大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

行きたい(多分行かないけど)な~と思いつつ、つい更新します。

大英博物館が、5月23日から8月26日まで、MANGA展を開催するとのことです。日本以外で開かれるMANGA展としては最大規模で、しかも場所が大英博物館だけあって、いままでMANGAに興味はあってもファンというほどではなかった人たちにも、さらなる普及が期待できそうです。

キャプチャー画像ソースは、大英博物館ホームページからです。まさか、このHPでゴールデンカムイの絵を見ることになるとは。

https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/manga.aspx

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・マンガは、新聞や雑誌に連載されている、クセのある日本のコミックやグラフィックノベルのことです。日本を起源とするMANGAは、現在、世界中にファンがいます。

漫画は、ストーリー展開において絵による没入が行われます。MANGAの日本語の文字は、「一面を覆う(漫)画」または「制限無き絵」として翻訳されます。テキストへの依存が少なく、物語は個々のキャラクターの視覚的な動きと、特徴的な線画を通して作成されます。その高い視覚的没入のクオリティーが、MANGAがここまで人気を集めている理由にもなっています。

 

MANGAのルーツは国際的であり、西暦1200年までさかのぼることができますが、今日私たちが一般的に知っているものは、1920年頃の雑誌や新聞の連載漫画から生まれました。MANGAの人気は20世紀を通して発展し、今では世界的な広がりを誇っています。MANGA人気はいまでも拡大しつつあり、アニメーション(日本ではアニメと言います)、アート、ファッション、グラフィティ、そしてデジタルマルチメディアとゲームも含まれます。

マンガは、読者と視聴者に支えられた数十億ポンド規模の産業です。それは日本、そして世界中で、あらゆる年齢の人々に大人気です。スポーツからラブストーリー、そしてホラーから同性愛まで、数百ものジャンルがあり、誰でも自分向けのMANGAを見つけられます・・>

(大英博物館公式ブログより)。上のURLから「An introduction to MANGA」をクリックしてください。

 

グラフィックノベルってMANGAって言うのかな?はちょっと疑問です。欧米ではグラフィックノベルも日本の漫画的なものはMANGAカテゴリーになるのでしょうか。そういえば、いまだとそんなことありませんが、欧米のDVD販売店などでは、MANGAがANIMEと同じ意味で使われる時期もありました(ANIMEがMANGAの一つの形みたいな認識でした)。

すでにMANGAの虜になっている人たちはともかく、あまり読んだことない人たちがどんな反応を見せるのか、ぜひ見てみたいものです。

でも、多分行かないだろうな・・でも、行きたいな・・といったところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

89 Replies to “大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か”

  1. >MANGAがANIMEと同じ意味で使われる時期も
    まあ日本でも昔は「TVマンガ」って呼ばれてましたしね

    >アニメーション(日本ではアニメと言います)
    以前4chanでアニメーションのキャプチャ画像が貼られてて、見た事ない絵だったから「What is this anime?」的な質問書き込みをしたら「This is Korean animation! not Anime!」的ファビョられかたをされて、「ああ、他の国の人々も普通にアニメーションの略としてアニメって呼んでるのだと思ってたけど、Anime=日本のアニメーションなのか、そういえば英語の略ならAnim”e”は変だよな」と思ったのを思い出しました。
    しかしあの反応はやはり劣等感の現れなんだろうな

  2. ほとんど海外輸出されないコンテンツが出ていけたら面白いのにw
    と、少し思いますが、「ヲタク」は、ほっといても見つけ出すのが「ヲタク」なのでしょう(^ ^:

    1. 浮世絵でも、鎖国時代の日本から細々と交流していたオランダ経由でゴッホやモネが察知してましたからねぇ。文化というものは押し売りではなくそういう形で伝播して行くものだと思う次第です。

  3. MANGAは高句麗古墳壁画の「手縛図」が起源ニダヨ!

    右側のおっさん⇒おい、鼠喰うか?
    左側のおっさん⇒ヤッタァ~、喰う喰うニダ。

        と言うのがストーリー・・・ニダョ。

  4. 日本でも以前は、1970年代頃までアニメという言葉が一般的ではなく「テレビまんが」と呼ばれていましたね。アニメ映画は「まんが映画」でした。「東映まんがまつり」とか。当時は、アニメ=漫画が動くもの、みたいな認識でした。
    アニメという呼び方が広まったのは、宇宙戦艦ヤマトの映画化で青年層にアニメブームが起き、アニメ雑誌が多数創刊された時代以降が顕著だと思います。
    欧米のDVD販売店での表記は、そこまで考慮してではなく「MANGA」という言葉が欧米で商標として登録されたことによるブランド化だったのかも知れません。

  5. 日本では、漫画はサブカルチャーの域は超えない扱いをされていますが、欧米では、MANGAは欧米のコミックとは異なる日本のカルチャーだとしっかり認識されており、小説や映画と同じように確立された表現媒体の一つのジャンルとして認められています。
    かつ金を生み出す商品としての価値も理解されており、日本では当たり前ですが、最近では難解な内容を簡単に説明できる道具としても使われだしてきていることです。
    あと少しで芸術としての価値も定まり、有名漫画家の生原稿が高値でオークションにかけられる日も、そう遠い日の話ではないだろうと思われます。

    ないとは思うんですが、心配事として韓国人のただ乗りが大英博物館でも起きないかという危惧です。

    1. 早い段階での「漫画、アニメアーカイブ」を作るベキだと思うな。
      ますめでが茶化してタイミングを逸した感はあるが、秋葉原でもその周辺でもいいので、国家的に作った方がいいと思う。

      1. 既に赤松健がやろうとしてる。
        反対してる団体や取り巻きにアレな奴らが入ってるけど。

    2. 漫画だと手塚先生の原稿がオークションで3500万で落札になり話題になったような、アニメのセル画だとジブリのものが一枚100万円いったそうで、そこまではいかなくてもアニメのセル画はデジタルになってもう出ないので有名どころの良い場面なら数万円~数十万円といったところですか。昔は産業廃棄物で業者に出していたのですが。

    3. 数日中に漫画(MANGA)は韓国起源二ダと言い出しそう。桜のように。世界的に、といってもアメリカ・ヨーロッパで有名になると韓国起源だ、日本がパクったとヒステリーを起こす。

  6. 多分いかないだろうなぁだとぉ?
    おぬしは行くに決まっているだろうがぁ!
    ぬぁ~にをぬかしておるかぁっ馬鹿者がぁ。
    さっさと荷物を纏めて行って来いっ。
    そしてレポートを書くのだ。
    西洋人が考えるMANGAをつぶさに観察してこい。
    直接感じるのと、文書で読むのとは大違いだ。
    な~に、元はすぐに取れる。
    将来の糧にもなる。
    何事も経験だ。
    人生に無駄は無いぞ。これは受け売りだ。

  7. 数年前に行ったけど漫画を展示してる部屋はあったよ。誰の何の漫画だったのか、忘れたけど。

  8. はいはい。マンファマンファ。
    既に起源主張はしてたよね?

    その割にBoichi事件から何一つ改善されてないけど。

  9. フランスだったっかな?

    韓国人は寄生しないようにw

    (・∀・)都合の良い時だけ
    日本……なんだよなぁ

    1. シンちゃんは

      (・∀・)ニュータイプだから
      当然、問題無し

    2. 韓流の力を見せつける!とかで「コリアン・コネクション」ってイベントやったんだけどね。

      3回やって持ち出しが酷くなって終了〜。

  10. 大英博物館というのが驚きですね。
    ジャパンフェスのようなファンイベントではなくアートとして扱うわけですし。

    韓国的には起源主張するのかな?w

コメントは受け付けていません。