韓国紙、例の『説明会』で「倉庫のようなところで挨拶も無し」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

朝のエントリーに書いた「説明会」ですが、韓国側の記事によると『倉庫のようなところで』『挨拶も無し』に行われた、とのことです。

聯合ニュースが「いつもはオモテナシを誇る日本が、意図的に冷遇した」とするなど、また冷遇騒ぎが起きています。

ホワイトボードに貼ったA4用紙に「説明会」と予め書いてあった、とのことです。

<・・ホワイトボード1つ、テーブル2個と椅子が置いてあるこの場所(※説明会の場所)は、会議室というより、むしろ倉庫に近い空間だった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

会場の角には簡易椅子が山積みで、持ち運び向けのテーブルは、重なって一角に置かれていた。

整理されていない電線が乱れており、破損された椅子や机など機材が点在していた・・

 

・・両国の国民の関心が集まった場であったことを考慮すれば、いくら寛容な心で見ても、会議の場所には適切でなかった。

日本政府は、参加者の背面にあるホワイトボードに「輸出管理に関する事務説明会」と、日本語をプリントしたA4用紙2枚をつなぎ合わせておいた。

韓国が主張した「協議」の場ではなく、単に自分たちの報復措置を韓国に説明する場にすぎないという点を強調したものである。

この紙が貼ってあるホワイトボードには「1031号用ボード」という青い文字が書かれており、主催側である日本の「誠意」が見えていた。双方の参加者が着席したテーブルには、参加者の名札さえなかった。

普段「おもてなし」を強調していた日本が、今回の会議でどれだけ「手厚い冷遇」をしたのか・・>

https://news.v.daum.net/v/20190712154600763?d=y

 

挨拶も無し、名刺交換も無しで、日本側はクールビズで、袖は巻き上げ。マスコミに取材が許可された間(発言が始まる1分前まで)、日韓両側の人たちが正面だけ見つめていた、とのことです。

なんというか、シチュエーションが・・クールというか、詩的(?)です。あまり思わしくない場面を描いた詩。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

233+

207 Replies to “韓国紙、例の『説明会』で「倉庫のようなところで挨拶も無し」”

  1. >なんというか、シチュエーションが・・クールというか、詩的(?)です。あまり思わしくない場面を描いた詩。

    クールというよりもシュールですね、何事にも含みを持たせて露骨な表現を嫌う日本社会、それも我々日本人の中でも押し並べて最も優秀な頭脳を持ち本音を明かさず慇懃無礼を以って鳴る我が国の高級官僚(出席者は課長ということなので間違いなくキャリア組)が露骨極まりない張り紙をしたとあっては。

  2. なぜ「説明会」と書いた紙をわざわざ貼ったのか。
    簡単な理由だ。
    韓国は、必ず嘘をつくから。
    だから、絵で見せておく必要があった。
    韓国のマスゴミは特にそうやってフェイクを流し煽動する。
    真実を述べると、社会的に抹殺されるから救いようがない面もあるが。

    1. しかも「事務的」と入っている所が(笑)
      日本から事務的に淡々と説明しますね。
      質問は受け付けます。
      それ以外の要望・嘆願・脅迫等は聞き入れません。って宣言でしょう?

      ヤル気だなぁ〜って、笑ってしまいました。

  3. 産経省の説明会場のセッティングが素晴らしいですねぇ~、余りに完璧で心憎いですねぇ~、行き届いていますねぇ~、考えましたねぇ~、

    此れだけ苦心して会場の雰囲気を整えて置けば、幾ら愚鈍な南鮮のパシリでも気が付くでしょう、祖国への貴重な土産話が出来ましたねぇ~、

    南鮮のパシリは産経省の官僚の話をよぉ~く聞いて、帰国後間違えずに正確に上司に報告しなければなりませんニダョ。

  4. 「倉庫のようなところ」って、、、、ただの物置部屋じゃん!

    会議室ならプレート(室名札)に「第一会議室」とか書いてあるよね!
    「物品保管室」のプレートは外してあったのかな? (笑)

    1. わたしんとこの役所(地方自治体)も説明会なんて、こんなもんですよ。
      ペットボトルのお茶がでればよい方。

  5. 経産省の説明って、本来はこんなもんでしょう。
    各企業の部長さんとか課長さんが、このやり方で
    いいのか聞きに来て、「あ~そうじゃなくってね」
    とか教えてくれるって事ですから。
    本省の課長補佐クラスとかが説明してくれたなら
    結構な高待遇です。

  6. ただの大きめの汎用の会議室ですね。
    恐らく、マスコミを入れる事を考えて、ここにしただけじゃないかな。
    折り畳みのテーブル入れて、画面に映っていた椅子を配置すれば、セミナーみたいなことも出来るし、丸く配置すれば多人数での会議ができる部屋。
    最初に映り込むハンガーが、その証拠だよ。
    折り畳みテーブルだけは、部屋から出しておいたという感じじゃないかな。
    ホワイトボードに「輸出管理に関する事務的説明会」と紙貼ったのは、マスコミの撮影用のため。
    マスコミ来なければ、応接使ったかもね。

    ただ、「事務的」というのは、一方的に伝えるだけだよの意思が現れているね。

  7. まだ協議と言い張ってWTOに提訴するつもりなんですかね?
    ほぼ門前払いの扱いだけど。
    もはや友好国家でもなんでもない感ありあり。

  8. 霞ヶ関に出向していた時に幾つか見ましたが、普通の会議室ですね。
    課長級以下の会議では審議官級以上用の会議室は使えないから、
    原則通りの運用と思われます。

  9. あれだけ「ただの事務的説明会だ」と言っても「二国間協議だ」を期待されちゃね
    その位いやらなきゃ気づかない相手ってめんどくせー
    次からはテーブルはみかん箱、イスは無しでゴザでも敷いときますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません