北朝鮮、10日に「最終兵器」固体燃料ロケット発射か

 

東亜日報の報道です。

<・・ロシアの国営RIA通信、ブルームバーグ通信などは6日(現地時間)、2日から5日間平壌を訪問したロシアの議員3人の話を引用し、北朝鮮の追加挑発の可能性を報告した。アントン・モロゾフ議員はブルームバーグとのインタビューで、「北朝鮮が射程距離が1万2000kmに及ぶ、より強力な長距離ミサイルの試験を準備していると話した」、「彼らは私たちに数学の計算まで提示した」とも述べた。北朝鮮が打撃の精度など、具体的な数値まで出して挑発能力を誇示したものと思われる・・>

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

多くの予想どおり、北朝鮮の挑発視点は労働党創建日(10日)の可能性が高いとのことです。また、今回発射するのは火星13型で、

<・・火星-13型は、北朝鮮が7月二回発射したICBM級の液体エンジン(液体燃料)ミサイル「火星-14型」と同時に開発中のICBMで、北朝鮮のミサイルの「最終版」格である。火星-14型は、液体燃料と酸化剤の注入に少なくとも30分以上かかって、監視資産に捕捉され(※敵の監視システムに補足され?)先制打撃を受ける可能性が高い。一方、燃料と酸化剤をあらかじめ注入しておく火星-13型は監視資産を引き離し、対米奇襲打撃を敢行することができる。特に3段ロケットの形と射程距離が最大1万5000kmに米全域が射程圏になるという分析も出ている。

http://v.media.daum.net/v/20171008030204468?d=y

 

また韓国のマスコミが「北風で安倍に有利」とかいい出しそうなネタですね(錯乱

 

 

本ブログ、今日から月曜まで、これ以上の更新はありません。

火曜日がちょうど10日ですので、10日にまたお会いしましょう

(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5