シンシアリーの韓国物語

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本エントリーのタイトルは、ソース記事「キム・ギルホの日本物語」のパクリです(笑

済州トゥデイというローカルメディアのコラムですが、全般的な内容は、ムン・ヒサン国会議長の発言など天皇陛下に関する韓国側の発言を「慎むべきだ」とするものです。「日本人にとって天皇(原文では日王)の権威は韓国人の想像を超えるものである」と。

ですが、そのコラムにもまた、私にとっては「権威とは違う内容」がいくつかありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・しかし、日本の皇室のメディアの批判は「禁忌の中の禁忌」にして沈黙のタブーである。皇族一家に対するテレビでの尊称語は、未成年にも適用されて、時には違和感を感じさせる。皇族の不敬罪というものがなくても、不敬を犯す日本人はほとんどいないと言える。それだけ象徴的な日本の皇室の権威は絶対に近い・・>

http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=214919

 

テレビでまだ未成年の皇族の方々に尊称を使うのは、「権威」によるものでしょうか。うまく言えませんが、それは権威とか違和感とかを言い出すものではなく、もっと「当たり前のこと」ではないだろうか、な気がします。

皇族でなくても、未成年に尊称を使うときだってあるのでは?もちろんコラムでいう尊称とは違うでしょうけど、日本では、子供にも敬語を使うのが珍しくありません。

日本語を学ぶ韓国人なら、誰もが一度は驚いたはずです。先生が学生を「~さん」と呼ぶことに。

これは、日本と韓国の「敬語」の致命的な違いの一つです。強いて言うなら、日本語の敬語は、「守備範囲が広い」ですよ。決して垂直方向を強調するものではありません。

その「致命的な差」が、コラムの「権威」にも影響しているのではないか・・な気がします。

 

「尊」は、「権威」より広い範囲に存在するのではないか。むしろ「礼」または「愛(仁?)」に近い感覚ではないのか。一方通行なものではなく、双方向的なものではないのか。日本において皇室の存在もまた、そういうものではないのか。

長く日本に駐在したコラムの筆者が、皇室の方々への尊称に違和感を覚えたのか?むしろそのほうが違和感がある。日本に来て三年目の私も、違和感など無いのに。

そんな気がして、ちょこっと書いてみました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

113 Replies to “シンシアリーの韓国物語”

  1. まあ、敬語の使い方は日韓でかなり違いがあるようですね。

    日本人がビックリする韓国の敬語の使い方の一つは、日本語では相対敬語だけど韓国語では絶対敬語なこと。自分の親や自社の上司について話す時に日本語では謙譲語を使うけど、韓国語では尊敬語を使いますよね。あれ?そもそも韓国語には謙譲語はあるんでしょうか?

    もう一つは「大統領様」や「社長様」という二重敬称ですね。「先生様」「記者様」も違和感ありまくりです。

    1. 日本で、職業や役職に敬称を二重付加しないのは、その職業や役職の名称そのものが一般的には敬称を兼ねているからです。
      つまり韓国ではこれらの職業・役職に対して敬意を払わないのが通常だということ。

  2. 尊は権威よりも広い範囲に存在する、尊敬語は守備範囲が広い、と表現するいうシンシアリーさんの感覚の的確さ。日本語チョイスの感覚の素敵さ。お世辞ではなく、私はとても良い表現だと感じました。
    会社でも後輩に敬語を使いますし(使わない人もいますが私は使います)、同僚であっても敢えて敬語を使い、いざこざを避けコミュニケーションを柔らかく保つ技術のひとつとしての敬語、という側面もあります。技術としての敬語、というのは私はとても使いやすく感じています。権威とか堅苦しいものではなく、相手への気遣いなど、おっしゃる通り守備範囲が広い、というのは確かだと思います。シンシアリーさんのブログに使われる敬語も、そうですよね。受け取りやすくてとても読みやすいし、シンシアリーさんの敬語は自然と出てくる言葉だと、読んでいて思います。日本や日本語への理解だけでなく、心の中に日本の感覚が宿っているからこそ、尊敬語の守備範囲にまで思いを馳せることが出来るのでしょうね…シンシアリーさんと同じレベルまで到達するのは…普通の外国人にとってもハードルが高いと思いますね…(笑)

  3. 未成年の皇族に尊称を使うのが違和感?
    朝鮮半島にも昔は王族がいたはずですが、未成年の王子や王女には尊称を使わなかったのですか?
    もしそうでないなら日本の皇族を朝鮮の王族より下に見る蔑視ありきの意見なのでは?

    そもそも、親王殿下や内親王殿下とお呼びすべき方々を「〜さま」ですませている日本のマスコミはかなり不敬ですけどね。

    1. 匿名様

      <日本のマスコミはかなり不敬ですけどね>。
      その通りで、
      在日「超汚染人」が多数寄生しているニダ!

  4. 尊称や敬称は権威に対するものだけではなくて、その人の人柄や行い、能力と言ったものに対する尊敬や称賛、良いもの望ましいものへの美称といったものも含まれますから、実に広いですね。

    古事記の頃から神や貴人の名前に尊称、美称(ミコト、アメノ等)を加えて書き記しており、現代に至っても様々な変遷はあれど、使いすぎて尊称じゃなくなるほど続いてますから、なんか好きなんでしょう、うち。

    権威かどうか。
    これが権威だとして。本邦に限らず権威は共通の価値観の上でこれを共有するものに認められることで発生するとか何とかいう話が有ったかと思います。
    その内容は富の所有や高い能力、神秘性等々、様々です。
    つまり、共通の価値観がなければ理解できない……少なくとも違和感を感じる事は当たり前のことかと思います。

    それと他所の権威を尊重するかどうかがまた別の話で、まさに価値観が違う上にすり合わせが出来ない今日この頃でしょうか。

  5. うん・・・何て言うか・・・
    小学生レベルのことを書いてお金が貰える仕事もあるんだなぁと
    そんだけ

  6. 天皇が歴史的に一定の権威と影響力を持っていたのは事実ですが、
    700年続いた武家政権で権力は完全に形骸化して、経済的に困窮していた時期もあるといいます。京都の旧家には天皇からの借金証文が残っているとか。

    江戸時代に徳川幕府が統治イデオロギーとして上下関係、君臣の序を絶対とする朱子学を公式に採用したことで、皮肉にも尊皇思想の水戸学、国学と呼ばれる学問が発展していきました。
    つまり、日本の本当の統治者は天皇であり、徳川将軍は権力を簒奪した逆賊であるということです。朱子学の理屈からはそうならざるを得ない。
    そこから、幕末期の尊皇攘夷、征韓論につながっていくわけです。(神宮皇后以来、朝鮮は日本の属国とされてきたから)

    明治期には神仏習合した神道から仏教の影響を排斥して純化する作業が行われ、廃仏毀釈が日本中で行われました。その過程で宮中祭祀も明治期に作り出されたものが少なくありません。日本中どこの村にもある神社の大半は明治期に作られたものです。

    今の天皇制は案外新しい伝統であって、古来から伝わるものでは必ずしもありません。江戸時代以前、庶民は天皇をなんと呼んでいたのでしょうか。不敬罪があったのでしょうか?
    庶民とお金の貸し借りがあったくらいで貧乏だったそうですから、庶民との距離は今よりずっと近いものであったように想像します。

    1. 不思議な事に、天皇は新しい歴史と、こうやって何度も教えられた嘘を唱える人が出没するんです。

      1. テーマについて、ろくに知らないくせに、口出しする。
        コメントの意図するところを読めずに、否定する。

        いつものお仕事、お疲れ様です。

    2. >匿名さん
      必要に合わせた換骨奪胎と見ると新しいものと言えるかも。
      信長が所領の返還や内裏の修理をしてたりしますね。如何にも暮らし向きが厳しそうな描写が信長公記にあった気がします。

    3. 「天皇」という称号については、いくつか研究があるようです。
      天皇という称号がいつから使われ出したのかは、天武天皇の時代(7世紀後半)以降といわれています。
      その時代の天皇の読み方ですが、「てんおう」「てんわう」と読んだ可能性が高いです。
      日本の神話、「古事記」「日本書紀」など古代文献では、天皇のきの呼び方に、「スメラミコト」という言葉を使っています。
      大和言葉では、「すめらみこと」が正しい呼称でしょう。

      天武天皇より前は、大王(おほきみ)、皇御孫命(すめみまのみこと)と呼ばれていたようです。

      平安時代から江戸時代までは、御門(みかど、帝(みかど)、内裏(だいり)、禁裏(きんり)、禁中(きんちゅう)、主上(おかみ、しゅじょう)など、さまざまに呼ばれています。

      1. 今のような皇室の制度ができたのは明治以降でしょうが、それ以前から天皇という存在は、我が国において大きな意味を持っています。
        江戸時代以前から、天皇にかかわる制度というものは、今と同じではなくとも存在しているのですよ。(ちなみに「天皇制」という用語は、共産党からきています。)

        古代では各豪族の代表のような扱われ方もしましたが、天智天皇の「大化の改新」以後、天皇の権威が確立されました。
        権力と権威の両方を持った時代が平安時代でしたが、後半は摂関政治となり、藤原氏が政治権力を持つようになりました。

        鎌倉幕府以降は、幕府・将軍が政治権力の実権を持ち、天皇・皇室は政治的な権力の外に置かれるようになりました。
        幕府制度の完成形態である江戸幕府の体制下では、政治権力はほとんど持たず、天皇は神事に携わることを専らとしました。

        政治権力を持たなくとも、天皇陛下という存在は、わが国の国体(国家の体制)の根幹をなすものです。

        神道だけでなく仏教も、天皇陛下の護持のために働いています。
        天台宗でも、回峰行の時に玉体(天皇陛下のお体)護持のために加持をお行います。
        江戸時代には、宮中祭祀にも真言宗の作法が取り入れられました。京都の泉涌寺には、歴代の天皇陛下のお墓があります。

        陛下は大嘗祭で皇室の祖先神と一体となられ、日本国の守護のために働かれるのが、重要な御役割です。
        これは他の人に取って変わることができません。他の誰でもない、陛下という地位にある御方が、祭祀を行うことが大事なのです。

        なぜ日本という国が2000年間も続いてきたと思いますか。信じられるかどうかはどうでもよいですが、日本は神々の国です。(もちろん日本だけでなく、各国・各土地にその土地を守護する神々がおられます。)

        日本という国土と国民を守るために、日本の神々が働かれておられたからでしょう。見えない世界であろうとも、長く続けてこられたことは、何らかの力を持ちます。
        日本の神々が働かれるためには、陛下の祭祀・祈りが大切なのです。

    4. >日本中どこの村にもある神社の大半は明治期に作られたものです。

      この根拠は在るんですか? 「どこの村にもある神社」とはどの程度を言いますか?
      この文章から、「日本の神社信仰は明治期につくられた」と切り取られても仕方ないし、その様に決めつけたいのか軽軽な文書は貴方の全ての文書の信頼性が無いと言う事になります。

      1. 今はどうか知りませんが、私が子供の頃近所にあった神社には日本神話やら明治維新のエピソード(江戸城無血開城の勝と西郷隆盛の会談など)が宗教画のように描かれて額縁に入って飾られていました。
        そんなのは昔からあった神社でも何でもない最近のものです。

        逆に奈良公園の広大な敷地は興福寺の建物があった所です。明治期に壊されました。

        1. 興福寺の境内は、もっと広かったのです。それが明治初期にかなり狭くさせられました。五重塔なども、もう少しで打ち壊しされるところでした。
          当時、文化財や国宝などと言う考えはなく、古い物は価値がない、という考えだったのです。

          神仏分離令による廃仏棄釈により、壊された寺院も数多くあります。
          今の大きな神社(旧官幣大社など)にあった神宮寺は、ほとんど破壊されました。これらの神社は江戸時代の神仏習合で、仏教寺院の(神宮寺)管理下に置かれていたのです。

          神社で仏教僧がお経を唱えていた時代があったのです。天台宗や真言宗の寺院の管理下にあったところでは、お護摩を焚いていたこともあります。
          神宮寺にあった、多宝塔、金堂、講堂、五重塔、楼門などの建物のほとんどが壊され、仏像、経典、資料などの多くも焼かれました。
          建物は移設するか、残すようにすべきだったでしょう。

          僧侶は還俗し、神社の神職となった者も多くいます。社僧という位もあり、神職となりました。

          各地にあっった城なども、売り払われるか、破壊されて燃やされました。文化財という考えがなかったのです。

          廃仏棄釈がなければ、国宝は今の3倍はあっただろという説もあります。

        2. 江戸時代までの神社の数は、今より多かったのです。多いので神社の統廃合が進められました。
          小さい神社を集めて、一つの神社に統合したのです。摂社、末社として祀られました。総社などと呼ばれることもあります。
          祭神の合祀だけでなく、神社そのものの統合である場合もあります。
          これに反対したのが、南方熊楠です。今までの伝統が失われると反対しました。

          明治以降に建立された神社もありますが、多くの神社は江戸時代以前からあったものです。神社の大半は明治期に作られたというのは間違いです。
          今のような神社の形態ができたのは明治から昭和初期にかけてですが、神社自体はもっと前からありました。

          伊勢神宮には神宮寺はありませんでしたが、神社の神職を世襲で受け継いできた家系は追い出され、新たに神職が任命されたので、伊勢神宮にあった秘伝が失われました。

          明治前までは各神社の独立が高く、神社ごとの秘伝などもありました。多くの秘伝が失われました。
          奈良の大神神社には、三輪流神道が伝えられていましたが、これも失われています。

          1. 明治維新後に、神社が乱造された(護国神社、平安神宮、乃木神社、仏教寺院が神社に変換したことなど) ことまでは知っていましたが、明治39年の神社合祀令(一村一社運動)で神社が統廃合されていたことは知りませんでした。
            異なる祭神の神社を1つにまとめたので稲八金天神社と呼ばれたとか。(稲荷、八幡、金比羅、天満宮)
            民間信仰の祭神を記紀系の神に変えられたこともあったということです。

            私のうろ覚えで、祭神を記紀神話の神々に置き換えられたことが、「明治以降に多くの神社が創建された」という理解にすり代わっていたのかも知れません。

            ご教示頂きありがとうございました。

          2. 参考になられたのであれば、幸いです。

            護国神社は、明治時代に日本各地に設立された招魂社が、改称して成立した神社ですね。幕末に各藩で、国事殉難者・戦没者の霊を祀るために、招魂場を設けて招魂祭を営んでいたものが招魂社として、独立した神社となったものです。

            戦死者などの英霊を祭るための施設で、慰霊のための神社です。
            江戸時代までは、慰霊(供養)は仏教が中心となって行っていましたが、明治期以降、神道方式で戦死者の慰霊を行おうとしたものです。

            ちなみに東京招魂社が改称したものが、靖国神社です。

            護国神社は、特殊な神社として扱われていましたが、戦後は普通の神社になっています
            護国神社や靖国神社は、昔からの普通の神社とは設立された経緯が過程が違います。

            乃木神社は、乃木大将が明治陛下が亡くなられた時に、乃木夫妻(奥さんの静子さんも一緒に)が、明治天皇大葬の日に自刃されました。
            その篤き忠誠心を祀るために建立されました。

            新しく建立された神社でも、そこに神霊が降臨されますので、神社としての機能を果たします。

          3. 平安神宮などの新しい神宮は、歴史的に業績のあった天皇であっても、今まで祭神として祀られてなおられなかった天皇を祀るために建立されて神社です。

            桓武天皇、天智天皇、後醍醐天皇、明治天皇、崇徳天皇(崇徳院)などがおられます。崇徳院は少し特別ですが。
            これらの神宮も、意味があって建立されたので、乱造とは言えません。

            これらの新しく建立された神宮であっても、そこに御祭神が降臨されます。
            新しい神社でも、機能を充分に果たします。

          4. 祭神がよく分からなかったり、聞いたこともない神明であった場合、記紀神話の神々に置き換えられたことがありました。
            よく知られた神名に書き換えたのですね。それで昔の祭神がよくわからなくなった神社もあります。

            今残っている神社でも、祭神が聞きなれない神名の神社もあります。

            諏訪大社(上社)の前宮の祭神名は、今は八坂刀売神となっていますが、古来の神であるミシャグジ神と関係の深い神です。
            その土地に昔から祀られていた神様かも知れません。

            話はそれますが、白山神社も、昔は白山明神・妙理大菩薩とされていました。
            「キクリ姫」という神名になりましたが、記紀にはあまり出てこず、よく分からない神様です。
            白山には、三馬場と呼ばれる登山口が三か所にありました。各登山口に白山神社がありますが、祀られている祭神はすべて違います。本当は何の神様なのか分からないのです。

  7. 相手に敬意を払うために敬語を使う、と言う場面は、あまり日常的ではない。

    多くの日本人にとって、言葉遣いと言うのは、姿勢とか立ち振る舞いの延長に過ぎない。

    人前ではだらしない恰好をせず姿勢を正すのと同様、人前ではいい加減な言葉遣いを慎むもの。

    相手が敬意に値するのかどうかなんて、いちいち判別したりはしない。

    そもそも、見るからに尊い人とか逆に卑しい人とかには近づかないようにするのが普通であり、相手によって言葉を使い分けると言う場面が日常的ではない所以である。

    外出前に鏡を見て身だしなみを整えることと、他人に対して口の利き方を正すことは、日本人にとって、同じ次元の行動形式だと思う。

  8. 皇室は日本人という幻想を共有する時に便利な道具。
    尊敬と畏敬で祭り上げられてはいるがその実上野動物園のパンダと同じ見世物さ。

    だがその役割と宿命に誠実な様が今も昔もこれからも尊いものとされていくのだ。

    真冬の夕暮れ時、皇室の車列が街を通過する時に、一台だけ窓が開いたままの車両がいたら、それは前の皇后さまのお乗りのお車だ。

    自らに課せられた重責から逃げる事なく開かれた窓からあまねく国民すべてに笑顔を見せて下さるそのお心こそまさに日本人の誇りとすべき物なのだ。

    なんとなく古い家柄だからなんか凄いんだろうなぁって程度だが、そこから先に踏み込むのは日本人にしか許されない事なのだ。

    だからそれ以上皇室を論ずるな語るな外国人。

    1. パンダというのは賛成しないが、概ねそのとおり。まあシンシアリさんを含め、韓国人が皇室を論ずること自体が不敬ではありますね。

      それは他人の家の中の事に嘴を突っ込むことですから。

      1. ここでも見られるとおり、韓国人が皇室を卑下するのを控えようと語るのは、日本が激怒するからなのですよ。

        本来はこれは礼儀の話の筈なのですが。

        ツマリ韓国人は、用日が必要なので、日本人を怒らせないように説くわけですよ。

        こういう民族が、上になった、あるいは用日が必要なくなったら、どういった態度を取るかは明白ですね。今まで日本に阿って来た屈辱を100倍にして返すでしょう。

        1. ふうん、そういうことか
          むしろ日本こそ、半島を何度でも滅ぼしたいところなんだ
          七誌とやらも、現実世界で滅びないよう気をつけるんだ

          悔しいだろうが仕方ないんだ

      2. 見世物のパンダだよ、あらゆる権力も権威も剥ぎ取られただ平和国家日本国の象徴としてのみ生きる事を許された、ね。

        武家社会の成立後は皇室なんてその時々の利用価値で扱いが変わってるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません