チアチア族ハングル使用のときの約束、韓国は何も守らなかった

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

旧ブログのときから「いったい何がしたいのか」と話題(?)だった、チアチア族のハングル使用の件。

東南アジア関連では韓国で初めて博士になったヤン・スンウン教授が、その件の問題を指摘しています。

韓国は当時の約束は何も守らなかった、ただインドネシアを見下していただけだ、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ヤン教授がこのように話しています。

「2009年、チアチア族がハングルを受け入れたとき、それをハングルの世界化だと『包装』して、どれだけ騒いだことか。ソウル市長、大統領まで出て、八万大蔵経のレプリカを贈るとか、文化院を建設するとかの国家としての約束をしておいて、なに一つ守ったことが無い」、

「インドネシア政府から『インドネシアは、インドネシア公式文字として表記する』と公表した。これは韓国に対する警告だった」、

「私たちは、高位公職者を出席させて、パッと騒いで、写真撮るとそれで終わりです。何でもしてやるといろいろ約束して、何も守りません。ハングルの世界化だと包装したチアチア族の事例が代表的です」

https://news.v.daum.net/v/20190513044240371?d=y

 

韓国日報は記事で、「教授の忠告は正確だった。韓国には、熱くなってすぐ冷める『鍋根性』、インドネシアだけでなくASEAN各国を見下しているネジレた優越意識、多様な価値をお金に置き換える拝金主義のような慢性疾患がある」としています。

教授も韓国日報も、ここに引用した部分だけなら、別に間違ったことは言っていません。インドネシアが「インドネシア語はインドネシア公式文字で表記する」とした布告令が、「韓国が約束を守らなかったことに対する警告」なのかどうかは微妙ですが。

 

ただ、引用した部分にはありませんが、教授が「インドネシアを仲良くすべき理由」としているのが、どうも納得できません。

「南北ともに大使を派遣している国」「唯一朝鮮半島特命全権大使がいる国」はまだわかりますが、

「領海を侵犯した中国漁船を艦砲で爆沈させる国」、「韓国とその文化を心から愛する国」、「いずれ強大国になる国」という趣旨の理由は、「いや、そういう問題じゃないでしょう」としか思えません。

そもそもハングルを他国の公式表記にしてそれが何の意味があるのか、特に現地(チアチア族)の子供たちに何の得があるのか、指摘するならそこでしょう。チアチア族の子どもたちが大人になって、就職などの理由でインドネシアの別の地域に行ったとき、ハングル表記が役に立つのか。それからして疑問です。

それを考えない限り、結局は「見下す」と同じことです。

 

 

※おかげさまで、姉と姪はいろいろ楽しく過ごし、つい先程、飛行機に乗りました。

本ブログは、今日(13日)の午後から通常更新に戻ります!※

 著書関連のお知らせ 

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

165+

86 Replies to “チアチア族ハングル使用のときの約束、韓国は何も守らなかった”

  1. 韓国人政治家A「○○を約束します」

    数年後、韓国人政治家Aは失脚。韓国的価値観では失脚した人の約束に意味はないようだ。

    韓国や韓国人との約束ほど無意味なものはない。フン。

  2. 国際条約や国際ルールはもちろん、国同士の約束すら守らないのです。インドネシアのしかも少数民族との約束など守るはずがないでしょう。

  3. 韓国の記事には
    「●●国は強大国だから良くしよう」
    が多いですもんね。確かに違和感ありますね。

    これを裏返すと、
    「韓国が良くして貰えないのは力が足りないからだ」
    となるんですかね。

    1. 日本とアメリカは韓国をまったく信用していません。英仏独の首脳は「文在寅はちょっと変な人」と言っているので、これもやはり信用していないのでしょうね。中国からは属国扱いされる。これも韓国が力がないからだとなるのでしょうかね。力の問題ではなく、信用の問題だと思いますよ。

  4. >>文字としての機能はおそらく世界中の文字の中で一番

    国際音声字母(IPA)より機能的ですか?

    声門閉鎖音とかハングルでは表示できない音(と聞きました)もIPAなら表示できるはずですが…。

    1. 呉善花さんが言ってますが、「自分は濁音の発音が苦手なので、名前の読みは『ご』ではなく『お』のままとした」そうですよ。おそらく、ハングルでは有声音と無声音の対立構造を明示するような記法がないのでしょう。(その点、濁点や半濁点はなかなかうまい考え方だと思う。)
      それに、th音やv音を表す記法もハングルには存在しないと聞きましたが。
      人工的に作った文字だからと言って、自然言語の文字に比べてさほど優れている訳ではない。優位な点もあれば欠点もある。そこを無視して無理やり普及させようとしても、せんない話。無駄なことです。
      人工的に作った言語であるエスペラントや、当代随一の数学者クラインが生涯かけて作った「屈折のないラテン語」が、結局はさほど世界に広まらなかったのと同じ。

    2. 一つの言語圏として使用されている文字という意味です。IPAを日常使用している言語はありませんから。
      確かにIPAの方ハングルより高機能ではあります。ただ1400年代に作られたハングルと1800年代後半に作られたIPAと比較するのはさすがに可哀想かなと・・。それとIPAは適宜アップデートがされています。

      1. IPA でも韓国語の濃音はまだ表記できないとか。
        (なぜ韓国の学者は IPA に拡張を提案しないのだろう?)

        1. >>IPA でも韓国語の濃音はまだ表記できないとか。
          そうなんですか?補助記号で何とかなりそうですけどね。微妙で難しいんでしょうか。

          韓国語に魅力を感じるかはともかく、ハングルは韓国語学習者の間口は広くしていますよね。日本語はなぁ、漢字の音読み訓読みで挫折する人が多いだろうな。

          1. 日常会話レベルでは、日本語は難しくないと言われています。
            日本人が思っているよりも日本語の文法は論理的で、例外がほとんどありません。会話をするレベルなら、学ぶのは難しくありません。

            日本語の文章を読み書きするレベルになると、途端に難易度が上がります。
            その分、日本語の文書表現の幅は非常に広く、英語などでは表せないような表現方法があります。文章や詩歌に多様な表現を駆使することができ、言外の深みがあるんですね。

            (余計な話ですが、詩歌を作っていた方で、英語の詩歌は難しくなく、漢詩が一番難しかった、と言ってました)

  5. 韓国と、韓国人と約束をしてはいけません。
    なぜなら守らないから。

    それが全世界になる早で広まることを切に願います。
    世界の国々のために、、、、

    1. 約束自体が、上と下の関係からなので、上が下に言うことを聞かせる「縛り」のようなものではないでしょうか。
      なので上なら縛られないし、下が力をつけたら、縛りを解いたりするのが韓国の「約束」という概念に近いのかもしれません。

      上に立つためにいつだって努力はしているのですがね、北も南も。

      力を待ったと思った時、縛りから抜けようとするので、中国のようにムチをピシピシとふるわなければならないのが面倒です。(日本人にはできないし、それをしていないので、いつまでも約束は守られず「謝罪と賠償」なのでしょうけど)

  6. シンシアリーさん「いや、そういう問題じゃないでしょう」

    報道と さらには教科書まで間違っていた.大雑把には「ハングル偉大だぜ ホルホル」してたら「元々インドネシアの法律で 言語の表記はラテン文字と定められていた」って いつもの韓国だっただけ.

    「チアチア族ハングル普及」の真実
    https://news.v.daum.net/v/20121018214314640

     > ハングル表記が役に立つのか
    という意見に同意する.しかし そもそもハングル(韓国)メディアにある虚報体質が問題だろう.資料の確認や裏づけ取材,発信した情報への責任感がまったく無い.

    論を読みとる以前に,その前提とする情報の妥当性を検討しなきゃいけないメンドイ社会 と思ふ.

    それを考えない限り、結局は『見誤る』と同じことです。

    シンシアリー氏の主題は別の事なので 申し訳ないんだけどねぇ
    で 私の参照元が虚報だったら どうしよう・・ (爆
    (一応 複数のソースで確認してます)

  7. いや、ハングルはとても優れた文字ですよ。見た目はともかく、文字としての機能はおそらく世界中の文字の中で一番でしょう。音節の内部構造が明らかで発音のルールが明確であること、複雑な音節を一つのマスに収めているため効率的に読むことができる、など他の文字にはない特徴があります。人工的に作られた文字だからこそです。

    しかしそのせっかくの宝を、自尊心を満たすためだけのつまらないことに使っていますね。

    1. >文字としての機能はおそらく世界中の文字の中で一番でしょう。
      そんな訳ねえだろ。
      >音節の内部構造が明らかで発音のルールが明確であること
      そんな訳ねえだろ。

      例えば日本語はローマ字で正確に表せます。
      しかしハングルで表そうとすると、ややこしくて不正確でかつ一意的ではありません。

      隣の日本語さえ正確に表記できないくせに。
      アルファベットにはるかに劣るよ。

      1. 話し言葉を転写する、という意味なら日本語をアルファベットで表現できますが、文字として日常用途に耐えられるか、となるとそれは無理です。転写と文字は異なります。

        韓国語におけるハングルは文字としての機能はピカイチですね。まぁ、世界で一番、というのは言い過ぎだったかもしれませんが、牙音、舌音、唇音、歯音、喉音、という5つの子音を区別して字母を選定しつつ、最低限の字母数で一万以上の音節を一つのマスに表現できるシステムというのは他にないということは間違いありません。美的にはちょっと・・ですが。

        1. >転写と文字は異なります。
          何言ってんだ? そんなのあたりまえだろ。

          アルファベットは日本語を転写することができるが、
          ハングルは、日本語という極端に音素が少ない言語さえ転写できない、って言ってんだよ。

          ところで、、、
          音節を表現できるというのはそのとおりだけど、
          アルファベットでも横一列に書かないでハングルのように三角に書けば実現できるだろう。
          だけど西洋人はしなかった。誰も思いつかなかった訳ではないだろう。
          その理由の第一はやはり「美しくない」からではなかろうか。

          あなたが再三おっしゃるハングルの「見た目」については全く同意します。
          「文字の優劣」を論じるならば、その「容姿」も決して無視できない重要なポイントでしょうね。

    2. 福沢諭吉がハングルに注目し、日本語と同じように漢字混交文で表記すれば韓国語で文章が書けると朝鮮の要人たちに勧めたのですよね。しかし戦後、北はいち早くハングル専用とし、南は朴正煕政権下でハングル専用が実施されたのですね。
      残念ながら現在の韓国人は80年代の新聞記事すら読めなくなった。朴槿恵政権のとき、女性家庭部が朝鮮人慰安婦強制連行を示す証拠として提示したのが、日本統治時代の慰安婦募集広告でした。担当職員が「募集」という漢字の意味を知らなかったのでしょう。またその上司たちも知らなかったということです。

      1. > いや、ハングルはとても優れた文字ですよ。見た目はともかく、文字としての機能はおそらく世界中の文字の中で一番でしょう。

        そういう軽率な考え方が、

        > 残念ながら現在の韓国人は80年代の新聞記事すら読めなくなった。

        に結果的には結びついている。
        本来ならば、主要文字としての役割を果たしていた漢字語に対する補助的な文字(ひらがな、カタカナも同じだが)なのだから、そこまでの機能性は必須ではなかった。むしろ、漢字語をいかに効率よく効果的に教育するか、知恵を絞るべきだった。
        国民を愚民化したのは、韓国人自身の誤った考え方だからしょうがない。

      2. 以前韓国の博物館(名前は失念)に行った時に、昔の新聞が展示してあったのですが、そこでは漢字とハングル混在で表記されていました。多分、併合時代のものだと思います。

    3. > いや、ハングルはとても優れた文字ですよ。見た目はともかく、文字としての機能はおそらく世界中の文字の中で一番でしょう。
      > 音節の内部構造が明らかで発音のルールが明確であること、複雑な音節を一つのマスに収めているため効率的に読むことができる、など他の文字にはない特徴があります。

      これは文字として優れているということではないと思います。
      発音記号として、話している言葉の「音」を写す記号として、優れているということでしょう。

      言葉には「音」だけでなく、「意味」があります。ハングルでは、「意味」を写すことはできません。
      「意味」が写せなければ、言葉として機能しません。

      たとえば漢字でも音だけを写して、意味が伴っていなければ機能しないでしょう。
      漢字を文字として学習せず、その「音」だけで覚えると、機能性文盲を引き起こすことになります。

      ハングルだけでは発音記号と同じなのです。文字として優れていることにはなりません。

      1. ハングルによる発音だけでは、漢語とのつながりが切れてしまうか、薄れてしまい、言葉の意味と思考とが結びつきにくいことが挙げられます。

        漢字を捨ててしまうと、漢字で書かれていた漢語の意味が、すぐには分からなくなります。漢字は発音だけでなく、一字一字が意味を持っています。
        漢字を使うと、すぐに言葉の意味が頭に浮かびます。意味を持っているから、発音しなくても、漢字を見ただけで、意味を推測できます。

        ハングルだけでは、抽象概念に弱く、意味があいまいになりやすいのです。抽象概念があつかえないのは、抽象概念は漢語から来ているものが多いためです。
        ハングルだけでは、高度な思索をすることができなくなります。韓国人の文章の読解力が低くなった理由でしょう。

        文章の意味をつかむために、発音の固まりとして単語を覚え、どんな意味なのか考えなくてはならなくなります。

        ハングルに決定的に不足しているのは、造語能力がないこと、あるいは低いことす。漢字を棄ててしまうと、新しい概念を言葉で表すことができなくなりました。
        漢字は造語能力が高いのです。新しい概念を漢字を組み合わせることで表現できます。

        ハングルでは、新しい言葉を作ること、造語能力が低く、新しい概念を表すことが難しい。

        英語圏でも、次々に新しい概念が生まれているので、新しい言葉を作り出しています。
        英語、フランス語、ドイツ語などは、歴史的に接頭辞や接尾辞、ラテン語やギリシャ語などを組み合わせて、新しい造語を生み出しています。

        ハングルだけでは造語能力が低いため、新しい概念を記述することができません。

      2. たしかにおっしゃるとおりで、世宗王時代の朝鮮語ならともかく、日本語から大量に流れ込んだ漢字語が多く使われている現代韓国語で漢字を使わずハングルだけで表現しようというのは無理があるでしょう。それはハングル自身の欠点というより韓国語が変化してハングルではだけでは表現しきれなくなったと理解しています。
        漢字を捨てたのは、間違いでしたね。まぁ、日本語も危なかったですよ。GHQが真面目に検討していましたからね。

    4. >複雑な音節

      高々 CVC でしょ。
      子音クラスタはどうしましょ。英語にも strength (CCCVCC) とかありますよ。

      ハングルは朝鮮語に最適化された文字なのです。だから汎用性は全くありません。それは欠点ではありませんが。

      >発音のルールが明確

      実際の発音と語源に基づく正書法との乖離はどうしましょ。語頭の r とか。
      日本語の仮名遣い(助詞の「は」「へ」「を」など)やローマ字表記(shi か si かなど)のように多くの言語でも難しい問題ですけれど。

      >人工的に作られた文字

      調音部位と字形を結びつけたのは素晴らしい。覚えやすい。
      しかし、そのシステマティックさが冗長性(ノイズ耐性)を低下させています。”遊び”がない。

      また人工的に作った時点で、大量の漢語由来の単語を区別して表記するつもりはなかったと思われるので、ハングルのみで表記するなら同音異義語を朝鮮語の方でなんとかしないといけません。

      他の文字と同じく使用しながら改良すればいいだけです。その歴史のなさが現在のハングルの欠点です。

コメントは受け付けていません。