韓国の「いわゆる強制徴用賠償判決」の真の意図は

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ソウル新聞の記事ですが、「韓国は、いわゆる強制徴用判決をどう評価しているのか」がよくわかる内容の記事がありました。

もちろんソース記事は併合時代について本ブログ(併合時代は合法)とは逆の解釈(併合時代は違法)をしていますが、「韓国が何を考えているのか」については、いままで本ブログで書いてきたものと同じ見解となります。

ここまでハッキリ書いてある記事も珍しいので、引用してみます。

 

<・・昨年、最高裁は、強制動員被害者の救済が請求権の問題を超えて、日本の不法植民地支配による損害賠償のカテゴリに属する​​問題であることを確認した。これは、植民地支配の起源をなす協定と条約が当初から無効なので、植民地支配そのものが違法だったことを前提としている。1965年の日韓基本条約で韓国政府が主張する解釈である。日本は、1910年に及ぶ協定と条約は有効だったが、1948年の韓国政府樹立で無効になったという解釈に立っている。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最高裁判決は、その解釈の違いがもう許されないことを確認したものだった。さらに最高裁は請求権経済協力の対価性かどうかが不明であるため、請求権協定に強制動員に起因する損害賠償の問題を解決したとは難しいと判断した。

最高裁判決は、両国政府が基本条約と請求権協定の解釈を一致させ、植民地支配の不法性を確認するよう韓国政府に要求している。韓国政府が最高裁判所の判決を尊重するなら、1965年体制の限界を最終的に乗り越えるための外交努力に乗り出すべきである・・>

https://news.v.daum.net/v/20190624033650554

 

<最高裁判決は、両国政府が基本条約と請求権協定の解釈を一致させて植民地支配の不法性を確認することを韓国政府に要求している>。言い換えれば、韓国政府が主張する「裁判結果を尊重する」は、「併合時代を違法にするために努力する」という意味になります。一行で実にうまく現しているな、と驚きました。

基金だろうが何だろうが、韓国のこの要求はこれからも続くことでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

164+

79 Replies to “韓国の「いわゆる強制徴用賠償判決」の真の意図は”

  1. AとBが主張の違いで争いになった場合に誰かに仲に立って仲裁してもらうか、裁判所のような公的な機関に判断をゆだねるかのようなケースが考えられますが、国と国との場合はたいていうまくいきません、だから国際紛争が絶えないんです、日韓の場合も韓国はどう考えて今のような態度をとるのかはわかりませんが、日本は韓国との紛争も視野に入れるべきです、少なくとも経済状況が思わしくないのに750万人も日本に来て金を落としてる場合ではありません、日本国は韓国を敵国と認定すべきです、友好国ではありません。

  2. シンシアリーさんへ

    この記事はその通りだとして、韓国にとって、この動きに出てきた事が有利に働くとお思いですか?

    韓国の意図はわかります。確かにそうでしょう。しかし、曖昧だから駆け引きできてきたのに、国際法の法理論で戦うことになり、それは韓国の負けを意味します。

    これまでは表向き、
    「我々はとても傷ついた。だから、これくらいは譲歩してくれ。」
    だった。日本人は優しいから、これに付き合ってくれた。
    しかし、今度は
    「お前は法律違反を犯した。だから、賠償せよ。」
    に変化した。

    これで交渉ができますか?国際法上は、韓国の言い分は通らない。だから、曖昧な線で友好をチラつかせ、交渉で何とか日本に譲歩させてきた。それで実利を得たのではないか?
    しかし、
    法理論で罪を問う戦いをすれば、日本を譲歩させることはできない。

    こう考えた時に、韓国は有利と言えますか?
    むしろ我々は韓国のこの手段を恐れるのではなく、韓国の自爆であり、日本にとって有利になると喜ぶべきではありませんか?

    ハッキリ言いましょう。日本時代に教育されてきた人が死んでいき、韓国は相対的に愚かになったのです。

    1.  まさにおっしゃるとおりです。一見したところでは理論的に対立しているように見えても、その部分は「玉虫色」にして、お金や他の部分で解決するということはよくある。その場合、「この約束で解決したこととみなし、今後は争いを持ち出さないようにしましょう」という「包括的な清算条項」を入れて終結させます。
       今回の韓国が主張していることは、「それは玉虫色の解決であって、個別の論点に対する解決ではないから、韓国側としては解決されたものとはみなさない。だから清算条項の効力は及ばない」ということです。ですから、今後、韓国と条約なり協定を結ぶときは、一々、予想される論点を個別に列挙して、コレコレは解決されたが、コレコレは解決されていない」とやらなければなりませんし、もちろん、包括的な清算条項などということは理論的にあり得ないことになる。
       しかも、仮に韓国側の過誤により交渉時に持ち出されなかった論点があるとすれば、条約なり協定なりに包括的清算条項があったとしても、「その論点は解決されていない」として、いくらでも後から持ち出すことができることになりますから、交渉相手としては、自国のことだけでなく韓国のことにも気を配らなければならなくなる。
       こんな状態で韓国と条約なり協定なりを結ぶことができるのか、非常に疑問ですね。

  3. >「解釈を一致させ・・。」
    解釈が一致したから、条約結んだんじゃ無いの?。
    日本が30億ドルしか無い時代に、8億ドルむしり取って行きやがって。
    当時の韓国にとっては、2年分の国家予算に相当した・・・。
    基本条約無効なら、当然(日本に)8億ドル返還だよね、金利込みで・・・・。
    馬韓の輩は、基本条約反故にすると、WWⅡの戦後処理が未処理扱いに成るけど良いのかな?。
    えっ!、そこで反米運動展開ですか?。
    馬韓「米帝慰安婦ガー!!!。」「米帝占強期ガー!!!。」
    日帝「アンタも、リッパナ敗戦国!。」
    日帝「馬韓が独立した時点での、日帝側が被った損害について、損害の賠償を請求する。」
    日帝「馬韓の請求権は、既に1965年の基本条約で完了している。」
    日帝「びた一文、マケンゾー!!!。」
    トランプ「米国も、乗って良いかな?。」
    安倍「オッケー!!。」

  4. 併合が違法だというなら、併合時に肩代わりした朝鮮の莫大な借金を日本に返済してからにしてくれ

  5.  この韓国最高裁判決は、日韓基本条約、同請求権協定が違法であるなどとはしていません。自称徴用工らの慰謝料請求権は、この条約の範囲外であるとしているのです。
     要するに、おいしいところは条約によりきっちりいただいて、自分たちが譲った点は条約により解決されていないなどと都合がよい理屈を並べているのです。ですから、韓国の解釈によって、この条約によりわが国が放棄した財産が再び戻ってくるなどということはありません(韓国の言い分によっても条約は有効であるから)。
     私はこの韓国最高裁の解釈は全くの屁理屈であると思うのですが(強力な清算条項がおかれているのは、いったい何のためだったのでしょう。それに、韓国政府すらわが国と同じ解釈を採っていたのですから、条約締結国の両者の解釈が一致していたのですがね)、一応、解釈の体をなしていますから、わが政府は「解釈の相違である」とみなして協議、次いで仲裁を申し入れたわけです。
     韓国が協議も仲裁も拒否した段階で、ハッキリした日韓基本条約に対する違反といえますから(協議も仲裁も同条約上の紛争解決手段として明記されているものですから)、わが政府は堂々と制裁を加えることができます。といっても、これまでの政府の対応は「弱腰」と誹られてもやむをえないものでしたが。
     ぜひとも韓国を「ただの中進国」に蹴落とすようなキチンとした制裁を加えてほしいものです。

    1. 「ただの中進国に蹴落とす制裁」は、無理じゃないかなあ…
      日本が本気で制裁始めたら、中進国じゃなくて、最貧国になる、と思います。

      少しばかり金を持って「上流階級の仲間」になったとカン違いしていた「小成金」が、銀行と取引先に逆らって、資本その他を引き上げられたら、ただの貧乏人じゃなくて一家離散してホームレスになった。

      乞食が「金持ちになった夢」をみて、夢から醒めたら、元の乞食のままでした。
      そして、いつもの金持ちの家に「おもらい」に行くと、
      「もう、おまえには、めぐんでやらん、と言っただろ」とつまみ出されたのでした。
      隣の小屋に住む、ごろつきの兄の家に行くと、
      「おまえの態度が悪いからだ」と説教されました。
      「じゃあ、どうすれば?」
      「おれと一緒に、ごろつきでいるしか、ねえんだよ」
      こうして兄といっしょに、西の家に住むやくざの手下になって、毎日親分に足蹴にされて、しばらくは幸せに暮らしました、とさ。

      「先生、このお話の続きは有るんですか?」
      「やくざが、抗争で没落しちゃうんだよ」
      「ごろつきの兄弟は、どうなるの?」
      「別のやくざに乗り換えて、また毎日親分に蹴飛ばされるのさ」
      「それって、幸せ?」
      「そういう人たちには、それが幸せなんだよ」

  6. しまいにゃ中国がアヘン戦争を持ち出して英国へ遡及して損害賠償を要求しそうな勢いなのですよね。
    ただ、歴史に紐解くまでも無く戦争で全て覆す事が出来る。それが全てなのだろう、と思います。

  7. 大体、植民地じゃないし。大々的に抵抗もしてないし、難民もいなかった。

    併合であり、しかも韓国側からしつこく頼んできたわけでしょ?

    一体、韓国の歴史教育はどうなってるの? 余りにも恥ずかしい歴史だから、真実を教えられないだけでしょ。日本に大挙して押し寄せて、少しは歴史を知ってからきなっていうの。

    まるで、貧乏だった女性が金持ちの男性と結婚して人生をリセットするように、余裕ができたら、実は無理矢理結婚させられたって言ってるのと同じ。

    情けない事実をなかったことにしようとしたいんだろうが、事実は変えられないよ。証拠もあるんだから。

    1. これそのまんま、面と向かって言ってやりたいですね。本当の歴史を学ぼうともしないのは、あんたらでしょって。ただ言いたい。

  8. 「併合時代を違法にするために努力する」という意味になります。

    嘘や扇動や洗脳で事実と認識を歪めてここまで来たけど、これさえも目的じゃないですよね。
    願望に合わせて主観的な認識を捏造して伝染させる。
    何もかも虚ろな嘘な中で、願望だけが揺るぎない。

  9. 韓国人的には、強制だから違法(実際強制でも何でもなくても)
    勝手に決めた設定上、違法だから違法。
    駄々を捏ねる子供と一緒。
    理屈じゃないんです。
    在日だって、人道やら生活基盤やら理屈をつけて絶対に日本から出ていかない。
    ああ、心底嫌な連中と関わってしまったもんだ。

  10. 韓国の保守政権はこういう流れに持ち込まないよう微妙に調整してきたと思うんですけどね
    これ言い出したらもう日韓関係終わりでしょう
    理念だけの政権は本当に恐ろしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません