韓国の長官、訪日して日本側の誰とも会わず(会えず)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

あまりにも話題にならなくて「あ、そうだったの」な感じしかしませんが、韓国の経済副総理 兼 企画財政部長の人が、訪日していました。2泊3日で。

企画財政部なら日本側で誰かと会うなら麻生太郎財務大臣(兼副総理)になりますが、麻生さんはおろか、日本側の誰とも会わなかった、とのことです。

記事では「会わず」としていますが・・これ、多分「会えず」だったでしょう。または、「会ってもどうしようもない」という見方もできます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ホン・ナムギ経済副首相兼企画財政部長官が、主要20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するために日本を訪問したが、韓日両国の懸案については何の議論もしていないことが確認された。日本側パートナーである麻生太郎副総理兼財務相との会談も無かった。

今回の会議は、今月末に予定されているG20首脳会議に先立ち、主要な問題を事前に議論するための趣旨であり、日程が短いこと、韓日関係に外交的アプローチが優先されることなどを勘案したとしても、梗塞された韓日関係に対する政府の認識があまりにも安易ではないかという疑問が提起される・・>

https://news.v.daum.net/v/20190609173726529

 

会わなかったのか会えなかったのかはともかく、もし会ったとして、何か出来ることがあったのでしょうか。もう長官(大臣)クラスが何か出来る状況でもない、と見ていいでしょう。

国会議員が「冷遇された」で、企画財政部長官兼経済副総理が「会わず(多分『会えず』)」。そして、G20で大統領は首脳会談できず。

少なくとも私がブログ書いてきた10年の間では、こういう日韓関係は初めて見た気がします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

194+

98 Replies to “韓国の長官、訪日して日本側の誰とも会わず(会えず)”

  1. 積みあがった日韓の問題を、国際法に基づき公正に解決することは不可能じゃありません。

    でもその過程で、韓国内で流血事件が多発することは避けられないでしょう。反日運動の取締まりも必要になるでしょう。韓国国民と韓国政府はそれに耐えられるんですかね?

    1. 「韓国内での流血」だけじゃないと思いますよ。
      「日本国内での」および「どこの国でも日本を支持しているとみなされた者への」テロが続発するでしょう。
      親日派粛清の方法論と主導権争いで割れて、内部テロも頻発するでしょう。
      取り締まり切れないでしょうね。

      韓国の政権は、何度も崩壊するでしょう。
      軍部独裁しかなさそうです。
      もちろん難民も大発生します。多分、大方は日本へ。
      その難民の群れに、テロリストが。

      結論1:半島を囲むカベを造る。すり抜けてきた者は強制送還。大甘な対応で済ますとすれば、第二次大戦のときのアメリカの日系人強制収容程度。

      結論2:そういう事になるので、国際法上の公正な解決を、韓国に受け入れさせるのは、とても大変。実質的には不可能に近いです。

  2. 以前の自民党政権ならホイホイと会っていたのでしょうね。今では岩屋毅防衛大臣ぐらいになってしまいましたな。

  3. 今、韓国の首脳は日本ではなく中国に行くべきだと思います。

    中国に行って「我が国はファーウェイを排除しません」と堂々と宣言すれば、「うむ、愛いやつよのう」と今なら一番の舎弟にしてもらえて、ぼっち飯ともおさらばできるはず。

    1. そんなことないよ。
      こんな奴信用ならん。で
      やっぱり石投げる。

      中国人のやる事えげつない。ウイグル人の弾圧見ると本物の石を使って頭に落とす手に落とす背中に落とす死ななくても骨砕く障害残る。共産党みたい。

  4. 親韓政治家と云えども、下手に韓国側と接触したら首筋に薄ら寒い気配を感じてしまうこのご時世。すき好んで危ない橋を渡る物好きはいないでしょうね。ハイリスクローリターンの見本みたいなものです。
    その証拠に、韓国を心の祖国として愛している野党議員の方々でさえ避けて通るんですからね。
    良い時代になったものです。

  5. 別に関係改善なんぞしなくても特に困らない。
    韓国なんて、今では単に、自由主義側の防衛ラインを「なるべく北側へ設置する」だけの役割しかないのだから、それ以外は放置プレイのままで日本にとって問題なし。関係改善してほしければ、手土産として妥当な解決策を自ら掲げて来い。
    その意味で、岩屋は最低限度の「妥協ライン」を示したと言える。まあ、まかり間違って「準交戦状態」にでもなると面倒だから。
    とりあえずそれを防ぐだけの意思疎通があればOK。

  6. 野党の重鎮連中には一期で辞める事が確定している議員一人に応対させ大統領批判を。
    政府の要職者にはカウンターパートどころか誰も応対せず。
    この事自体が強烈なメッセージになっている事を果たして理解しているのかねぇ。

  7. 対北や対中など安全保障面からみて日本は韓国を重視してきた。その為の経済的なサポートもしてきた。勿論、事あるごとに米国が日本に韓国との協調を強制してきたことは事実だが、日本としても戦略的観点から無礼な韓国を許してきた。

    この枠組みが変化してきたということである。つまり、韓国はもはや安全保障上の重要国ではなくなったことを示唆している。米国自身が韓国からの軍事的撤退を想定した動き、つまり在韓米軍の平沢移転を見れば察しがつく。

    日本としてはかような現実を割と優しく韓国に伝えているのかもしれない。会わない、言わない事でそれとなく伝えているからだ。韓国人は往々にしてパニックを起こしやすい。そこを考えての対応であると何故気付かない?

  8. 韓国の場合、大統領の言ったことすら守られないのに、決定権を持たない総理や副総理やなんとか部長官と何をどう話し合ったところで、こちらにとっては雑談以下の与太話(毒入り)にすぎません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません