自己満足の島、ドルソム(石島)

ある記事に目が止まったので、紹介します。記事の本題と本エントリーの本題はちょっと違いますが、とりあえず記事から核心となる部分を引用します。

<・・米議会調査局の「韓米関係レポート(U.S.-South Korea Relations)」の朝鮮半島の地図に、2013年までは東海が並行表記さていたけど、2014年以降は日本海の単独表記になったことが確認された。「独島/竹島(Dokdo/ Takeshima)」に並行表記されていた独島も、2014年以降、報告書からは「リアンクルーロック(Liancourt Rock、石島)」の表記が優先され、「(Dokdo/ Takeshima)」に変更された・・>

http://v.media.daum.net/v/20171004053416007?d=y

 

(↓ここから「続きを読む」の後になります)

これだけでも十分「情報」にはなると思いますが、私が気になったのは、リアンククール・ロックをなぜ「リアンククールロック(石島)」と書いているのか、です。石島は돌섬(ドルソム、またはソクト)となります。

記事ではリアンククールロックという表記もありますが、ドルソム(石島)とリアンククールロックが完全に「同一」のもの・・いわば「リアンククールロックの韓国語表記がドルソム(石島)である」ような使い方をしています。

ドルソム(石島)というのは、1900年に朝鮮(大韓帝国)の勅令に出てくる島のことです。「江原道の鬱島郡の管轄とする」となっています。韓国側は、独(ドク)が石(ドル)の読み方の方言の一つだとして、この石島こそ独島である、と主張していました。

 

すこし探してみたら、最近、韓国で「独島の名前は石島だった」という主張が再び盛り上がっているようです。

先月、KBSは「独島の名称の由来は『石島』・・日本は独島領有権主張をやめろ」と報道し、「これは韓国の領有権主張に大きな力になる」と主張しています。

http://v.media.daum.net/v/20170823060858347

どんな理屈でそうなるのかはわかりませんが、リアンククールロックに( )を付けてリアンククールロック(石島)と書いたところで、何も変わらないのでは?と思われます。

書いた人、虚しくないのでしょうか?

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。書籍名と画像はAMAZONリンク(アフィではありません)になっていますので、内容紹介などを参考にしてください。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

78+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5