朝鮮末期の親韓派米国人「韓国人は約束を守らない。朝鮮皇帝は賄賂大好き」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では「旧韓末」とも言いますが、朝鮮末期、大韓帝国の時。当時、大韓帝国の皇帝「高宗(ゴジョン)」には、ホラス・アレン(Horace Allen)という顧問がいました。

もともとは医師として朝鮮に来た人で、政治とか外交とかにはそう専門家ではなかったようですし、実際これといって何かの業績が残せたわけでもありませんし、一角では「富を欲しただけの人だ」という評価もありますが、それでも当時を代表する親韓派として、韓国ではそこそこ有名です。

なにせ、「国権を日本に渡してはなりません」という記録を残した、実に数少ない欧米人(米国人)ですので。

韓国の建揚(ゴンヤン)大学が、そのアレンさんを研究するチームを構成、彼の残した文書をいろいろ見つけ出して訳してみましたが・・・「韓国人(朝鮮人)は約束を守らない」「高宗は賄賂大好きでびっくりするほど軟弱な人」などという文書が次々と出てきた、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「韓国人たちは約束はよくするけど、その約束を守るには脆弱である」

「高宗はびっくりするほど軟弱な人で、日本が彼を脅すのは容易」

「高宗のことで負担を感じず、冷静で事務的な態度で臨まなければならない」

「高宗は贈り物をもらいたがるし、賄賂が大好きで、物量攻勢を仕掛ければ何でもOK」

 

しかも、高宗の側近などに対しては「自分の利益のためだけに行動し、国家の利益や合意については全く気にしない」とする反面、韓国では最大の売国奴とされるイ・ワンヨン(李完用)外務大臣については「過去20年間、政府が任命した外務大臣の中で最も優れた大臣で、特別な判断力と勇気を持っている。皇帝の言うことを聞かなかったため、皇帝に嫌われてしまった」と評しています。

https://news.v.daum.net/v/20190520103318875

親韓派かどうかはわかりませんが、知韓派だったのは間違いないみたいですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

179+

54 Replies to “朝鮮末期の親韓派米国人「韓国人は約束を守らない。朝鮮皇帝は賄賂大好き」”

  1. 当時、朝鮮半島にいた欧米人は、それこそ本当に朝鮮を植民地支配する為に暗躍していたんだから、そりゃ「国権を日本に渡してはなりません」て言うよ。

    ただそういう人でも、朝鮮の現実には辟易していたんだな。

  2. 朝鮮の歴史なんてドラマ性も何もないと思ってたけど李完用を中心とした視点なら亡国の悲劇だけは描けるんだなぁ
    小説の登場人物にも負けない愚王ぷりよ

    1. それが韓国歴史ドラマになると、日帝と国を売った裏切り者李完用に翻弄された悲劇の皇帝となる。
      そして、それが歴史となる。

      1. 日本側から解釈した李完用物語でも作って見せたら怒るんだろうなぁ

        1. Wikipediaで申し訳ないのだが、唯一韓国が誇れる人物ではないのか?
          当の韓国では売国奴扱いだが・・・。

  3. 率直にだが・・・・

    何にも変わっていねぇところに大笑い。
    ポッケナイナイ大好きだよなぁ、南朝鮮は。
    イヤ、ほんとに。
    今度も基金作れって?
    戦場売春婦団体だの、どこぞの大学の馬鹿教授だの、日本の朝鮮族政治屋だの、宣伝屋だの、それこそゴキブリがわくように集まってくるぞ。大笑い。 お! アブラムシもいたな。
    他にはゾウリムシ? 爆! なんのこっちゃ。

    5年毎の行事で日本から銭をせしめていたのが今回に限っては
    頭をひねりすぎてしまった???
    つーか、文はネコババした10憶何につかったんだろうなぁ。
    そろそろ、戦場売春婦のお代わりが出ることじゃねーのかな?

  4. ホラスアレンと言う人はアメリカ公使総領事を務めた人でアメリカの政策に反対を唱えて1905年に交代させられました、そして桂・タフト協定でフィリピンはアメリカ朝鮮半島は日本にと決められましたそして極東の平和は日米英の3か国で守るという事になったんです、国権を日本に渡すなと言っても代わりはアメリカかイギリスです、朝鮮の未来がアメリカかイギリスならどうだったんでしょうね、朝鮮人さんには悪いけどその道のほうが良かったとは思えませんね。

    1. >朝鮮の未来がアメリカかイギリスならどうだったんでしょうね、朝鮮人さんには悪いけどその道のほうが良かったとは思えませんね。

      結果がどうなろうと、できれば、その道の方が良かったのにと、死ぬほど悔しがっているのでしょう。

    2. 「イギリスの力を用いれば、ウリナラも香港やシンガポールのようになれたのに」

      「アメリカの力を用いれば、ウリナラは今頃、51番目の州で、優秀なウリ民族から、アメリカ大統領が輩出していたのに」

      良い妄想のタネですね。

  5. 日本が清国と戦争をしてまで朝鮮を500年の長きに渡る清国の属国から解放してやったのに、
    恩知らずの朝鮮人共はいまでは日清戦争を「清日戦争」と呼称している始末、
    忘恩朝鮮人の頭の中には何が詰まっているんだろうねぇ~・・・多分ウンコだけだろうけど。

    1. 国王が清の使者を三跪九叩頭の礼で迎えた迎恩門を壊して建てた独立門を、日本からの独立の記念に建てたと思っている始末。

  6. >「国権を日本に渡してはなりません」

    文脈や背景が分からないと評せないのに、都合が良いこの部分だけを抜き出して美化して喜んでるんだろうなぁと想像出来ます。

  7. 優秀な同族の足を引っ張る輩がいるのは人間に共通する弱点ですね。
    運が良ければ時の権力者かその側近に能力を認めて引き立てる理解者がいるものですが、旧韓末となればその社会的地位のある理解者さえ、明日をも知れぬ身ですから、救いがありません。

  8. このあと米国に帰って「あいつらやる気なくてだめだわ」とルーズベルトに語ったとか。今も昔も知れば知るほど。

    1. このネタ最初に見たのは鄭権鉉が東京特派員やってた時の記事だった。こんな感じ。
      We will make a serious mistake if we sentimental reason to induce us to attempt to bolster up this “Empire” in its independence. These people cannot govern themselves…
      I am no pro-Japanese enthusiast (ww), as you know, but neither am I opposed to any civilized race taking over the management of oppressive officials, the establishment of order and the development of commerce.
      Marius B. Jansen, The Making of Modern Japanese, p 442.

      ソヌっちはこっちの話は取り上げなかったのね。
      http://oboega-01.blog.jp/archives/1065788872.html

  9. ホラス・アレン(Horace Allen)は、
    日本だと「ホレイス」若しくは「ホーレス」アレン、という表記になっています。

    この人については、

    渡辺 惣樹/著
    「朝鮮開国と日清戦争 : アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか」

    に面白く( 興味深く ) 描かれています。
    ただ、記述は多くないです。
    大韓帝国末期の人物なので、この人は巻末辺りにしか登場しません。

    この本は、日本、朝鮮、清国の開国が、主にアメリカの資料から読み解かれている、大変面白い一冊です。
    開国当時の、日、朝、清、露、欧、米の思惑と駆け引きが、アメリカ外交を中心に描かれて、今までにない視点を与えてくれます。
    おススメです。ヽ(*´∀`)

コメントは受け付けていません。