1958年の4コマ漫画

まだ李承晩政権だった1958年1月23日、東亜日報に人気連載されていたキム・ソンファン氏の「ゴバウじいさん」が、大きな問題となりました。

まず、漫画を見てみましょう。

 

(PC版の場合、↓ここから↓が「続きを読む」の後になります)

1コマ目、肩の天秤棒に大きなバスケをかけた二人が出てきます。彼らは、トイレの汚物を汲み上げて片付ける人たちでした。韓国ではそのバスケ(または箱)をトントン(クソの箱)と言い、とても汚いものを表現する時、または何かを卑下する時に使う言葉として有名でした。二人は「あ、来たぞ」と話します。

2コマ目、二人の向こうから、同じくクソバコを肩にかけた人が近づいてきます。二人は深く挨拶をします。「尊いお方、いらっしゃいましたか!」と。その人は答えず、偉そうに「コホン」と空咳で返事します。昔の貴族(両班)たちが、下の者たちに返事する時によくやっていました。

3コマ目、ゴバウじいさん(アホ毛の人)がそれを見て、「あの方って、どなたですか?」と聞きます。クソバコの一人が「シーっ」と静かにしろとします。まだ「上」の人が近くにいるのに下の者たちが声をだすのは失礼だからです。

4コマ目、クソバコ人が親指をビシっとしながら答えます。「景武台(キョンムデ、いまの青瓦台)のクソを汲む方なんです!」。

 

まだ20代だった作家は、政府側に連れて行かれて、罰金刑になったと言われています(拷問されたという話も聞きますが、本人が何も話していません)。

 

作品からは、いろんなものが見えてきます。いったいどれだけ権力乱用がひどかったのか、そしてその権力におもねることで「私はあなたの下です」としないといけない社会風潮。社会弱者だった人たちの間でも同じく上下を決めるシステムがすでに出来ていたこと。1コマ目ではなぜ「いらっしゃる」ではなく「来た」なのか。

作家自ら、糞を汲む人たちを見下しているという側面も見えますが、当時の漫画からそんな側面まで読み取るのはやりすぎでしょうか。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

108+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5