韓国の特使団、北朝鮮に到着

文在寅政府の特使団が、北朝鮮に到着したとのことです。ちゃんと連絡も出来る状態だとのこと。

この件で与党「共に民主党」が声明を出しました。

<共に民主党の指導部が5日、2次対北朝鮮特使団派遣と関連して、「さらに格の高い対話を通じて、南北間の経済交流協力と北米間の終戦宣言などが行われることを期待している」と述べた。

イ・ヘチャン民主党代表はこの日午前、国会で開かれた党最高委員会議で「韓半島問題に関して、私たちは、当事者であり、仲介者だ」とし「役割を上手にできるように党から支える」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180905104906879

“韓国の特使団、北朝鮮に到着” の続きを読む

「韓国さん、どこを見ているのですか」

朝鮮日報の東京特派員レポートです。

最近、アベノミクスなど日本で経済関連の話をしていると、「結局は韓国経済の話になる」とのことでして。日本のことより韓国の心配をしたらどうですか、という話になるという意味です。

日本の「国立社会保障・人口問題研究所」のブリーフィングに参加した記者は、日本で生活満足度などが高くなったことで、こう質問しました。

「日本の生活水準の変化について、安倍内閣の経済政策が具体的にどのような影響を及ぼしたのか気になります」。

すると・・

“「韓国さん、どこを見ているのですか」” の続きを読む

文「非武装地帯に経済特区を!」/軍「地雷の除去に200年かかります」

経済交流がどうとか口で言うのは簡単ですが、実際の「現場の実情」はそう簡単ではありません。例えば、韓国に亡命してきたテ・ヨンホ公使が著書で「南北鉄道連結は難しい。北朝鮮の海岸守備部隊のほとんどが鉄道と隣接しているため、軍部隊の移動まで考えないといけないからだ」と指摘したこともあります。

今日もそのような「つっこみ」が一つありました。本当に南北交流を考えているなら、非武装地帯の地雷を早く何とかすべきだという指摘です。

<軍事境界線の南側にある地雷地帯が汝矣島(ヨイド)の面積の40倍に達し、地雷を完全に削除するには200年ほどかかると推定されました。陸軍関係者は、今日(4日)、「非武装地帯軍事境界線の南側地域と、民間人出入り統制線の北側と南側(軍事境界線南側)の地雷地帯は、汝矣島の面積の40倍に達する」とし「前方師団の11個の工兵隊をすべて投入しても、地雷除去に約200年かかる」と述べました・・>

https://news.v.daum.net/v/20180904155441006

“文「非武装地帯に経済特区を!」/軍「地雷の除去に200年かかります」” の続きを読む

セウォル号遺族を査察した軍幹部に逮捕状

機務司(安保司令部)関連ニュースです。事実上、解体された機務司ですが・・セウォル号遺族たちを査察した機務司の幹部(参謀長)が、拘束される見込みです。

<元・国軍機務司(今は解体され別の組織が作られました)が作成した「ろうそく戒厳令」文書とセウォル号遺族査察疑惑を捜査している特別捜査団が4日、ソ・ガンウォン参謀長(陸軍少将)に対して逮捕状を請求した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180904115904439

“セウォル号遺族を査察した軍幹部に逮捕状” の続きを読む

事大こそが正統性なのか

「韓国人が暴く黒韓史」の頃から、本ブログでは正統性という言葉を使うようになりました。そんなに時間が経ったわけでもないのに、懐かしく感じる話です。「正統戦隊ワカランジャー」というフレーズもありましたね。

最近はわざわざ正統性をネタにしなくても、韓国の正統性への拘りは大まかに(これで十分です)伝わるようになっているようです。

そう、まるで古い時代の「嫡統(嫡流)」になろうとする、言い換えれば長男になろうとする悪あがきのようなものです。

“事大こそが正統性なのか” の続きを読む

韓国紙「堕胎を処罰するのは日本のせいだ」

※本エントリーは、堕胎の是非を問うためのものではないことを、前置きしたいと思います※

堕胎のことで、韓国社会でああだこうだと論争が起きています。韓国は、刑法270条に「同意なしに堕胎できない」など決めています(例外条項ももちろんあります)。これを、政府が「医師の非道徳的な診療」に入れることにしたからです。

処罰は今までと同じ資格停止1ヶ月ですが、堕胎が「非道徳」として明記されたことは、そのまま「処罰されやすくなった」という意味でもあります。許可されていない医薬品などを使うのも「非道徳医療行為」であるため、国家機関としては、堕胎も同じ項目としての処罰が可能になるわけです。医師たちは「現状を知らない政策だ」と強く反発しています。

“韓国紙「堕胎を処罰するのは日本のせいだ」” の続きを読む

鍋の流れ

日本と韓国を比較して書いた「流れの韓国、蓄積の日本」という本を紹介する韓国経済の記事に、妙な内容があったので紹介します。

<・・流れ属性を持つ韓国は、悪いこともすぐに変えられるが、よいこともすぐに変える傾向がある。日本は蓄積の属性であるため、良いことも積もるが、悪いことも積もりやすい社会だ。流れは動的で活発さがあるが不安定さを内包する。蓄積は、静的な安定感があるが、迅速な対応ができない弊害がある。要するに流れや蓄積のいずれかのみを強調すると、不均衡が深刻化する恐れがあるのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180903090302402

“鍋の流れ” の続きを読む

大統領府「週休手当を払え!」/店「なんの、必殺アルバ割り!」

「アルバ割り」という見慣れない技(?)が記事になっていたので、エントリーしてみます。

アルバ(알바)とはアルバイトのことで、いわば日本で言う「バイト」と同じ意味です。じゃ、割りってなんでしょうか。

それは、1人に週14時間だけ仕事をさせすことです。大勢のアルバイトを雇って1人に14時間だけ仕事をさせるから「割り」です。

“大統領府「週休手当を払え!」/店「なんの、必殺アルバ割り!」” の続きを読む