「弱者に向かう憤怒」

最近、京郷新聞が「嫌悪を越えて」というシリーズ記事を連載しています。その中のひとつ、『強者でなく弱者へ・・逆に流れる憤怒』から、興味深い内容を見つけました。

記事の内容は、社会で苦しんでいる人たちが、その苦しみを作ったもっと大きなシステム的問題に怒りを向けるのではなく、自分より弱い立場の人たちに怒りを向ける社会風潮が広がっている、とするものです。

 

↓ここから「続きを読む」の後になります

<・・(社会で苦しい思いをしている人たちの)怒りが向かうのは、「強者」ではない。逆方向に流れ、社会の弱者たちに向かう。ユン・ジヨン建国大学教授は「いまの世代は、勝者独占のイデオロギーを注入され成長したが、彼らを待っていたのは極めて厳しい現実だった」、「自分が惨めになった原因は、元々自分がもらうはずだった特権を、無賃乗車した弱者たちに奪われたからだと思っている」と述べた・・・>。

http://v.media.daum.net/v/20171008191254545?rcmd=rn

 

社会構成員たちの「憤怒」が世の中を変えることもあります。公憤とか言いますね。社会構成員たちが社会悪に対して憤怒を向けること。もちろん、ただ怒っているだけではどうにもならないけど、その憤怒を体系的なシステム改善に向けた歴史的な出来事もあります。フランスや日本で見られる「革命」などもその類でありましょう。

韓国は、韓国社会の憤怒も、そんな類のもの・・強いて言うなら「正義」であると、勘違いしています。この記事も、そんな観点から、「正義に向かう韓国人の憤怒が、なぜ弱者に向かう!こんなの間違っている!」と憤怒しているわけです。

しかし、すでに前提からして「強者は悪い」としている時点で、それは間違っています。

本ブログでは、随分前から、韓国人が「民族情緒だ」と何の戸惑いもなく言い切る「恨(ハン)」という感情に対し、こう分析してきました。

「韓国人は、気に入らない現実の原因をこう信じている。自分の正当な権利が、不当な手段を使った誰に剥奪されたからである」と。

いつもは、強者に怒ると自分がやられる恐れもあるから、弱者に怒るだけ。もちろん、「強者」たちが何かの失敗で力を失うと、それはもうほぼ全国民が怒り狂い、その強者(だった人)を徹底的に叩き潰しますけどね。

そう、韓国人の憤怒は、どちらかというと、「憎悪」です。善悪論です。もちろん、自分を善としての。

 

別ソースですが、建国大学のユン・キムジヨン教授は、「憎悪は権力感情である。誰かを憎悪することを、ある種の権力だと認識する傾向がある」と指摘しています。

http://v.media.daum.net/v/20171001192723084

 

すなわち、韓国社会で弱者に憤怒を向ける人たちは、自分が「強者」になったつもりでやっている側面があるわけでして。その時点で「憤怒は強者(悪)に向かうべき」「憤怒の正しい方向性」「正義としての憤怒」などの主張は全てが破綻します。

結果、強者が悪いか、弱者が悪いかはどうでもいいことです。「自分より強いやつは悪い手段で強くなった悪党で、自分より弱いやつは無能過ぎるバカ」なのです。その「憤怒」に、正義は無く、社会を改善していく機能もありません。おまけにいうと、方向性もありません。ただ、「自分以外」に向かうだけです。

 

 

はい。楽しいドールショウはもう終わったのです・・曇りましょう・・・

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)」が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

40 Replies to “「弱者に向かう憤怒」”

  1. こちらのブログを読んでいて学んだ通り、
    韓国人とは、つま先からてっぺんまで劣等感で出来ているのがよく分かります。
     金銭的に貧しい → 精神的にも貧しい → それらの先祖代々よりの積み重ね
     → 韓国人 = 全てにおいて劣ってしまった人種……
    こういう事なのだと本当に納得して、嫌っています現在は。 完全嫌韓

  2. 韓国人の民族性を「恨(ハン)」の一文字で表します。字面から怨恨のように「恨み」を連想する人が多いと思うのですが、シンシアリーさんの解説などを読んでいると「嫉妬」や「羨望」それこそニーチェの「ルサンチマン」が近いと考えます。
    こういった感情は大なり小なり人間ならば持っているものだと思いますが、韓民族の場合、カウンターになりえる価値観(たとえば儒教に対する道教、キリスト教に対する土着の信仰)が存在しないことが大きいと思います。だから「恨」を克服できず抱え込むしかない。
    韓民族は「恨」を誇示し、エントリーにあるようにすべてを「恨」に還元してしまう。
    他のエントリーで「反日に対抗できる勢力が存在しない」と書いておられますが、それらが大きいのではないでしょうか。

    1. 韓国人のいう恨とは、ルサンチマンであることには
      同意です。

      ですが、もっと簡単にいえば「被害者意識の強い人」で
      済むと思います。
      そして、このエントリーの内容も、単なる「八つ当たり」であり、
      別に韓国人の民族性などではなく、
      日本人も、アメリカ人も、中国人も、どこの国にもある

      人類の普遍的なマイナスの感情であり、
      韓国人が特別というわけではないと思います。
      ただし、韓国人が、私たち日本人と異なるのは

      日本人は「被害者意識の強い人」であることも
      「八つ当たりをする人」であることも、
      とても悪いことで、恥ずかしいことであり、
      親や教師は、子供にこのような性格が見られたら、
      悪い欠点と思って、その悪い性格を直すように注意を促すし、
      当人も他人からそんな事をいわれないように気をつけます。

      直さないと他人から嫌われるわけで、
      日本人の個性だから!民族の特徴だから!と、

      だから、回りが私に気を使え!とばかりに、
      開き直ったりはしない点が違うだけかと思えます。

      1. >眠り猫 さん

         「普遍的なマイナスの感情」を含めて、ほぼ同意なのですが、

        その「普遍的なマイナスの感情」への対応方法、コントロールの仕方が、朝鮮の民族性なんだと考えます。

  3. 日本に革命って、あったっけ?
    時々に応じて、システムの再構築はあって当然だけど、基本的には、連続性の中でのアップデートを装うように思います。

  4. キーワード:ルサンチマン(ニーチェの)

    朱子学は中国・朝鮮だけのものじゃありません。

    ロシアにもアメリカにも彼らなりの朱子学があります。

    非日本文明圏は“朱子学”からのがれられません。

    日本は朱子学と全く無縁だと言いたいところですが
    それを胸を張っては言えません。

    「受験制度」とか「パヨク|左翼」はそうとう朱子学的です。

  5. シンシアリーさんのところを見ても、他の知韓系のサイトを見ても、恨とか情とか精神上からみた人間関係といった記事がよく出てきます。
    それなりに国民感情を知るヒントになるかとは思うのですが、日本で日本人がこんな国民性だ、みたいな記事を見ることはほとんどないと思います。
    そこにすごく違和感があるのですが、こういった報道は韓国ではよくあることなのでしょうか?なぜそんなに記事になるんでしょうか?

  6. コリアン(朝鮮民族)の特徴として、強者には大変弱いが弱者には異常に強い、強く出る。そして残虐性を見せるというのがある。
    障碍者をドレイ的に使役する塩田奴隷の例など、ここでシンシアリー氏に何回か紹介してもらって勉強させて貰った。

    これって、どこからくるものか。なぜこうなったか。
    私いつもコレばっかり言っているが、すべては有史以来のドレイ的隷属(事大)に尽きると言える。
    自主的に打って出ることができなかった、しなかった。中原や北方の親方に阿るばかり、ムチでシバかれ棒で殴られて、面白くはないが反抗出来なかった。
    そのうち、オツムが幼児化してきたのではないか。なぜなら隷属の身の上では、先々のことを考えられない、考えなくてよいから。他・他人を意識して考え、対応する必要がないから。親方の言うことだけに従っていればいい。
    目の前の美味しそうなものがあれば、後先考えず取って食べる。結果、親方に棒でシバかれても、なぜシバかれるのかわからないまま、しかし「悔しさ・辛さ・痛み・恨み」は残る。
    ①強者(対象にできない=持っていけない相手)に対する「恨み」は晴れないながら「諦念(諦め、お手上げ)」的な「恨(ハン)」に。(内面に向かう=ハンため込む)
    ②弱者(対象にできる=持っていける相手)に対する「恨み」は、その原因がその相手によるものでなくとも、①の反動もあり、異常で徹底的な攻撃性を持つ「恨(ハン)」になる。(原因転嫁で相手を攻撃)
    ↑ 「恨(ハン)」については、『続スカートの風(呉善花)』参考。

    1. まんま阿Qですね。
      朝鮮人の特徴というより中華の民の特徴。
      ただし、中華では支配者やその天下を狙う者は違うから中国は阿Qの国ではない。
      朝鮮は阿Qの国。

コメントは受け付けていません。