ニューライト

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本文にも同じ文章がありますが、本エントリーは「人」ではなく「派(ニューライトとされる系列)」に関する一般論に対する内容です。同じニューライトでも「個人」一人一人を取り上げるなら人それぞれ意見が違う点もあるでしょうけど、本エントリーではそこまでは書きません。

ニューライト(新保守)をご存知でしょうか。他の国とは違い、韓国でニューライトというと、『極右親日派』ということになっています。

なぜなら、彼らが「植民地近代化論」を主張しているからです。植民地近代化論とは、併合のおかげで朝鮮半島が発展できたとする主張で、韓国ではタブーとされています。

慰安婦を戦時売春の一種だと言ったせいで土下座謝罪させられたイ・ヨンフン教授が、韓国では典型的なニューライトです。彼がどんな主張をしているのかは、関連エントリーをお読みください

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の大手ポータルDAUM(ダウムカカオ)の説明によると、こうなっています。

<・・韓国のニューライトは、経済的には新自由主義(ネオリベラリズム)を標榜し、歴史的には植民史観(※植民地近代化論など)を正当化して、社会的には社会進化論を主張する。結果的に、従来の進歩と、既存の保守が持っている理念の極端な対立そのものを克服の対象にし、実用的な路線で、これを克服しようとする姿勢を標榜している。彼らは既存の保守と進歩陣営どちらも独裁者と排斥した李承晩を国父として崇めるなど、新しい国家主義の正統性を主張しながら、憲法にも謳われている臨時政府の正統性さえも無力化しようとする試みを見せる。

2008年ニューライト全国連合は親日人名辞典編纂委員会と民族問題研究所が発表した「親日人名辞典」に反対の立場を示し、ニューライト教科書フォーラムなどを通じて教科書製作に進出した。 2015年に浮上した国史教科書論争では、国政化を積極的に支持する姿勢を見せた。ニューライト全国連合、自由主義連帯、教科書フォーラム、北朝鮮民主化ネットワーク、市民と共にする弁護士たち、自由主義教育運動連合、ニューライトネットワークなどの団体が活動している・・>

 

本ブログとしては、ニューライトの方々の勇気と識見に深く感謝すると同時に、「だからって全肯定はできない」というスタンスを取っています。

彼らの主張の中で、「併合時代に経済が発展した」、「臨時政府史観はデタラメ」、「反共をもっとしかりしないと韓国は亡ぶ」、「今の韓国社会の慰安婦、強制徴用のイメージは作り話だ」などには本ブログもほぼ異論無しに同意できます。

でも、「反日は左派のせいで、北朝鮮が関わっている」「李承晩こそ国父」などの主張には、同意できません。本ブログとしては、前者は「左派や北朝鮮が関わっているのは事実だが、それだけではない」、後者は「評価できる点が無い。金九よりマシだったとは言える」です。

また、ニューライトが併合時代に対する評価を「経済」に限定しすぎる点も、ちょっと残念です。個人的に、経済だけでなく、まったく新しい「文明」そのものが出来た時期だと思っていますので。同じく、ニューライトも併合を「植民地」としています。韓国のネットでは、ニューライトを批判する目的で書かれた「ニューライトは植民地ではなく併合という」「ニューライトは慰安婦は『無かった』と主張している」などの主張をよく見かけます。でも、これも事実とはちょっと違います。もちろん人にもよるでしょうが、私が知っているかぎり、ニューライトも一般的には「植民地支配」としており、「慰安婦はあった、でも性奴隷ではなかっった」としています。

繰り返しになりますが、ニューライトと言っても人それぞれ意見が少しずつ違うでしょうけど

 

 

もう韓国では、慰安婦、強制徴用など「話題になる」事案で日本の主張を支持すると、その人は「ニューライトだ」と言われるようになりました。その人が詳しくニューライト系なのかどうか、相応の団体に属しているのかなどはどうでもよくなりました。軍艦島などで「強制ではなかった(ビジネスだった)」と主張しているイ・ウヨン氏も、彼がニューライトなのかどうかは明らかではありませんが、韓国ではニューライトとなっています。朝鮮日報の主筆カン・チャンソク氏をニューライトだとする指摘もありますが、個人的にはパッとしません。

さらに、芸能人とかが日本の意見に同調するような発現をすると、その人に関して「ニューライト団体所属」「父がニューライト」などの根拠のないデマが広がったりします。「親日派」レッテルとよく似たような使い方になりました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

141+

85 Replies to “ニューライト”

  1. 日本でもみんなが歴史洗脳されてた昭和の頃、
    「慰安婦は売春婦だった」と言い続けてる人たちが
    いて、それを見聞きした一般の国民は、「頭おかしい極右団体」で片付けて、相手にもしませんでした。
    今から思えばあれはどういう人たちで、今も活動してるんだろうか。

    1.  私の親世代は、みんな知ってましたよ。(※ 父に聞いてみたことがある。)
       なので、基本は軍向けの娼婦なのだが、軍官の一部で強制連行をしていたのかどうかが問題でした。

  2. 日本領朝鮮は「植民地」でよいと思いますよ。古代のローマの「植民地」に近く「属領」や「属州」の方がいいですが。

    1. 本土とは異なる法が適用されていた。
    2. 朝鮮では国政参政権が無かった。
    3. 朝鮮人に本土への渡航制限があった。

    1, 2 は、大統領選挙権を持たない米領プエルトリコなども該当しますからまあいいのですが、問題は 3 で、現代に相当するのは中国の農民籍とか。(悪いとはいいません。どうしようもないから。例えば、もし南主導で朝鮮が統一したら北はこうするしかない。しないなら崩壊する。)

    「植民地」という用語に悪いイメージが強すぎるのが問題ですが、「併合」にしてもナチスドイツによる東欧諸国の併合やソ連のによるバルト三国の併合や中共のチベット併合など良いイメージがあるわけではないのです。
    というか、「併合」は行為であって、「植民地」や「属領」は状態ですよね。
    「大韓帝国を併合して、日本領朝鮮にした」というのが正確なのでは。「ハワイ王国を併合して、米領ハワイ(準州→州)にした」というように。

    あと、当時の朝鮮には併合される(主権を委譲する)資格もないんですけどね。戦わず自ら主権を放棄した統治能力のない人々の住む地域を保護したにすぎなかったのだから。

    1. 欧米の「植民地」っていうのは、(自分達と同等の)人類が住んでいない、野蛮人だけがうろついている未開の地を開拓して、自国から移民が「植民」して、その地で経済生産活動を行うために自国領の外に拡大させた軍事的・経済的な支配領域、って感じです。原則として土着の野蛮人は、野生動物とほぼ同じような扱いだった。
      日本人はそこまで割り切れていなかった。なので、朝鮮領には「植民地」って呼称が合わないと思います。

      >「大韓帝国を併合して、日本領朝鮮にした」というのが正確なのでは。
      その見解に賛成です。状態を表現するなら、「日本領朝鮮」とか、「併合地」「占領地」「外地」とか。
      なお80年代くらいまで、JR九州の大分駅では、列車の進行方向の表示として「内地方面」「宮崎方面」とありました。写真撮っておけばよかったなぁ。
      当時の沖縄とか当然「外地」扱いでした。(今でもかな?)

      1. 植民地の分類について…

        匿名さんの仰る欧米の「植民地」は、アメリカ型ですね。
        「未開の地に、自国の余剰人口を移民させる」タイプ。

        他に、こういう型が有ります。アジア・アフリカ型。
        「現地に国家が成立している場合は、その王朝を倒して、自らが『新しい王』となる」
        「現地に国家が成立していない場合は、勝手に『王である』と宣言する」
        どちらの場合も、植民地を本国の経済圏に組み入れて、利益が本国に流れるように地域経済を作り変えます。
        現地経済は破綻し、住民の貧困化が進みます。
        現地住民の生活向上は、目指しません。むしろ愚民化を進めます。
        現地住民や旧王朝が宗主国の支配に異議を唱えれば、容赦なく「殺し」ます。
        朝鮮人は、日本が朝鮮半島を「このタイプで」支配したのだと、言い張っているのです。

        しかし、いずれの意味でも、日本の朝鮮統治に、「植民地」の呼称は不適切です。
        mottonさんの言う「属領」が、もっとも適切です。
        おまけに、ただの「属領」ではありません。
        しかも現地経済や住民生活の向上・旧王朝の温存など、欧米型の「属領支配」には、あり得ません。

      1. そのような偏見こそ、事の本質を誤らせるのです。
        朝鮮人は、決して「下等種族」では、ありません。

        本性において同質な人間たちの内の「軍事的に優位にある側」が、一方的に「軍事的に劣った側」を支配し、搾取する。
        それが「植民地支配」です。
        「本性において同質」で有る場合だけ、異民族間に、上下関係が成立するのです。

        日本と朝鮮の関係は、それとは似て非なるものです。

    2. 法は本土と同じですね。
      朝鮮に住む日本人にも、選挙権はなかったのです。

      朝鮮を植民地と呼ぶのは間違い。
      当時から日韓併合であり、それを植民地と呼ぶのは朝鮮人に与する歴史の書き換えです。

    3. >motton さん

       「植民地」には2つの意味があると思う。
      1 一つは古代ギリシャみたいに、国外へ入植して作った街・地域。
      2 もう一つは、大航海時代以降の、国外の人々を支配し、本国が収奪経済を行った地域。

       現在の日本語の「植民地」は、主に2の意味で使っていると思う。この意味で、朝鮮は「植民地」ではない。併合が行為だというなら、「併合地域」と呼べばいい。
       motton さんは、1の意味に近いんでしょうが、それは誤解を招くと思います。
       motton さんの定義なら、香港とか、グアムとか、植民地に該当するのでは?

      1. 植民地の定義は、Wikipedia 『植民地』にある「近現代においては、本国政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる法的地位にあり、本国に従属する領土を植民地という」が最も一般的かと。最初のコメントの 1 と 2 です。
        美濃部達吉も「法律上の意義に於ての殖民地」を「国家の統治区域の一部にして内地と原則として国法を異にし」たものと定義し、「朝鮮、台湾、樺太、関東州及南洋群島が此の意義において植民地なることは疑いを容れず」と述べています。

        現在の海外領土や自治領にはそういう地域があります。戦後に国連で植民地が悪いことだとされたので、海外領土や自治領と言い換えているだけです。香港は複雑ですが、グアムは植民地です。

        論点はおそらく 3 つ。
        A. 本土と異なる法が施行されている領土(植民地)を持つこと。
        B. 植民地にする=他民族(他国民)の領土を奪うこと。
        C. 植民地支配=他民族(他国民)を支配すること。

        A は、現在でも一応許されます。
        B, C は許されないので、戦前は「保護」として回避していました。または、自主的な「併合」なら許されました(現在でも一応)。

        グアムは A だし経緯は B。現在 C はありません。
        朝鮮は A で、B は併合でいいとしても、C はありました。(国民であった朝鮮人が許可無く内地へ国内移動したら「密航」なんですから。)

        1. >C. 植民地支配=他民族(他国民)を支配すること。
          その理由が、
          >国民であった朝鮮人が許可無く内地へ国内移動したら「密航」なんですから
          って、ちょっと飛躍がありはしませんか?
          では、内地人は、許可なく自由に、台湾にも朝鮮半島にもどこへでも自由に移動できたのでしょうか?
          移動に制限を課している(しかもおそらく将来的には撤廃を視野に入れていた)だけで、「他民族を支配している」とまでは言えないと思いますが。

          1. 渡航制限+朝鮮では国政参政権が無い ≒ 事実上朝鮮人に国政参政権が無い
            国政参政権を持つ本土日本人が朝鮮人を支配している構図ですよ。これが併合の目的なのだから当前です。

            表向き「併合」としたのは、欧米列強への建前でもあるのですが、朝鮮人の名誉のためでもあるのです。
            国家経営能力の無い非文明人の朝鮮人を「保護」する(=主権を制限する=支配する)ことが目的なのですが、「併合」とすることで文明人として扱ったのです。
            (未だに条約も守れない非文明人なんですけどねえ。)

          2. 朝鮮人が日本本土に来れば、選挙権もあり被選挙権もある。
            朝鮮人の議員すらいたわけで。こんな植民地が、世界のどこにあるのかと。それを無知なので知らない訳ですよ、残念な人はね。

            韓国がやりたいのは、植民地であって強制労働させられたという神話なのです。
            それにあれは植民地だったなどと与するアホな日本人がいて、その馬鹿どもが問題を難しくしているのです。

          3. 基本、朝鮮から日本本土への移動は自由だったはずです。
            日本が不況だったりで「説得して日本に渡らないようにしていた」のだから。

            > 日韓合併以前に於ては明治三十二年勅令第三五二号の規定に依(よ)り朝鮮人労働者の内地渡来は事実上阻止されて居たが、日韓合併と共に朝鮮人労働者の内地渡来は自由となり、大正二年末僅(わずか)に三六三五人に過ぎなかった在留朝鮮人は爾来(じらい)漸次増加して大正七年末には二二四一一人に達した。

            普通、「植民地」と言えば「宗主国に搾取される側」とイメージします。
            学問上の定義が別であるなら(詳しくは知りませんが)、その定義を明確にした上で議論を始めないと混乱します。

            似たようなことは「侵略戦争」にも言える。
            話が広がってしまうけど(だからここは流してネ)、
            「満州事変は侵略だった」説を(今の)私は採りません。
            「挑発もされずに攻撃する」ことを侵略の定義だとする論に依拠するからです。

            話を戻して、
            「日韓併合により韓国は日本の植民地になった」
            とすると、普通は「韓国は搾取され、人権弾圧があった」的に捉えられるので、
            私は「コロニー(植民地)ではなくテリトリー(領域、併合)で、インフラ整備などをし、奴隷を解放し、教育や医療、治水、林業など発達させた」などと素人さんに説明します。

            議論する前に、定義を明確にしておくことは、無駄なエネルギーを浪費することを防ぎますw

          4. 引用箇所

            司法省刑事局資料書き起こし
            出典:1973(昭和48)年 東洋文化社 社会問題資料研究会 「朝鮮人の共産主義運動」 司法省刑事局 昭和十五年一月「思想研究資料」 第一章 内地在留朝鮮人の一般的概況

            の孫引きです。

            ttps://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

        2. >motton さん

           一般論として、普段、「植民地」と言う場合、
          motton さんのいう B C の意味で使っていると思います。

           朝鮮を植民地と呼ぶと、 B C の意味で解釈されてしまうと思います。

          1. 植民地という言葉、そんなに拘って定義しても日本の外では一緒くたになっちゃいませんか?

            植民地は colony ですが、例えば日本人街などと言う場合も Japanese colony ですよね。
            a colony of artists で芸術家村だったり、ハチやアリの巣やペンギンの群生地も colony です。

            イタリア語だと colonia marina で臨海学校、普通にキャンプの意味に使います。

            ローマの属州の意味にも使われるラテン語の colonia は colo という「耕す」「居住する」「生活の糧を与える」という意味の動詞から派生した言葉です。

            日本で植民地といえば、被支配地という意味一択の単語ですが。
            ラテン語から派生した言葉を使っている地域では、広く「群れ」の状態を表す意味に使われています。
            悪いイメージはない筈です。

            ちなみに大聖堂で有名なドイツのケルンは、ローマの植民地( 属州 ) colonia で、そこから転じてKöln。
            イタリアでは、この街の名は今でも colonia です。

  3. 社会進化論っていつ頃のなんでしょう。社会の進歩と進化論の合体でマルクス主義や優性論に行きついたものかと思うんです。正しいものは常に一つの韓国ちゃんの傾向からすると、碌なもんにならない気がして仕方ないのですが。

    進歩とはこれだと決めつけて、それ以外は淘汰されるべきとか如何にも言い出しそう、というか好きそうですね。

  4. 李承晩は…物資の横流し、虐殺等々してましたからねぇ
    おまけに負けてたら真っ先に逃げようとしましたし
    悪いけれど控えめに言っても上に立つ人間として相応しくない

  5. シンシアリー“極・右曲がりのダンディ”

    ニューライト?まだまだ、だな。
    曲がり方が足りないw
    曲がるならしっかり曲がれ、覚悟が足りない!
    俺を見ろ、ほーら、こんなに曲がってるぞw
    スーパーライトだ!(タバコか?!)

    ってところかw
    (私はミディアムが好きですw)

  6. 朝鮮が植民地だったかどうかはどうでもいい。
    良くないけどどうでもいい。

    世界中で植民地支配を受けた事のない国なんておそらくどこにもない。
    イギリスですら歴史に残ってないだけで別の名前だった頃に支配されて民族が再編成されて支配する側に回りの繰り返しだったはず。

    韓国の問題は植民地だった事に意義や価値観を感じている事で、侵略される事に意義なんてない。
    自分たちが弱かった。負けたという事実があるだけ。

    1. 歴史に残ってますよ。
      イギリスは、43年のクラウディウス帝の遠征によって、( 全島ではありませんが )ローマ帝国の支配に組み入れられます。
      ブリタニア属州と呼ばれていました。

      元々ブリタニアにいたのはケルト系のブリトン人ですが、ローマが去った後には、ジャーマン系のアングロ人、サクソン人、ジュート人等が侵入してきて地獄と化しました。
      そんな苦難ののちにアーサー王が登場して全土掌握するとなっているのですが、そこはまあ伝説です。

      こういった異民族混交の名残りが、
      Great Britain 偉大なるブリトン人の
      England アングロ人の国
      という名前にも見られます。

      イギリスが EU 離脱で揉めてることの一つにアイルランドとの国境問題もありますし、なかなか一筋縄ではいかないですね。

  7. 歴史をそのまま受け入れて伝えてこなかった全ての朝鮮人が悪い。
    今さらどんな主張をしようが今の韓国人にすんなりと受け入れられる訳がない。
    そのニューライトさん(笑)は、竹島についてはどんな考えなのでしょうか。

    1. 「韓国政府は独島が歴史的にその固有の領土であることを証明するために国際社会に提示できる客観的証拠を持っていないのです。もし国際司法裁判所で裁判が開かれたならば、公平無私の裁判官たちはそういうふうに判断するのは明らかです。」という考えです。

    2. 誤解しやすい展開になったようで、少しコメントを加えます。

      「日本には日本なりの資料がある(アン・ビョンジク氏)」など、他の韓国側の主張に比べると遥かにマシなのは事実です。

      しかし、

      「キム・ジャンフン氏の独島関連運動を積極的に支持したい(ニューライト全国連合)」

      ttps://entertain.v.daum.net/v/20110413182319425

      「対馬は韓国の領土/独島はウリの領土で別の説明は必要ない(ニューライト教師連合)」

      ttps://news.v.daum.net/v/20080718105114569

      など、ニューライトとて主張の根幹はそう変わっていません。

    3. そうですね、ニューライトの中でも(もちろん全韓国民の中でも)上のようなことを言っているのはイ・ヨンフン教授だけです。

  8. 学問というのは利害とは別の所にあるべきで、その点朝鮮人の議論を観るとつくづく学問に不向きだと感じます。
    また「正しいことを言う」というよりも「嘘をつかない」だとか「現状検証出来得る事実に基づく」だとか「意見立場の異なる人とも対話して自分の認識を常に相対的に扱い、その自説の敗北さえも新たな認識に自分が到達できる喜びをより重視して歓迎する」というモノであり、「今正解を言う」のとは違うと思います。過去の研究成果という巨人の肩の上に乗った小人である自分、とかそう言う意識がなさそう

    1. >(学問というのは・・)「嘘をつかない」だとか「現状検証出来得る事実に基づく」だとか「意見立場の異なる人とも対話して自分の認識を常に相対的に扱い、その自説の敗北さえも新たな認識に自分が到達できる喜びをより重視して歓迎する」というモノであり

      それは、文系学問にとっては、完全にあてはめるのは難しい考え方です。
      社会に対する認識とか、基本的な道徳哲学とかがある程度共通の基盤に立っていることを前提として、初めて成立する話。
      だからこそ、日本と韓国の間では成立しないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません