檀紀4352年

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では、元号を「年号」と言います。

前にも書いたことがありますが、韓国社会には(西暦以外では)そう広く使われる年号はありませんが、「~政権」という言葉だけは実によく出てきます。

テレビニュース、新聞記事、様々なメディアにて、「◯政権~」という言い方が溢れています。基本的には、「彼らのせいだ」にするための内容となります。心理的に、一つの政権を一つの「時代」だと考えているのかもしれません。

北朝鮮の場合はさらに露骨で、「主体(チュチェ)」という年号(元号)を使っています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

金日成氏が生まれた1912年を主体元年にしますが、元号が作られたのがずいぶん後になってから(1997年から)です。当時の北朝鮮は食糧難で配給が急減するなど、人民の「精神」をコントロールする必要が高くなったからです。

ただ、一説にすぎませんが、主体元号は、韓国が、臨時政府の後継者であることを強調し、建国を1919年だと主張するようになったことと無関係ではない、という見方もあります。

 

北朝鮮は金日成氏の存在を「始祖」とすることを、国家のアイデンティティー、すなわち正統性としています。だから、韓国の正統性が1919年からなら、北朝鮮の正統性は1912年からだ、どうだまいったか!とする、ちょっとした対抗意識があったのではないか、というのです。

 

南北ともにあるものの、どちらかというと北朝鮮よりは韓国で愛されている、檀紀(ダンギ)というのもあります。元号とは違いますが、檀君神話という神話の中に出てくる話で、檀君(ダングン)という指導者が古朝鮮を建国した年から今までを一貫した年度表記にしたものです。今年が檀紀4352年だそうです。

これもまた、檀君を韓民族の始祖とする考え方です。臨時政府は韓民族(朝鮮民族)の歴史が本当に5000年に達すると信じていたので、檀紀は国家公式に使われていました。朴正煕氏が、クーデター後の1961年に廃止し、西暦表記を公式表記にしました。

韓国ではいまだ、「檀紀こそが正しい年度表記だ」とし、もっと利用すべきだとする意見が強く残っています。もちろん、「韓民族の歴史は5千年!」と誇らしげに話す人でも、「今年が檀紀何年かわかりますか?」という質問にちゃんと答えられる人はそういません。でも、少なくとも、檀紀に拒否感を示す人はそういません。「だって、始祖だから」ということです。

主体も始祖も、民族主義、特に「一つの民族で一つの国家」という偏屈な臨時政府式民族主義の発現ではないだろうかと、私は思っています。

一つの民族で一つの国家、それこそが民主主義である。それは臨時政府主席、金九氏の持論でもあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

143+

43 Replies to “檀紀4352年”

  1. 朴槿恵も演説で檀君半万年の歴史とか言ってましたよね。

    大統領自らあれを言ってしまうという。

    あの時に思ったんですよ。
    捏造された神話にすがるしかない。
    この民族に未来は無いんだなと。
    哀れな話です。

    1. 確か、ソウルの仁川国際空港に到着すると、「ようこそ、半万年の歴史を誇る韓国へ!」とでかい垂れ幕が飾ってあるのが目に入るとか。
      羞恥心ってものが感じられない。

  2. もともと、三国遺事で創作されたとみられるものを、伝説としてならよいのですが、アノ民族が使いだすとそれこそ反論を許さない絶対的真実とされてしまいとても危険です。なんせ、実態のない光復軍の事績を教科書に載せろとアメリカで運動しているような人たちですから。

    日本の皇紀は、インドネシア独立宣言の年次として使われています。05年8月17日。彼らは日本が降伏したあとも、インドネシア独立のために尽力した日本への感謝の念を示すため、あえて皇紀を使いました。どこぞの恩知らず民族とはえらい違いです。

  3. >一つの民族で一つの国家、それこそが民主主義である。それは臨時政府主席、金九氏の持論でもあります。

    Ein Volk, ein Reich, ein Führer (一つの民族、一つの国家、一人の総統)、Sieg heil(ジーク・ハイル。勝利万歳)という文言が頭をかすめました(どこのとは言わない)。
    韓国ならein Führer がein Präsident(一人の大統領)になるんでしょうが(棒

  4. 遺伝子考古学では、十一世紀ごろを境に、朝鮮半島では、民族の大幅な、入れ替わりが、確認されている。

      1. それは、意外な?結果になっていますよ。

        Y-DNA は男系で受け継がれるのですが、モンゴル系(やツングース系、テュルク系)の Y-DNA のタイプは C-M48 です。これはモンゴル帝国の版図に対応して非常に広がっています。(いわゆるチンギスハーンの遺伝子とされるもの。)
        ところが、韓国人にはこのタイプがあまりありません。C系は 15%くらいあるのですが、ほとんどが C-M48 とは別系統です。

        また、か さんのコメントでは「十一世紀ごろ」なので関係ありません。契丹(モンゴル系?)と抗争していたころのことです。

        1. へー、それは意外です。勉強になりました。
          隣国から圧力をかけられると、すぐに女を貢物として差し出して隷属していたので、結果的に、国内にはY染色体が広がらなかったとか?
          十一世紀と言うと、アジア大陸中心部からモンゴル系諸民族が周辺へ拡大しつつあった時期だろうから、中心部から周辺部(太平洋側)へ向かって押し出されてきた騎馬民族が、朝鮮半島へなだれ込んできたのでしょうか?

          なお直接関係ないですが、Y染色体の血統を将来的に絶やさず残しておくことは、遺伝学上のサンプルとして非常に有意義だと思うので、女系皇族には反対です。おそらく将来、皇室遺伝子の学術的な貴重さが調査・研究対象になる時が必ず来ると思う。

    1. それは、白頭山の噴火で高麗王朝が機能停止した時代ですね。
      しかし、周辺民族の流入と高麗人の人口減少は有ったでしょうが、従前の民族から「入れ替わりに等しい」ほどに、変化したかどうかは、どうなのでしょう。

      何か、信頼できる資料が有れば、教えてください。

  5. 13世紀に書かれた三国遺事により、シナの伝説(神話)の皇帝の尭舜の尭が即位した
    という年から、忖度して50年引いた数というのだから、これが本当なら、
    朝鮮半島国家は建国神話からして事大主義と言わざるを得ない
    こんなものを民族主義思想の教義の一つにするって、哀し過ぎるよ・・
    誰か韓国人に教えてあげて欲しい

    >ウリナラ半万年の歴史
    >https://yabuhebi.exblog.jp/4068346/

  6. そもそもの元ネタのひとつである「桓檀古記」からして、日本で出版されてある程度話題になったため逆輸入されたという・・・

    なんという日帝残滓

    鹿島曻氏も罪深い事したねえ

  7. ことさらに一民族一国家を説かなければならない理由こそ、分裂を繰り返す自民族の性質を実はよく知っている裏返しなんでしょう。

    民族で無理やり拘束しようとする指導者と、それに踊らされながら、頻繁に分裂する民衆。

    調和を民族の要にすればいいのでしょうが、恐らく調和とは諦めだとでも思っているのでしょう。自らの猜疑心に拘束された囚人民族。

  8. 一つ、疑問があるのです。
    王朝の創始者は、自分の先祖に「諡号」を追贈して、「実は自分は何代目かなのであって、我が家系は自分が即位する前に、すでに天命を享けていたのだ」ということにします。

    晋の初代・武帝司馬炎が、祖父司馬懿(宣帝)・伯父司馬師(景帝)・父司馬昭(文帝)と「皇帝の称号」を追贈したみたいに。
    まだ存命中は「皇帝」となってはいなかったけど、事実上「天命を享けていた」という理屈で、死後に「皇帝」に格上げするわけです。

    金日成は、それをしなかったけど、
    今なら「金氏が天命を享けたのは、1870年だった」みたいなことにして、金日成の祖父と父に「皇帝」の位を追贈する、ぐらいのことはやるんじゃないか。
    と思うのだけど、なかなかやらないですね。

    思い切って「我が家系は、新羅王家の『金氏』の直系である」と宣言すれば、西暦紀元前まで遡れるけど、どうですかね?
    朝鮮王朝の初代・李成桂は、本当は何民族かさえ分からないのに、全州の李氏の子孫、という設定にしたらしいですが。

    本家シナに遠慮してるのか。
    統一してからなのか。
    「金氏高麗王朝」を宣言してからなのか。

    1. それをやると、ちょっと危険ですよ。
      皇位に連なる家系が増えてしまいます。(どれだけいるかどうか分かりませんが)金日成の兄弟や叔父の家系。反乱の神輿になりかねません。

      漢の劉邦は父母の諱(母は姓すら)も創りませんでした。それまでの皇帝や帝や王は全て三皇五帝に連なる系図をもっていたのにです。
      劉邦は、それだけ俺自身の実力で天下を獲ったのだという自負が強かったのだと思います。「王侯將相寧有種乎」。

      金日成もそうなのではないかと。
      主体思想の教祖という面もあるのかもしれません。

      1. 「なるほど、まあ危険は危険やろな…」
        「若旦那、若旦那、ええ方法がありまっせ」
        「なんや、またお前か」
        「そないに、邪険にせんといてや」
        「お前が持ってくる話って、ろくなもん無いやないか」
        「あんさん一族以外の金氏を、皆殺しにしたらええんですわ」
        「それやったら、やっとる途中や」
        「え?そら、手回しのええこって」
        「それにな、一族でも、ぼくの子ども以外は、残さん予定や」
        「いやあ、恐ろしわあ、これじゃオチがつかんわ」
        「オチはちゃんとつけたるで」
        「どないして?」
        「金(キム)も金(カネ)も、全部、ぼくが独占すんねん」
        「ええ加減にしなはれ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません