「輸出規制で日本も共倒れになるぞ」は違う・・by韓国半導体産業協会常務

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今回の輸出規制の件で、「日本と韓国、どちらがもっと損をするのか」を述べる記事がたまに目につきます。

ソース記事もその1つで、単純比較を前提にしたものとなります。半導体産業で、「日本が損をする分(韓国への輸出が完全に止まり、金額もゼロになることを仮定する)」と、「韓国が損をする分(日本の輸出規制によって相応の半導体生産が完全に止まることを仮定して)」を比較したものです。

その結果、『韓国が日本の270倍の損をする」、と。記事は、「安倍総理による神風空襲」だと表現しています。マネートゥデーの記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<45兆ウォン 対 1700億ウォン。日本政府の半導体・ディスプレイの核心素材輸出規制が最悪のシナリオになった場合を想定し、推定した韓日両国の半導体産業被害規模だ。日本の半導体材料の輸入が全面中断され、国内の半導体生産ラインが停止するという極端な状況を想定した数値だが、今回の事態で、両国が直面している立場をよく現している。

安倍晋三総理が韓日産業構造の違いと予想被害規模などを綿密に分析し、神風(第二次世界大戦時に爆弾が装着された飛行機で自殺攻撃をした日本軍特攻隊)式空襲を敢行したという分析が出てくる背景である。

 

アン・ギヒョン半導体産業協会常務は9日、「日本が輸出規制を強化すると、日韓両国の半導体産業が共倒れするという話も出ているようだが、被害規模の面で(※日本と韓国は)比較できるレベルではない」とし「日本の素材メーカーは大して慌てず、イ・ジェヨン三星電子副会長は大急ぎで日本に渡ったのが、まさにこのような理由だ」と話した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190709174704464?d=y

 

アン常務の指摘を書き直すと、こうなります。

「韓国は◯◯%を日本に依存している」というフレーズばかり有名になって、「じゃ、そんな韓国に輸出を規制すると、日本企業も倒れることになるぞ!」という予想も出ているけど、それは違う、というのです。

日本が韓国に該当品目(今回輸出規制に入った三つの品目)を売って稼いでいる金額は、約1700億ウォンにしかならない、とのことでして。別に韓国「だけ」に売っているわけでもないし、金額としては日本経済に打撃を与えるほどのものではない、と。

しかし、その三つの品目が入らないことで工程がオールストップするかもしれない韓国としては、最大で40兆ウォンの被害が発生する。これを「日本も~」と言ったところで、何の意味があるのか、という指摘です。

 

大げさに集計した側面も確かにありますが、「共倒れとかありえないから」という指摘だけは、そのとおりと言えましょう。関連エントリー(どれでしたっけ)に、「韓国企業がいちばん文在寅大統領の対応にイライラしているのではないか」と書いたことがありますが・・現場の危機感は、また別次元のようです。

 

 

 

新刊のリンク、載せました!少し後でブログでも詳しく紹介します!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

196+

203 Replies to “「輸出規制で日本も共倒れになるぞ」は違う・・by韓国半導体産業協会常務”

  1. 貿易データやシミュレーションで改めて浮き彫りになったのは、日韓は相互依存していたわけではなく、韓国がほぼ一方的に日本に依存してきたということ。

    そしてあの慌て振りからわかるように、そのことを韓国は十分知っていた。

    それでいながら韓国の反日は際限なく行われてきた。韓国国内でも欧米アジア諸国でも。まことに恥知らずの極みである。

    物資の密輸出の件も明るみに出た。どこまで悪いのか。だらしないのか。

  2. FNNが【韓国から戦略物資の密輸出 4年で156件 韓国政府資料入手で“実態”判明】というニュースを出しました。
    https://www.fnn.jp/posts/00420563CX/201907101145_CX_CX

    資料が画像で出ていますが、ハングルじゃ意味不明。
    北朝鮮以外はイランへ?と思っていたのですが、文面ではマレーシア、UAEを上げています。

    FNNはどこから入手したのかしら~

  3. 皆さんは、色々心配しているんだね
    私は、全然心配していない

    安倍さんに丸投げするよ
    韓国に対してはストレス溜まり捲っていたからね
    考えたくもないんだわ

  4. もしも3品目の輸出許可が出せないとしたら、影響金額はもう少し大きいと思います。それがどうしたって事ですけどね。

    日本側:一時的(半年程度?)ではあるが、シリコンウェハーや
        半導体製造装置(ステッパーなんかが有名)、計測機器、
        製造用ロボットなんかにも影響が出るので、最大では1千
        億円程度にはなるかなあと。(GDPの0.2%くらいか)

    韓国側:最低でも数年にわたり、下請け企業なんかにも影響が出る。
        10兆円/年ではすまないと思います。

  5. 皆様のように深い知識がないので、あくまで一人の生活者としての視点でしかコメントできませんがお許しください。

    もし自分が韓国人だったらどう思うか・・・ということも考えてみるのですが、もし韓国人に生まれていたら子供の頃から反日洗脳、煽動されて日本を憎んでいたかもしれないと思うとゾッとしてしまいます。
    もしも韓国人に生まれていたら、自分は絶対に煽動されない、とは言い切れない気がしてきました。
    なぜなら日本人として生まれ育った自分も、日本の教育でそれなりに「洗脳」されているなぁと感じるようになったからです。
    特に韓国について考えるときに、自分が”純度の高い日本人”であることをイヤでも実感してしまいます。
    日本人がどんな洗脳を受けたかというと、
    「差別はいけない。どんな人とも分かり合える努力をしよう」という洗脳(教育)だと思います。それは「恨」を持っていないということですよね・・
    しかし恨を持たないおかげで、全体を見渡そうとする努力ができる、という部分は素晴らしいことだと思っています。(気質もあるかもしれませんが)
    かたや韓国は、幼いころから日本への「恨」を軸に子供達が育ってくんですよね。そこには想像を超えた壁、大きな異次元の差、そこまでの差があると思います。
    私には小学生と赤ちゃんがいますが、小学生の子供はTVを見ながら「なんで韓国って日本がきらいなの?オレはtwice好きなのに」とキラキラした目で私に質問攻めにしてきます(笑)
    これが現実で、子供はまだ何も知らないのです・・
    子供達は「まだ」韓国を憎んではいない・・・なぜなら、そういう教育を学校で受けていないからだと考えるようになりました。
    だから、教え伝えるのは私の役目だと思っています。
    数年前までは無知な韓流ファンでしたので自分自身が身をもって教えられることだと思いました。
    そんなときはこのブログを読んでいて、つくづく良かったと思います。子育てと仕事で忙しいので、シンシアリーさんの情報はもちろんのこと、ブログコメント欄からチョイスした情報は貴重なものとなっています。
    韓国からの被害を最小化させるためにも、まずは目の前にいる子供達に、韓国の反日教育の現状を正確に、しっかりと伝えていこうと思うのでした。

    1. >「差別はいけない。どんな人とも分かり合える努力をしよう」という洗脳

      想像して考えるのは良いことだとは思いますが…
      「差別はいけない。どんな人とも分かり合える努力をしよう」という教育を受けた人のうち、完全にそれに従える人は、日本人のにはどのくらいいるでしょうか?
      想像するに、それに従える人の割合は、他国と比べて少し高い程度。それが日本人の特徴として、「相対的に」現れている程度。
      日本人にだって、恨に似た感情は普通にあるし、犯罪者だっていっぱいいます。日本人の特徴は平和主義ではなく、状況に柔軟に合わせる能力と、柔軟に取り込む能力何じゃないかと思います。それが長期的な利益を得る方法だということが生まれつきわかってるというだけのことだと思います。

      洗脳というのが、そんなに簡単にそんなに長期間にわたって可能なら、世界はもっと強烈なスピードでわかっていって、きっと、とうの昔に滅んでしまっているんじゃないかと、私は想像します。

      洗脳されているようでいて、実は日本人の気質に馴染んでいると考える方が合理的だと私は思います。文化でも宗教でも同じ、馴染むことができるから根付くのであって、拒否したくなるような状況を長期にわたって作為的に作り出すことはできないと考えます。

      1. また来たよさん、ありがとうございます。

        >日本人の特徴は平和主義ではなく、状況に柔軟に合わせる能力と、柔軟に取り込む能力何じゃないかと思います。

        そうですね。おっしゃることに同意します。
        私の文章能力がないせいで極端な書き方になってしまいましたが、
        また来たよさんのおっしゃることに間違いはないと思います。
        私は韓国の反日教育の反対側にあるものとして、日本の「平等に」という教育があることを強調したくて「洗脳」という言葉を使いました。
        個人的な経験でしかありませんが、中学生の頃、同和教育やアパルトヘイト教育などのビデオを見て感想文を書く授業が何度かありました。そういった教育を通して、差別はいけない、ということを自然に吸収していったように感じています。少なくとも、「韓国は悪である」なんてことは習っていないので、そういったことを言いたかったのです。

        >日本人にだって、恨に似た感情は普通にあるし、犯罪者だっていっぱいいます。

        そうですね。これを否定しようとは全く思いません。
        最近は目を覆いたくなるような犯罪も多いですよね。以前よりもずっと増えたと思います。
        子供が通う小学校からは頻繁に「変質者情報メール」が送られてくるので、平和どころかビクビクしてます(-_-;)

        >実は日本人の気質に馴染んでいると考える方が合理的だと私は思います。

        私の言葉に客観性が欠いていたようです。より論理性と客観性をもたせると、これはこれで、納得できる部分があります。
        あくまで個人的な視点ではありますが、
        良いことも悪いことも、素直に吸収している子供達を傍で見ていると、教育とは洗脳に近いものではないかと感じることがあるんです。実感として。だから偏った教え方はできないなと思っています。「洗脳」という言葉が間違っているとしたら訂正します。
        「限りなく判断力が未熟なうちに、繰り返し教えられたこと」
        を素直に吸収していく子供達に対して、偏りなく教えていくことは大事かなと、思った次第です。言葉が下手でゴメンナサイ(~_~メ)

        1. 仰りたいこと…とてもよくわかります。
          誤解をされることを恐れて必要以上に丁寧な文章をいらっしゃる様子もとてもよくわかりますw
          気を使わせてしまっていたらごめんなさい。

          小学生の息子をもつ私も、共感する部分はとても多いです。子育ては難しいですね。三つ子の魂百までって言いますし…

          自分のことに置き換えて考えます。今の自分が正しいかどうかはわかりませんが、何をどう考えればいいか、感じたことをどう受け止めるかは、私の人生においても変化をしてきました。それは恐らく、「ごく普通の一般人」さんも同じ。

          私も、「ごく普通の一般人」さんも、自ら感じて考えて変化を遂げた。きっと子供達もそう。今は「ごく普通の一般人」さんの思いを、刷り込みになりすぎない程度に素直に話せばいいと思います。日本人らしく柔軟性を持って。

          この間、受験生さんとお話ししていたのを拝見しました(勘違いでしたらごめんなさい)。目の前にいる人をどこの出身の人かでカテゴライズするのは、必ずしもいい方法とは思いません。予備知識として頭の片隅に置くのは当然としても、どこの国にも良い人も悪い人もいるのですから。

          その上で、日本と韓国の関係について考えるのはいいことだと思います。少なくとも偏見だけで凝り固まった情報に踊らされるよりずっといい。
           

          お子様が健やかに育ちますように…

          1. また来たよさん
            >誤解を恐れて必要以上に丁寧に

            全部、見透かされていましたね(笑)
            分かりにくい文章にも関わらず読んで下さり嬉しく思います。
            受験生さんに返信していたのは多分、私です。お恥ずかしい…(^^;
            知識が増えるにつれ、自分の中の認識が変わることは、よくありますね。おっしゃるように、変わった、のだと思います。子供達もきっと、子供達なりの過程を踏んでいくんでしょうね。
            小学生…同じく子育て中なんですね。子供の変化は目覚ましいものがあり、最近はもう、追い付かなくて…(*_*)
            刷り込みにならない程度に伝える、そのさじ加減を上手くコントロールするためにも、今日もここでお知恵を蓄えています(笑)お互い無理のない範囲で、子育て頑張りましょうね(*^^*)

        2. 私はむしろ一般人さんの意見並びに表現に賛同です。
          生まれながらの資質の影響なんて、さほどのことはない。
          どの国でも、人々の考え方を決定づけるのは、親、家族、社会からの教育(学校教育だけでなく広い意味で)の影響が圧倒的であると思う。それは「洗脳」と言っても概ね正しい、なぜなら行為としては類似のことだから(目的はやや異なるが)。
          氏よりも育ちだ。

          1. >見物人(海外10ヶ国滞在経験通算約10年)さん

            この件については意見が割れるところなので、深追いはしません。私は、それでは説明が付かない事象が世界には沢山あるということしか申し上げられません。

            そもそも、髪の色、瞳の色、肌の色、平均身長、平均的な知能指数、etc.etc.

            このような一目で差があることが明らかな事象が沢山あるのに、なぜ、生まれながらの資質が、人の感じ方、考え方に影響しないと考えるのかが不自然だと思っています。

            突き詰めていくと、違うことがいけないことだとする差別的偏見の裏返しのように感じてなりません。

            違いを認め尊重した上で、別々に暮らす。違いを優劣と考えない。こういうことこそ重要だと考えます。

            ではでは…

          2. >見物人さま
            遅くなりましたが返信ありがとうございます。見物人さんのご意見、 氏よりも育ち、もまたある種の実感としてあります。私の言葉が足りないのですみません。どちらの見方も捨てがたく迷いますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません