大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

行きたい(多分行かないけど)な~と思いつつ、つい更新します。

大英博物館が、5月23日から8月26日まで、MANGA展を開催するとのことです。日本以外で開かれるMANGA展としては最大規模で、しかも場所が大英博物館だけあって、いままでMANGAに興味はあってもファンというほどではなかった人たちにも、さらなる普及が期待できそうです。

キャプチャー画像ソースは、大英博物館ホームページからです。まさか、このHPでゴールデンカムイの絵を見ることになるとは。

https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/manga.aspx

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・マンガは、新聞や雑誌に連載されている、クセのある日本のコミックやグラフィックノベルのことです。日本を起源とするMANGAは、現在、世界中にファンがいます。

漫画は、ストーリー展開において絵による没入が行われます。MANGAの日本語の文字は、「一面を覆う(漫)画」または「制限無き絵」として翻訳されます。テキストへの依存が少なく、物語は個々のキャラクターの視覚的な動きと、特徴的な線画を通して作成されます。その高い視覚的没入のクオリティーが、MANGAがここまで人気を集めている理由にもなっています。

 

MANGAのルーツは国際的であり、西暦1200年までさかのぼることができますが、今日私たちが一般的に知っているものは、1920年頃の雑誌や新聞の連載漫画から生まれました。MANGAの人気は20世紀を通して発展し、今では世界的な広がりを誇っています。MANGA人気はいまでも拡大しつつあり、アニメーション(日本ではアニメと言います)、アート、ファッション、グラフィティ、そしてデジタルマルチメディアとゲームも含まれます。

マンガは、読者と視聴者に支えられた数十億ポンド規模の産業です。それは日本、そして世界中で、あらゆる年齢の人々に大人気です。スポーツからラブストーリー、そしてホラーから同性愛まで、数百ものジャンルがあり、誰でも自分向けのMANGAを見つけられます・・>

(大英博物館公式ブログより)。上のURLから「An introduction to MANGA」をクリックしてください。

 

グラフィックノベルってMANGAって言うのかな?はちょっと疑問です。欧米ではグラフィックノベルも日本の漫画的なものはMANGAカテゴリーになるのでしょうか。そういえば、いまだとそんなことありませんが、欧米のDVD販売店などでは、MANGAがANIMEと同じ意味で使われる時期もありました(ANIMEがMANGAの一つの形みたいな認識でした)。

すでにMANGAの虜になっている人たちはともかく、あまり読んだことない人たちがどんな反応を見せるのか、ぜひ見てみたいものです。

でも、多分行かないだろうな・・でも、行きたいな・・といったところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

89 Replies to “大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か”

  1. 「漫画はイメージが支配する世界での絵を通した物語への没入」かなあ?imageとpictureの使い分けがいまいちピンとこないけどw ‘pictures run riot’ はおそらく北斎漫画の「気の向くままに漫然と描いた画」の翻訳だと思います。let one’s imagination run riotだと「想像をほとばしるままにさせとこう」「好きに妄想させとけ」ってところでしょうから、日本語にするなら「ほとばしり出るままに描いた絵」あたりか。グラフィックノベル扱いされているのはストーリーテリングに重点が置かれたコミックってカテゴライズだからかと。挿絵付きの小説の絵と文の主客が逆転したイメージなんだと思います。

    1. あるかもしれませんね。
      「日本関係ならどうにでもなる、
      自分らは日本に関わる権利がある」と
      勘違いしている様ですから。

  2. そう言えば、旧ブログではシンシアリーさんも漫画を描いていましたよね。2MBとか税務署とか。
    あれは「実は歯科医院のスタッフの人が描いていたのではないか?」と前々から邪推していたのですが、当たってますか?

    えーと、
    でも、やっばり、お答えになる必要はありません…ね。
    読み流して下さい。
    胸のなかで色々と推理していくのも楽しいですから。

  3. 昔はぽんち絵って言われてたとか…
    言っても分かんないよね…

    1. 昔って言ったって、かつての雑誌「平凡パンチ」のさし絵のことから来てるんだから、そう古い話じゃない。自分は今でも時々使います。
      若い人からは怪訝な顔をされますが。

  4. 行かないなんて……そんなヒドイ!!(笑)
    そこは時間の拘束がゆるい(〆切前はキツイ)自由業を活かして、黒執事に出てきそうなゴスロリ衣装を着たレナちゃん連れて石造りの街並みで写真を撮る…
    つ い で に イギリス大英博物館マンガ展に行ってみるのは如何でしょう?
    レポート待っています。

  5. 問題は日本人に商売人がいないことだな
    未だに紙媒体で食ってこうとしてるのが間違い

    1. 逆に韓国では音楽業界も出版業界も、ネットで無料で聞く、見れるためか、多くがお金を出してまで購入しようとしないのですね。
      結果、その道で食べていける人数が少なく、産業自体が成り立たなかったりもします。
      日本では、CDがなぜか売れてて、書籍もお金を出して買う人多いのです。市場規模の違いもあるのですが、創作家や商売人たちがコツコツと多彩なジャンルを育ててきたのです。

      でもまあ新聞の紙媒体、減ってきているとは言え、依然としてすごい部数ですね。
      よくわかりませんが、商売人?がんばっているようです。

      1. みかげさん

        日本ではCDが売れているからこそ、MQA元祖の英国人が考えもしなかったMQA-CDを日本が製品化しました。

        ハイレゾ
        高音域は元々聞こえないし、脳の処理が追いつかなくて雑音として捨てると思っているので個人的にはたいして意味がないと思いますが、犬にはハイレゾはよろしいかと思います。

        1. >犬にはハイレゾはよろしいかと

          なるほど、その用途があったか。参考になりました。

  6. 何年か前にルーブルでも漫画の特別展みたいなのをしていて、それが日本に巡回してきた時に観に行きました。
    荒木飛呂彦目当てだったんだけど、他にも谷口ジロー、坂本真一、寺田克彦、ヨーロッパのバンド・デシネの作者の作品も展示されてました。
    フランスあたりだと日本のマンガはすでにアートとして認知されつつあるんでしょうかね。
    玉石混淆でピンキリだけど。
    大英博物館も行きたいです……

  7. 毎年、夏と冬にお台場で開催しているコミケとか参加してみては。
    人多すぎて嫌になるかもだけど^ ^

  8. ゴールデンカムイはアイヌ文化を隠れ蓑にして教養漫画を装ったHENTAI漫画なのに大丈夫か?(´・ω・`)(笑)

    1. しかしそのHENTAIという英単語が、結構、いい意味で使われているのがこれまた不思議。

  9. なんか守備範囲を拡げた というか攻撃(積極)的になったのか・・

     > Manga are Japanese comic books or graphic novels
    ちょっと興味深い言及だねぇ graphic novels を含む概念として Manga がある.歴史や表現の多様さから そうなるのだろうけど,Manga という言葉を受容しているわけだ.

    まんが という言葉では,日本人も見慣れているコマ割されたマンガをイメージすることが多い.Manga は鳥獣戯画や北斎漫画などを含めたスタイルなので,漫画 とでも書き分けた方がいいかも知れない.

    しかし 日本国外で最大の展覧会 てのに日本から行くんかい w
    まぁ 行きたいなら とっとと行ってくればいいじゃね?

コメントは受け付けていません。