリーバランス原理主義者w

          借金はあかん、は間違いw
          当然限度はある。

          会社で「負債は悪だから無くすべき。貸方は自己資金だけにしないと倒産するぞ!」
          っていうのと同じ。

          複式簿記を理解してない、大福帳のアタマなのw

          1. ザックリ、まぁ健全な貸借対照表を持つ会社があるとする。

            「負債は悪」
            の人は、「資産(借方)と負債(貸方)を相殺して規模を縮小しようとしてる」
            わけ。

            発展が目的なら、資産(借方)を増やし、貸方(負債+資本)も増えるのは当然。
            問題は「規模(1000兆円とかの)に惑わらされるな」ってこと。
            その内容が問題。

          2. 世界の投資家は、なぜ「マイナス金利の日本国債」を買ってるねんw
            なんで金利があがらないのか?
            円はなぜ、金融緩和しないと円高になるのか?(民主党政権時代)

            急激な円高時代、なぜ日本は苦しみ、安倍さんになって「黒田バズーカ」でマシになった(アベノミクス)のか?

            そこんところの説明ができていないw

          3. 今思いついたw

            「日本の信用」
            って、貸借対照表でいうところの「のれん(無形固定資産)」なのよ。
            一応の評価(P/L表上)はある。
            でも実は「日本ブランド(のれん)」って日本人が思うほど小さくないのよ。
            もっと評価が高いわけ。

            ってことは借方は思ってるより大きい(評価が今は過小評価)の、、この辺は「評価」だから「感覚」って話だけど。

            「貸方借方」がわからない人は、勉強してから書いて欲しいなw>七誌さん!
            意見が頓珍漢になるから。

          4. あー(苦笑)
            お疲れ様です。

            なんかねー
            この手の論争すると、なんで複式簿記じゃないのと…
            政府の借金が何で貸してる国民の借金換算されるのと…(国民の資産だろと)

            うんで、お金ってなーに?
            日銀券って日銀の「負債」扱いなんだけど~
            うんじゃ、日銀に日銀券持って行って、負債なんだから返してというと何が返ってくるのかな?(さあ、考えてみよう。寝られなくなっちゃうw)

          5. >うんじゃ、日銀に日銀券持って行って、負債なんだから返してというと何が返ってくるのかな?(さあ、考えてみよう。寝られなくなっちゃうw)

            日銀「あなたは何がお望みか?」

            日銀の債権者()「日銀券でないものがいいなw」

            日銀「ではここに日本国債がありますのでそれでいかがですか?」

      2. >ケンカ腰

        それは単に過去に言い負かされ、その場で逃げたから。いつもだけど・・・。
        結果いつまでも、相手の言いもしなかったことや言葉をツンツン突いているだけなのです。
        ともに楽しんであげるところ?なのでしょう。

        あるいは、「あなたはよく勉強していますね。感心します。このまま精進されれば、より深く理解できるのではないかと思います。あなたはわかっている人のようですね。がんばってください」と、エールを送ってあげるところかもしれません。

        七誌さんはそうして人を喜ばせる方なので、たまにはどなたかほめてあげるのもいいと思います。

        1. とりあえず、七誌さんは簡単な基礎から。

          「相手の言いもしなかったことを言わない」

          さっきの「北の核武装は日本に関係ない」もそうですが、まずはどこで私は「七誌さんは悪」と(貼り付けれないほどの量で)言い続けたのか示してください。

          嘘イクナイ。(´ω`)ノシ

          1. リンク今日は成功したから見てね。
            いつものだけど。

            【野菜スティック】(´ω`)ポリポリ

  6. 「誰かの債務は他の誰かの債権」ですから、国内で完結していれば大きな問題ではないのです。
    意識していないと思いますが、預貯金を銀行の帳簿からみれば債務になります。
    朴槿恵政権の間の個人負債の増加とGDPの成長率がほぼ平行線、個人負債が個人金融資産を越えてしまい、外資に依存することに、こうなると「誰かの債務は他の誰かの債権」は成り立ちません。
    対外債務で見ると李明博の時代から悪化の一途です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません