韓国の原発、66%が非正規職で、その64%が「防災マニュアルわからない」

 

韓国の原子力発電所で勤務している労働者の66%が非正規職で、その64.2%が防災マニュアルを「わからない」と答えました。

「よくわからない」50%と、「マニュアルの存在すら知らなかった」14.2%です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・外部に公開される統計上、原発労働者の被曝管理は徹底的に行わている。原子力安全委員会が毎年発行する「原子力安全年鑑(2016)」を見ると、2015年の原発従事者1万4926人のうち、基準値以上の被ばくを受けた人は一人もいなかった・・しかし、韓国で初めて行われた原発非正規職労働者の実態調査資料から見えてくる事実は、全く違う・・「防護・防災マニュアルの認知度」を問う質問に「マニュアルがあるとも知らなかった」(14.2%)と「よく分からない」を合わせ、「わからない」という回答が64.2%にのぼった。また、「会社が原発労働者個人の被曝レベルを管理することを知っているか」という質問にも「知っている」と答えた割合は21.5%に過ぎなかった・・>

http://v.media.daum.net/v/20171012101127088?rcmd=rn

 

記事によると、機械(ロボットアーム)が落とした高線量核燃料を、人を投入して「トング」で拾わせたとかなんとか。

 

「韓国の問題は、問題そのものではなく、その問題がいつになっても改善しないこと」。本ブログのメインテーマの一つでもあります。

その理由の一つに(多くの理由の一つにすぎませんが)、「データが信じられない」というのがあります。

データがあっても、それを信じていいかどうか、確信が持てません。「自分側」に有利に捏造された可能性が高いからです。

この非正規職データも、市民団体が調べたものだそうですが、信じていいかどうか?だからといって、韓国の原子力発電所側のデータを信じていいかどうか・・

ただ一つ言えることは、韓国社会において「マニュアル」という存在が無視されていることです。

ひょっとすると、そのマニュアルすらも「信じることができない」とされているのかもしれません。「どうせ、書いた側に有利にできてるだろうな!」と。

 

 

 

バラがまた咲いてくれました。3月からずっと咲いてくれて、嬉しい限りです。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

121+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5