大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

行きたい(多分行かないけど)な~と思いつつ、つい更新します。

大英博物館が、5月23日から8月26日まで、MANGA展を開催するとのことです。日本以外で開かれるMANGA展としては最大規模で、しかも場所が大英博物館だけあって、いままでMANGAに興味はあってもファンというほどではなかった人たちにも、さらなる普及が期待できそうです。

キャプチャー画像ソースは、大英博物館ホームページからです。まさか、このHPでゴールデンカムイの絵を見ることになるとは。

https://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/manga.aspx

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・マンガは、新聞や雑誌に連載されている、クセのある日本のコミックやグラフィックノベルのことです。日本を起源とするMANGAは、現在、世界中にファンがいます。

漫画は、ストーリー展開において絵による没入が行われます。MANGAの日本語の文字は、「一面を覆う(漫)画」または「制限無き絵」として翻訳されます。テキストへの依存が少なく、物語は個々のキャラクターの視覚的な動きと、特徴的な線画を通して作成されます。その高い視覚的没入のクオリティーが、MANGAがここまで人気を集めている理由にもなっています。

 

MANGAのルーツは国際的であり、西暦1200年までさかのぼることができますが、今日私たちが一般的に知っているものは、1920年頃の雑誌や新聞の連載漫画から生まれました。MANGAの人気は20世紀を通して発展し、今では世界的な広がりを誇っています。MANGA人気はいまでも拡大しつつあり、アニメーション(日本ではアニメと言います)、アート、ファッション、グラフィティ、そしてデジタルマルチメディアとゲームも含まれます。

マンガは、読者と視聴者に支えられた数十億ポンド規模の産業です。それは日本、そして世界中で、あらゆる年齢の人々に大人気です。スポーツからラブストーリー、そしてホラーから同性愛まで、数百ものジャンルがあり、誰でも自分向けのMANGAを見つけられます・・>

(大英博物館公式ブログより)。上のURLから「An introduction to MANGA」をクリックしてください。

 

グラフィックノベルってMANGAって言うのかな?はちょっと疑問です。欧米ではグラフィックノベルも日本の漫画的なものはMANGAカテゴリーになるのでしょうか。そういえば、いまだとそんなことありませんが、欧米のDVD販売店などでは、MANGAがANIMEと同じ意味で使われる時期もありました(ANIMEがMANGAの一つの形みたいな認識でした)。

すでにMANGAの虜になっている人たちはともかく、あまり読んだことない人たちがどんな反応を見せるのか、ぜひ見てみたいものです。

でも、多分行かないだろうな・・でも、行きたいな・・といったところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

89 Replies to “大英博物館、「MANGA」展を開催・・日本以外では最大規模か”

  1. 国立メディア芸術総合センター(マンガなども含む総合的な芸術を扱う)が麻生政権の目玉として登場したが、その後鳩山民主党政権で即座に取り消された。
    この時の世論(特にメディア)は浪費だと、大きな声を上げて民主と同一歩調を取った。
    麻生さんには先見の明があった。

    そして、時代は変わった。
    あのとき無能な政権が取り消さなければ、もっと早く世界に発信できただろうに。(2番じゃあダメですか?と同じレベルだ)

  2. ジャパンXPOやアングレームの漫画展のような不愉快な団体が占拠したりしないといいですね。
    ボストン美術館で、モネに描かれている着物(レプリカ)を試着できるイベントをやったら、中国系?団体が会場に押し掛けてきて中止になった。
    このての催しものを素直に喜べなくなって残念です。

  3. 江戸時代のエロ漫画こと「春画」は、大英博物館の展覧会のあと、日本に来る計画がありましたが、会場確保が困難でこれませんでした。代わりに東京の永青文庫でコンパクトにした版?の展覧会をやって大盛況だったそうです。

    大英博物館で縄文土器やったときには、国立博物館で凱旋展やりましたね。

    規模は変更されるかもしれないですけど、日本に来る可能性は高そうです。

    1. 永青文庫での春画展には行きましたよ。コンパクト?とはいえ、とても充実した内容で、多くの若者やカップル、着物を召した良いところの品の良さそうなマダムなども多く詰め掛けて、とても盛況でした。
      これらの世界をリードしていた、そして今でも?のリアルポップアートかつ、大胆な性文化を日本が持つことが誇らしく、大英博物館での衝撃と人気、高い評価もうべなるかな、と思った次第です。
      同時代の西洋絵画に比べて、圧倒的に個性的、大胆、スタイリッシュそしてエロチックで滑稽でもあり、また着物、ヘアスタイル、その他も素敵です。
      これらを展示して頂いたのは、やはり、細川のお殿様のお陰ですね!

    1. いや、劇画は今でもあるでしょ。というか漫画とは別物ですんで。
      それらを踏まえた上でのご発言でしたら失礼。

    2. 確かに、一時期に比べて量的には減りました。
      なにしろ漫画全体の高読者数も一昔前に比べて大幅減少しているようなので(例えば電車の中で見ている人がいなくなった、今ではほとんどスマホ化)、必然的に劇画の作品発行数も読者も減っているかと。
      あともう一つ、「劇画」ではない「漫画」の方で、作風が変化して劇画的な手法を取り入れた「劇画調の」漫画作品が多くなったということも、劇画が目立たなくなった原因の一つに上げられるかと思います。いかにも劇画然とした作品は、昨今かなり珍しい部類に入るのでは。

  4. にじいろジーンのジーンちゃんのように、大英博物館でのエジプトコスレナスレが掲載されるとおもしろいでしょうね
    ルーブル美術館でモナリザコスレナスレとかベルサイユのばらごっこをするレナスレとか・・・

  5. >MANGAのルーツは国際的であり、西暦1200年までさかのぼることができますが、今日私たちが一般的に知っているものは、1920年頃の雑誌や新聞の連載漫画から生まれました。

     国際的に西暦1200年なら、MANGAなんだから日本の原点としては「鳥獣戯画」としていいのではないか。というか漫画に歴史的ルーツを求めることがナンセンスで、世界各国で落書きぐらい見つかる。

     「ポンチ」「絵ばなし」「コマ画」「トバエ」とか多様な呼び方をされていたものが「漫画」という言葉で表現されたのは文献上、大正年間であり、ジャンルとして確立させたのは手塚治虫だと思う。
     手塚治虫を漫画の原点としないので、多様性を漫画のカテゴリーに引き受けることになり、結果としてグラフィックノベルズも漫画となる。

     そうすると現代日本の漫画に慣れ親しんだ人たちの認識とは乖離するので、シンシアリーさんのように「グラフィックノベルってMANGAって言うのかな?はちょっと疑問です。」ということになる。

     「視点位置が固定されず、映画のように多角な視点から流動性をもって表現される絵と文字の複合体」が漫画だと思う。

     わかりにくくいうと、デンプシーロールが突き刺さってあばら骨が折れて、そのために相手の必殺のパンチの威力が減殺され結果として主人公の勝利になるというところが漫画。
     もっとわかりにくくいうと、県大会決勝を控えた双子の弟のエースピッチャーが自動車に割り込もうとする映像から、一足飛びに霊安室で横たわっているのが漫画。
     
     グラフィックノベルズにはない。
     

    1. >漫画に歴史的ルーツを求めることがナンセンスで、世界各国で落書きぐらい見つかる。

      鳥獣戯画にはストーリーがある。現代の人が見ても理解できる風俗と風刺があって、単なる落書きではない。これがマンガのルーツであると説くのは正しいと思うよ。

      >ジャンルとして確立させたのは手塚治虫だと思う。手塚治虫を漫画の原点としないので

      手塚氏はいやがってるね。わたしはジャンルとして確立させたのは手塚治虫という意味には賛成するけど。

  6. ヨーロッパの MANGA について興味をお持ちでしたら、「バンド・デシネ」とか「bande dessinée」で検索してみてください。

  7. そういえば日本でアニメを漫画映画とよんでたなあ。その辺りからのアニメと漫画の混同はあるかも。

  8. 絵だけみて、うまい絵だー
    と、思う人はいるだろうけど

    日本語が翻訳されていないと
    おもしろさまで伝わらないと思います。

    だからまだ、英語吹き替えのアニメの方がわかりやすいと思う。

    赤毛のアン、フランダースの犬 とか、
    あの辺なら、どの国のどの年齢にも抵抗なさそうだし

    1. フランダースの犬は米国版だと、ネロは生き返りハッピーエンドになるのです。
      まあ悲しいのイヤですよね。

      (;`д´)いや、そういう問題じゃ、原作は・・・
      いいのです。あのまま死んだら教育上イクないのです(-∀-)

      *でもありふれた記憶に残らないストーリーになるのです。不思議。

    2. まったく逆で、翻訳しなくても面白さが一部伝わるところにマンガの良さがあるんですよ。

      絵をみせるだけで面白そうなコンテンツだなと伝えられる発信力は、他のメディアよりも大きく、日本のアニメは文化としての多彩さは他の国にその類を見ません。

      にゃなさんの言う、楽しく読んでいるうちに、いつの間にか日本的価値観を肯定、好ましく考えている自分に気づいてハッとする、これ文化侵略じゃね?ってのは本当にこれがそうなんです。

      これがマスゴミはとても気に入らないので、ものすごくアニメや漫画を下劣なものと下に見下してきた。

      戦後日本人の価値観というのは、あまりに個人主義であり退廃で、TVドラマは悪徳と背徳、他人を蹴落として自分が上になるという利己で染まっている。

      一方で、その真逆にアニメや漫画は愛と友情、利他と自己犠牲、他人を守って自分が戦うことを説くものがその主流を占めたわけです。マジンガー然り、仮面ライダー然り。

      いまでもそうだが、日本のテレビドラマは特亜の影響力がありアメリカのように、正義のために日本のために闘う、愛国的な主人公を描けない。

      ガンダムなり、マクロスなり、ヤマトなり、仲間のために身を挺して戦うことを、戦前からの日本の精神を戦後ついに描けたのがアニメや漫画だった、高尚なメディアは自分が他人の犠牲になってはいけないと、ただ特亜の利己の精神を説くばかりだったのです。

      しかしそれによらず、それだけではなく、マンガやアニメには、日本人の面白さがつまっています。最近だと宇宙よりも遠い場所なんかが個人的には面白かったが。

      これは作家もそうなんだと思うけど、造りたいものを作って、それが面白く共感されみんなに受ける。このループが日本人の核になっていて、コミックの著作権が緩かったことがコミックマーケットを発展させ、それがネットを通じての共有文化圏を形成している。

      これだけの資源とコストを投入できる世界でも随一の大きな文化圏でありながら、野党と日本のマスゴミは国立マンガ図書館だとこれを卑下して日本ではその文化は評価されず、一方でイギリスでは正当に評価される。

      日本的価値観を肯定、好ましく描ける場が、マスゴミに卑下され顧みられなかったために、あるいみ日本人が本当に自由だったのが、戦後の漫画であったわけです。だからマンガは日本では文化の本来の本当の担い手として発展してきた。

      アメリカンスピリッツが映画で伝播したのであれば、きっと日本精神は特亜でそうあったように、マンガとアニメで世界中へと伝播する。日本の心は世界中へと広がるでしょう。

      偉大な先人たち、そしてこれからも面白いものを作って日本を面白くしていく未来の若者たちに感謝しましょう。

      1. >高尚なメディアは自分が他人の犠牲になってはいけないと、ただ特亜の利己の精神を説くばかりだったのです
        >きっと日本精神は特亜でそうあったように、マンガとアニメで世界中へと伝播する。

        いいかげん特亜から抜け出そ?
        何を述べるにしてもそれ必要?
        アメリカンスピリッツが日本に伝播したからと言って日本人はフロンティアに向けて走らないし、日本精神が中国や韓国に伝わったとしてもそれらが現実社会で活かされる事はまずありません。特に対日本において。

        >まったく逆で、翻訳しなくても面白さが一部伝わる

        実はいきなり外国人にマンガを見せても読み方がわからないのです。絵で伝わる部分もあるのですが、基本左から右の読み手に、逆の右から左は慣れが必要だったりします。
        https://www.wikihow.com/Read-Manga
        これの、Method3 Reading Panelsなど日本人からしてみれば笑ってしまいそうになりますが、マンガをネットで読みなれた外国人でも、日本の単行本(英訳)を手に取れば戸惑うものです。
        (ネットマンガでも ←前 次→ って、逆だもの。)
        そして言葉がわからなければ、面白さもなかなか伝わらないのです。
        これは私もそうですが、韓国語でマンガを読んでもさっぱり面白くないし、なにがなんだかわからないのです。(自分的参考、某外科医○リーゼ。韓国で連載中のネットコミックw 日本語版は少し間あくもので、つい。)

        まあ面白さをちゃんと求めるなら言葉の理解も大事ってことです。

        1. >アメリカンスピリッツが日本に伝播したからと言って日本人はフロンティアに向けて走らないし、日本精神が中国や韓国に伝わったとしてもそれらが現実社会で活かされる事はまずありません。特に対日本において。

          もちろん、役にたつなんてわたしは述べてない。
          が、馬鹿はこのように、「そうわたしが言っている」とストローマンたたきをするってわけさ。

          しかし、いつも理解することは重要であり、マンガやアニメは特亜に日本を理解させるのに重要な要素と資源になっているわけ。
          特亜は日本の先進文化(笑)を見て、日本にあこがれるわけですよ。
          そしてだからこそ、世界中で必死で日本卑下をする。
          これはなにより、まずシンシアリーさんにももちろん影響をあたえているしね。

          コミックが他のメディアより有利なのは、日本語が読めなくても通じるというところなんですよ。アメリカ映画と同様にね。
          ところが馬鹿にはそういったことが理解できない。

          1. >もちろん、役にたつなんてわたしは述べてない。
            >マンガやアニメは特亜に日本を理解させるのに重要な
            >要素と資源になっているわけ。特亜は日本の先進文化
            >(笑)を見て、日本にあこがれるわけですよ。
            >そしてだからこそ、世界中で必死で日本卑下をする。

            なら理解してもらわないでいいでしょうに。
            役に立たないどころか、卑下の理由にもなるなら、ここでもダンコーダンコーでいいでしょ。

            >「そうわたしが言っている」とストローマンたたきをするってわけさ。

            ここで七誌さんの自己紹介は不要です。

            >馬鹿にはそういったことが理解できない。

            お互い様ですね。
            馬鹿同士より知識を得て、理を重んじ、己を高めていきましょうね。
            取り合えず七誌さんは、ここからです。

            問い:日本は、拉致問題を認めさせることの引き換えに数兆円の援助を北朝鮮にしましたか? Yes or No

            事実と向き合うという基本からお願いします。
            m(_ _)m

          2. わたしが毎回説いているように、理解して断交することが重要であるのですね。理解しなくて断交でももちろん良いのだけれど、それでは弱いのです。

          3. 馬鹿はコメントするな

            そうなんだろ?七誌
            馬鹿はコメントするなよ

          4. >わたしが毎回説いているように、理解して断交することが重要であるのですね。

            だーれも理解させてねーけどなw

          5. >わたしが毎回説いているように、理解して断交すること
            >が重要であるのですね。理解しなくて断交でももちろん
            >良いのだけれど、それでは弱いのです。

            ここで七誌さんの言っている「理解」は、韓国、中国人の日本への理解だよ?
            肝心の日本人の理解じゃないなら別にいらないでしょ。

          6. >受験生さん
            >だーれも理解させてねーけどなw

            うん、特亜の理解を得て断交とか「何を言ってるの?」だし、
            「マンガやアニメは特亜に日本を理解させ」て得るのは
            「世界中で必死で日本卑下」なら、意味もなし。
            がんばって悪化させてます、となるので、がんばらなくていいです。

            日本は日本で勝手にがんばります。いつだってそうですがね。

          7. 七誌君、私は毎回のように君にいっている言葉だがもう一度言わせてもらおう。

            君は独善的で事実と思い込みの区別が出来ず、他人の話には聞く耳を持たない(要は理解力が無いのだろうが)、指摘されると火病を発症し、自身を改めることも知らず。

            これと同じ人種が隣に居たよなあ。
            つまり、君を看ていると南北朝鮮人そのものを投影しているのだよ。 「看ている」と書いたのは正に病んでいる朝鮮人そのものを彷彿とさせているからだ。

            それに気付いていないのはどうやら君だけのようだね。

        2. (`д´)恋愛モノと格闘モノは違うのじゃょ
          Σ(゜д゜;)ソレカー!

          1. 戦闘モノ、格闘モノ:アクション大事。
            肉体言語あり、時に言葉は不要。
            戦闘回は、ズバ!ズバ!がZap! Zap!になる程度かも?

            恋愛モノ、生活?モノ:言葉大事。感情移入ほしいとこ。
            主人公とシンクロ率100%が楽しさの基本。

            >コミックが他のメディアより有利なのは、日本語が
            >読めなくても通じるというところなんですよ。

            読む分野が、畑違いだったと判明したニダ。
            (つд<)コレハダメダ

  9. 生で見るのには敵わないし観てる人の反応はうかがえませんけれど図録なら入手できますね。全く興味が無かった人だと読み方からピンと来ない、とか日本の漫画のお約束の表現、誇張、省略等に首をひねるらしいとか聞きます。

    楽しく読んでいるうちに、いつの間にか日本的価値観を肯定、好ましく考えている自分に気づいてハッとする、これ文化侵略じゃね?なんて言う人もいたそうな。

    完成された美を正しい手法で描いた絵に価値があったり写実が美か否かなんてことで盛り上がってる時に、そんなん知ったこっちゃねぇって描き方でジャポニズムは衝撃を与えたそうですが、未だに何か虚をつくところがあるんですかね。

    1. まずはお子様がマンガを読むときは「これは逆から読むんだ!」
      (´^`)エヘン!、ってのが始まりのルール(作法?)らしい・・・

      あーそういえば日本の本、右開きだったなーとか思い出すわけです。
      ちゃんと洋書みたく左開きにしてるのもあるけど。(あれたまにおかしくなるときあるのです。)

      1. >みかげさん
        お作法になってるんですか(・∀・)ヘェー
        ……右開きと左開きの差はどこでついたんでしょうね。

        巻物の開く向き?いや横に開いての左からの横書きしてたか。紙の前の石板あたりだろうか。ヒエログリフまで遡ると縦横、左右、更には反転のいずれも可能だし。不思議だわ。

        1. >にゃなさん

          >みかげさん
          >お作法になってるんですか(・∀・)ヘェー
          >……右開きと左開きの差はどこでついたんでしょうね。

          筆記用具の差だと思いますよ。

          西洋のペンは、縦書きはできません。横書き専用なのです。
          筆記体が横しかむりだし。

          で、日本の毛筆は、横書きはできなくもないけど、
          縦書き文化なので、右から左に書きます。

          もちろん、筆で左から右に横書きもできますが、

          自分で試してみると納得できると思いますが、
          文字を横に書く時は、右から左にはかけないですよ。

          私は左利きだったので(今は右手で書いていますが)
          筆が辛かったです。筆を左手でもつと、
          棒を引くときは、下から上に 丸を書く時は、時計と逆回りになります。 

          1. 東アジアの毛筆文化の読みが左行(文章を右から左に読むこと)なのは、木簡や竹簡以降の巻物の普及の影響も大きいのではないでしょうか。
            右利きの人が左手で巻物を持って書こうとすると縦書き左行が一番無理の無い形だと思います。

            因みに甲骨文字は縦書きですが右行と左行、両方の例が有ります。

          2. >西洋の「ペン」?は、縦書きはできません。

            西欧文字は縦書きどころか右からも書けませんですよね、
            漢字は縦横可能ですけど。
            オバマ大統領が左手でサインしてますよね、あれはボールペンなんでしょうかね?
            左手ペンで英文で左から右へ書くのって、観てるだけでも凄い難儀だなと思います。

          3. まず文字を書く媒体(粘土、竹、紙、羊皮紙など)があって、それに応じた書体(字形や書く方向を含む)と筆記用具が発達するのだと思います。

            ラテン文字(左から右)もアラビア文字(右から左)もモンゴル文字(縦書き)もルーツは同じです。
            梵字は主に縦書きですが、兄弟のチベット文字は完全に横書き(左から右)です。

            文字の発達をいろいろと見ていると、書く媒体によって、尖ったり丸くなったりとなかなか面白いですよ。
            例えば、カタカナは漢字の省略形なので、漢字と同じような永字八法で書けますが、右払いだけありません。
            訓点として漢字の右に書く場合、邪魔だったのだと思います。

        2. 万年筆の祖形はムスリムから と言われているようですねぇ アラビア語は 右から左へ横書きするんですけど・・

    2. >これ文化侵略じゃね?なんて言う人もいたそうな。

      中国政府ですね。

      1. 韓国政府も日本のマンガを禁止してたんじゃ。
        外貨稼ぐのは良いけど、国内では見せないと言うのは韓流エゴ

        1. あら、伸びてる。ここにぶら下がらせてくださいな。
          横書きの右から左からは筆記用具はほぼ同じ仕組みのスタイラス、葦ペン羽ペン利用、ヒエログリフ由来で左右両方有るので何とも言えないですね。

          筆記体や草書の崩し文字は大方は書く方向の決まりが確立した後に簡略化や速く書く為、見栄えを求めて使われるようになっているので、因果が逆で書く方向に合わせて作られた、使われたかと思います。

          縦書きか横書きは書かれる側や書く場所なんかに理由が無いかなと考えて見て一つだけ思いつきました。
          木簡や竹簡って手で持って書く時、縦に持った方が支えが効くような気がしませんか。それで自然に縦方向が増えた。素材の木や竹のうち成長の早い竹の方がより気軽に使えたので竹が分布している地域で縦書きが主流になった説はどうだろうか。

          ただの思い付きです。大方は時の流れの向こうで分かんないんですよね。

コメントは受け付けていません。