シンシアリーの韓国物語

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本エントリーのタイトルは、ソース記事「キム・ギルホの日本物語」のパクリです(笑

済州トゥデイというローカルメディアのコラムですが、全般的な内容は、ムン・ヒサン国会議長の発言など天皇陛下に関する韓国側の発言を「慎むべきだ」とするものです。「日本人にとって天皇(原文では日王)の権威は韓国人の想像を超えるものである」と。

ですが、そのコラムにもまた、私にとっては「権威とは違う内容」がいくつかありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・しかし、日本の皇室のメディアの批判は「禁忌の中の禁忌」にして沈黙のタブーである。皇族一家に対するテレビでの尊称語は、未成年にも適用されて、時には違和感を感じさせる。皇族の不敬罪というものがなくても、不敬を犯す日本人はほとんどいないと言える。それだけ象徴的な日本の皇室の権威は絶対に近い・・>

http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=214919

 

テレビでまだ未成年の皇族の方々に尊称を使うのは、「権威」によるものでしょうか。うまく言えませんが、それは権威とか違和感とかを言い出すものではなく、もっと「当たり前のこと」ではないだろうか、な気がします。

皇族でなくても、未成年に尊称を使うときだってあるのでは?もちろんコラムでいう尊称とは違うでしょうけど、日本では、子供にも敬語を使うのが珍しくありません。

日本語を学ぶ韓国人なら、誰もが一度は驚いたはずです。先生が学生を「~さん」と呼ぶことに。

これは、日本と韓国の「敬語」の致命的な違いの一つです。強いて言うなら、日本語の敬語は、「守備範囲が広い」ですよ。決して垂直方向を強調するものではありません。

その「致命的な差」が、コラムの「権威」にも影響しているのではないか・・な気がします。

 

「尊」は、「権威」より広い範囲に存在するのではないか。むしろ「礼」または「愛(仁?)」に近い感覚ではないのか。一方通行なものではなく、双方向的なものではないのか。日本において皇室の存在もまた、そういうものではないのか。

長く日本に駐在したコラムの筆者が、皇室の方々への尊称に違和感を覚えたのか?むしろそのほうが違和感がある。日本に来て三年目の私も、違和感など無いのに。

そんな気がして、ちょこっと書いてみました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

113 Replies to “シンシアリーの韓国物語”

  1. >テレビでまだ未成年の皇族の方々に尊称を使うのは、「権威」によるものでしょうか。

     僕だけかもしれませんが、皇族には「未成年」という表現自体ぴんとこないです。法的枠組みに皇族は入らないせいかもしれませんし、一般の人の枠に皇族が入らないせいかもしれません。

    1. >じわたねほさん
      >僕だけかもしれませんが、皇族には「未成年」という表現自体ぴんとこないです。法的枠組みに皇族は入らないせいかもしれませんし、一般の人の枠に皇族が入らないせいかもしれません。

      そもそも、皇族に(人権)はありませんからね。
      納税の義務もないし、選挙権もない。職業選択の自由もない。
      言論の自由もありません。
      彼らには、望めば皇族を辞めて、人間(平民)になる自由はあります。
      そうしたらやっと(人権)が手に入る。
      けど、生まれた時から(特別扱い)で育てられる人達であり、
      特に殿下となると、赤ちゃんの時からいずれ天皇となるための帝王学を
      授けられて育てられるわけで。

      もっとも皇室も、どんどん時代とともに変わってきてますけどね。
      まず歴史的に(殿下は生母が育てない)のが伝統だった。
      これを変えたのが昭和天皇で、自分と皇后で、赤ちゃんの時から手元において育てた。
      イギリス留学で、英国王に実の父親のような親しみを感じ、自分が親になったら、
      (子供を自分の側で育てたい)と、考えこれを実現したという。
      次に皇后。それまでは、皇后になれるのは平民ではなく、皇族もしくは皇族に連なる家柄のものだったけど、
      美知子妃殿下から、はじめて平民出身の妃殿下がでたわけだし。

      今は、女性の天皇をという議論もでていますが、これはとってもむずかしい。
      女性が宮様になった場合、結婚相手の男性が平民出身だったら、果たして国民の尊敬は得られるのか?
      例えば、かこ様の結婚相手が、借金男だった場合、かこ様が平民に降下される限りは、婚姻も許されるけど、
      女性達が宮家を持ち、その婚姻相手の男達が平民出身から皇族になるなら、
      日本史と同じ歴史をもつ、血筋/血統をよりどころにしてきた皇室そのものが、国民の尊敬を失って
      皇室が崩壊しかねないわけで。かといって、女性天皇が結婚しなければ血筋は途絶えるわけで。

      人間だけど、人間じゃない。伝説の世界の人達ですからねぇ。

  2. それは、教師は子供達のお手本なのですから、
    正しい言葉遣いを意識的にするわけですよ。

    子供だからといって、雑な態度をとっていると、
    子供達が社会にでて、自分より格下と思っている相手に
    やってしまう。そして、そんなちょっとした事が積み重なって
    社会から嫌われ者になってしまいます。

    日本のお店にいくと、接客がとても丁寧でしょう。
    会社内でも、上司は部下に仕事を渡す時に
    「●●さん、これをお願いします」といって渡し、
    部下も「はいわかりました。」「仕事ができました」
    そして上司は「ありがとう」といって受け取ります。
    と、仕事中の言葉遣いはたいてい丁寧なんです。
    肉体労働者は別だったりしますが。

    ですが、勤務時間が終わると、言葉遣いは変わります。
    もっと親しみのある会話になる。が、勤務時間中はまた丁寧な会話に戻り、
    仕事中と、プライベートと、言葉遣いできっちり公私の区別をつけます。

    前のスレッドで、七誌さんが、「中国人と韓国人は同じだ」と、いってましたが、
    少なくとも日本社会においては、全く違うと私は思っています。大人と子供の差があります。

    来日したての若い中国人女性は、韓国女性よりずっと、ずけずけと自己主張したり
    言い方がきつかったり、文句が多かったりで、私の会社では、
    入社してわずか1週間で首になった中国人女性もいました。
    トラブルの数自体は、
    来日したばかりの韓国人より、中国人のほうが多かったです。が、
    勤続年数が長くなると逆転するんです。

    これはシンシアリーさんにもいえるかもしれません。(続く)

    1. (続き)
      日本に関する知識は、中国人達より韓国人達のほうが、
      総じて詳しいようで、韓国人達も最初は、借りてきた猫のようにおとなしく、
      いわれた事をいわれたとおりきちんとやるので、
      会社内での評判もそこそこ悪くなかったりするのですが、
      ところが、勤続年数が長くなると、中国人達は、郷に入れば棒に従え で
      日本社会にとても上手にとけ込みだしてきます。

      日本人の心を読むのや、場の空気を読む事に長け、
      自制心も強いので、常に笑顔で年下にも、物腰が低く人当たりがよいので、
      会社の評判も社内の人気も悪くない。が、韓国人は、勤続年数が長いと
      いばりちらすようになり、部下でもないのに、後輩や若い人に、自分の個人的な用事をいいつけたり、
      失礼な口の聞き方をするようになってくる傾向が多いのです。

      韓国人の全員がそうとはいわないけど、特に韓国の中年女性がひどいのね。
      「だから、日本人はだめなんですよ!」等と、でかい声でいう。
      これは本当にだめで、長年勤務してきた信用を一瞬に崩して、社会の嫌われ者になっています。

      中国人達は、こんなばかな真似はしません。
      台湾人も香港人も北京出身者も、シンガポールもベトナム人も、韓国人以外の人達は、
      日本の会社内で人種差別発言なんかまずしません。でもね、韓国人は頭が固い。
      最初の数年は我慢しても、年取ると年上だというだけで威張るようになる。
      韓国でしか通用しない上下関係を、対等な立ち場の日本社員を相手にやらかす。
      韓国の上下関係の常識は、韓国でしか通用しないのに、日本で通用しない不満を、日本人相手に文句をぶつけてくる。

      何十年暮らしても、自分を変える事ができないし、しようとも考えないで、
      結局、在日中国人達は、日本国内で「日本からでていけ!」と、いわれることもない。
      日本では行列に並び、中国に戻ると行列に割り込む。躊躇無く切り替えられる。
      中国人は、頭が柔軟なんだと思われます。だから、とっても恐ろしい。

      シンシアリーさんも、まだ年数が浅いから今はストレスは少ないのかも知れませんが、
      十年以上経過したら… 自分の子供くらいの若い人達に、敬語を使う生活に
      ストレスを感じないとも限りませんよ。
      「元々韓国でも、年齢に関係なく、誰に対してもいつも丁寧な話し方をしてきたので平気です。
      余計な心配は無用です」

      でしたら、とても失礼な話でごめんなさい。 です。

      まぁ、日本の会社内で働く、韓国生まれの韓国人達をみてきたということで。

  3. 長く日本に駐在したメディア人でさえ、この程度か。
    日本滞在3年元歯医者のセミプロ社会評論家にも劣る感覚の鈍さ。
    韓国人である以上、やむを得ないか。

  4. これ、こういう韓国人の日本分析が常におかしくなる原因について
    ちょっと良い例え話を思い付いたので書いてみたいと思います。

    「将棋と、はさみ将棋」です。
    まず、日本人の文化背景、価値観などから来る考え方を将棋ルールとします。
    同じように韓国人の文化背景、価値観などから来る考え方を
    はさみ将棋ルールとします。

    韓国人というのは、日本人がやっている「将棋」の盤面を見て、
    それを自分達の「はさみ将棋ルール」で理解しようとする、
    ということです。同じ盤、同じ駒であるなら当然同じルールであろうという
    単純な解釈によって。それが、おかしな勘違い理解を生んでしまう。

    対して、日本人は、韓国人のやっている「はさみ将棋」の盤面を見て、
    正しくそれを「はさみ将棋ルール」で理解しようとする。
    日本人は、他国の人間には、他国の文化背景、価値観があることを
    はっきりと認識しているので、正しくはさみ将棋ルールを勉強し、
    自国との違いを計算に入れて分析できる、というわけです。

    まあ、最初から難しい「将棋ルール」で考えている日本人が
    「はさみ将棋ルール」を理解するのは相対的に簡単であり、
    韓国人が「将棋ルール」を理解するのは、相当に難しいのだろうなと、
    彼らの滑稽なほどにズレた日本分析を見ながら感じるところです。(笑)

    1. 韓国がやっているのは「廻り将棋」とか、「山崩し?」では?

      はさみ将棋は使う駒がかなり少ないですし。

      中国にはシャンチー?でしたか中国将棋がありますが、韓国にも似たようなのがあるんでしょうか。

      1. Wikipediaによると、中国将棋によく似た(ただし真ん中の「河」がない盤面を使う)朝鮮将棋というのがあるそうです。
        ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AE

      2. >はさみ将棋は使う駒がかなり少ないですし。

        そんなリアルに想像して突っ込まなくてもー。。。(汗笑)
        まあ、それくらい彼らが無理矢理な理解の仕方をしているとでも
        考えてもらえればありがたいところ。(笑)

        1. >そんなリアルに想像して突っ込まなくてもー

          なんとなくいつもの氏のおだやかさにほっこり
          (´∀`)b

          てかはさみ将棋って何?って思ってyoutubeでみてしまった
          おお、これか!(´д`)←でもやったことない

  5. 済州トゥディのコラムの紹介ありがとうございます。
    それで、「・・象徴的な日本の皇室の権威は絶対に近い・・」との表現を一つとっても、やはり違うなあと思いました。
    現在、ほとんどの国民は、皇室を絶対権威などとは思っていないでしょう。
    天皇陛下は日本国統合の象徴であり、皇室も敬うべき大切な存在です。
    そこには、権力や力の上下関係の考え方はありません。
    なので、その観点が抜けきらないこのコラムにはどうしても違和感があります。

  6. ん~。「尊」とか、「敬」とかっていう、言葉の定義から話さないとすれ違うのかもしれませんね…にんともかんとも。

  7. 敢えて天皇陛下を何か別の存在に例えるなら、『聖闘士星矢』に於ける女神アテナの様な存在だと私個人として捉えております。

    両者の共通点は『自己犠牲』と『祈り』です。
    アテナは自身の犠牲を省みず脅威に立ち向かいつつ祈ります。
    天皇陛下も御自身の自由を犠牲としつつ、国民に寄り添いながら日本のみならず世界の平和と安寧を祈ります。

    崇高な使命を果たすアテナに忠誠を誓う聖闘士、
    同様に崇高な使命を果たされる天皇陛下に畏敬の念を抱き思い慕う日本国民。

    この様な感覚・関係性は私益のみを追求し他者を一切尊重せず、己が醜悪な所業を何ら省みようともしない南朝鮮人民のみならず、不正を犯し私服を肥やす事と自己保身のみに汲々とする愚劣な南朝鮮の為政者らには到底理解できないのだろうと思いますね。

  8. 日本の元首は陛下です。
    以下、国難の際の陛下のお言葉です。

    この度の東北地方太平洋沖地震は,マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり,被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し,犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また,現在,原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ,関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

    現在,国を挙げての救援活動が進められていますが,厳しい寒さの中で,多くの人々が,食糧,飲料水,燃料などの不足により,極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより,被災者の状況が少しでも好転し,人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして,何にも増して,この大災害を生き抜き,被災者としての自らを励ましつつ,これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

    自衛隊,警察,消防,海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々,諸外国から救援のために来日した人々,国内の様々な救援組織に属する人々が,余震の続く危険な状況の中で,日夜救援活動を進めている努力に感謝し,その労を深くねぎらいたく思います。

    今回,世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き,その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

    海外においては,この深い悲しみの中で,日本人が,取り乱すことなく助け合い,秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え,いたわり合って,この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

    被災者のこれからの苦難の日々を,私たち皆が,様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく,身体を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう,また,国民一人びとりが,被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ,被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません