落ち着いている

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

さて、姉と姪が韓国に帰りました。

家の周辺にあるもの、ちょっと遠くのディズニーシー、かなり遠くの伊豆高原など、いろいろ、自分なりに精一杯楽しんだつもりです。姉も姪も、大いに喜んでくれました。

今回は、姉と交わした話の中でも、「落ち着いている」について書いてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

初めて家に来てから、姉は「(街など家の周辺が)落ち着いている」と何度も話しました。静かだという意味かなと思ったけど、そうでもありませんでした。

特急踊り子号の中で姉がまた同じことを言ったので、「なにが?」ともう少し詳しく聞いてみました。すると、「あまりにも刺激的なことが書いてある、垂れ幕や横断幕とか、そんなものがどこにも無い」、と姉は答えました。

 

私も韓国で何度も見ましたが、韓国には、街のいろんなところに、刺激的なスローガン・・基本的には「誰かの悪口」を書いたものが目に入ります。

デモは一日中やるわけではありません。でも、そういうもの(横断幕など)は、数日も、数ヶ月も同じところで人々の目を刺激します。

 

その案件と関連したところに、関連した人たちだけでやるなら、それは仕方ないことかもしれません。でも、とりあえず人目につくところにそういう類のものが多いので、全然関係ない人たちが、普通に街を歩いているだけでそれを目にしてしまいます。だから、姉の場合、そんなものを見ると、賛成するか反対するかではなく、ただ不安でどうしようもなく、落ち着かないというのです。

「血だらけになって殴り合う人たちを目の前で見るしかないなら、それは殴り合っている人たちだけでなく、それを見ている人にとっても大きな災難でしかない」、と。

 

重要なのは、「街のいたるところで」という部分でしょう。

自ら格闘技大会に行って「なんで話し合わずに殴り合うのか」と文句を言う人がいるなら、私は「そこでそれを言うか!」と、その文句には賛同できません。

でも、商店街のど真ん中で殴り合う人たちがいるなら、話は違います。『何故』そんなことになったのかも重要なことではありますが、その前に「こんなところでなんてことを」と思うでしょう。

そんな感情が、姉にもあったのかもしれません。

 

私は、「日本の場合、そんなことをする人のほうが、支持を失うよ」とだけ言いました。

他には、姉は「空が青い」と何度も何度も話しました。

洗濯物を外で干したのが、もう何年ぶりなのか分からない、とも。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

225+

102 Replies to “落ち着いている”

  1. 上手く言えませんが、読んでいてとても切ないきもちになりました。
    落ち着いている、と感じられる場所で、お姉さまのきもちはいつもより安らいだのでしょうか。でも、お姉さまの言葉からは安らぎ以上にさみしさを感じました。

    ほかの方もおっしゃるように、日本も完全に落ち着いているわけではないかもしれないけれど。これからもお姉さまの感じた落ち着きがずっと続く日本でありますように。

    シンシアリーさんの書く文章は心をゆさぶります。書かれている言葉以上の感情や情景が伝わってくるように思います。
    これからも、じゃぱんらいふのエントリ楽しみにしています。

  2. カイカイさんの中国報復関税のトピックに対する韓国人のコメントは多くが「中国は米国にやられてしまえ!」でした。
    他国のトラブルを静観できないんですね。強い奴がやられるところが見たいだけでなく、生意気な弱い奴がボコボコにされるのも大好き。そしてあくまでもそれを見るのが好きなのであって当事者にはなりたくない…そんな人たちの住む街に過激なスローガンが書かれた垂れ幕や横断幕があるのは当然でしょう。何の責任もない過激なだけの便所の落書き。下品な民族です。

  3. 空が青い!
    その言葉、よくわかります。
    私の住んでいる南九州でも大陸から飛来する大気の影響もあるのでしょうか、空がなんとなくくすんでいることが多く、真っ青な空があまりみられなくなっています。
    私の子どもの頃、・・韓国ではどうだったでしょうか、空は青く澄みわたっていました。

  4. 韓国人も韓国疲れ、するんですね。

    韓国人と話すとケンカ腰になるから疲れると言う印象は日本には昔からあると思いますが(最近はアメリカの外交でも?)、韓国人自身は、対立好きなのかと思っていました。

    もしくは、シンシアリー一家が、一般の韓国人の感覚からずれてきているのかな。

  5. やはり北と南は同じ朝鮮人なんだなw
    政治思想が違ってもやってる事や思考が同じww

  6. 都内の空の青さに関してだけは石原慎太郎をリスペクトせざるを得ない。違う都知事だったら現在の環境がソウルとそれほど変わらなかった可能性もある。

    1. いや、普通にマスコミが騒いで話題になったから規制されただけですよ
      発ガン物質ガーと連日報道されてました
      というか、都条令が日本全国に影響を及ぼすものなんですかね?
      大阪や仙台、北海道なんかも車多いですが空気は悪くないですよ
      そこを考えた上で石原元都知事の功績を評価されてはいかがでしょう

      1. > 普通にマスコミが騒いで話題になったから規制されただけ
        ははは、何もないのにマスコミが普通に騒ぐことなんて、ありゃしない。
        石原氏がしつこく追求したので、マスコミがそれに便乗したというのが事実。

        > 都条令が日本全国に影響を及ぼすものなんですかね?
        もちろんありますよ。ただ単に条令の効力が及ぶ範囲とかの問題ではなく、東京は日本の全都市の最先端モデルなのだから。

        当時を身近に経験した自分としても、少なくとも東京都内の空の青さに関しては、石原氏の功績であると認めざるを得ませんね。色々と巷を騒がせた人物ではあったが。

  7. 暴力的な言葉にまみた環境では、心が荒れます。
    「保育園おちた、日本死ね」が流行語大賞になった時、多くの日本人が脊髄反射し「そんな言葉聞いたことが無い!」と怒った。
    あの言葉は、やはり特亜系から出て来たのでしょうね。言うわけがない。韓国人はウリ達がやることは、日本人もやるはずだと信じているようですが。

  8. 「落ち着いている」は「空が青い」と同じく「気づき」でしょうね。
    何かを見ようと思って見るのではなく、本人が無意識にではあるが常に気になっていた心のもやもやの原因に触れたので、気づいたのではないでしょうか。

    最近訪日外国人観光客が、それぞれのお国柄の視点で、日本の観光地や田舎の良さや美しさ、珍しさを発見し、SNSで発信してくれています。
    それを見た外国人が、そこ目的で観光に訪れるという良循環が起き、思いもよらないところで観光ブームが起きています。
    でもできれば日本人が自ら気づいて本当の意味での観光立国を目指したいものですネ。

  9. お姉さまは韓国に住んでその刺激を日常受けて居る訳ですよね。人間はそれが普通に成ってるはずなんですけど。
    「落ち着いている」と感じる感性はどこかで得るか持ち続けている筈なんですけど、
    家庭内でしょうか?情報でしょうか?宗教観?
    韓国人の感情には内外の精神世界が在るんでしょうかね。

コメントは受け付けていません。