「日本は幼い韓国人を強制徴用して自殺特攻隊にしていた」

韓国には「うまくいくと私のおかげ、うまくいかないのは先祖のせい」という諺もありますが・・いつものこと、不利なことは「無かったこと」「誰かのせい」「~に違いない」などにして精神世界を保とうとする韓国です。もちろん、有利なことは「自分の手柄」ですけど。

韓国で「親日派」が絶対に許せない存在なのも、「日本は悪。その悪に対して韓国(朝鮮)は全員心を一つにして戦った」という設定の邪魔になるからです。同じ理由で、親日派は「一握りにすぎなかった」ということにしなければなりません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その中でも韓国で問題視されているのは、志願兵たちのことです。特に、カミカゼに朝鮮人がいたこと(写真付きだけで11人が確認されているとも)は、本当に韓国としては消したい痕跡です。

 

今日の「アジア経済」に、彼らのことで、見たことも聞いたことも無い内容が書いてあったので、紹介します。

<日本軍が幼い韓国人たち(※어린 한국인들。原文ママ)を強制的に徴用して特攻隊に選出したという事実が知られ、一部では(神風の朝鮮人は)親日派ではないと主張されている>

http://v.media.daum.net/v/20171012152219732

 

知られたって・・・何のことでしょう。記事本文では日本で作られた「ホタル」という映画の話をしていますが・・・

飛行機で敵に自爆攻撃するということが、「強制」でできることなのかどうか。少し考えてみれば無理だとわかりそうなことですが。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

143+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5