「政治権限を市民(団体)に渡せ」

 

ずっと書いてきてますが、韓国社会は何もかもが「極端な二元論」で出来ていて、ウリとナムとも言いますが、「味方か、敵か」しか存在しません。

韓国の政治も、例外ではありませんでした。韓国政治会を両分する二大勢力、勢力Aと勢力Bがあるとします。AとBは、もちろん両極端なウリとナムとして敵対しています。そこで、勢力Aが権力を握ったと仮定します。でも、Aは安心できません。次はBが権力者になるかもしれないからです。敵対している両極端である、AとBしか存在しないからです。それ以外の可能性は最初からありません。

だからAは、Bが権力者になっても自分の主張が潰されないように、法律に自分の主義主張を刻んでおくことで、ある種の予防線を張っておくわけです。法律、特に憲法をいじっておけば、次の権力者でもそう簡単にはAの主義主張をガン無視できません。

しかし、Bが権力者になっても、同じことをやります。「特別法」とか、または「改憲します」とかいって、Aが法律に刻んでおいた予防線をまるごと破壊します。でも、その次にAが権力者になって、また無限ループします。だから、保守政権だの左派政権だのと、いつも「報復政治」が繰り返されます。

“「政治権限を市民(団体)に渡せ」” の続きを読む

警察庁「いいよ」最高裁「ダメだよ」

常連さんたちはご存知でしょうけど、私は日本に来て、運転教習所に通って運転免許を取り直しました。あの頃、アメブロ版シンシアリーのブログに、韓国の右回転(車の右折)に関する内容を書いたことがあります。

ですが、それが間違いだったようでして・・しかも警察庁と最高裁がまったく別の意見を出していたようで、今日は前に書いた内容の訂正の意味も含めて、韓国での右回転のことをもう少し詳しく書いてみます。

“警察庁「いいよ」最高裁「ダメだよ」” の続きを読む

朴槿恵氏、再拘束(再逮捕)

本ブログでは扱いませんでしたが、裁判1審の最大拘束期間である6ヶ月が近づいたことから、朴槿恵前大統領の再拘束(再逮捕)が韓国では結構大きな話題になっていました。

再逮捕して勾留状態を続けるか、いったん勾留状態を解いて裁判を続けるかのどちらかになります。

最近、支持者たちが集まって再逮捕に反対する集会を積極的にやったりしましたが・・・本ブログでは扱いませんでした。結果はわかっていたからです。

“朴槿恵氏、再拘束(再逮捕)” の続きを読む

韓国の原発、66%が非正規職で、その64%が「防災マニュアルわからない」

 

韓国の原子力発電所で勤務している労働者の66%が非正規職で、その64.2%が防災マニュアルを「わからない」と答えました。

「よくわからない」50%と、「マニュアルの存在すら知らなかった」14.2%です。

“韓国の原発、66%が非正規職で、その64%が「防災マニュアルわからない」” の続きを読む

「奥歯お父さん」とは

最近、韓国側のニュースをチェックすると「奥歯お父さん」という言葉が目立ちます。今日は、その件を簡単に紹介します。

10年位前、顔に大きな腫瘍ができる珍しい病気にかかった李氏とその娘が話題になりました。李氏は貧しくて、娘のほうは知能も低く、とても自力で治療を受けるのは難しい状態でした。李氏はSNSと各種掲示板などに「助けてください」としながら書き込みを続け、放送でも紹介されました。腫瘍の影響で歯周組織をほとんど削り取ったため、李氏には奥歯お父さんというニックネームもできました。

※殺人、レ◯プなどアンモラルな犯罪に関する内容です※

“「奥歯お父さん」とは” の続きを読む

「十字軍アルバイト」略して「十アル団」とは

十字軍+アルバイトで「十アル(シバル)団」というのをご存知でしょうか。無理矢理日本語にすると、クルセイダー(十字軍)とアルバイトで「アルセイダー」にすべきか、もう少しわかりやすく「アルバセイダー」にすべきか、それとも「クルバイター」がいいか、悩むところです。

“「十字軍アルバイト」略して「十アル団」とは” の続きを読む

韓中通貨スワップ、終了

一時は満期延長も報道されていましたが、とりあえず、11日の0時がすぎたけど延長できなかったので、10日までを期限とする韓中通貨スワップは「終了」したことになります。

23時55分まで何かの発表が無いことを受け、「イーデイリー」が、「中国とのスワップはいったん終わったことになる」と報道しています。

<・・560億ドル規模の韓中通貨スワップ協定が10日深夜12時終了した。2009年の最初の締結以来、8年ぶりだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20171010235518841?rcmd=rn

“韓中通貨スワップ、終了” の続きを読む

韓国のクジラ「混獲」、6年で1万頭突破か

本ブログでは、2012年と2015年に韓国で溢れているクジラの「混獲」についてお伝えしました。それと関連した最新のデータが公開されたので、今日少致します。

2012年、捕鯨をしていたの国は、生計型捕鯨をしている米国(アラスカ)とデンマーク(グリーンランド)、IWCの商業捕鯨猶予(モラトリアム)決定に反発して捕鯨を続けるノルウェーやアイスランド、科学目的の捕鯨を許可された日本などでした。

“韓国のクジラ「混獲」、6年で1万頭突破か” の続きを読む