第二のファン・ウソク事態?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログで扱う内容なのかな・・とも思いましたが、被害者が数千人規模で、日本の企業も巻き込まれたことがわかったので、更新します。

コーロン(Kolong)という韓国の財閥企業をご存知でしょうか。韓国で住んでいると、ファッション、建設、生命科学など様々な分野でその名を見ることになります。そのコーロン(コーロン生命科学)が、CEOが「4人目の子(実際のお子様は3人だけです)」と呼ぶほど愛(?)を注いで開発した、「インボッサ」という新薬があります。変形性関節症の治療薬で、韓国では初めての遺伝子治療薬です。

ですが、この薬の許可そのものが虚偽資料によるもので、すでに3700人に及ぶ患者の治療に利用されたことがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

二つの記事を、連続で紹介します。

・インボッサは二つの成分で構成されます。人の軟骨細胞を培養した液1と、治療機能を強化する遺伝子を挿入した液2です

・この薬の重要なのは液2です。治療機能を強化する成分は、腎臓の細胞から抽出します。腎臓細胞の他の成分は削除し、治療機能がある遺伝子成分のみを取り外して、軟骨細胞に取り付けることが重要な技術となります

・軟骨細胞に特定の遺伝子を挿入したのだから、結果的にはインボサからは軟骨細胞が出てくるはずなのに、実際の分析をしてみると、腎臓の細胞が出てきました

・結局、源泉技術(※腎臓細胞から治療強化成分を取り出す技術)自体が無かったわけです

https://news.v.daum.net/v/20190528203216933?f=p

 

<食品医薬品安全処が28日、インボッサのメーカーであるコーロン生命科学が、品目許可を受けるために虚偽の資料を作成、提出したと発表した。コーロンは3700人余りの患者が治療される間、薬の成分が変わったことを知っていながら、隠したのだ。

屈指の財閥企業が書類を操作して新薬許可を受けて、国民が苦しんでいようがいまいが、(※許可を得るために提出した資料とは)別の成分の薬だと知っていてなお販売し続けたのだ。インボッサは世界初の変形性関節症の遺伝子治療剤であった。2つの注射液でできていて、液1、液2の両方が軟骨細胞でなければならない。ところが、食品医薬安全処の検査結果、液2から腎臓細胞でのみ発見される遺伝子が検出された。腎臓細胞は、癌細胞を引き起こす可能性がある腫瘍原性(※癌原性)を持っている。

コーロンは、市販前、液2に挿入された成長促進遺伝子の数と位置が変わったことを知っていて、それを隠したという。また、市販の許可直後、液2腎臓細胞であることを確認したにもかかわらず、販売を強行した。金儲けに目がくらみ、国民の命は眼中にもなかったのだ。コーロンは、開発段階で液2がなぜ腎臓細胞に変わったのか、その経緯すら知らないという。

「危険な偽薬」を売っておいて、どのように作られたかもしれないとなると、呆れるしかない話だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190528204415346

どちらの記事も、2005年の「黄禹錫(ファン・ウソク)事態」と似ていると指摘しています。

 

コーロンは「悔しい」と言っています。

<3月インボッサの問題が浮上すると、コーロン生命科学は、「成分が変わったのではなく名前のシールを貼り間違えただけ」と釈明しました。また、安全性と有効性に問題がないと断言しました・・

・・しかし、許可成分と別の細胞がどのようにして出てきたのかは、答えを出せませんでした。

それでもコーロン生命科学は、(※今日)許可が取り消されると、「提出資料が完璧ではなかったが、操作・隠蔽はなかった」と悔しがりました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190528202403732

 

以下は楽韓WEBさんからの情報ですが、

日本では「田辺三菱製薬」が日本での独占開発・販売を行う契約を交わしたものの(2016年)、不幸中の幸い、去年4月の時点で、仲裁を申し立てているとのことです。

「・・ライセンス契約の取消しおよび契約締結一時金の返還を要請し、その後、両社間で協議を行ってきました。しかしながら、当社とKLS社(※コーロン生命科学)との協議が合意に至らなかったことから、当社は、KLS社を相手方として、本日、国際商業会議所国際仲裁裁判所(仲裁地:ソウル)に、契約締結一時金の返還等を求める仲裁の申立てを行いましたのでお知らせいたします」

https://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../release/nr/2018/MTPC180410_2.html

今回の韓国食品医薬安全処の決定が、裁判の役に立つといいですが。

Invossaで検索してみると英語でも結構紹介されているし、他にも被害を受けた企業・人はもっと多いことでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (2)

“第二のファン・ウソク事態?” への49件の返信

  1. 取り敢えずそのインチキ医薬品、日本国内では未承認なんですよね。それなら不幸中の幸い。

    田辺三菱製薬って、たしか薬害AIDS事件をひきおこしたミドリ十字(ミドリ安全じゃないよ!)を吸収合併(救済?)した会社だと思いますよ。非加熱の血小板製剤を投薬された患者さんたちがHIVに感染するという事件をおこした会社。まだまだ認識の甘さが残っているのかな。人命を左右する話だというのにね。

    韓国にはGMP(Good Manufacturing Practice)をはじめとするGPという概念がないのでしょう。韓国、恐るべし、クワバラクワバラな話です。

    韓国発の医薬品などというものは全く信用出来ませんね。まして生物製剤であればなおさらです。

  2. 田辺三菱が2018年4月10日に仲裁申し立てしたのに7カ月後にシンガポールに本拠を置くムンディファーマがKLSと最大で6億ドルの複数年契約をしたんだと!
    一体、何を考えているんだろう?

    向かい合う骨の表面を覆う軟骨の間にある関節腔には関節液という潤滑剤があって骨同士が直接触れないようになっているが、加齢に伴って軟骨が摩耗してくると骨の変形が起こり、骨が摺り合わされることによって痛みが出現します。

    摩り減った関節軟骨を増やしてやれば症状改善が期待できるので、
    関節腔内に軟骨に分化する細胞を注入するという考え方は間違いではないが、必要十分な軟骨形成を制御できるかどうかは別の問題!

    蛇足ながら、軟骨には血管は存在しないため、いくら市販の内服薬を飲用しても大した効果は期待できまへん。

  3. ES細胞の論文捏造でソウル大学をクビになったファン・ウソク氏も、最近、何か復権の兆しがあるそうで。
    韓国人は懲りないね。

    1. ノーベル韓国賞を受賞するとか?スタップ細胞を作ったとかいう理研の元研究員女性と共同受賞とか?(爆笑)

  4. 製薬って、10年~20年の期間と、数百億円の資金が必要だけど、どうなってるんだろう?
    偽薬なので時間も金も掛かっていないだろうけど、辻褄合わせるための工作はしているはず
    数百億円の開発費用は、使ったことにしてポッケに入れちゃったのかな

  5. 日本で新薬の発売許可を厚労省から得るためには、膨大な金と時間をかけた臨床資料に基づくエビデンスが必要となります。韓国でもそれは同じだと思います。
    説明をお聞きして理解できないところは、
    1.臨床資料そのものが捏造であって、インボッサにはもともと薬効がなかった。
    2.販売許可を得た薬効のあるインボッサと、市販されたインボッサとは別物である。
    1なのか2なのかよく出来ません。それとも韓国の中でも1なのか2なのか真相究明されていないのでしょうか?
    1にしろ2にしろ将来的には絶対にバレる嘘です。そしてバレた時に逃げ道がありません。
    何故韓国人はこんな嘘をつくのですか? まるで自殺願望が有るかのようです。
    日本の悪人ならバレても逃げ道があるグレーゾーンでしか嘘はつきません。
    より悪質であるかも知れませんが。

  6. このたび、我が研究所では、高濃度PM2.5にも耐えられる身体を造るため「新造細胞」の完全移植技術を開発した。
    → 副作用でインポっさ。原因は、発がん性を有する「腎臓細胞」でした。
    ってこと?

コメントは受け付けていません。