「正義に損があってはならない」とする歪み

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本の海外直接投資が増えています。1~3月基準で日本の海外直接投資総額は1015億9000万ドルで、去年同期間(379億ドル)より167%以上も増えた、と。OECDはもちろんや中国ベトナムなどアジアでも増えたのに、その中で韓国だけが去年より6.6%減少した(6億3000万ドル)とのことです。

この件でいくつかの記事を読んでみたら、ニュース1の記事(の題)に「報復」という字がありました。

『強制労役賠償判決報復?日本、韓国の投資縮小有価証券売却』

https://news.v.daum.net/v/20190613111738999

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

朝鮮日報や中央日報の記事はそこまでじゃないにせよ、結局は「徴用賠償判決のせいだ」「このままは両国に損になる」「実用的未来志向で行こう」な内容で、使う言葉は無いにせよ、どことなく「報復っぽいニュアンス(日本が韓国を攻撃している)」はあります。

あの最高裁判決が影響したのは事実でしょう。でも、この結果は報復ではありません。判決そのものが、「リスク」だったからです。露骨な投機資金でもないかぎり、リスクがあるところからお金が離れていくのは当然でしょう。

 

そもそも「韓国が正義を言い出すと、いいことはなにもない」と本ブログは前から書いてきましたし、あの賠償判決は正義でも何でもありません。

ただ、韓国が本当にそれを「正義」だと信じているなら、せめて「自分の正義を行うことで、自分が損を被ることもある」ことだけでも認めると良いのですが、韓国はその点すら認めません。

自分にとって正義なのが、他人にも正義だとは言い切れません。最初から全員に適用されることを前提にした「法」なら、その法を守ったことで一方的に損をすることがあってはならないでしょう。でも正義は人それぞれ違うし、だから人が自分の正義を行うことで損をすることもあります。

韓国社会全般に言えることですが、正義(本当は私欲にすぎませんが)を行って何か思わしくない結果になると、誰もがそれを「私の正義に問題があった」とは思いません。「まだ私が弱いからだ」とします。悪が強すぎで、こんな結果になった。仕方ない。いまは悪に合わせてやろう、というのです。

「報復」や「実用的未来志向」という発想も、それと似ている気がします。

あれは正義だった。リスクなんかじゃない。あの裁判結果にリスクを論ずるのは、悪だ、と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

101 Replies to “「正義に損があってはならない」とする歪み”

  1. 「正義」とは普通の成熟した法治国家では法理念(匡正的~、配分的~、手続的~)のことです。

    一般人の方や韓国における「正義」という言葉は実は「善」や「独善」に近い意味で使っているため混乱するのです。

    つまり正義の実践とは悪をやっつけるカッコいいもの、ではなく単に「法律を守る」という退屈で極当たり前の行為です。

    ここを韓国人の方々は理解してないから「法が上か、いや正義の方が大切だ」などとトンチンカンな議論が起こるのかと。

    正義の女神像が、目隠し、片手に秤、もう片手に剣を持っていることからもイメージ出来ませんかね?

  2. >匿名さん
    >『和を以て貴しと成す』の本来の意味は、「議論して理解し合うこと」だ。
    >そのように現代人としては考えたいところですが、残念ながらそうじゃない。その、聖徳太子による憲法第一条の条文には、「議論」も「理解」も出てきません。
本来の意味は、「和が何よりも貴い」つまり「喧嘩も、議論も、とにかく対立を起こすことなく、仲良くして事を丸く収めるのが一番である」ということでしょう。
その教えを忠実に守った日本人だからこそ、今でも議論や自己主張が苦手という訳です。

    違いますよ。
    第一条 〜第十七条まで、全部よんでみてください。

    『和を以て貴しと成す』の後に続いている言葉が、
    『和を以て貴しと成す』の補足説明をしています。
    そもその憲法十七条は、現在でいう日本国憲法と違い、
    官僚達に向けた役人心得です。

    第一条 
和を以て貴しと為し、私意をほしいままにして乱してはならない。 
人々は皆、私党を結んで相争い、党利に偏して公を忘れ、一族一党の利害を超越して真の利害を知る者は少ない。 
故に君や親を軽んじ、近隣郷里と相違う。 
然れども、上の者が和を以て下に接し、下の者が親しみを以て上に接して事を為さんと致せば、自ずから道理に通じて人情にかなうものである。 
どうして成らざる事があるだろうか。
    そして第十七条
    国家の大事は独断せず、必ず皆で合議せよ。 
些事は軽き故に必ずしも合議せずともよし、されど大事を論ずるに至っては、少しの過失有るを恐る。 
故に皆で十分に論議を尽くすべし。 
さすれば、その結論は必ず道理に通ずるであろう。

    つまり聖徳太子のイワンとしていることは、役人同士で、上の者は下の立ち場を考え、
    下のものは上の立ち場を理解し、自分の意見ばかりをいわずに、相手の立ち場を考えてことをなせば、道理にも人情にも通用する。と、いってます。そして最後の十七条で、
    「大事なことは、ひとりでかってに決めないで、みんなで十分に議論を尽くして決めなさい。そうすれば、その結論は必ず道理に通ずる」

    と。聖徳太子のことを「話し合い教」といった人がいます。
    第1条と第十七条を合わせればまさに
    「相手の立ち場を理解して、十分に議論をつくして、重要なことを決定しろ」
    です。

    1. >違いますよ。
      >第一条 〜第十七条まで、全部よんでみてください。

      私としては、元スレの発言者と同様に、とりあえず第一条の意味するところだけを話しているつもりなのですが。全条文についての解釈論ならばまた別の話ですね。

      >『和を以て貴しと成す』の後に続いている言葉が、『和を以て貴しと成す』の補足説明をしています。
      >第一条 和を以て貴しと為し、私意をほしいままにして乱してはならない。人々は皆、私党を結んで相争い、党利に偏して公を忘れ、一族一党の利害を超越して真の利害を知る者は少ない。故に君や親を軽んじ、近隣郷里と相違う。然れども、上の者が和を以て下に接し、下の者が親しみを以て上に接して事を為さんと致せば、自ずから道理に通じて人情にかなうものである。どうして成らざる事があるだろうか。

      その「第一条の後に続く言葉」を現代語に翻訳していただいても、「議論」も「理解」もどこにも出てこないと思いますね。ここで聖徳太子が言われていることは、「各々が勝手な主張をしなければ、物事は『自然』と『道理』に納まり皆の気持ちにかなう方向で決定するものだ」ということですよね。ここではむしろ議論することを否定的に捉えている。
      もちろん、聖徳太子が偉大な思想家であり、その哲学は現代に至るまで多くの日本人の考え方の基盤を形作っている思想の一つだと思いますよ。ただし、この第一条に記されていることは、「互いに議論して相互理解することの重要さ」ではないと考えます。

  3. いーや、そもそも韓国には
(正義)という概念が存在していない。

    >「正義に損があってはならない」とする歪み
    わけではなく、そもそも正義が存在していない。

    最初に(日本からお金を巻き上げたい)ことが目的であり、その手段として、被害者ぶって、
    いいがかりをつけて、お金をたかろうとしているだけ。
    この行為を、恥知らずにも韓国では(被害者ビジネスは正義)と呼んでいるだけ。

    ですから「損があってはならない」だけなんですよ。
    普通にゆすり行為なだけで、正義のかけらもございません。

    韓国は、官民まとめて、
    約束も法も守らない この民族のどこに正しさがあるんだよ。

    1. 韓国には、正義という概念は存在していますよ。
      民族優越思想の韓国では、優秀な韓民族が指導民族となることが正義なのです。

      それ故に、アジアの指導民族となっている日本は罪人なのですよ。

      1. >民族優越思想の韓国では、優秀な韓民族が指導民族となることが正義なのです。
        いやはや、そこまで自信を持って国際意識に徹底して行動できるのであれば、むしろ感心するのですが。

        むしろ、3つ下のコメントにある通り、
        >自分の利益になることが正義で、不利益になるのが悪という価値観だから
        の方が自分としては納得できますな。と言うか、そうとしか思えない。

  4. いーや、そもそも韓国には
    (正義)という概念が存在していない。

    少なくとも、韓国以外の国でいわれている
    (正義)は韓国にはないんです。

    韓国は(被害者=正義)だとしているだけ。
    加害者が悪だとしても、被害者が(善)(正義)ではないんですよ
    他の国ではね。(なんにも悪いことをしてないのに被害にあった)
    としても(正しいことをしていた。善の行ないとしていた)とは限りません。

    韓国では、相手を悪だと決めつけると、自分が(善であり正義)になれると
    考えています。悪をやっつけるのが善。けど、そんなのはマンガの世界だけですよ。

    神の使徒となって、悪を倒す=正義のヒーロー

    でも現実では、相手が間違っているからといって、自分が正しいという事にならないし
    どちらも被害者だったり、どちらもが加害者だったりします。
    弱者が正義という根拠にはならないんです。

    少なくとも、徴用工裁判でいえば、
    大企業は、立ち場的には強者で、労働者は弱者でしょうけど
    求人募集に応募して、大企業が雇用しきちんと賃金を支払っていたなら
    大企業は正義です。

    けど戦争に負けて、
    軍票の価値が紙くずになった。
    あるいは日本の金の価値が暴落して紙くずになった。
    企業そのものが、空襲で焼けて、雇用主ごと消滅したり
    戦後の財閥解体を強いられて、企業が消滅して賃金の支払いがなかった。
    という様々なケースが発生しました。

    大企業の場合は、財閥が解体されても、その後で再建されています。
    中小企業や零細企業は大空襲で焼けて、社長一族全員が死んで、
    再建もされなかったケースも多い。

    だからこそ、日本政府は敗戦の責任をとって、北の分も含めた朝鮮人の未払い賃金を
    試算して、全額韓国政府に支払い(これにて完全解決で、今後韓国政府は日本似たいし、請求しない)という
    国際条約を締結した。
    この状況で、悪なのはまさに韓国政府。
    観国民に、日韓基本条約の内容を非公開にし、当時の金で未払金の約1800億円を受け取っておきながら
    2回に渡って財団を作って、未払金を韓国人に支払ったものの、約58億円しか渡さず
    残りをインフラ整備に使ったわけです。

    この場合、未払金を踏み倒された韓国人労働者は、確かに被害者ですが、
    全額支払った日本政府はまさに正義(法を守り約束を守った)。悪は韓国政府。

    なのに、悪である韓国政府を非難せず、正義の日本政府と日本企業を攻撃している時点で、
    韓国人の労働者はまさに被害者でありながら悪人なんです。

    少なくとも、日本人の立ち場からいえば、韓国政府も、韓国人労働者も悪人ですよ。

  5. 失敗は成功の基!

    は韓国にのみ通じない。自分の失敗を認めず、他人のせいにし、当然反省もしない。永遠に成長しない構造である。
    このままでは、国際社会から落伍するに違いない。

    どうしてこのような国が存在し得るのか?不思議でたまらない。
    恐らく、文大統領のような人ばかりではないのだろう。

  6. 自分の利益になることが正義で、不利益になるのが悪という価値観だからじゃないでしょうか?

  7. 韓国が思想教育を廃しさなければ
    韓国リスクは残ったままですよね
    慰安婦像、レーダー照射、徴用工判決、その他もろもろ侵しておいて
    徴用工だけ正して元通りになろうとかいう根性が気に入らないのです

  8. 良いことや善いことをするのにいちいち正義の必要はないわけで。

    そうでないことをゴリ押しする時にこそ大義名分が必要だから
    正義をのたまうわけで正義を口に出す連中は胡散臭いのばっか。

    目指すべきは、問題解決に正義が必要ない社会であるべきです。

  9. 正義って、たとえ自分が損をしてでも守るべきものでしょう?
    「(長期的に見て)損があってはならない」のは商売ですよ。ずっと損をしていたのでは、その商売は成立しない。
    つまり、韓国では「商売になるから正義の行動を取る」ってこと?
    何とも小賢しいヒーロー像だな。少なくともハリウッド映画にゃなりそうにない。あれほど日本のアニメを見ていて、いったい何を勉強したのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません