臨時政府を持ち出せば、なんとかなる?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

まず、こっち方面は無知なので、本ブログは本文で紹介している制度に対し、賛成も反対もしない(基本的な知識が無いので賛否が出来る立場ではない)ことを前置きいたします。本題は、制度への賛否に対するものではありません。

日本でも、農地を(農地として)売るためには、買い手が農業を行う人に制限される法律があると聞きました。

韓国では、それが憲法に刻まれています。農地の所有は農業人または農業法人に限られる、と(憲法121条)。それを「耕者有田の原則」といいます。

この121条、わざわざ憲法に刻んでおく必要があるのか?という意見が根強いです。農地において賃貸の形で運用されている農地が面積比で50%を超えている今、意味があるのかというのです。この121条のせいで、農地を他の用途に転用するのが難しすぎる、とも。

スイスの場合は同じく憲法で制限しているし、ドイツや日本の場合は法律に同じ趣旨は書いてあるものの、憲法には入っていない、と聞いています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もちろん賛成(このまま維持、またはさらに強化)する人たちも大勢います。基本的には農業関連の団体だと強く賛成しています。

そんな中、農林畜産食品部と韓国農村経済研究院が韓国の農政100年を記念する学術セミナーを開催しました。

そこで、「耕者有田の原則は臨時政府の綱領に基づいている!」とキリッと話した・・とのことでして。

https://www.nongmin.com/news/NEWS/POL/GOV/311113/view

 

はぁ?と思いましたが・・記事をよく読んでみたら、「韓国農政100年」が1919年から始まります。1919年に建国したと信じているから、でしょうね。

ああ、なるほど・・と思いました。開催側としては、「耕者有田の原則を削除することは、臨時政府の綱領を損なうことだ!」としたかったのでしょう。

 

でも、本当にこれでいいのでしょうか。

私が知っている限り、臨時政府の綱領(大韓民国建国綱領)には、1-3にこうなっています。

「私たちの国の土地制度は、国有の遺法にあり、先賢の通論した遵聖租至公分授之法、革後人私有兼倂之弊とした。改革後の紊乱した私有制度を国有に還元しろという土地革命である。我が国は、昔の規則と新しい法を考慮して土地制度を国有に確定したものである」。

1945年12月7日の東亜日報の画像を、ソースとして提示します。

 

とりあえず「うちは臨時政府と同意見だぞ」と杭を打って、121条の削除主張を「悪いこと」にしたかったのでしょうが・・

彼らの綱領を「農地制限」の元だと見ることができるのでしょうか?当時の「国有化」とは、全然意味が違うと思いますけど。

韓国は必死に隠していますけど、基本、共産主義や社会主義の「もどき」ですから。臨時政府は。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

135+

39 Replies to “臨時政府を持ち出せば、なんとかなる?”

  1. 知識がないので、うろ覚えでの投稿、お許しください。
    日本では、農地に関しては、憲法ではなく、略称ですが農地法や土地改良法、農業委員会法などに規定されていたと思います。
    私事で恐縮ですが、実家の父が亡くなり、農業委員会からいろいろ言ってきますが、当面、耕作放棄に近い状態で置かざるを得ません。
    退職したら実家に戻るつもりですが・・かみさんが(^_^;)
    現在、食料生産の大切な基盤である農地の耕作放棄地化避けるため、農地の集約が国策として行われています。
    うまくいくのかしら、今後、どうなるのかなあ?

  2. 日本では、農地法は憲法には刻んでおりませんので、
    わりと簡単に改正していますよ。

    一番最近の改正は、
    平成28年4月1日から改正法が施行
    【農地法改正のポイント】
     ・  役員の農作業従事要件について、「農業に常時従事する役員の過半が農作業に従事」から「農業に常時従事する役員又は重要な使用人のうち1人以上の者が農作業に従事」に緩和
     ・  議決権要件について、農業者以外の者の議決権を「総議決権の4分の1以下」から「総議決権の2分の1未満」に緩和
     ・  農地を所有できる法人の呼称について、「農業生産法人」から「農地所有適格法人」に変更
    ーーーーーーーーー
    わかりやすくいえば、
    元々日本の農業は世襲制という形になっていましたが、いまどき世襲制はないんじゃね?
    現在は、老人ばかりが農業をしていて、
    このまま跡継ぎがいないと、どんどん農業が衰退していくよ?
    ということを憂いて、企業が農業に参入できるようにしよう。という動きが前々からあったのですね。
    農地の売買・貸借に関する制度について
    個人や法人の方が、農地を売買又は貸借する場合には、農業委員会等の許可を受ける方法(農地法)と、市町村が定める「農用地利用集積計画」により権利を設定・移転する方法(農業経営基盤強化促進法)があります。 
    詳しくは、農林水産省のホームページにわかりやすく
    しかし、たっぷりと、説明が書いてありますよ!
    が、そんなことより、「2022年問題」のほうがずっとでかいんですけどね。

    「2022年問題」これテストに出ます!この問題は、みなさん知っておいた方がいい。都市部の、特に練馬区と世田谷区の土地が大暴落する という予想がでています。
    今から30年前、1992年に先送りされた「市街化区域内の農地が、農業を続けることを条件に「生産緑地」」
    1992年に始まった現行の生産緑地制度には30年間の営農義務がある。
    農地法は1952年に施行され、自由に農地を売買できないように規制してきた。
    これが2022年をもって解除され、「生産緑地」にも、住宅並みの固定資産税がかけられるので、みんないっせいに都内の「生産緑地」を手放すだろうから、大暴落が発生する恐れがある。という話なのですよ。
    いまから30年前の生産緑地法の改正当時の想定では、30年後の2022年には自治体に時価で買い取ってもらう予定でした。しかし実際には予算が足りず、地方自治体は買い取りを拒否。

    …とりあえず、農林水産省は「2022年問題」をどうするの?って、話なんですよ。
    これは私の予想ですが、ふたたび農地法を改正して、企業に生産緑地を買い取らせたいと思ってる。と、邪推しております。

  3. 「農地法」という法律が有って、農地の有効利用の足かせになっています。足かせになっている一方、農業の健全化の役にはあまり立っていません。そして、もちろん「抜け道」も有ります。

    こういう状況になると「大昔の社会状況に基づいて制定された法制度は、時代遅れだ」という批判が、必ず提起され、やがて制度は改善されるか骨抜きにされるか廃止されるか。
    百年は、充分に大昔ですよね。

    日本の農地法は、1952制定で、現在のバージョンは2009改正版です。これでも、充分に古い、と法律業界では批判が多いです。

    1. >とろいやさん

      農地法の最新の改正は
      平成28年4月1日から改正法に施行 です。
      農林水産省は
      企業がますます農地を買いやすい方向に動いていますよ。

      「2022年問題」があるので、その前にもまた農地法が改正されると、思っています。現状だと、練馬区と世田谷区を中心に
      東京の時価が大暴落してしまいます。
      それをさせないために、国が動くと思うんですよ。

      東京の郊外に土地が欲しい人には、大チャンスがきそうですけどねぇ

      1. あ、誤記のご指摘ありがとうございます。
        念のためWikipediaで調べたのに…orz
        そういえば、3年前に研修の選択科目にあったなあ…

  4. 南は、(中国国内で作った)臨時政府は共産主義にしたかったんですね。今でもあこがれているから、北に目を向ける。

    なんでも、思い通りにしないと気が済まない気質は狂産主義にぴったりかもしれません。

    「農地は君たちの自由にならならないよ。」・・韓国
    「南の土地は、君たちの自由にさせないよ。正当な政府の北のものだから」・・金

  5. 東亜日報のは第一章のみだけど,第三章三の八 に土地の分配に関する記述があるようなので それじゃないかなぁ

    でも「大韓民国建国綱領」って1941年だよねぇ

  6. 正直に反米従北とは言えないから臨時政府か元両班活動家のネタから連想してください!ってやってるね
    自由経済を謳歌してた時代の印象が強すぎるからあんまり下々には響かないけど、反日コラボを増やしたり頑張ってやるんだろうな。
    そして運動圏と一般人の乖離が進み、それを弾圧して黙らせると。
    監獄半島への歩みは止めないのだな。

  7. これに対抗するには「憲法121条は日帝残滓だ」しかないでしょうね。よくは知りませんが、戦前の日本の法律にも農地の所有権を制限する法律はあったと思います。

  8. 改革前も紊乱してたんじゃなかったかな。多重所有の整理が大変だったと聞きますから。国有化と言いながら土地とその上がりの権利を寄越せってことだったんじゃなかろかと、うろ覚えで邪推してしまいます。

    というか農業事業者じゃないと使えないのに賃貸なんですか。小作制度?

  9. >韓国は必死に隠していますけど、基本、共産主義や社会主義の「もどき」ですから。臨時政府は。

    共産主義や社会主義も最近できた思想であって中国の中華思想、韓国の華夷秩序維持の思想が1000年以上あるわけで、そっちの文化的遺伝子の方が強いと思います。キリスト教でさえ反日になるという思想の強さw

  10. 回りくどい言論封殺と言うんですかね。お得意の。パターンは沢山あるけど、これが効くのか、実際。
    日本だと逆にネタを差し出しただけじゃないのかと暫し考えこんで、笑いが込み上げてくる。何でか?ほれ、熱湯ギャグ。押すなよー、熱いんだからなぁ、というやつ。それほど押して欲しいんかい?

コメントは受け付けていません。