「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業

韓国の自営業が苦しい状態にある、というのはもう何年も前から指摘されてきました。

簡略に書きますと、ベビーブーム世代の引退(引退が日本よりずっと早い)やIMF期の大量失業などもあって引退者が増えたけど、年金などはまだ一般的ではなく、それまでは「買っておけば勝手に上がる」と信じられていた不動産価格の上昇も止まりました。社会構造の変化と、韓国の経済成長そのものが鈍くなったこともあり、それまで「最高の老後投資」でもあった「息子を出世させる」こともできなくなりました。つか、親を扶養すること自体が珍しくなりました。

そこで、退職金を使って自営業、自分の店をやるしかなくなった・・でも、適当な準備で自営業を始めて、それがうまくいくはずもなかった。この涙なしには読めないストーリーが、韓国自営業ピンチの大きな理由です(別に理由はこれだけではないでしょうけど)。

“「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業” の続きを読む

「光復節」の裏の意味

3年か4年前に旧ブログにも同じ趣旨を書いたことがありますが・・8月15日を韓国で「光復節」と呼びます。主権、民族自主、自由などの意味(記事や論文によって「主権」以外は一致しません)で「光」を取り戻せた、という意味です。

ただ、これが公式用語になったのは、1994年からです。

光復、光復節という言葉は前からありましたけど、どちらかというと「解放」が圧倒的に主流でした。政府も「815解放」という言葉を普通に使っていましたし、今でも韓国の記事では「解放」という言葉を使うこともあります。

じゃ、どうして急に「光復節」が公式になったのでしょうか。「解放」は「された」または「してもらった」もので、「光復」は「した」「自分でやった」ものだから、「解放」ではなく「光復」が正しい、という理屈です。

“「光復節」の裏の意味” の続きを読む

「日帝よって苦しめられた証拠は頭の大きさにあり」?

日帝に苦しめられた証拠は頭の大きさだ・・という記事がありました。

1930年に生まれた58人と1970年に生まれた57人の頭の大きさを調べたところ、1970年生まれの人の頭が大きかった、とのことでして。

<・・研究チームは、政治・経済的に抑圧された日帝強占期とは異なり、解放後、産業化と経済成長に一定のレベルの栄養供給が行われ、社会的に大きく変化したためと推測した。・・ “「日帝よって苦しめられた証拠は頭の大きさにあり」?” の続きを読む

韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論

韓国で、国民年金を廃止せよとの世論が盛り上がっている、とのことです。ニュース1のソース記事の題によると、こういう要求は「世界的に前例が無い」とも。

<国民年金基金の枯渇を防ぐために、政府が公聴会を開き、保険料引き上げと義務加入期間の延長など制度改革案が議論されると、国民年金廃止論に火がついた。

国民年金自体を廃止するか、義務加入を選択加入(任意加入)に転換して、国民年金を必要としない人々を「解放」させてくれという声だ。これまで国民年金は関連した社会的葛藤があるたびに廃止論が提起されてきたが、適当な代案がないという点で、国民年金が実際に廃止されるのは容易ではないという分析だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180812154731559

“韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論” の続きを読む

韓国政府(女性家族部)、慰安婦研究所を設立・・「国際社会に伝播」など慰安婦合意違反か

「日本軍慰安婦被害者問題関連国際研究の中心軸の役割をする日本軍慰安婦問題研究所が発足しました」、とのことです。

この前、女性家族部がこの研究所の設立を話していました。14日(慰安婦の日)に合わせる形でスタートしたようです。

この研究所の件で注目すべきは、まず、これを政府(女性家族部)が作ったということ。そしてもう一つは、「国際社会に慰安婦問題を広げる」としていることです。

“韓国政府(女性家族部)、慰安婦研究所を設立・・「国際社会に伝播」など慰安婦合意違反か” の続きを読む

ゲンカガ-

いろいろピンチの京畿道知事、李在明(イ・ジェミョン)氏。急に「公共建設の原価を公開する」と宣言しました。

「イ・ジェミョン京畿道知事が公共建設事業のコスト資料を公開することと、標準の市場単価の適用を推進しながら、建設業界の反発が激しい。業界では、営業秘密の露出と、中小建設会社の被害が予想されるとし、反発する形だ。知事は、業界に公開討論を提案して関心を集めている・・」

https://news.v.daum.net/v/20180812070010384?d=y

前から韓国では「マンションの原価を公開せよ」など、原価にこだわる世論がありました。その話が広域自治体(京畿道)公認で出てきたことから、「全国に広がる」ことを懸念する声もある、とも。

“ゲンカガ-” の続きを読む

いつものこと

いつものことですが、「妙」な記事があったので紹介します。

これもまたいつものこと、韓国の市民団体が「自分側に有利にしてくれ」と抗議している事案があります。現在、韓国では「独立運動有功者(何かの功績がある者)」として認めてもらうには、「日帝によって、3ヶ月以上は牢獄に入れられたことがある」という条項があります。それを廃止せよ、という抗議です。

1913年に安昌浩(アン・チャンホ)が設立し、ずっと反日活動をしてきた興士団という団体です。「世界から尊敬される模範民族を養成する」がスローガンだそうです。いつものことですが凄いスローガンですね。

“いつものこと” の続きを読む

予言と迷言

いくつかのネタを提供し、本ブログでは思ったより早めにオワコンになったドリューキング氏。でも韓国では一時の話題性は無いものの、そこそこニュースになっています。

さて、彼が与党側の大物議員(今は慶尚南道の道知事です)にコメント操作の対価として「仲間を大阪総領事にしてくれ」と請託したことがこの件の核心でもありますが・・

その内容、いままでは「こんな話だそうだよ(ヒソヒソ)」とされていましたが、具体的な内容が明らかになりました。

ほぼ噂通りで、「日本は2018年沈没する。在日コリアンと日本の企業を北朝鮮の開城工業団地に移すため、仲間を大阪総領事にする」ということです。ソース記事にはありませんが、なにかの予言を解釈したものだ、とのことです

https://news.v.daum.net/v/20180811101333550?rcmd=rn

“予言と迷言” の続きを読む