金正恩氏、習近平氏に「仲裁(提案の仲介)」頼むか・・文在寅氏の立場は

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

テ・ヨンホ氏が、習近平氏の北朝鮮訪問の件で、「金正恩は習に仲裁(案の仲介)を頼むだろう」と予想しました。

いまの米中関係で仲裁がうまくいくのかも気になりますが、文在寅大統領の立場がどうなるのかも気になります。聯合ニュースから部分引用します。

<太永浩(テヨンホ)元英国駐在北朝鮮大使館公使は、金正恩北朝鮮国務委員長が訪朝する習近平中国国家主席を介して非核化に関する新しい譲歩案をドナルド・トランプ米国大統領に渡すだろうと見通した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

テ・ヨンホ元公使は19日、東京で毎日新聞とのインタビューで、習近平氏が20〜21日北朝鮮を国賓訪問することについて言及しながら、このように予想した。

テヨンホ元公使は、金委員長は、非核化に関する北側の新しい案を習近平氏に説明し、トランプ大統領に伝えてほしいと要請するだろうとし、習近平氏を米国との仲介役として立てようとするのが金委員長の考えだと分析した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190620093559950?f=p

 

何度かお伝えしましたが、このシナリオ、韓国の文在寅大統領が心待ちしていたものです。

「トランプ氏の訪韓前に、南北首脳会談ができる。そのあとに文氏がトランプ氏に会って、南北首脳会談で話し合った内容を仲介する」。

なのに、G20前になんと習近平氏が訪朝、G20でトランプ氏に仲介するという話になりました。

北朝鮮の「新しい案」とやらがどんなもので、どんな結果になるかはまだわかりませんが・・文在寅氏がやる(やりたいとおもっていた)ことがもう一つ霧散されたことだけは確かなようです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

141+

90 Replies to “金正恩氏、習近平氏に「仲裁(提案の仲介)」頼むか・・文在寅氏の立場は”

  1. 中国は北に最も直接的な脅威も利益も与えられる国だからな。
    脅し賺して北に非核化を飲ませることができれば、米国の対中潰しを止めさせる為の大きな材料にはなるだろう。
    まぁ、米国が「北の非核化」ごときの為に、中国潰しを断念するとは思えないが、選挙の為に一時的妥協ならする可能性は充分にあり、そして中国なら民主主義国家における「一時的妥協」の価値はよく知っているだろ。
    ただ、北も今では「中国の恩も怖さも体感してない」坊ちゃんが、完全独裁してる国だからな・・・大人しく中国に従うかどうか。

  2. てっきり習近平は香港デモにビビって避難したかと思ったけど、一応、やることはあるのね。
    でもうまくいってもいかなくても、そんな大して影響はない気もするしなあ。

    1. 香港・台湾・チベット・ウイグル…米国との対立は中国の分裂を加速させるだけです。米国と戦う前に中国共産党が崩壊するのは確実ですからね。
      北朝鮮を取り引き材料にして米国を懐柔したいでしょうね。
      米国が乗るとは思えませんが、利用はするでしょう。

  3. 北朝鮮が核を放棄しなければ、米国は間違いなく北朝鮮を軍事攻撃します。
    仮に習近平が今回の訪朝で北朝鮮支援を表明するなら、近い将来起こるであろう米朝戦争は、そのまま米中戦争に発展する可能性が出てくることになります。
    そして、米中が軍事衝突となれば、間違いなく中国は内部分裂を起こし、中国共産党は崩壊するでしょう。

    中国が、米国と軍事衝突する可能性があることを承知で、北朝鮮を支援するとは思えません。

    結論を言うと、近平は北朝鮮の非核化を促すことで米国との緊張緩和を図り、尚且つ朝鮮半島の支配を確立したいのではないでしょうか? 在韓米軍の撤退縮小も中国の思惑に追い風になっているように思います。

  4. 朝鮮半島運転者論がもはや懐かしい響きだ。朝鮮メディアはもちろん、日本のメディアも日本は蚊帳の外、仲間はずれで孤立とか言っていたが、ブンブン以外には誰も蚊帳の中に残っておらず、「そして誰もいなくなった」状態だ(笑)w韓国だけ蚊帳ではなく、檻の中にでも閉じ込めておけばいい。

  5.  新しい案と言っても一丁目一番地が米と北とでは違いますから、大統領選挙までの延命策、ようするに時間稼ぎだと思います。政権が変われば取り巻く情勢も変わりますから。

      そもそも仲裁というのは利害関係のないところがするものです。中国が入った時点で仲裁ではなくて取引だと思います。そして取引材料にたいしたものがないので伝えるだけに終わるのではないでしょうか。

     そして北朝鮮にとってそれでいいのだと思います。民主主義国家の最大の弱点は政権が変われば、政策が変わることです。ボルトンがいる今の米首脳では米の突発的軍事行動に「待った」がかかればいいのだと思います。
     

    1. そうなんですよね。アメリカの突発的軍事行動さえ抑えられれば、北朝鮮は戦術的勝利は得られる。

      時間が解決するという中華思想独特の戦術です。
      大局観という、日本が一番苦手とする戦術でもあります。

      安倍ートランプという、彼らに一番不都合な時ですから、中華は韜晦に徹するのですよ。

      1. 北はともかく、中共は多分無理筋だと思いますよ
        とういうのも、おそらくはエスタブリッシュメントが対中強硬戦略に舵を切ったと思われるので

        1. 日本と同様に、アメリカの一般国民がCNN、チャイナニュースネットワークの嘘に騙されなくなってきたからだと思うけど。

          まあアメリカ資本は、日本の経団連のように、国を売って金を稼ぐ性格じゃないだけまだマシだが。

          1. そうですねぇ
            ペンスが来日した時安倍首相にその直前訪中した経団連の事も含めて、ファーウェイのことその後の展望等も釘さされてると思います(天安門の時は結果的におそらくは経団連あたりからの要請で陛下が政治利用されたわけですが)

          2. あと、中国も習政権単体で考えた場合は引くわけにはいかないという事情もあるので(理由は、日米貿易摩擦の時に日本が譲歩した結果ITそのた諸々の事で現在まで尾を引いている。日本は国防を米国に頼らざるを得なかったから。中国は譲歩して構造改革した場合に内政がガタガタになって習政権はおろか、中共そのものの存在が危うくなるという恐れがあるので、どこまで譲歩できるか譲歩しないのかの見極めが難しい)

      2. >時間が解決するという中華思想独特の戦術です。

        どアホw

        じょんうんにどれだけ時間があるよ?
        天寿を全うして30年?
        糖尿や通風で若死にすると思うけどなw

        中華思想の「時間」は、半世紀から世紀単位だよw
        モノサシも狂ってしまったかw

        1. 中華思想の「時間」って、中国人の現世利益の思想と全く合わないんですよ。(自分に利益がある祖先や子供のために何かしても、自分に利益がない将来の子孫のためには何もしない。)

          変だなあと思っていたのですが、おそらくフィクションなどで伏線の後付けでドヤるのと一緒です。あと責任放棄の言い訳。
          中華思想の信者は騙されますがね。そんな凄い大局観があるなら、異民族に支配されたり大躍進とか文革とかやらかす前に何とかしろっての。

          1. はい、同意しますw

            結局、「責任逃れの棚上げ主義」w
            先送りでしかない、と考えます(中華思想とかよく知らんけどw)。

            「簡単にまとめたい」派なんで、
            (以前書いたけどw)
            酔っ払って乗ったタクシーの運ちゃんに、
            「中華思想って、『ナカ(中心)が華って書くでしょ?
            自己中心主義つーか、自国中心主義つーか、世界の中心だという考えですねん!」(言い切り)

            って言ったら一発で理解してくれたw

            同時に、「言葉(口)だけで実態がない」ので、「いつか見てろよ」な思想でもある(と勝手に理解)。
            見た目だけのマネであるし、それで良しとする考え(だと勝手に理解)。

            だから、(中身は)先送りの無責任なのだ(と勝手に理解)。

    2. >最大の弱点は政権が変われば、政策が変わることです。

      変わってしまうととらえるのか、変えることが出来るととらえるのか…

      逆に、変わらないこと、変えられないことが強いことなのか?

      制度だけでどちらが強いとは言えませんよね。

      例えボルトンさんのような人がいても、突発的な事態なんて起こらないと思います。ある意味、ボルトンさんが今のポジションにいることが必然なんでしょう。

      突発的に見える事態はあるかもしれませんが、いつ突発的事態が起こってもおかしくないと思える時点で、それは突発的事態ではないですよね。

      1. 民主主義(合議制)のメリット、安全弁でもあります。
        最高権力者は存在するが、絶対君主、独裁ではないのです。

        メリット、デメリット両方ありますが、チャーチルが言うように、(、、なんだっけw)
        「民主主義はどーたら」ってヤツw

        ベストじゃないかもしれないけど、独裁より良いとかなんとかw

        トランプにしてもボルトンにしても、好き勝手はできないわけです。

        1. >これまでも多くの政治体制が試みられてきたし、またこれからも過ちと悲哀にみちたこの世界中で試みられていくだろう。民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。-ウィンストン・チャーチル

    3. >民主主義国家の最大の弱点は政権が変われば、政策が変わることです。

      もし中国や北がこう考えていたら滅ぶよ。

      民主主義国家は、政策を変えるために政権を変える。
      政権により濃淡はあるけれど、基本政策は環境が変わらないかぎり変わらない。だから暗殺などで政権を無理やり変えても意味が無い。

      独裁国家こそ、独裁者が変われば政策が変わる。
      前の独裁者を否定するために必要な政策を変えることすらある。暗殺が有効な選択肢になる。

    4. >最大の弱点は政権が変われば、政策が変わることです。

      という書き込みに数々のご意見ありがとうございます。熟慮しましたが、弱点は弱点なのでの箇所に問題はないかと考えます。
       他の制度との比較論にすればいろいろなご意見が出ます。民主主義国家では弱点もまた長所になりうる場合も多いかと思います。
       私は制度比較の視点で弱点と行っているのではないです。たんに敵手から見た場合の弱点です。

       「アメリカの」と書いていればこういう論争を避けられたのを「民主主義国家の」と書いてしまい、表現における頭の悪さを反省しております。ご寛恕くだされば幸いです。

  6. 北は中国が本気で仲裁してくれるなんて思っていないし、中国も北が本気で仲裁を依頼してくるとは思っていないと、私は思います。

    ホント、なんのために行くんでしょう?

    でも、曖昧なまま行われる中朝会談にヤキモキしてしまう韓国が一番惨めかも。

      1. 馬鹿は相手にしないニダなどとコメントしつつ、煽り返されてファビョる馬鹿七誌はミジメだねぇ(棒)

  7. 習はトランプ大統領にファーウェイ排除阻止の交渉で手一杯でしょう。香港デモも、延期発表の翌日に廃案にしているし、北の譲歩案など伝えたら、決裂します。金正恩の譲歩案を聞いておいて、核施設にはスパイが入り込んでいるから、スパイを見つけるために人民解放軍を入れるように説得するかも。
    別にその人民解放軍を北のために使おうが、米国との交渉のために使おうが中国の都合しだいだし。
    弱者利用するのは共産党の十八番です。

  8. 北は南の上、中は北の主人
    だから、南なんかには頼むはずがない
    南は初めから北のもの
    習お父さん、どうしたらいいのかな? 金

    「調子に乗りすぎていた。ともに滅ぼうではないか、なあ息子よ」
    (おぇ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません