Uターン企業、日本724社(2015年):韓国41社(2012~2017年)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

海外に移管・委託していた業務拠点を本国内に戻すこと。よくUターンと言いますね。特に製造業が戻ってくること(製造業リショアリング)は、働き口の確保に有効だと言われています。

色々と理由は有るでしょうけど、外国に生産拠点(など)を作って、後に国内に戻ってきたUターン企業が、日本は2015年だけで724社であることがわかりました。韓国は、2012~2017年合計で41社です。なんだかんだんで、アベノミクスの効果が大きかったと言えましょう。

設問に応じた韓国企業の96%が「韓国には戻らない」と答えた、とのことでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<米国1,600社、欧州連合(EU)160社、日本724社、韓国41社。最近まで本国に戻ったUターン企業の数だ。調査期間は、米国が2010〜2016年、EUが2016〜2018年、日本は2015年である一方、韓国は2012〜2017年と長い期間であるにもかかわらず、比較にならない数値だ。それさえも、国内に戻ってきた企業の多くは中小企業であり、大企業の投資リショアリング(製造業の本国回帰)の事例はなかった。

2010年からリショアリング政策を推進した米国は、現在、経済が比類のない活況さを見せている。オバマ政権は、法人税を38%から28%に下げ、Uターン企業の工場移転費用を20%補助してくれた。ドナルド・トランプ政権は、ここでさらに法人税率を最大で21%まで下げる果敢な税制支援策を展開した GEとフィアットクライスラー(FCA)などの主要製造業の企業が米国に戻って生産拠点を移した結果、17万1,000人の雇用が創出された。失業率は、2010年9.6%から昨年4.1%まで減少した。

日本も「アベノミクス」の一環として、国家戦略特区で規制を緩和し、法人税率を30%から23.4%に引き下げた。東京・大阪などの大都市に戻ってくる企業にも規制上の恵沢と研究開発費を支援した。完成車企業トヨタ・ホンダ・日産とキヤノンなどの電子企業が国内工場の移転に応えた。日本の3月の完全失業率(季節調整値)は2.5%で、20年ぶりに最低値を記録した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190526180038289

 

引用部分にはありませんが、韓国経済研究院が海外に生産拠点を持っている製造業会社150社にアンケートしてみたところ、96%が韓国には戻らないと答え、その理由として29.4%が「労働市場の柔軟性」を選びました。

韓国で労働柔軟性は「労働組合をなんとかしろ」という意味です。

雇用者は悪の加害者、被雇用者は善の被害者という韓国社会の認識が、結局はその被雇用者たちの仕事を減らしている、と見ることもできるでしょう。

どことなく、現文在寅政府の最低賃金爆上げ作戦(?)に似ている気もします。

 

 

明日は、夕方あたりからの更新となります。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

166+

42 Replies to “Uターン企業、日本724社(2015年):韓国41社(2012~2017年)”

  1. 2015年ならアベノミクスよりチャイナリスク回避での引上げでしょう
    引上げるにも準備が必要ですので
    夜逃げはできませんから

  2. 韓国企業ってえらく自分本位好き勝手に契約を扱ってるけどけど日本や海外相手だけなのかな?

    国内でもあんな感じだと何を信じて商売してるんだろう?細かな事で諍いが多そう

  3.  日本の特殊事情(超円高の是正)があるから、単純な日韓比較は適当ではない。

     日本企業の工場の海外移転により、その地域で、生産→賃金→消費→生産という経済循環(経済成長)を生み出していることは、世界(その地域)にとって良い事である。
     だが、日本のGDPにとっては下方圧力になってきた。日本の経済成長をGDPの増加だけで考える風潮に異議を唱えたい。GDPが微増に留まっても、失業率が低く、産業が維持されているなら、日本経済として悪くない。あとは、派遣・バイトの低賃金解消でしょう。日本の周囲が発展して賃金が上昇しているので、日本の低賃金も解消できるはずだ。
     技術革新を後押しする政策は重要であり、それを否定するものではない。
     

  4. 日本企業て残酷ですね
    売れている商品は、船便まてず
    赤字商品は、廃番
    生産国で消費できなければ廃業しかない
    不良品処分費に運賃上乗せできないから
    国内で作るしかない
    韓国の場合国内での消費はないよつて海外に移転のまま
    行政・労働組合・市民団体も戻れない理由でしょうけど

    1. 日本企業? 何のこと? 日本市場と言いたいのか?
      ちゃんとした日本語で書いてくれないかな。

    2. 基本的に人間と社会自体が残酷なんだ。
      天国とかユートピアは人間の幻想だからね。

  5. 仮に会社から見た韓国の環境が改善した(労働組合、賃金など)としても、一度海外に行った工場が国内に帰ってくるのには最低でも5年は必要です。 
    海外に工場を作ったらならば、建設費などペイ(減価償却できるまでの利益を上げる)には5年以上はかかります。
     日本でもアホ全開だった民主党政権(2009年~2012年)の超・円高政策で海外に出て行った工場が帰ってき始めたばかりです。
     なので、アベノミクスが素晴らしい政策であっても
    効果が出るには時間が短すぎます。
     たぶん、ニュ-スの2015年の数字はもっと前の中国との関係悪化を原因とする(東南アジアへの移転と)国内回帰でしょうかね?

    1. 雇用率は全般に回復してるらしい。
      今の日本では職さえあればそこそこ生きて行ける、自分を見つめられれば。

  6. 文氏が悪いわけではなく、労組が悪いわけでもなく、用日の保守党派が悪いわけでもなく、韓国政府官僚が悪いわけでもなく、韓国財界が悪いわけでもないと思います。
    第1が少子化。第2が中共のキャッチアップ。第3が上手く日本の弱点につけ込んでいたのがそろそろ見抜かれ始めた事。第4には朝鮮人全体がそれなりに【無能】であった事。
    少子高齢化に何ら対策も無く超イケイケで省福祉、省民生費、刑務所までもケチり孤児も障害児もバンバン「輸出」してまで大企業優先で殖産興業して来た。極端な土砂降り輸出をし続け、日本を出しぬき、日本の技術を盗み、国民の血税も日本から得た個人賠償のためのカネも大企業につぎ込んで来たけれど、サムスンの半導体(とりわけDRAMとNANDメモリ)以外は競争力が無く、造船は国金でダンピングして辛うじて維持。自動車は今まさに沈没しかかっている。
    それとは別個に毎月の様に手抜き工事のせいで大規模な災害や崩壊や火災や爆発が続く。どれも人災。毎年の様に家畜のタチの悪い伝染病パンデミックになり、豚は生きたまま消石灰も掛けずに埋められ、毎年の様に救急車や消防車が不法駐車のせいで遅れて色々間に合わず、ウソと捏造のせいで「呪いの鉄杭」を引き抜いたり、何千本もの樹木を「日本ガー」と言って引き抜き、それでも売春婦に落とされた女性は海外に精度礼として送り出され、トイレは盗撮され、芸能人は腐敗して行きます。
    誰が悪いとかは無いんです

    1. 韓国の労働組合には、それなりの責任があると思いますよ。
      韓国は上下格差の激しい社会で、大企業と中小企業でも給与に4倍の格差があるようです。

      韓国の大企業の労働組合は、日本と比べても強すぎて、労働争議が頻繁に起こり、韓国の国内企業から忌避される傾向にあります。
      自動車業界の労組を束ねる金属労組は、「世界最悪の労働組合」と言われるくらい労働争議が多い。
      会社が赤字でも、ストをやって給料を上げると言っています。

      労働者が、新たな準両班(やんばん)階級となってしまってしまい、社員の地位の世襲制まで求めています。
      韓国の労組は、労働貴族と化しています。
      労働者の子女に正社員の座を世襲させたり、正規職の座を売買することまでしています。

      自動車会社は韓国の国内工場に投資せず、海外に投資をしている状況です。国内の大企業の雇用も増えません。
      労働者を増やすと足を引っ張ることになります。外部の人間からは、労働争議でも反発が起こる状況です。

      こういう労働組合が文在寅大統領の強固な支持層なので、改革には手を付けないし、手を付けることができません。

      1. 韓国の自動車会社の労組が、トヨタの工場を見学に来て「殺人的な労働強度だ」とか言うレベルです。
        中国の工場より労働生産性は低く、給料が日本と比べても良い会社となっています。
        年俸が800~1000万円という、韓国での数人分の給料をもらっています。

        こういう労働環境では、最高品質で最高性能の製品を作れる可能性は、あまりないと思います。
        いかに楽をして、良い待遇を得るかということに、意識が向いており、良い製品を作るとか、良いサービスをするとか、いうことには関心がないように見えます。

        ・自動車会社では、ライン組み替えで新車種を生産することもできない。(決められた車種だけしか生産しない。)
        ・ワールドカップが見たいから休憩させろ、と言い出す。
        ・社員が子供に、正社員の座を世襲させる。
        ・正規職の座を売買する。

        大企業の経営者だけでなく、労働者自身が準両班体質そのものと化しています。
        労働争議や生産性の低さから、大企業は工場を国内に新設せず、雇用は増えない、となります。

        1. >・ワールドカップが見たいから休憩させろ、と言い出す。
          >・社員が子供に、正社員の座を世襲させる。
          >・正規職の座を売買する。

          この手の「悪癖」をやめるよう進言する人は誰もいないのですか?
          かつての日本では、なぜ方向転換できたのでしょうか?

          1. そういうのは、特亜文化圏では「悪癖」ではないのです。
            特に「両班」にとっては。

            労働=下賎の者のやる事、
            両班は「理法を学び、修養を積んで、徳を体現する」のが役割。
            これだけでも大概というか、大カン違いですが…
            これが捻じ曲がって、
            「理法」=「朱子学の空理空論」
            「修養」=「繁文縟礼を覚える事」
            「徳の体現」=「威張りくさる」
            になり、そのうちに「朱子学や儀礼の勉強」もしなくなり、ただ威張って下層階級から搾取するだけになりました。

            いまだに、朝鮮文化圏では「両班である事」が理想であり、多くの国民にとって目指すべき立場なのでしょう。
            多くの国民が「ただ威張りくさって、働かない」を理想にすると、あのようになります。

            日本がそうならずに済んだのは、いろいろな要素が絡み合っていますが、論じるならば、続きは議論ルームででも。

          2. 韓国人にとって理想は、自ら両班になることなのだろうと思います。
            両班は、平民、奴婢などから、いかに楽をして搾取するかを考えていました。肉体を動かしての労働を忌避する傾向があります。働くことは卑しいことだと考えているのですね。

            韓国では事務的な仕事をし、命令するだけの管理職が尊ばれます。
            会社でも技術職は尊ばれず、職人なども待遇が良くありません。技術自体に興味を持っていない国民性なのです。
            地道な技術開発などはせず、技術など盗んできて、金もうけができればよいのです。

            全国民主労働組合総連盟(民労総)関係者が、企業役員に暴行し流血沙汰となりましたが、無罪放免となりました。
            やくざと変わりませんが、警察も逮捕できないのです。警察が逮捕すると、政権側から警察関係者が制裁や圧力を受ける恐れがあります。
            労組ではなく、法の上に君臨する権力集団となっています。

            韓国GMは撤退を考えているのに、労働争議で会社破壊まで至りました。鉄パイプで威嚇して、社長室を占拠しています。会社が無くなりそうでも、暴力的な争いという手段を取るのです。

          3. 労働組合こそが文在寅大統領の鉄板の支持層です。政策が失敗していると思われても、大統領への支持は変わりません。

            文在寅大統領の行っている所得主導型経済も、大企業の労働者にとっては利益があります。大企業はなかなかつぶれませんから、自分達の給料が上がるだけです。

            そのかわり、コンビニなどの零細な企業経営者は、廃業に追い込まれています。どんどん失業者も増えています
            韓国社会での格差が広がっているだけです。下層民がどれだけ困窮しようと関係ありません。

            文在寅大統領を誕生させた、強固な最大の支持層は労働組合ですから、大統領といえども口出ししません。
            口出しする気もないでしょうし、言えばロウソク革命を繰り返される恐れもあります。

    2. 日本の価値観で思うからいけない、アフリカの貧国と同じ人間の集だと認識すべきだ。幸いに顔かたちが同じで近所にあるから勘違いしてる。

    3. 「韓国人、韓国政府にはいっさい責任は無いニダ」
      永世韓国大統領候補文在寅。
      ⬅︎応援します!

    4. > 誰が悪いとかは無いんです

      いえ韓国人の責任はあるでしょう。
      労働組合と、このような労働組合を許した歴代の大統領に責任があるでしょう。

      労働組合がここまで強くなったのは民主化以後のことで、労働組合を規制しなかった大統領にも責任があることになります。

      しいていえば、このような社会にしたのは韓国人です。韓国人の考え方に責任があるということになります。
      これこそ韓国の長年の積弊そのものだと思います。

  7. タダの勘ですが,Uターン企業の数から、新たに生産拠点を海外に移した企業を差し引くと、マイナスになると思う。

  8. 利益を圧迫するほどのストライキはサボタージュと同じだよねえ。
    企業の利益じゃなくて国益、公共の利益にまで響いてるとしたら、共産主義的にもアウトだろう。
    イデオロギーとか高尚(?)なものじゃなくて、ゴネ特を制度化したものとしか捉えてなさそう。

    1. かつての国鉄(民営化されたJRの前身国有会社)がそうだった。
      現在の日教組もその傾向を色濃く残している。さすがに今ではストライキはやらんけど。昔は公立高校でも、職員室の前で先生がプラカード持って座り込みとかやってた。

      1. 親戚の国鉄の保線員の爺様から聞いたのだけど、人の糞尿とかがあって汚い仕事だよと言っていたが。
        保線の仕事が終わって風呂に入って、お茶を飲んで休んでから、タイムカードを押すのだそうだ。もちろん残業などない。
        家に帰るとすぐに酒と飯を食べて寝たそうだ。
        勿論、息子は国鉄に入社した。

        1. 勿論、本人たちの要望ではないと言っていたが、人間は楽なほうが良いので常日頃から組合には協力していた。
          組合の政治闘争、駆け引きの道具だけなんですよね。

  9. 日本なんて、バブルの後遺症、いわゆる「失われたXX年」の間に労働組合の存在意義すら消えてしまった感があります。
    賃上げを組合じゃなくて政府が企業にお願いしてるんですよ!
    多くの労働組合の支持政党だった民主党は分裂し、旧民主党の政党支持率はどの政党も今だ一桁台です。
    これを見ても現役のサヨクは弱体化してるのかなと思います。
    やはり、元気なサヨクは退職した団塊世代のじじいたちですね!
    さて、韓国経済が今よりさらに悪化した時、韓国の労働組合はどうなってるのか?
    韓国映画「寄生虫」がカンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールに輝いたらしいですが、それにからめて、韓国の労働組合はいつまで財閥に寄生することができるのか? (^艸^;)

    1. >>嫌韓人さん
      >>労働組合の存在意義すら消えてしまった感があります。

      もう十数年前になります。初めて入った会社の労組が「労働運動のために労働運動をしている」ような組合でした。
      入社した年にリーマン・ショックがあって(それだけではないのですが)会社が一気に傾きました。社員が何とか会社を立て直そうとする中、彼らは相変わらず「給料上げろ!ボーナスを出せ!」と騒いでいました。
      結局、入社2年で会社がつぶれたのですが、倒産した一因は彼らにもあったと思っています。経営者がいろいろと無茶をしていたのですが、彼らはそれを指摘するわけではなく、革命ごっこに興じていたわけです。
      弊社に限らず、倒産した事例を知れべていると、労組がガンになっているというパターンが多いです。
      これ以上はエントリーから離れるのでやめます。

コメントは受け付けていません。