新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>のご紹介

おかげさまで、また新刊の紹介ができるようになりました。画像は新刊の表紙(※アマゾンリンク)です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

2019年8月2日発売の、<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>の紹介エントリーです。しばらくは固定表示で迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

確実に望ましき方向に変化しつつある日韓関係の中、韓国では珍しく反日批判が起きています。

「反共」という限られた領域の中で反日政策を批判する人たちもいるし、韓国では明らかに反社会的な内容の反日批判を、社会的に抹殺されるかもしれないリスクを犯してまで持論を展開する人たちもいます。

 

それらの反日批判を読んでいると、妙なことがあります。その「批判」の対象が反日のはずなのに、「反日批判」そのものからも、また別の反日が見えてしまうことです。

敵の敵は味方だともいうけれど、「反日を批判するのは、親日ではない」。その中にはむしろ、別の反日が見えてくる。

まっとうな方法で反日批判を展開している人たち(例えば、自分の専門分野で併合時代の資料を分析し、持論を展開する少数の人たち)もいますし、それらは反日か親日かの二分法で判断すべきものではないでしょう。

しかし、残念なことに、ほとんどの反日批判は、結局は「反日を批判する反日」にとどまってしまっている。それが現状です。

 

本書は決して「だからこそ韓国の反日批判は全てが無意味だ!」と主張しているわけではありません。ただ、反日を批判するスタンスの人たちがなぜ反日という呪縛から自由になれないでいるのか。

本書は、そういう「裏」を、自分なりに書いた本となります。

ぜひぜひ、ご一読を!

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

204+

43 Replies to “新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>のご紹介”

  1. 新刊楽しみにしてます。

    来年の今頃は、
    「某国の亡国」を書くハメにならないように、お祈り申し上げます。

    できれば「再生の軌跡、本当の奇跡」とか「反日という地獄からの生還」とか「Rebirth of そうる」とかの題名になるといいですね。

  2. 一番のポイントは「韓国人には反日の自覚が無い」でしょうか。当の本人も似たり寄ったり、五十歩百歩なのに、それを棚に上げて他人を批判できるのが韓国人ですからね。

  3. 発売されたら読んでみたいです。

    輸出手続き厳格化後に韓国でウヨウヨ出てきた感のある「反日を批判する勢力」。これらは所詮、「今は反日する時期じゃない」とか「あなたの反日のやり方は間違ってる。私ならもっと上手く反日できるのに」と言っているに過ぎない。そう感じています。

  4. すごいですねぇ~。ここの読者ならいやでも食指をそそられるこのタイトル。狙いどころピタリ賞です。もはや、ベストセラーに手の届く大作家並みの力量だと思う。(それとも、扶桑社担当者の力かな?)
    いずれにしても祝新刊。

  5. 最近の話題で喉元まで一杯…溺れそう。
    レナちゃまスレを挟んで頂けたらイイナなんて思っていたところに震撼告知スレ>新刊も震撼も、今回は一緒。
    “ありがとうございます”楽しみにしてます。

  6. 親韓(悪い冗談です(^^;))じゃなくて、新刊を楽しみにしてます。
    私の街の本屋さん、小さいので新刊本すぐに入れ替わります。
    タイムリーに求めないと、後は取り寄せに。
    不便ですが住みやすいところです。

  7. 個人的には「だからこそ韓国の反日批判は全てが無意味だ!」と思うけどな。
    必要なのは、歴史観、歴史認識ではなく事実。
    親日であるか、反日であるかではなく、事実を認識することなんです。

    それが韓国では、かならずイデオロギー闘争になる。いまのねじ曲がった日本の教科書もそうだが。これらの国では、歴史に善と悪があるからね。
    結局親日反日を争う時点で、もはや無意味なのですよ。
    その時点で、上か下かの話になり、すでに歴史の話とは遠いところになっているので。

    親日だったらいいの?反日だったら良くないの?
    違うでしょう?

    そもそも歴史的事実を事実と認められないことが、イデオロギーに反しないよう、事実を曲げようとすることが、韓国人の問題なのですよ。

    ともあれ新刊おめでとうございます。

    1. >いまのねじ曲がった日本の教科書もそうだが。
        七誌どん  何のこっちゃ
       どのあたりが捻じ曲がっているんだね

  8. 近年、韓国など外国のマスコミやネット上において、
    目に余る「反日ヘイト発言」が目立ちます。

    大きなイベントを控えるわが国(日本)にとって
    極端な反日・侮日発言を繰り返す 外国人の「入国や活動」は、
    好ましくありません。

    そこで
    外国のネットやマスコミで「反日ヘイト発言」を行う者を
    データベース化し、
    入国管理、テロ対策、および国防の目的で活用するため
    「反日ヘイト調査法」の制定を求めます。

    「反日ヘイト」をデータベース化していることを
    広く世界に周知することによって、
    出来心による「野次馬」的な反日ヘイトの発生の
    未然抑止にも、つなげられるものと存じます。

    出入国在留管理庁、警察庁、公安調査庁、および防衛省の
    共管により、迅速に体制を整えることを望みます。

    1. 「〇〇〇〇のことか~~~っ!?」

      「悟空の声」で、お願いします。
      〇〇〇〇には、適切と思われる名前をお入れください。

        1. 違うという意味では食い違っている双方に成り立ちますもんねw
          だから、半分正解です。

          ただし、多くの方が自分の胸に手を当てて考えた場合、思い浮かぶのは別の人です。
          だから一般的には不正解w

      1. ヒント
        「『1つの〇に、仮名1文字』とは、限定しておりません」
        「日本語の表記法が漢字仮名混じりであることを、私は、とても素晴らしい工夫だと、誇りに思っております」
        「常に、言及される人物への敬意を示すため、敬称を付けます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません